リップル相場に迫るクジラの影

大量のリップルが仮想通貨取引所Bitstampのウォレットに送金され、大量保有者(クジラ)による大規模な売りが行われるのではないかと市場では警戒が高まっている。

クジラの大量売りによって売り圧力が高まれば、価格下落にも繋がりうる

クジラによる仮想通貨取引所への大量送金を監視するアカウントWhale Alertによると、今日25日深夜に31,300,000XRP(約9.3億円相当)がBitstampへ送金された。

リップルは今月6日にも大量保有者のウォレットから6億円相当のXRPトークンが取引所に送金され、注目を集めていた。

その際は買い圧力も大きかったため、リップル価格は15,16日にかけて大きく上昇した。

現在のリップルは、先週の下落を受けて再度上昇を期待されているだけに、この送金がどのような影響を相場にもたらすのか目が離せない

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!