コインチェックの盗難被害やGOX(倒産)危機があり、取引所に仮想通貨を置いておくことが危険だと実感する人も多いと思います。

仮想通貨は自己管理とよく言うけど実際どうすればいいのか?とお悩みの方も多いかもしれません。

そこで、今回はハードウェアウォレットの筆頭であるTrezorの紹介です!仮想通貨でウォレットといったらTrezor!ってくらいに有名なハードウェアウォレットです。

このウォレットは外付けのハードウェア上で仮想通貨を管理するタイプで他のウォレットと比べてとてもセキュリティが高くて安心した仮想通貨ライフを送るにはもってこいです。もちろんTrezorで保管していれば、もし取引所がゴックス(倒産)したとしてもその被害を受けることはありません!

ここではそんなTrezorの特徴から買い方、初期設定方法について解説していきます。購入時の危険に対する対策法もしっかりと伝授します!

このサイトを読んでいただければ、今後は取引所やセキュリティに振り回されない安心安全な仮想通貨ライフを送ることができるでしょう!


Trezor(トレザー)とは

Trezorとはビットコインをはじめとする仮想通貨をオフライン上で保管することができるコールドウォレットの一つです。オフライン上で秘密鍵を管理するためハッキングなどの攻撃を受けにくく、安全性がアップしているというわけですね!

そんなウォレットの中でもTrezorはセキュリティが高く使い勝手も良くWallet(お財布)というよりはむしろ金庫に近いイメージです。

なので、持っている仮想通貨も多くなってきたしそろそろ安全に保管したいなと思っている方や、せっかく投資するんだから盗られたりしたくない‼という方にはおススメです!

それではTrezorがどんな特徴を持っているのかといった基本的な情報からいざ購入して使っていくところまで、しっかりと解説していきます!

そもそもどのハードウェアウォレットを買うか迷っている方はこちら

目次ハードウェアウォレットとはハードウェアウォレットの仕組みハードウェアウォレットのメリットハードウェアウォレットのデメリットおすすめハードウェアウォレット3選三種のハードウェアウォレットを比較!ハードウェアウォレットのQ&Aハードウェアウォレットまとめ ハードウェアウォレットとは ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。 ハードウェアウォレットの仕組み 秘密鍵暗号を持ち運ぶ ハードウェアウォレットは、機器そのものにウォレットの機能がついているわけではありません。仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、秘密鍵を機器内部で保存しているのです。ですから、ウォレット内の仮想通貨を管理するためには、PCなどの端末に接続し、専用のアプリケーションを利用する必要があります。 この秘密鍵は、購入時に付属しているアクティベーションキーと対応しており、ハードウェアウォレット本体が故障したり、紛失したりしても、新しく購入した本体にキーを入力することで復元できます。 ただし、アクティベーションキーさえ持っていれば他の本体からでもウォレットにアクセス可能というのは、裏を返せば他人にキーを知られたら不正送金などをされるかもしれないというリスクがあるということです。 ですから、キーは他人に見られないよう、また、なくすことの無いよう厳重に保管しましょう。 そして、流通業者がアクティベーションキーを、商品が購入される前に盗み見ている可能性もあるので、信頼できる正規代理店から購入しましょう。 PCに繋げてウォレット操作 ウォレットの操作をする際にはPCに接続し、専用のアプリケーションを使って機器内の秘密鍵を読み取ります。 ウォレットアプリのインストールされたPCなら、どれからでもウォレットにアクセスできます。 ハードウェアウォレットのメリット 安全性が非常に高い PCに繋いでいない間、ウォレットの秘密鍵はネットワークから完全に遮断されています。こういった状態のウォレットをコールドウォレットと呼ぶのですが、この状態ではハッキングの危険にさらされることがなく、非常に安全です。

  

Trezorの仕組み

どんなウォレット?

ウォレットとは仮想通貨をトレードせずに保管する場合に用いられるものです!しかし、その中にもいくつかの種類があります。

Trezorはコールドウォレットといい、ネット環境からその仮想通貨の秘密鍵を切り離すことによって不正にコインを利用されるのを防ぐというものです。ネットに繋がっていなければ当然ハッキングなどの影響は受けるわけありませんよね!

だからネットを使って盗まれる心配はない!という訳です!

