【リップル(XRP)購入方法】どこで買うのが一番安い?写真とともに状況別の買い方2つを紹介します

リップルがいいのは知ってるけどどうやって買えばいいかわからず購入できずにはいませんか?

この記事を読めばあこがれのリップルを手に入れる方法がわかります。安く買いたい人・すぐにでも欲しい人向けに2種類の購入方法を紹介しているのできっとあなたに最適な買い方がわかるはず!

そもそもなぜリップルを買うべきかの理由とともに詳しい購入手順を説明し購入後の保管方法まで教えます!これであなたも「リップラー」の仲間入りをしましょう!


リップル(XRP)とは

リップルは多くの仮想通貨と異なりブロックチェーンを利用しない珍しいタイプの仮想通貨です。ブロックチェーンを使用しないため既存の金融システムに導入されやすく、仮想通貨のなかで最も早く実生活に用いられるのではないかと予想する人もいます!送金手数料がやすい反映が早いなどの大きなメリットから国内外に「リップラー」と呼ばれる熱狂的なファンも大勢いる時価総額2位の仮想通貨です。

リップル(XRP)とは、オンライン送金・決済が可能なネットワーク、及びそこで使われる仮想通貨の名称です。決済の所要時間・手数料が少ないことから、リップルは将来的に銀行間のオンライン決済などに利用されることが予想され、期待を集めています!

 

単位はXRP

日本の法定通貨の単位が「円」であるのと同様に、仮想通貨も単位を持ちます。リップルの場合は通貨単位がXRPであり単位も「リップル」と読みます。XRPの価格は2018年1月23日現在約146円で、最高値も400円を超えたことがありません!

リップルの価格は安い?

これを聞くと「ビットコインが約120万円で売ってるのに比べて圧倒的に安いじゃん⁉」と思う方も多いでしょうがそんなことはありません

そもそも仮想通貨は1枚単位で使うわけではなく小数点単位での取り扱いができます。たとえばビットコインなら1BTCが120万円であっても、なにも1BTC単位で必ずしも使うわけではなく実際には0.0001BTCなどといったもっと少ない額で扱うことも多く、約5円以上であれば約0.01円(1億分の1BTC)単位で価格を調整して送金を行うことができます。

つまり仮想通貨の価格をほかの仮想通貨の価格を比べるのは、「円がドルより安い」というとの同じようにナンセンスです。仮想通貨の価格を考えるうえで大事なのは成長率であり、価格が安い、価格が高いなどというのはその通貨のある時期の値段と比較した場合(「2016年のBTCの値段は2018年の値段より安かった」など)に初めて意味を持ちます。

リップル(XRP)を購入しとけばこんなに良いことが!

海外送金手数料がはるかに安くなる!

そもそもリップルが誕生した目的の一つが「通貨と通貨をつなぎ海外送金の手数料を安くする」ことです。既存の金融システムだと海外にお金を送ろうとすると銀行のシステムのアクセス料から約3000円ほどの手数料がかかってしまいます。例え日本からアメリカに送金をしようとすると、日本円をUSドルに両替し、その情報を海外の銀行に送りUSドルとして反映させることになるので、多くの手数料と時間がかかるのです。そこでネット上で金銭を仮想的に送受金することで手数料を大きく減らそうとしてのが世界で最小に誕生した仮想通貨ビットコインです。しかし次第にビットコインの人気が高まることでシステムの利用料としての送金手数料が高額になり始め現在では2000円近くにまでなってしまっています。

それに対しリップルではIOUと呼ばれる小切手のようなシステムを用いているため金銭の流れが簡略化されています。実際の金銭が動くこともなくシステムに負荷がかかる可能性が低いため反映に数秒しかかからないうえ手数料が10円程度で済むのです!

既存の銀行システムや仮想通貨のリップルはIOU取引によりお金のやり取りをしています。銀行口座に表示されているお金は実は存在しない!?安い・速いのには理由があった!しらないうちに使われている便利機能をしっかりりかいしておきましょう!

 持ってるだけでお金が大きく増えるかも!

