仮想通貨・ビットコイン 真価を問われた2018年

2008年、未だ正体不明の経済学者「サトシ・ナカモト」によって作り出されたビットコイン。​

当時のレートは1BTC=0.2セント(0.2円)。しかし現在のレートでは約45万円という信じられない価格になる。

「月に届くような勢いだ(to the moon)」

どこまでも上がっていくビットコインの価格に人々が夢を見た2017年。この高騰では、ビットコインの正体を知らずとも資産を増やすことができただろう。

​はじめは、インターネットのギークたちが実験半分面白さ半分で遊んでいた玩具が、最高時価総額3000億ドルを超える超巨大アセットに化けた。

たった10年の出来事である。

しかしそんなビットコインも2018年、ついに新しい局面に突入した。ビットコイン登場から10年間上昇し続けた価格がついに下がったのだ。

この10年間人々は形の見えないその概念に異常なまでに熱狂し、そして絶望感を味わった。大量のマネーが絡む次世代のイノベーションの周りには、様々な信念と思惑が渦巻いているのが見て取れる。

激動の年となったビットコインは、様々な課題が浮き彫りとなった。

セキュリティ問題、スケーラビリティ問題、犯罪利用の問題など上げればキリがない。

しかし、一方で、未来の可能性も無視できない。Facebookや三菱UFJ銀行など様々な"巨人"が仮想通貨・ブロックチェーン事業を開始している。

かつて、インターネットが台頭した初期には多くの人が怪しい、犯罪の温床だと非難した。しかし、今やインターネットの価値を疑うものはいないだろう。

今後、仮想通貨・ブロックチェーンがインターネットに次ぐ、世界を変えるテクノロジーとなるのか。

今回は、2018年に起きた重要なイベントを列挙し振り返るとともに、今後の重要なイベントをまとめた。

仮想通貨のさらなる進撃に注目だ。


​仮想通貨2018年のイベント・ニュースまとめ

2018年仮想通貨は大きな転換期を迎えた。以下、仮想通貨の重要事件を一挙にまとめた。


  • ​1/26 Coincheck NEM 約580億円の流出被害で市場に大打撃
  • 2/26 米大手仮想通貨取引所Poloniexがフィンテック大手Circle社傘下に。その後Poloniexは世界進出に向けた動きを見せた
  • 3/14 Google社は仮想通貨関連のオンライン広告の全面禁止を発表。同時にビットコインは約一か月ぶりの安値をつけた
  • 4/6 マネックスがコインチェック買収を発表。経営体制再建への一歩に
  • 4/26 米証券取引所NASDAQがGeminiとのパートナーシップを締結
  • 6/4 米大手取引所Coinbaseが三菱UFJと業務提携。日本進出への一歩を踏み出す
  • 8/3 ICEがデジタル資産プラットフォームBakktのローンチを発表。米証券取引親会社が本格的にブロックチェーン事業に乗り出す
  • 9/18 Zaifから約70億円分の仮想通貨が流出。金融庁による取引所取り締まりの目がさらに厳しくなった
  • 9/21 米証券取引委員会がCboeによるビットコインETFの審議の開始を発表
  • 10/1 Bitflyerが経営刷新を発表。金融庁の取引所勧告を象徴するニュースに
  • 10/13 米先物取引委員会委員長が仮想通貨市場について言及。機関投資家の参入が市場拡大に不可欠であると発言
  • 11/10 リップルが集団訴訟問題を連邦裁判所へ移転。「仮想通貨=証券」の判断の是非を問う重要な事例に
  • 12/25 GMOインターネットがマイニング事業撤退。355億円の損失に


仮想通貨2019年の注目イベントまとめ

今後、仮想通貨の注目イベントは以下の通りだ。

ビットコイン(Bitcoin)

  • ​1/16 アメリカ、マイアミでThe Noth American Bitcoin Conference​​が開催

世界最大規模のブロックチェーンの分野のカンファレンス。多くのブロックチェーン関連プロジェクトが集まるため、世界中の注目が集まる。

  • ​2/27 米SECビットコインETFの最終期限

2018年ビットコインのETFは何度も否認されているが、SECのETFはこの日をもって最終判断となる。もしここで承認されればビットコインの価格は大幅に上げることになるであろう。

イーサリアム(Ethereum)

  • ​1月頃 コンスタンティノープルにハードフォーク

このアップデートでは「より速く動くこと以上に、より安全に取引されること」の実現に重きをおいている。仮想通貨への不安感を取り除くようなアップデートを目指す。

  • ​​6月頃 Ethereum1X

このアップデートでは「容量や時間の効率性」など目的としている。イーサリアムのスケーラビリティー問題解決を目指す。

​リップル(Ripple)

  • ​1月~3月 資産運用会社『フィデリティ』上場。

世界有数の資産運用会社で、日本初の外資系資産運用会社でもある。リップルの投機的需要が高まる可能性有り。

  • ​5月13~15日 Cosensus2019 inNewYork。

ニューヨークで行われる仮想通貨の会議で世界の注目があつまる。

  • ​未定 世界的に有名な取引所、Coinbase上場検討中。

もし上場が実現されれば、リップルの取引量は今よりも多くなり、価格の上昇に繋がる可能性もある。