仮想通貨実用化はますます進む

2019年第2四半期、イーサリアム上のトランザクション量が急激に増加していることが、TradeBlockの発表によって明らかになった。

イーサリアム上のトランザクション量の増加は、テザーをはじめとするステーブルコインのオンチェーン取引量が急増したことに起因すると考えられる。

ビットコイン急騰期にビットコインとの相関関係が噂されたテザーが、2019年第1四半期から10倍以上取引量を増やすなど、テザーがイーサリアム上のトランザクション量押し上げに貢献した。

さらに、今回のイーサリアムトランザクション量の増加は、仮想通貨の日常的な利用が増加していることも示唆している。

現在アメリカの若者のほとんどが「個人間送金」のために利用している「Venmo」(PayPal傘下)上での取引量を、イーサリアム上の取引量が、テザーを筆頭にして大きく上回った。

仮想通貨は投資目的だという印象を漠然と抱いていた人々にとって、仮想通貨が実用的なものになりつつあるという現状は驚くべき事実だろう。

コンビニや飲食店でも、仮想通貨での決済が当たり前になる未来はそう遠くはない。