下は2018年1月23日現在のリップル(XRP)のチャートです。12月時点では25円に横這いだった価格は1月7日時点で384円にまでなっています。なんと1ヶ月でなんと15倍!!!ついにはビットコインに次ぎ仮想通貨時価総額ランキング2位にもなりました。現在再び価格が落ち着き始めましたが、リップルはブロックチェーンを使わないため既存の金融システムとの相性が良く最近では銀行での導入も検討され世界中の複数の銀行と提携しています!開発が進み生活の中で導入され人気がさらに集まれば再び何十倍にもなったり時価総額でビットコインを抜くこともおかしくありません!

 

年初来最高値を更新継続中のリップル‼2018年の価格はさらに高騰が見込まれ、$1越えとの予測もあります。その高騰の背景にある理由をリップルの4つの特徴から解説します。予想はこのまま上昇、それとも下落⁉

bitbankでリップルを購入する! 


リップル(XRP)の買い方

国内で購入する

仮想通貨を買う主な場所は販売所取引所の2種類があります。販売所は求める量の仮想通貨をすぐに購入できる代わりに割高で、取引所は売り手が現れない限り取引が成立しない代わりに安めに購入できる違いがあります。大きな取引所であればすぐに取引が行えるので仮想通貨は取引所で買うのがもっともよいですが、ビットコイン以外の通貨(=アルトコイン)を国内で取り扱っている取引所は少ないです。安く買いたいなら取引所、手数料は覚悟でとにかく楽に買いたいなら販売所を利用してもよいでしょう。

おすすめは取引所での仮想通貨の購入をオススメしています!

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

 

国内でビットコインを購入し海外の取引所で両替する

海外ではアルトコインを扱っている取引所も多く安くリップルを購入できますが日本円での購入ができないため、国内でビットコインを購入しそのビットコインを海外の取引所に送金してそこでリップルを購入する方法です。かつては最も一般的な購入方法でしたが現在では国内でもリップルを取り扱う取引所が増えはじめているためあまり主流ではなくなりつつあります。

リップル(XRP)が購入できる!オススメの取引所3選


bitbank(ビットバンク)

 国内でリップルを扱っている数少ない取引所の一つです。大手の取引所ではないですが、取り扱っている5種のアルトコインすべてに関して現物取引手数料が無料など取引所のなかでも特に手数料が安くとてもおススメできる取引所です。

bitbankでリップルを購入する!

BitTrade(ビットトレード)

 BitTradeは国内の取引所で、販売所で買うよりリップルを安く購入することができます。取引手数料は0.25%~0.45%とビットバンクと比べると少し手数料が高めですが6種のアルトコインが使えるほか使い勝手がとても良いです。BitTradeでリップルを購入する!

 

SBIバーチャルカレンシーズ

 

まだサービスを開始していない取引所ですが1月にサービスを開始することが明らかになっています。 金融の総合企業として有名なSBIが運営する取引所として大きな注目を集めています。ビットコイン、リップル、ビットコインキャッシュの三種のみと取り扱い通貨数は少ないですがリップル建ての取引ができるのではないかと噂になっています

国内の仮想通貨界を度々賑わせるSBIホールディングス、そしてSBIが保有するリップル社株。どんな関連性があるのか?7月8月そして現在、今後の動きはいかに?北尾さんの企みは?果てはSコインやコンソーシアムまで、関係性を徹底解明!

 

リップル(XRP)が購入できる!オススメの販売所2選

Coincheck

 日本最大手の販売所でアプリをはじめとする機能の使いやすさに定評があります。取り扱い通貨数も日本で一番多く、リップルを含む13種もの仮想通貨を購入することができます。販売所なので割高ですが難しいことはあまり考えずにいますぐ買いたい、という人におススメです!Coincheckでリップルを購入する!


コインチェック(Coincheck)は、これから仮想通貨を始めたい人におすすめしたい日本最大級の仮想通貨取引所です。なぜ人気なのか、なぜ初心者におすすめなのか、コインチェックの特徴を分かりやすくまとめて皆さんの最初の一歩を後押します!