ネット環境から切り離す手段は主に2つほどあり、秘密鍵などを紙に印刷することによるペーパウォレットとUSBのような外部の機器で保管するハードウェアウォレットの二種類です。Trezorは上の写真のような外付けできるハードウェアタイプにあたります。

ハードウェアウォレットはUSBと同じくらいの大きさのため軽量で持ち運びに便利なのが特徴です。さらには紙のように劣化して文字が読めない!だとか、他の書類と一緒になってしまった!なんて心配もなく安心ですね。もちろん、紛失したり破損する可能性はゼロではありませんのでそういった時のリカバリー方法もあるのでご安心あれ!

ウォレットの種類について詳しく書かれた記事はこちら

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!

 

「仮想通貨を厳重に管理したい・・・」そんなあなたにピッタリの、安全性抜群なハードウェアウォレットを紹介します!さらに、人気機種を3つ紹介し、それぞれの機能やサービスを比較しました!あなたも手軽に、安全に仮想通貨を管理してみませんか?

 Trezorの対応通貨

TrezorはMEW(MyEtherWallet)と連携することでETHだけでなくERC20トークンもまた預けることができます!

取り扱いコインの種類の最新版はこちらをご覧ください!

TrezorWallet

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • Zcash(ZEC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • モナコイン(MONA)
  • ネムコイン(NEM)

MyEtherWallet

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ERC20トークン
  • Expanse(EXP)
  • UBIQ(UBQ)

その他

  • NEM(XEM)
  • Namecoin
  • Dogecoin
  • ビットコインテストネット(Bitcoin Testnet)

リップルは…….?と思いの方がいるかもしれませんが残念ながら今のところ対応していないようです。しかし、Trezorが以前は対応していなかったネムコインにも対応してきたことを考えると今後リップルに対応していく可能性はあります!最新情報をチェックしましょう!

リップルに対応している安全ウォレットはこちら

Trezorは実際どう?~総合評価~


安全性  ★★★★★

  ネット環境からデータを切り離すことができるためウェブ上のウォレットなどと比べると当然セキュリティは高いです。パスワードや本体、リカバリーフレーズさえしっかり管理できていればセキュリティはトップクラスです!

  しかし、安全といっても元々パソコンのほうにウィルスが入っていた場合は安全とは言えず人目に付くところにおいていればそのセキュリティの高さも台無しになるので管理には注意しましょう!

利便性 ★★★★☆

軽量で小さくどこにでも持ち歩けるという点で利便性はとても高いものとなっています。

ハードウェアウォレットというと入れた仮想通貨の入出金がとてもめんどくさく思われるかもしれませんが意外と簡単なことも評価の理由の一つです。

しかし、オンライン上で管理するホットウォレットと比べると持ち運ばなければならないという点で少し不便火と思い一点引かせていただきました。

値段 ★☆☆☆☆

価格帯が約15,000円くらいなので高く感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

これは実際の価格が無料なものが多いホットウォレットと比べた評価です。ただ、この価格はその安全性に見合う値段ではあると思います!

もし今運用している金額が盗まれても良いと思えるほど少額であればわざわざ買う必要はないでしょう。しかし、これからより投資していこうと考えている場合には必須となるでしょう。

また、価格は仕入れ具合や需要の高さなどによって変わってくるようなのでその都度実際に調べてみましょう。

対応通貨の種類 ★★★☆☆

対応通貨は少ないわけではないのですがともに人気の高いハードウェアウォレットであるLedger Nano Sと比べると相対的に種類は少なくなっているためこのように評価させていただきました。

もちろん、お持ちの通貨が取り扱われていれば問題はないので気にしなくていい項目といえるかもしれませんね!

初心者向け ★★★★☆

買い方、送入金のやり方とともに難しいところがなく初心者や英語が苦手な方でも簡単に操作できると思います!

総合評価 ★★★★★

総合的に評価するとSランクのウォレットと言えます。セキュリティが高い!なのに扱いやすい!というのが評価の一番の理由です。

Trezorの評判は?

