「Trezorを使ってみたいけど、いまいちどういったウォレットなのかわからない・・・」

あなたはそんな悩みを抱えてはいませんか?

確かにコインチェックの盗難事件や会社の倒産危機があったりすると、仮想通貨を取引所に預けっぱなしにするのではなく、自分で保管したくなりますよね!

この記事では、ハードウェアウォレットの筆頭であるTrezor(トレザー)についてご紹介します!

これを読めば、Trezorの持つ機能、メリット・デメリットだけでなく、購入方法に使い方まで全て分かります!


Trezor(トレザー)とは

Trezorとはビットコインをはじめとする仮想通貨をオフライン上で保管することができるコールドウォレットの一つです。オフライン上で秘密鍵を管理するためハッキングなどの攻撃を受けにくく、安全性がアップしているというわけですね!

そんなウォレットの中でもTrezorはセキュリティが高く使いやすいです。

またWallet(お財布)というよりはむしろ金庫に近いイメージです。

なので、持っている仮想通貨も多くなってきたしそろそろ安全に保管したいなと思っている方や、せっかく投資するんだから盗られたりしたくない‼という方にはおススメです!


コールドウォレットについて詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!


そもそもどのハードウェアウォレットを買うか迷っている方はこちら

目次ハードウェアウォレットとはハードウェアウォレットの仕組みハードウェアウォレットのメリットハードウェアウォレットのデメリットおすすめハードウェアウォレット3選三種のハードウェアウォレットを比較!ハードウェアウォレットのQ&Aハードウェアウォレットまとめ ハードウェアウォレットとは ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。 ハードウェアウォレットの仕組み 秘密鍵暗号を持ち運ぶ ハードウェアウォレットは、機器そのものにウォレットの機能がついているわけではありません。仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、秘密鍵を機器内部で保存しているのです。ですから、ウォレット内の仮想通貨を管理するためには、PCなどの端末に接続し、専用のアプリケーションを利用する必要があります。 この秘密鍵は、購入時に付属しているアクティベーションキーと対応しており、ハードウェアウォレット本体が故障したり、紛失したりしても、新しく購入した本体にキーを入力することで復元できます。 ただし、アクティベーションキーさえ持っていれば他の本体からでもウォレットにアクセス可能というのは、裏を返せば他人にキーを知られたら不正送金などをされるかもしれないというリスクがあるということです。 ですから、キーは他人に見られないよう、また、なくすことの無いよう厳重に保管しましょう。 そして、流通業者がアクティベーションキーを、商品が購入される前に盗み見ている可能性もあるので、信頼できる正規代理店から購入しましょう。 PCに繋げてウォレット操作 ウォレットの操作をする際にはPCに接続し、専用のアプリケーションを使って機器内の秘密鍵を読み取ります。 ウォレットアプリのインストールされたPCなら、どれからでもウォレットにアクセスできます。 ハードウェアウォレットのメリット 安全性が非常に高い PCに繋いでいない間、ウォレットの秘密鍵はネットワークから完全に遮断されています。こういった状態のウォレットをコールドウォレットと呼ぶのですが、この状態ではハッキングの危険にさらされることがなく、非常に安全です。

 

Trezorってどんなウォレット?

そもそもウォレットとは仮想通貨をトレードせずに保管する場合に用いられるものです!しかし、その中にもいくつかの種類があります。

Trezorはコールドウォレットといい、ネット環境からその仮想通貨の秘密鍵を切り離すことによって不正にコインを利用されるのを防ぐというものです。ネットに繋がっていなければ当然ハッキングなどの影響は受けるわけありませんよね!

だからネットを使って盗まれる心配はない!という訳です!

ネット環境から切り離す手段は主に2つほどあり、秘密鍵などを紙に印刷することによるペーパウォレットとUSBのような外部の機器で保管するハードウェアウォレットの二種類です。Trezorは上の写真のような外付けできるハードウェアタイプにあたります。

ハードウェアウォレットはUSBと同じくらいの大きさのため軽量で持ち運びに便利なのが特徴です。さらには紙のように劣化して文字が読めない!だとか、他の書類と一緒になってしまった!なんて心配もなく安心ですね。もちろん、紛失したり破損する可能性はゼロではありませんのでそういった時のリカバリー方法もあるのでご安心あれ!


