ビットコイン取引にはライセンス不要

香港の金融規制当局である香港証券先物委員会(SFC)は6日、仮想通貨取引所の規制に関する方針説明書を公開した。

1つ以上のセキュリティトークンが取引可能な取引所はSFCが発行するライセンスが必要とした。

ロイター通信が報じたところによると、ビットコインは証券トークンに含まれないとSFCのCEOアシュレイ・オルダー氏は述べている。

セキュリティトークンが取引不可能な取引所に関してはライセンスを得る必要はなく、SFCの規制も受けない。

ビットコインは問題なく取引可能だ。

現在、中国本土では仮想通貨取引所が禁止されているが、香港経由で中国の投資家に再びサービスを提供できるになることが期待される。

なお、先物取引所は新たな規制の対象となるため、利用できない。

BitMEXやOKExへのアクセスはすでに制限されている。

 

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!