 

GMOコイン

 日本の大企業GMOインターネットが運営する販売所であるため安心感がとても高いです。販売所にしてはスプレッドが小さく出金手数料が無料であるため人気が高いです。

GMOコインでリップルを購入する! 

GMOコインは日本国内の比較的新しい仮想通貨取引所です。GMOコインの評判は?使いやすい?取り扱い通貨の種類は?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!



リップル(XRP)のオススメ購入手順

リップルを安く・はやく買うには国内の取引所で購入するのがおすすめです!今回は取引手数料が無料で話題になっているbitbankでのリップルの購入方法を解説していきます!メールアドレスと個人情報を登録する「口座開設」とパスポートなどの本人確認書類を提出する「本人確認」を完了してはじめて取引を開始することができます。

bitbankの口座を開設する

1.bitbankのホームページを開きメールアドレスを入力したら「無料口座登録」をクリックします。

2.送られてくるメールに記載されているリンクをクリックします。

3.パスワードを入力し、規約をよく読みチェックボックスにチェックを入れ「登録」をクリックします。

4.基本情報を記入し「登録」をクリックします。以上で口座開設は完了です!



本人確認をする

1.本人確認書類の写真をアップロードします。本人確認書類として認められるものには「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」「在留カード」があります。

2.登録した住所にハガキが送られてくるのでそれを受け取れば本人確認完了です!

入金する

1.bitbank.ccにログインし右上の人型アイコンをクリックし「入出金」をクリックします。

2.日本円の「入出金」をクリックします。



買い注文を出す

現物取引の注文方法には指値注文成行注文があります。

指値注文

指値注文とは「この量のリップルをこの額(日本円)で買います!」という注文を出すことです。売り手が見つかった時点で取引成立になります。自分の希望の額で購入できる反面、希望のタイミングで買えない可能性があります。購入価格が高ければすぐに売り手が見つかりますが、あまりに低く設定するといつまでたっても売り手が見つからず取引が成立しないので注意しましょう。確実に買いたいときは最終取引価格より少し高く注文を出すことをお勧めします。

1.bitbank.ccにログインします。

2.左上の「BTC/JPY」をクリックし、「XRP/JPY」を選択します。

3.XRPのレートと数量を入力します。たとえば100XRPを15000円で購入した場合、価格に「150」、数量に「100」と入力し、予想金額が「15000円」であることを確認して「注文」をクリックします。あとは売り手が現れれば取引完了です!


成行注文

成行注文とはすでに存在する売り注文を安い方から自動で買っていく注文方法です。たとえば、「リップルを安いものから順番に100XRP分買います!」と注文を出すことができます。その瞬間でもっとも安い方法で即座にリップルを手に入れることができますが、額が不確定であり思っていたより高い価格になってしまう可能性があります。

1.bitbank.ccにログインします。

2.左上の「BTC/JPY」をクリックし、「XRP/JPY」を選択します。

3.画面右側の「成行」をクリックします。購入するリップルの量を入力します。たとえば100XRPを購入する場合は数量に「100」と入力し予想金額が15000円程度であることを確認し「注文」をクリックします。これで購入完了です!


bitbankでリップルを安く買う!

リップル(XRP)の最速購入手順~クレジットカードで購入する~

Coincheckでクレジットカードを利用して購入すれば、割高ではありますが振り込みに行かずともすぐにリップルを購入することができます。ただしクレジットカードで購入した場合は1週間送金ができないので注意してください。また購入は5000円以上からです。

Coincheckの口座を開設する

口座の開設はメールアドレスとパスワードの設定のみで行えるのでとても簡単です!およそ1分で終わります

1.まずCoinCheckのホームページを開きます。

2.次にメールアドレスとパスワードを入力し「登録する」をクリックします。

3.入力したメールアドレスに送られてくるメールに記載のリンクを開きます。以上で登録完了です!

Facebookでの登録もできますが、セキュリテイの観点からあまりおすすめはしません。

コインチェックで口座開設してみたいけど、細かい手順が多くて分かりにくい!そんなあなたも心配ご無用!アカウント登録から本人確認、最後のハガキ受け取りまで網羅します。一見敷居が高そうでも、意外とハードル低いですよ!

