半減期が到来したことによるブロック報酬の半減の影響でビットコインマイナーの撤退が深刻化している。

ビットコインは半減期を迎えて期待が高まっているがビットコインマイナーの撤退が大きな懸念点となるのか、今後の動向に注意していきたい。

ビットコインの大きな課題

半減期によるブロック報酬の半減でビットコインマイナーの撤退が深刻化しており、このようなマイナーの撤退がビットコイン価格に悪影響を及ぼす危険性があると懸念されている。

この様子を海外メディアは、一部のビットコインマイナーは半減期によるブロック報酬の半減でマイニングリグ(マイニングを行うための装置一式)をオフにしていると述べている。

このようなマイナーの撤退は、ネットワークに電力を供給するために必要な電力コストを上回って利益を上げることができなくなったために起こっていると考えられている。

今回のビットコイン報酬の半減は、ビットコインのトランザクション速度を低下させネットワークの信頼度を薄くすると推測されている。

また、Glassnode社は、ビットコインマイナーの収益が削減したことにより、ビットコインの取引手数料が増加していることも報告している。

「ビットコインのハッシュレートはブロック報酬の半減により、マイニングの何度も調節された。ビットコインマイナーの取引手数料による収益はここ2年間での最高値を記録した。」

このようにビットコインマイナーは取引手数料による収益を増やすことによって利益をあげていることが判明している。

しかし、取引手数料の増加は一時的な逃げ道でしかない。

Glassnode社は自身の公式サイトで、ビットコインが安定するには価格の上昇が必要であると主張している。

「ビットコインの取引手数料で収入が増えても、ビットコインマイニングを小規模なマイナーの多くが再び利益を上げるには、ビットコイン価格の上昇が必要です。」

マイナーはビットコインにとっていなくてはならない存在である。

ビットコインマイナー撤退か、それともこの危機を踏ん張れるかは今後の価格上昇にかかってくるだろう。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!