​「仮想通貨FXの手数料って色々あるらしいけど、よく分からない…」なんて、思ったことはありませんか?

事実、手数料にはいくつかの種類があり、それぞれを理解するにはちょっとした根気が必要です。

しかしこの記事では、覚えてほしい手数料を4つ取り上げ、やさしく解説、そして取引を安く抑えるためのおすすめの取引所を紹介します!

手数料とは何かをしっかりと理解したうえで、仮想通貨FXを安心して始めましょう!


​仮想通貨(ビットコイン)FXでの手数料はスプレッドだけ?

仮想通貨FXは、取引上の手数料がほとんどかかりません

最近は取引所も沢山あり、業者は手数料を安くすることで他社との差別化を図っています。なので、手数料が無料な業者が増えてきています。

​では、どこで仮想通貨取引所は収益を得ているのでしょうか?

以下の4つが主な手数料です。

  • スプレッド
  • 取引手数料
  • 入出金手数料
  • スワップポイント

「手数料」と明記してあるものは無料のことが多いのですが、「スプレッド」は知らぬ間に手数料が取られている場合があるので、気を付けるべき手数料となります。

​​

スキャルピング(短期取引)を行うなら、スプレッドを考慮!

スキャルピングで​仮想通貨FXをするなら、「スプレッド」は重要になってきます。

スキャルピングとは、数秒から数分という短期間で、通貨の購入から売却という一連の取引を行うことを指します。利益の出し方としては、通貨のわずかな値動きの差額で儲けていきます。少しの儲けを積み重ねていくため、一日に数回から数十回の取引を行う取引方法です。​

そして、スプレッドとは、売値と買値の差額を指します。その差額が広がれば広がるほど、投資家は損をすることになります。例えば、買値が1BTC「105円」で、売値が1BTC「100円」だとします(※数値は適当です)。ということは、105円で買った通貨を買った直後に売るとすると、100円でしか売れないので、実質買った瞬間に5円の損失ということです。

つまり、この場合は、買値から5円分の上昇をして、損益がプラスマイナスゼロです。そこからさらに価格が上昇して、はじめて利益になります。

ということで、わずかな値動きで儲けをだすスキャルピングは、スプレッドの幅が広すぎると、その分の通貨の価格の上昇を待たなくてはなりません。加えて、スプレッドは、数回、数十回と取引を行うたびにかかります、

なので、一日何度も取引を行う短期取引をする方は、スプレッドに注意しなければならないのです。

スプレッドについてさらに知りたい方はこちらへ↓

仮想通貨取引所を調べたら、誰しもが「手数料無料」という文字が目に触れたことがあると思います。取引をする上ではこれ以上にない魅力ですが、そんなおいしい話があるでしょうか?実は、この影にはスプレッドというものが潜んでいるのです。。。

 

​取引手数料は必ずチェック!

​取引手数料とは、取引をする際にかかる手数料です。

通貨の購入、そして売却する時、手数料を取引所に支払うというものです。

ほとんどの主要な取引所は、取引手数料を無料にしています。

しかし、例えばBit Trade(ビットトレード)などは一回の取引に0.2%の取引手数料がかかったりと、業者によっては取引手数料を設定しています。

なので、取引所を選ぶ場合は、一度取引手数料がかかるか確認してください

取引手数料が安い取引所を知りたい方はこちらへ↓

取引所ごとに手数料は大きく異なります。この記事では各取引所の取引手数料・送金手数料・入出金手数料を一目でわかる表にまとめ、最後には総合的に手数料の安い取引所をランキング形式で紹介します!手数料の違いを把握して上手に取引所を使い分けましょう!

 

入出金手数料はネット銀行で無料!

​入出金手数料は、取引をするために入金、出金するときにかかる手数料です。

金融機関だと、入出金手数料は入金・出金両方のタイミングでかかります。しかし、ネット銀行で即時入金という方法をとると、入金手数料は無料な取引所があります!

