HTCが、5G対応の家庭用ブロックチェーンルーター発売を発表した。

ビットコインアドレスの保管が直接個人でできるようになり、仮想通貨取引におけるプライバシーの保護が飛躍的に高まる。

仮想通貨取引に関する個人情報保護が向上するルーター登場

家電大手のHTCは、5G対応の家庭用ブロックチェーンルーターを開発しており、利用者は自宅から直接ビットコインノードを実行できるようになる。

台湾の電子機器メーカーHTCは、Exodus 5G Hubという5Gブロックチェーンルーターを第2四半期に投入すると発表した。

このルーター利用により、ユーザーは自分の暗号鍵を直接、完全に制御できるようになり、プライバシーの保護が向上する。

さらに利用者は、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨を送受信する際のプライバシーを保持制御できるようになる。

通常の仮想通貨取引アプリでは、データやメッセージなどの情報は、クラウド企業のアクセスを免れることができないため、Amazon、Google、Facebookなどによるデータハッキングによる、個人情報の悪用の可能性は排除できないのだ。

特にスマートフォンが普及した結果、各自がスマートフォンを持つようになり、家庭はハッキングの影響を受けやすくなっている

Exodus 5G Hubは、メールサービスProtonMail、オープンソースのインターネットブラウザーBrave、分散型VPN Incognitoなどの多くのプライバシーアプリと統合している。

HTCは、仮想通貨に関するセキュリティ向上が今後の仮想通貨普及にマッチするという判断をし、スマートフォンにも暗号化機能を装備してきた

このような製品の登場は、仮想通貨が新たな普及の段階に入っていることを雄弁に教えてくれる。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインパートナーの公式Twitterアカウントはこちら!