ビットコイン(BTC)はトレンド転換目前

先週のビットコイン相場は、上昇トレンドからの小休止で弱気の地合いが続いていた。

それに追い打ちをかけるようにファンダメンタル的にも、り中国で仮想通貨マイニングの禁止を検討するなどあなり良いニュースは続かなかった。

今週の出来事についてはこちらを参考にしてほしい。 

今週1週間も界隈をざわつかせる大きなニュースが相次いだ。特に中国での仮想通貨マイニング禁止を検討するという報道に対しては、市場の不安を大きく揺るがした。

 ここからはビットコイン相場をテクニカル分析を用いて確認していく。

今週の予想レンジ

  • 52.2万円~65万円


先週の値動き

(参考 TradingViewの{BTCJPY}チャート   1時間足)

14日21時現在のビットコイン価格は568,400円となっている。先週同時刻と比べて-1.2%の価格下落となっている。

ビットコイン相場は週初め、その前週の上昇の勢いから黒のサポートラインに沿って上昇を続けていた。

しかしピンクライン(60万円)の抵抗帯に阻まれそれ以上の上昇はできなかった。

結果的に60万円を突破できなかったビットコインは、そのまま調整のターンに入り、黒のサポートラインを割る下落を起こした。

下落は前回安値の紫ライン(54.8万円)で止まり、やや反発を見せながら小さい価格帯での値動きを続けている。

今週の値動き予想

【今週の予想レンジ】
52.2万円~65万円

(参考 TradingViewの{BTCJPY}チャート   4時間足)

先週は弱気の地合いが続いたものの、長期的には上昇トレンドであることから今後は上昇する可能性が高いと考えている。

  • 上昇のシナリオ
まずはここまでサポートラインの機能を果たしていた黒ラインをブレイクできるかに注目だ。
そこを突破することができれば再度ピンクラインを超える試みがあるだろう、
そのままピンクラインを抜ければ、次はオレンジライン(65万円)まで上昇するであろう。

去年の強力サポートラインであった65万円を明確に抜けることができれば、トレンド転換は確実なものとなる。

  • 下落のシナリオ
まずは紫ラインを割れるかどうかに注目である。
そこを割れていくようであれば、次は黄緑ラインまで下落していくであろう。
さらに下落が続いていしまえば、赤ライン(上)まで下落する可能性はあるが、長期で見るとかなりの強気相場であるためここまでの下落はないと考えている。

ファンダメンタルズも併せて確認したい方はこちらの記事を参考にするとよい。 

今週1週間も界隈をざわつかせる大きなニュースが相次いだ。特に中国での仮想通貨マイニング禁止を検討するという報道に対しては、市場の不安を大きく揺るがした。

 ここに記載された見解は著者のものであり、必ずしもコインオタクの見解を反映するものではありません。すべての投資にはリスクが伴うため、意思決定の際には独自に調査を実施する必要があります。