ウォレットの種類について詳しく書かれた記事はこちら 

仮想通貨を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。

 

 Trezorの対応通貨

Trezorは下記の仮想通貨だけでなく、MEW(MyEtherWallet)と連携することでイーサリアム系の仮想通貨も管理・保管することができるようになります。

取り扱いコインの種類の最新版はこちらをご覧ください!

Trezorのみの場合

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • Zcash(ZEC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • モナコイン(MONA)
  • ネムコイン(NEM)
  • NEM(XEM)
  • Namecoin
  • Dogecoin
  • ビットコインテストネット(Bitcoin Testnet)

MyEtherWallet(MEW)と連携した場合

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ERC20トークン
  • Expanse(EXP)
  • UBIQ(UBQ)

リップルは.......?と思いの方がいるかもしれませんが残念ながら今のところ対応していないようです。しかし、Trezorが以前は対応していなかったネムコインにも対応してきたことを考えると今後リップルに対応していく可能性はあります!最新情報をチェックしましょう!

リップルに対応している安全ウォレットはこちら


Trezorはこんな人におすすめ!!

安心して仮想通貨ライフを送りたい人

安心せずに仮想通貨ライフを送りたくない人なんていないと思いますがあえてこう書かせていただきました!

SNSを見ていると仮想通貨の盗難事件はいまだに頻繁に起こっているようです。取引所でも保証サービスや万全のセキュリティを保っているところなんてまだごくわずかです。Twitterで『盗まれた~~泣』なんてつぶやいている人も多いですが盗まれた責任を考えたときに誰が浮かびますか...?自分ですよね。

自分のお金は自分で管理しましょう!

というわけで仮想通貨である程度の資金運用を考えている人は買っておいて損はないと思います!

ハードウェアウォレットをまだ持っていない人

ハードウォレットを買いたい...けどどれを買えばいいのかわからない!といった人におすすめなのがこのTreozrです。使い勝手がよく持ち運びもいいため初めてでも使いずらくなく便利です!また、利用している人が多くメジャーなウォレットであるというのも安心できる要素の一つですね。

Trezor

また他にもLedger nano SというハードウェアウォレットもありこちらもTrezorと並ぶほど人気なのでおススメです!

こちらのウォレットは今でも根強く支持されるリップルにも対応しています!リップルをお持ちであればLedger nano Sの購入を考えても良いでしょう。

Ledger nano S

 Ledger Nano Sについて詳しく知りたい方はこちら

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

 

Trezorのメリット

Trezorのメリット

  • セキリュティが高い
  • ネム(NEM)やBCHなど対応通貨が多い
  • Segwit2xにもすぐ対応

 

セキュリティが高い

ハードウェアウォレットの持ち味は先ほどから述べているようにそのセキュリティの高さにあります。

コインチェックの約580億円相当のNEM盗難事件であらわになったようにいまだ取引所のセキュリティは甘く危機感を感じた方も多いと思います。

Trezorを使えば自分で安全に仮想通貨を管理することができます!

ネム(NEM)やBCHなど対応通貨が多い

仮想通貨を補完したいけどウォレットが対応していないということはよくあり、その点trezorはNEMやビットコインキャッシュをはじめとする多くのアルトコインにも対応しています。また、数百種類もあるERC20トークンにも対応しているため対応通貨の数は多いといえます。

Segwit2xにもすぐ対応

2017年の11月にビットコインがSegwit2xを導入してハードフォークするかもしれないというニュースがありましたね。幸い、Segwit2xは無期限延期という結果に終わりましたが今後このようなことが再び起きる可能性は十分にあると考えられます。そうなった場合、預けていたコインにハードウェアが対応しなくなってしまったらそのハードウェアはただの文鎮になってしまいます。