SNS上では同じハードウェアウォレットのLedger nano Sと比較されがちなようです。Ledgerのほうが挙動が安定しないためTrezorをおすすめするユーザーが多いです!ただ二つとも持っているユーザーも多いようです笑

Trezorのメリット

セキュリティが高い

ハードウェアウォレットの持ち味は先ほどから述べているようにそのセキュリティの高さにあります。

コインチェックの約580億円相当のNEM盗難事件であらわになったようにいまだ取引所のセキュリティは甘く危機感を感じた方も多いと思います。

ネム(NEM)やBCHなど対応通貨が多い

仮想通貨を補完したいけどウォレットが対応していないということはよくあり、その点trezorはNEMやビットコインキャッシュをはじめとする多くのアルトコインにも対応しています。また、数百種類もあるERC20トークンにも対応しているため対応通貨の数は多いといえます。

Segwit2xにもすぐ対応

2017年の11月にビットコインがSegwit2xを導入してハードフォークするかもしれないというニュースがありましたね。幸い、Segwit2xは無期限延期という結果に終わりましたが今後このようなことが再び起きる可能性は十分にあると考えられます。そうなった場合、預けていたコインにハードウェアが対応しなくなってしまったらそのハードウェアはただの文鎮になってしまいます。

しかし、Trezorにはそんな心配はいりません。Segwit2xが適用されそうになった場合の対応も迅速におこなわれていて安心できます。

これからもハードフォークの際には対応してくれるのだろうという期待が持てますよね!

Trezorのデメリット

Amazonで買った場合盗難される可能性がある

Amazon、EbayやメルカリといったサイトでTrezorなどのハードウェアウォレットを買うと、盗難される可能性があります。盗難方法は様々のようです。

しかし、いったいどうやって盗むというんでしょう?ハードウェアとして管理しているうえ、そのリカバリーシード(復元する際に必要なパスワード)も自分で設定して紙で保管するはずですよね…

しかし、ここでAmazonなどから買った場合、すでにパッケージをあけられている可能性があるのです。つまり本体をすでに空けて改造してから売ることで盗難をしているのです。

その方法はいくつもあり

  • リカバリーシードがすでに登録してある
  • ソフトウェアの改造により特定のリカバリーシードが表示されるようにする
  • 表示されたリカバリーシードに関係なく特定のリカバリーシードで復元できるようにする

といった改造は容易に行うことができます。

さらには、カンファレンスなどで配布されるハードウェアウォレットなどによる盗難被害もあるようです。

自分の資産を守るために買ったウォレットのせいで盗難されたらやりきれませんよね。そうならないためにも少し安いからといってハードウェアウォレットを公式以外から買うのは避けたほうが良いでしょう。

SNSでも注意喚起がされていて気を付ける必要があります。

入手が困難な可能性がある

CMなどの影響によって仮想通貨人口はどんどん増えており、その市場規模は日々高くなっていくと予想されます。となると当然安全な保管方法への需要も高まるためハードウェアウォレットが売れきれるという可能性がなくはありません。実際に少し前は売れきれて在庫がないようなこともあったようです。

値段が高い

15,000円を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれですが、一般としては高いと感じてしまうかもしれません。

しかし、先ほどから何度も述べているようにハッキングされたときの被害のリスクを考えるとそれほど高いわけではないのかもしれません。

安心をお金で買うという感覚です!

Trezorはこんな人におすすめ!!

安心して仮想通貨ライフを送りたい人

安心せずに仮想通貨ライフを送りたくない人なんていないと思いますがあえてこう書かせていただきました!

SNSを見ていると仮想通貨の盗難事件はいまだに頻繁に起こっているようです。取引所でも保証サービスや万全のセキュリティを保っているところなんてまだごくわずかです。Twitterで『盗まれた~~泣』なんてつぶやいている人も多いですが盗まれた責任を考えたときに誰が浮かびますか…?自分ですよね。

自分のお金は自分で管理しましょう!

というわけで仮想通貨である程度の資金運用を考えている人は買っておいて損はないと思います!

もちろんTrezorの対応通貨で資金運用している人に限りますが…笑

ハードウェアウォレットをまだ持っていない人

ハードウォレットを買いたい…けどどれを買えばいいのかわからない!といった人におすすめなのがこのTreozrです。使い勝手がよく持ち運びもいいため初めてでも使いずらくなく便利です!また、利用している人が多くメジャーなウォレットであるというのも安心できる要素の一つですね。

また他にもLedger nano SというハードウェアウォレットもありこちらもTrezorと並ぶほど人気なのでおススメです!

