GMOコインのスプレッドが高いって聞いたけど、実際はどうなんだろう...

そのように考えていませんか?

もしスプレッドが高いと、手数料が安くても損をしてしまいます。

その点が気になる方のために、GMOコインのスプレッドについて、取引手数料との違いやユーザーの口コミ・評判をまとめました!

GMOコインのスプレッドについてざっくり説明すると

  • GMOコインは販売所と取引所の両方で売買できる
  • 販売所にはスプレッドがあり損してしまう
  • 取引所ならスプレッドはほぼゼロ!

GMOコインのスプレッドは、販売所でも小さい上、取引所ならほとんどかかりません!

とにかく安く取引したい方に、オススメです!

GMOコイン公式サイトへ

GMOコインとは

GMOコイン公式ホームページへ

GMOコインとは、GMOインターネットグループの傘下であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

GMOグループは、外貨FXで有名なGMOクリック証券も運営しています。

そのため豊富な金融業界のノウハウを持っており、仮想通貨交換業者としても非常に信頼感があります

GMOコインの公式サイトはこちら!

GMOコインの最新の評判を知りたい方はこちら!

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!東証一部上場企業が運営する国内最大級の取引所の実態はどうなのか。手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に一読下さい。
 

スプレッドとは?手数料無料という言葉に注意

スプレッドとは

  • 購入価格と売却価格の差のこと
  • 「販売所」において高くなる

 仮想通貨におけるスプレッドとは、購入価格と売却価格の差のことを指します。

とくに、仮想通貨「販売所」において広くなります

上の画像では、ビットコインの購入価格が380111円で、売却価格が370725円ですよね。↑

つまり、スプレッドは380111ー370725=9386円ということになります。

例えば、1BTCを購入した場合、ビットコインの価格が最低でもスプレッド分(9386円)上がらないと利益を出せないということです。

スプレッドは定額ではありませんが、常にその時点における購入価格と売却価格の差として存在するので「見えない手数料」とも呼ばれます。

 

「あれ、でもGMOコインは取引手数料無料って言ってるよ・・・?」

そう思った方もいるのではないでしょうか。

実は、取引手数料とスプレッドは全くの別物なのです!

取引手数料と言うのは、仮想通貨を売買する時にかかる手数料のことを指します。

スプレッドは、購入価格と売買価格にあらかじめ含まれているものです。

そのため、わかりにくいのですが、実質的な手数料であるスプレッドは取引の時に自分で意識しておく必要があります。

仮想通貨のスプレッドのさらに詳しい解説はこちら!

仮想通貨のスプレッドとは、買値と売値の差のことです。この差が広ければ、広いほど取引で損をすることになります! スプレッドは仮想通貨販売所で大きく発生する傾向にあります。スプレッドの狭いお得な取引所を紹介します!
 

GMOコインの販売所のスプレッド一覧

通貨名 スプレッド
BTC(ビットコイン) 24,000円
ETH(イーサリアム) 540円
BCH(ビットコインキャッシュ) 1,400円
LTC(ライトコイン) 270円
XRP(リップル) 1.0円
XEM(ネム) 0.33円
XLM(ステラルーメン) 0.33円
BAT(ベーシックアテンショントークン) 1.1円

GMOコインの通貨ごとのスプレッドは上の表のようになっています。

ビットコインのスプレッドが24,000円であるということは、それだけ取引所での適正価格に上乗せされているといことです。

ただ、販売所では、注文にやや手間がかかる取引所と異なり、数量を記入してワンクリックで簡単に購入できるというメリットもあります。

初心者の方や、今すぐ仮想通貨を購入したいという方にはおすすめです。

GMOコインの手数料が気になる方はこちらをご覧ください。↓

GMOコインの手数料は高いのでしょうか?それとも安いのでしょうか?この記事ではGMOコインでかかる8つの手数料別々に詳しく解説し、また、他の国内有名取引所と手数料を徹底比較しました。

 

GMOコインのスプレッドを他の販売所と比較

通貨名 GMOコイン DMM Bitcoin Coincheck bitFlyer
BTC 24,000円 5,700円 34,000円 37,000円
ETH 540円 2,400円 1,000円 2,100円
BCH 1,400円 2,000円 3,100円
LTC 270円 370円 610円
XRP 1.0円 2.6円 1.6円 2.5円
XEM 0.33円 0.4円
XLM 0.33円

0.6円

BAT 1.1円

GMOコインのスプレッドを、他の仮想通貨「販売所」と比較した表がこちらです。

GMOコインのスプレッドは比較的低いといったところでしょうか。

XEM(ネム)XLM(ステラルーメン)はCoincheckと比べて少しお得に取引できそうです。

また、スプレッドは常に変化しているため、こまめに複数の取引所を使い分けるのがおすすめです。

有名な仮想通貨を販売所で簡単に売買したいという人は、GMOコインを使ってみてもいいと思います!

GMOコインに登録してみる!

GMOコイン以外の取引所も探している方にはこちら!

まだ一つの取引所しか登録していないのですか?仮想通貨投資をするなら絶対に複数の取引所に登録しておくべきです。この記事では複数の取引所に登録することのメリット・デメリットだけでなく、注意点やおすすめの取引所の組み合わせまで解説します!
 

GMOコインの評判と口コミ

GMOコインでは相場が荒れている時にはスプレッドが広くなってしまうことがあります。

実際に2017年の仮想通貨バブル時にはスプレッドが7万円以上も広がったことがありました。

一方でGMOコインの取引所手数料はかなり安く評判が良いようです。

また、東証一部のGMOインターネットが運営しているため、セキュリティが非常に強固なのも大きな特徴です。

セキュリティ抜群!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインのスプレッドは常に変化している

こんな時はスプレッドに注意しよう!

  • スプレッドは固定ではない!
  • 価格の上下が激しい時はスプレッドが大きくなるので注意!

GMOコインに限った話ではありませんが、販売所のスプレッドは常に変化しています。

なぜなら、スプレッドは固定制ではないからです。

価格の上下が激しい時はスプレッドが広くなる傾向があります。

逆に価格が安定している時はスプレッドは狭くなりやすいです。

手数料を抑えるには取引所を使おう

スプレッドは、「販売所」で広くなります。

「取引所」でもスプレッドは存在するのですが、ほとんど0円とみなしてもよい水準となっています。

そこで販売所ではなく、取引所を使えば、スプレッドなどの手数料を抑えてお得に取引することができます!

取引所ではビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの5つの銘柄で取引することができます。

GMOコインの取り扱い通貨に関しては以下の記事で詳しく分析しています。↓

GMOコインは、あらゆる手数料が無料でアプリも使いやすいというコインオタクでも一番人気の取引所です。この記事では、そんなGMOコインの取り扱い通貨についてまとめました。これを読めば、各通貨の特徴と将来性がわかります!

 

GMOコインのスプレッドまとめ

以上、GMOコインのスプレッドについてまとめました。

GMOコインのスプレッドは他の販売所と比べても、そこまで差はないことが分かりました。

取引所形式での取引や運営会社の信頼性やセキュリティを重視する方には非常におすすめです!

セキュリティ抜群!

GMOコインの公式サイトはこちら