仮想通貨リップル(XRP)、レジスタンスライン強くこのまま下落の可能性

(出典:Trading View)

​リップル今日までの値動き

28日​​​21時現在の仮想通貨​リップルの価格は、ドル0.356(39.28円)となっている。​​​​

リップルは、28日8時に0.338ドル(37.29円)の安値をマークし、昨日同時刻の価格ドル0.387(42.7円)と比べ、最大12%の下落となった。

深夜にかけて、オレンジのサポートライン(0.35ドルの価格帯)を割る下落があったが、ひげを付けて大きく反発している。このオレンジのサポートラインは、これまで何度も反発し、長期で強く意識されてきた重要なサポートラインであった。

リップルの今後の展開

​今後のリップルの展開としては緑のサポートラインを割り、下落することを予想している。印象としてはここ数日のピンクのレジスタンスラインがかなり意識されていて上昇が厳しいイメージだ。

さらに、昨日の時点で青のサポートラインを抜けていることからも売りの圧力が優勢である。もしこのまま価格を落とせば、まずは黒の0.33ドル(36.41円)の価格帯を目指して下落するであろう。

しかし、今朝下落から反発したことによって緑のサポートラインが見えた。このサポートラインが機能してピンクのレジスタンスラインを抜けることも考えられ、その場合は青のレジスタンスラインまで上昇する可能性もある。

依然目線としては下降トレンドが優勢である。年末に向けて緊張感がさらに高まる相場となっている。