こちらのウォレットは今でも根強く支持されるリップルにも対応しています!リップルをお持ちであればLedger nano Sの購入を考えても良いでしょう。

 Trezorの初期設定と使い方

初期設定

流れを軽く説明していくと

  1. 専用のアプリをインストール
  2. Trezorをつないで名前の設定
  3. PIN(パスワード)の設定
  4. リカバリーコードの設定

意外と簡単ですよね!ではいってきましょう!

  1. こちらからアプリのダウンロードを行います。


  2. アプリを開くをTrezorにつなげと出るのでつないでそのままTrezorの名前を入力します。


  3. 次にPINコードを入力します。この3×3のマスはTrezor本体に出ている数字マスに対応しています。例えばTrezorで真ん中の数字が1になっていれば真ん中の『・』をおすと数字の1を入力することができます。このTrezorに載っている数字のマスの順番は毎回変わります。パスワードは『十分強い』強度で設定しましょう。
  4. 最後にリカバリーシードの設定です。これが一番大切です!その名の通り復元するときに必要なコードなのでもし流出した場合、資産が盗難されることに繋がります。24個のフレーズが順次出てくると思うのでその順番に紙面に書いていきましょう。ちなみにこの時、Trezorに同封されているリカバリーシートを利用すると便利です!フレーズは基本的に紙面上で管理することになりますが万全のセキュリティの下で管理してください。また、オンライン上でリカバリーシードを管理するのはやめましょう!わざわざハードウェアウォレットを買った意味がありません笑 例えば携帯などのデータに入れておくの危険なので避けるべきです。

入金・送金方法

入金方法(Trezorに仮想通貨を入れる方法)

ハードウェアウォレットへの入金はなんだか難しそうに感じる人もいるかもしれませんが意外にも簡単です!

  • 下記の画像から入金する仮想通貨を選びます。(PC上)
  • 『受信』をクリック(PC上)
  • 『show Address』をクリックしてPINコードを入力(PC上)
  • Trezor本体で『continue』をクリックするとアドレスとQRコードが出てくるのでそこへ送金すればOKです!

とっても簡単ですね!送金方法もこれと何ら変わりはありません。

送金方法(Trezorから仮想通貨を出す方法)

入金時と同様です!

  • 送金する仮想塚を選ぶ
  • 『送金』をクリック
  • 『Address(送金アドレス)』と『Amount(数量)』を入力して『Send』!

Trezorの購入方法

Amazonよりも2000円ほど公式のほうが安く、Amazonで買うとリスクがあることを考えると公式から買うのが一番よさそうです!

  1. こちらのリンクから飛びます。
  2. 『Color』から白と黒の2種類から一つを選び、『ADD TO CART』をクリック!
    【公式】Trezor
  3. 『Quantity(個数)』を選択。promo codeはクーポン番号のことなのであれば入力。そのまま『Proceed to checkout』へ!またEUR115はおよそ15,000円くらいです!
    【公式】Trezor
  4. 下記の画像が出てくると思うので一つずつ入力していきましょう。海外での通販に慣れていない方は例を参考にして入力すると良いでしょう!
  5. これで最後です!カード支払いの場合は商品を確認した後カード情報を入力して終了です!
    ビットコイン支払いの場合は送金先が示されるのでそこに送金をすれば完了です!

Trezorについての気になるQ&A

もしTrezor社が倒産したらウォレット内の通貨はどうなるの?

結論から言うと取り出せます!
有名な2つのTrezorやLedger nano Sといったウォレットを例に説明していきます。
例えばTrezor社が倒産してTrezorが使えなくなった場合。
Trezorの仮想通貨データを復元する時に入力する「リカバリーフレーズ」は互換性があります。なのでTrezory→Lesdger nano Sへの復元が可能なんです。もちろんその逆もできます!
Trezor社とLedger社が同時に倒産する可能性は少ないと思われるのでこれで問題はないかと思います。

ファームウェアアップデートってなに?

ファームアップデートは機器のバージョンを上げることです。これを行わないと持っている仮想通貨を送金しようとしてもエラーが起きてしまうことが多々あるようです。Trezorのmy wallet ( https://wallet.mytrezor.com/ )にとんで上部に『アップデートをする必要があります』と出た場合はすぐにアップデートを行いましょう。

購入時にでてくるpromo codeって?

promo codeとはpromotion codeの略でいわゆるクーポンのことを指します。

Trezorまとめ

さて、Trezorがどのようなものかわかりましたか?

