Morgan Creek Digitalの共同創業者であるAnthony Pompliano氏は、ビットコインが2021年までに10万ドル(約1,070万円)まで上昇すると予想している。

その兆候の一つとして、投資家の間でのビットコインの地位が変わり始めていることを述べている。

ビットコインは2021年までに『10万ドル』に到達

Morgan Creek Digitalの共同創業者であるAnthony Pompliano氏は、ビットコインが2021年までに10万ドル(約1,070万円)まで上昇すると予想している。

その兆候の一つとして、従来の投資家の間でのビットコインの地位が変わり始めていると述べている。

Yahoo Financeのインタビューで同氏は、ビットコイン否定派の間違いを証明すればするほど、ビットコインの著しい成長に注目する投資家が増えると主張している。

また同氏は、ビットコイン上昇の理由の一つとして、JPモルガンがCoinbaseとGeminiに銀行サービスを提供し始めたことを挙げている。

ビットコインがなくなるわけではない。多くのウォール街の投資家が実際にビットコインをポートフォリオに入れ始めている。また、彼らは取引やビジネスの実績を持ち始めており、それは財務諸表で確認することができる。最終的には、銀行がこの分野を無視することはできないということが分かるようになるだろう。

Pompliano氏によると、機関投資家はビットコインを他の金融市場のボラティリティに対するリスクヘッジとして見るようになってきているとのことだ。

現在、ビットコインに投資しているのは2つのグループに分かれている。一つは Paul Tudor Jones氏のようにインフレを懸念してポートフォリオの1~2%に加えている人だ。もう一方は、わずかな資本を配分するだけでパフォーマンスを向上させると話している多くの機関投資家だ。

そして、Pompliano氏は2021年までのBTCの価格推移について、個人的な予測を崩していないと述べている。

私の推測では次の18ヶ月程度の間、ビットコインの価格は上昇を続け、この危機から抜け出して最高のパフォーマンスを発揮すると予想している。私はビットコインが2021年までに1BTCあたり10万ドルに達すると思うと発言しているが、従来の金融の世界では比較的短期間で10倍以上になることは明らかだ。

果たして2021年までに10万ドルに達するのか、今後のビットコインの成長に期待したい。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!