 

本人確認をする

CoinCheckでは本人確認を行わないと日本円の入金と出金、仮想通貨の売買を行うことができません。本人確認は ①電話番号の認証 ②必要事項の記入 ③IDセルフィ―のアップロード の3つの手順が必要です。

①電話番号認証

1.CoinCheckにログインします。

2.「本人確認書類を提出する」をクリックします。

3.携帯電話番号を入力し「SMSを送信する」をクリックします。

4.送られてくるSMSに記載されているコードを入力し電話番号認証は完了です。

②必要事項の記入

1.「本人確認書類を提出する」をクリックします。

2.画面を下にスクロールし、名前・住所・電話番号など必要事項を記入します。

③IDセルフィ―のアップロード

1.本人確認書類を持ったセルフィーと本人確認書類の写真を載せます。

2.一番下の「本人確認書類を提出する」をクリックします。

3.2~4日後にCoinCheckからハガキが送られてくるので、それを受け取れば本人確認完了ですが、Coincheckでは本人確認書類の確認がが終わった段階で入金と取引ができるようになりますので迅速にに取引ができます!

面倒なコインチェックでの本人確認について詳しく解説します。間違えやすいところを先回りして回答しています。取引所での売買ができても出金には本人確認が必要です。これを読んで安全で快適な仮想通貨のトレードライフを送ってください。

 

販売所で購入する

1.Coincheckにログインします。

2.ウォレットの「クレジットカードで買う」を選びます。「金額を指定して購入する」の欄に金額を入力し「購入する」をクリックします。

3.クレジットカード情報を入力し「決済開始」をクリックします。これで購入完了です!

 

Coincheckでリップルを今すぐに手に入れる!


購入したリップル(XRP)を保管!~オススメウォレット3選~

取引所や販売所にリップルを置いておくこともできますが、もし取引所でトラブルが発生した時にはお金が取り出せなくなってせっかく買ったリップルが無駄になってしまうことも…(実際に12万人のお金が消失したマウントゴックス事件などもあります)。そんなことにならないようにウォレットにリップルを送って自分で管理しましょう

「ウォレットってなに?」というかたはこちらをご覧ください。

「ビットコインを運用したいけど、ウォレットってどれを選べばいいんだろう・・・」そんな悩みを解決するため、ビットコインの保管・運用に必要なウォレットをコインオタクが徹底的に比較・紹介します!

 


GATEHUB

gatehubはリップルを保管する上で最も有名なオンラインウォレットです。メールアドレスの登録だけで無料で利用できるのでとても便利ですが、オンラインウォレットは自分で秘密鍵を管理するタイプのウォレットであり紛失した際にはログインできなくなったりお金を盗まれたりする危険性もあります。手軽にセキュリティアップを図るのには最適なウォレットです!

Ledger Nano S

 イーサリアムなど様々な仮想通貨の保管ができる有名なハードウェアウォレットです。オフラインで資産を保管できるのでセキュリティがとても高く、使い勝手がとても良いですが、15000円ほどと高額です。大きなお金を保管したいのであればもっておくべきでしょう

Toast Wallet

 リップルの保管のためだけに作られたウォレットでAndroidとiPhoneの両方でアプリを利用することができます。無料で手軽に利用できるのが強みです。シンプルな機能であまり利用しない人にはお勧めですが、機能性は優れないので頻繁に利用する人はほかのウォレットがいいかもしれません。

 

まとめ

リップルのオススメ購入手順

  • bitbankの口座開設・本人確認をする
  • 銀行で入金する
  • 買い注文を出す

 以上リップルの買い方について説明しました。日本においてビットコイン以上に人気の高いリップルは今後必ず成長していくことでしょう。価格が下がっているいまだからこそ購入するからこそ購入するチャンスです!いわゆるIYRK(いくでやるでリップル買い増しや)というやつですね!!

bitbankの口座を開設する!

リップルの今後のニュースはこちらから確認することができます!



CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!