Trezorのポイントを一言でまとめてみました!

Trezorのポイントまとめ

  • セキュリティがトップクラス⇨安心安全な仮想通貨ライフを送りたい人におすすめ!
  • 使い方や操作は意外と簡単!⇨初心者、英語が苦手な人にもおすすめ!
  • 難点は価格が15,000円ほどと高め!

ウォレットはなくても仮想通貨の取引はやっていけます。。。が、転ばぬ先の杖!泣きを見る前に対策をしましょう!! 

もしまだウォレットを利用していないのであれば盗まれないうちに何かしらのウォレットを使うことをおススメします!

今すぐTrezorを公式から購入

セキュリティもトップで価格の安いウォレットはこちら

目次ペーパーウォレットとはペーパーウォレットの仕組みペーパーウォレットのメリットペーパーウォレットのデメリットペーパーウォレットって実際どうなの?コインオタクの評価ペーパーウォレットの使い方ペーパーウォレットについての気になるQ&Aペーパーウォレットまとめ ペーパーウォレットとは ペーパーウォレットって聞いたことありますか?ペーパーウォレットは紙製の財布で環境に優しく………そっちの方ではありません。仮想通貨の保管方法として紙媒体であるためにセキュリティーに優れたウォレットなのです! ペーパーウォレットの仕組み ビットコインの送金において、まず秘密鍵(銀行口座の暗証番号のようなもの)と公開鍵というものが作られます。公開鍵からビットコインアドレス(銀行の口座のようなもの)が生成され、この秘密鍵とビットコインアドレスを紙に印刷したものがペーパーウォレットです。紙に記されたこれらを参照すればビットコインは引き出せます。まさに小切手のようなものといえます。 ウォレットには常にインターネットに接続されているホットウォレットとオフラインで仮想通貨を保管するコールドウォレットがあります。コールドウォレットと聞いて多くの人が想像するのは「Trazor」などのハードウェアタイプのウォレットだと思われますが、ペーパーウォレットもコールドウォレットの一種です。 ペーパーウォレットのメリット あらゆるハッキングも怖くない! これはペーパーウォレットにに限らずハードウェアウォレットなどコールドウォレット一般にいえることですが、オフラインにあるため無事に送金してしまえば燃やされる、盗まれるなどの物理攻撃を受けない限り資産が危険にさられるリスクは最小限におさえられます。 ビットコインに関するニュースとして耳目を集めた「マウントゴックス事件」では取引所にあるビットコインが消失し多くの投資家が資産を失いましたが、このような事態になってもコールドウォレットにいれておけば安心であるということです。(もっとも、このマウントゴックス事件の原因がハッキングかどうかは定かではありませんが…)コストが小さく敷居が低い

より扱いやすいウォレットはこちら 

目次モバイル(スマホ)ウォレットとはモバイルウォレットの仕組みモバイルウォレットのメリットモバイルウォレットのデメリットモバイルウォレットの注意点ビットコイン用モバイルウォレットのオススメモバイルウォレットについてのQ&Aモバイルウォレットまとめ モバイル(スマホ)ウォレットとは モバイルウォレットとは、仮想通貨を管理するウォレットのうち、スマートフォン用のアプリを用いて自分の秘密鍵を管理するタイプのものを指します。 現在、GooglePlayやappstoreに複数のモバイルウォレットアプリが公開されています。※1月28日現在、コインチェックではアルトコインの入金、出金、売買のすべてが停止されています。こういった事態に陥ったときにも、自由に自分の資産が移動できるように、やはり自分のウォレットは持っておくべきでしょう。特にセキュリティの高いコールドウォレットは資産を安全に管理したい方にオススメです。コールドウォレットについて詳しく知りたい方はこちら! コールドウォレットを使おう!ハッキングに備えた安全な仮想通貨の保管方法を教えます!仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!続きを読む その他のタイプのウォレットについてはコインオタクの記事をご覧ください! デスクトップウォレットとは?メリット・デメリットとおすすめを紹介!仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します続きを読む   ウェブウォレットって何?メリット・デメリットの両側面から解説!仮想通貨のウォレットにはいくつか種類があります。そのなかでも、サーバーで大勢のウォレットをまとめて管理するタイプのウォレット、ウェブウォレットについて紹介します!ウェブウォレットとは何か、どんなメリット・デメリットがあるのかをわかりやすくま続きを読む


