​仮想通貨友好家がゴールドマンサックスCEOに就任!

世界的な金融グループであるゴールドマンサックスは本日7月18日、新たな「仮想通貨に友好的な」CEOが就任すると発表し、同社の社長であるDavid Solomon​氏が今年10月1日付で現職のLloyd Blankfein​氏の後を継いでCEOに就任するという声明を明らかにしました。この声明によって長年議論の対象となっていたBlankfein氏の後継者問題について終止符が打たれました。​そして市場にとって好都合なことに、Solomon氏は過去に仮想通貨に対して肯定的な発言をしていることで有名で、これは大手財政グループの首脳陣の中では特に珍しい傾向です。今年6月に、Bllomberg氏はSolomon氏がビットコインをはじめとした仮想通貨取引に注目していると報道しました。具体的にSolomon氏は以下のように発言を続けています。

私たちはビットコインに関する未来がいくらか見えており、投資以外にも様々な用途に使われるだろうと考えています。しかし同時に注意も必要になってきています。最近は仮想通貨の利用を検討している顧客が増えているため、そういった人々をリストアップしてサポートする体制を作ろうとしています。

ウォールストリートの多くの人々はビットコインや他の仮想通貨に対して厳しい意見を持っており、金融大手も同様に厳しい意見を述べている例もあるのが事実です。JPモルガンのCEOであるJamie Dimon​氏は以前仮想通貨市場とビットコインについて言及しており、ビットコインを購入している人は愚かであると述べています。それに関して現CEOであるBlankfein​氏も仮想通貨業界について発言をしています。

私はこの(Dimon氏のような)一連の批判に関する意見には一切耳を傾けるつもりはない。というのも仮想通貨が不慣れなものである、といってビットコインが普及しないと考えているのは全くもって傲慢であると考えるからだ。

コインオタクの見解

現CEOのBlankfein​氏​は仮想通貨に対して「中立的な」立場をとってこれまで方針を立ててきました。ニューヨークで開催されたThe Economic Clubでは、個人的には「仮想通貨を持たないし使わない」という否定的な見解を示しつつも「私の嫌いな物事でもうまく行くことはあると長年の経験から既に学んでいる」と発言するなど仮想通貨に対して根本的な拒否は行なっていません。そしてゴールドマンサックスは今年5月にビットコイン市場への参入を表明するなど、会社としても仮想通貨に対してオープンな姿勢を見せていることは事実です。

この勢いの中で仮想通貨に親交的なDimon氏がCEOに就任することで、今後GS社が本格的な市場参入を開始することも有り得ない話ではないように思います。本格的な事業展開の内容は今後の動向に要注目ですが、同社が参入することで信用度取引高が大きく向上し、飛躍的に市場規模が拡大していくのは間違い無いでしょう。