コインオタクがおすすめするネット銀行は、住信SBIネット銀行です。ほぼ全ての国内の取引所​と提携しており、銀行からの入金手数料が無料です。24時間365日土日祝の入金に対応しています(※銀行は対応していても、取引所によっては年末年始入金に対応していない、ということもあるので各取引所で確認してください)。入金の反映スピードも3~5分以内と、すぐに取引所に入金したい場面で非常に役立ちます(※混雑時でも約10分ほどで反映されます)。

出金する際は、銀行振込のように手数料が自己負担となります。少数の取引所では出金手数料も無料になります。

例えば、GMOコインは入金・出金どちらも無料です。

入出金手数料を無料に設定している取引所で、ネット銀行を使うと入出金手数料は無料になります。​

住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら


​スワップポイントは、ポジションを保有し続けることでかかるコスト

スワップポイントは、ポジションを日を跨いで保有しているとかかります

例えば、今日買い注文を出し、ポジションをたてたとします。購入した通貨を次の日に売り注文を出して、利益を確定した場合、スワップポイントがかかります。なので、スワップポイントを取られたくない方は、一日で新規注文から決済までを済ませましょう

​スプレッドを抑えるおすすめの取引所!

​これまで4つの手数料について解説してきました。

手数料について詳しくなったいま、じゃあ結局、どの取引所が手数料を抑えられるんだろうと、思いますよね?

なので、手数料とスプレッドを抑えられる取引所を、それぞれ紹介していきます。

​スプレッドの狭い取引所はbitbank Trade!

​スプレッドが一番狭いのは、bitbank Tradeです。bitbank Tradeのスプレッドは0.0006%とほとんどスプレッドを考慮しなくてもよいほどの狭さです。レバレッジが0.2%~0.05%という業者はいくつもありますが、それを大きく下回っています。加えて、スワップポイントも無料なので​ユーザーが少ない取引所ではスプレッドの幅が広がります。これだけ、スプレッドの幅が狭いということは、ユーザーが多く取引も活発だといえます。買い手、売り手が多いと、その分自分の思った通りの値段で取引が成立しやすいのです。

しかし、bitbank Tradeの取引手数料は、新しく取引を開始をする際に0.01%かかります。これは、ほとんどの他社が無料に設定しているなかでは、かなり高いと言えます。その代わり、スワップポイント無料、追加保証金なし、ロスカット率20%と、中・長期的に通貨を保有する方には、損失が出にくい取引所です

bitbank Tradeについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

bitbank Tradeに今すぐ無料登録!

​スキャルピングをするならGMOコイン!

​​スキャルピングをするなら、GMOコインです。GMOコインはビットコインFXのみ取引所形式なので、スキャルピングをすることが出来ます。スキャルピングをするにあたって気を付けるべき、スプレッドが常に画面に表示されてあります。これにより、価格変動が大きいときに取引を行うというリスクの高いことを避けれます。

加えて、取引画面の操作方法が感覚的にわかるような造りになっているので、初心者の方が仮想通貨FXを始めやすい取引所と言えるでしょう。さらに、取引手数料も無料です!

GMOコインについて、さらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

徹底調査!GMOコインのすべて【2018年8月版】 GMOコイン評価 比較ランキング順位 手数料 会社の信頼度 […]

 

いますぐGMOコインで無料口座開設!

​まとめ

仮想通貨FXにかかる4つの手数料

  • スキャルピングをするなら、スプレッドに注意!
  • 取引手数料を確認!
  • 入出金手数料はネット銀行で無料
  • スワップポイントは、ポジションを保有し続けることでかかるコスト

 ​いかかでしたでしょうか?​

今回は、仮想通貨FXをするために必要な4つの手数料についての解説、そして、手数料とスプレッドを抑えることのできる取引所を紹介してきました。今まであやふやだった手数料について知らないと、長期的に損をしてしまうということが分かっていただけたと思います。

これからは、手数料にも目を向けて、お得に仮想通貨FXを始めましょう!