目次デスクトップウォレットとはデスクトップウォレットのメリットデスクトップウォレットのデメリットデスクトップウォレットの注意点Bitcoin用デスクトップウォレットのおすすめアルトコイン用デスクトップウォレットのおすすめデスクトップウォレットについてのQ&Aデスクトップウォレットまとめ デスクトップウォレットとは デスクトップウォレットとは、仮想通貨を管理するウォレットのうち、自分のPCから利用するタイプのものをさします。 最も古くからあるウォレットの種類で、仮想通貨の開発元が公式にリリースしているウォレットの多くがこの形式を取っています。 ※1月26日現在、コインチェックではアルトコインの入金、出金、売買が停止されています。こういった事態に備えて、なるべく仮想通貨は自分のウォレットで管理するべきでしょう。また、取引所は複数開設しておき、資産は分散して保管しましょう。 デスクトップウォレットのメリット フルノード版が使える スマートフォン用のウォレットやハードウェアウォレットなどは、アプリの容量削減のためその仮想通貨のブロックチェーンの中の一部の領域のみを参照している場合がほとんどです。もちろん、デスクトップウォレットもほとんどがそのように一部領域のみを参照していますが、中にはジェネシスブロックから最新ブロックまでの全てのブロックチェーンを参照するものも存在します。それによって、全ての取引記録が確認できるんですね。このようなタイプのウォレットを「フルノード」と言います。フルノードは全てのブロックチェーン情報をダウンロードしなくてはならないため、非常に重いです。 これを読んだあなたは、「え、そんなことする理由あるの?ウォレットアプリなんて軽い方がいいに決まってんじゃん!」と、お思いかもしれませんね。 しかし、フルノード版にしかない利点として、フルノード版ではマイニングを行うことができることが挙げられます。なので、マイニングをしたいならばフルノードを利用しましょう。 開発が盛ん デスクトップウォレットは、他の種類のウォレットに比べて活発に開発がなされています。メジャーな通貨では特にその傾向が強く、自分にあったウォレットを探すことができます。 デスクトップウォレットのデメリット 複数種の通貨を同時に管理できない


目次ウェブウォレットとはウェブウォレットのメリットウェブウォレットのデメリットウェブウォレットの注意点ビットコインのウェブウォレット紹介ウェブウォレットQ&Aウェブウォレットまとめ ウェブウォレットとは ウェブウォレットとは、仮想通貨のウォレットのうち、サイトに登録して、サイト運営者のサーバー内でウォレット管理をするタイプのものを指します。 取引所のウォレットなどもこれに含まれます。 ウェブウォレットのメリット アカウントの管理が簡単 ウェブウォレットは、サイトに登録しておけば、自分のメールアドレスとパスワードだけで簡単に登録・管理できるという利点があります。 サイバー攻撃などへの対策は全て運営者任せなので、ユーザーがあえて対策をする必要がありません。強いて言うなら、二段階鍵認証くらいです。 ですから、他のウォレットに比べてお手軽に利用することができます。 ユーザビリティが高い ウェブウォレットは、サイトにアクセスすれば、いつでも好きな端末からウォレット操作ができます。 家ではPC、外出先ではスマホやタブレットなどを使ってウォレット操作、なんて感じで使い分けも可能です。 ソフトウェアウォレットのように、いちいち同じPCを持ち運んだりしなくていいのはかなり便利ですね。 ウェブウォレットのデメリット サイトに不具合が生じたときのリスクが大きい ウェブウォレットは、ウォレットの管理をサイトを通して行います。ですから、サイトにアクセス・ログインできなくなったり、サイトが急にサービスを停止してしまうような状況が発生した場合、資産が凍結されてしまう可能性があります。 また、メリットの項でも述べましたが、ウェブウォレットではセキュリティ管理がサイト管理者や取引所の運営者に一任されています。 ですから、彼らのセキュリティ対策が甘く、サイバー攻撃を受けてしまった場合、資産が盗まれる可能性があります。 また、特に取引所が運営していないウェブウォレットはその可能性が高いです。なぜなら、このような非取引所系のウェブウォレットは、ユーザーサポートやセキュリティ対策に回せる予算が取引所に比べて少ないことが多いからです。 実際に、非取引所系ウェブウォレットではクラッキングによる被害が報告されています。 対応通貨が少ない