しかし、Trezorにはそんな心配はいりません。Segwit2xが適用されそうになった場合の対応も迅速におこなわれていて安心できます。

これからもハードフォークの際には対応してくれるのだろうという期待が持てますよね

 Segwit2xについて解説した記事はこちら

どうなってるのsegwit2x!?11月に予定されていた無期限延期。今後のビットコインやビットコインキャッシュはどうなるのか。segwit2xの価格への影響も含めて一連の騒ぎを解説します!ビットコインの今後を予想したい方は必見です。

 ハードフォークについて解説した記事はこちら

仮想通貨市場全体を揺るがすビットコインのハードフォーク。どうして起きるのか?大荒れの相場でリスクを軽減する方法とは?今回はハードフォークの対処法、仕組みや過程についてくわしく説明します!

 

 

Trezorのデメリット

Trezorのデメリット

  • Amazonで買った場合盗難される恐れがある
  • 入手が困難な可能性がある
  • 値段が高い

 

Amazonで買った場合盗難される恐れがある

Amazon、EbayやメルカリといったサイトでTrezorなどのハードウェアウォレットを買うと、盗難される可能性があります。盗難方法は様々のようです。

しかし、いったいどうやって盗むというんでしょう?ハードウェアとして管理しているうえ、そのリカバリーシード(復元する際に必要なパスワード)も自分で設定して紙で保管するはずですよね...

なんとAmazonなどから買った場合、すでにパッケージをあけられている可能性があるのです。つまり本体をあらかじめ改造してから売ることで盗難をしているのです。

その方法はいくつもあり

  • リカバリーシードがすでに登録してある
  • ソフトウェアの改造により特定のリカバリーシードが表示されるようにする
  • 表示されたリカバリーシードに関係なく、特定のリカバリーシードで復元できるようにする

といった改造は容易に行うことができます。さらには、カンファレンスなどで配布されるハードウェアウォレットなどによる盗難被害もあるようです。

自分の資産を守るために買ったウォレットの生で盗難されたらやり切れませんよね。そうならないためにも、少し安いからとといってハードウェアウォレットを公式以外から購入するのは避けた方が良いでしょう。

入手が困難な可能性がある

CMなどの影響によって仮想通貨人口はどんどん増えており、その市場規模は日々高くなっています。当然安全な保管方法への需要も高まるためハードウェアウォレットが売り切れるという可能性がなくはありません。実際に少し前は売り切れて在庫がないようなこともあったようです。

値段が高い

15,000円を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれですが、一般的には高いと感じてしまうかもしれません。

しかし先ほどから何度も述べているようにハッキングされた時の被害のリスクを考えるとそれほど高いわけではないでしょう。

安心をお金で買うという感覚です!


Trezorは実際どう?~総合評価~


安全性  ★★★★★

  ネット環境からデータを切り離すことができるためウェブ上のウォレットなどと比べると当然セキュリティは高いです。パスワードや本体、リカバリーフレーズさえしっかり管理できていればセキュリティはトップクラスです!

  しかし、安全といっても元々パソコンのほうにウィルスが入っていた場合は安全とは言えず人目に付くところにおいていればそのセキュリティの高さも台無しになるので管理には注意しましょう!

利便性 ★★★★☆

軽量で小さくどこにでも持ち歩けるという点で利便性はとても高いものとなっています。

ハードウェアウォレットというと入れた仮想通貨の入出金がとてもめんどくさく思われるかもしれませんが意外と簡単なことも評価の理由の一つです。

しかし、オンライン上で管理するホットウォレットと比べると持ち運ばなければならないという点で少し不便火と思い一点引かせていただきました。

値段 ★☆☆☆☆

価格帯が約15,000円くらいなので高く感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

これは実際の価格が無料なものが多いホットウォレットと比べた評価です。ただ、この価格はその安全性に見合う値段ではあると思います!

もし今運用している金額が盗まれても良いと思えるほど少額であればわざわざ買う必要はないでしょう。しかし、これからより投資していこうと考えている場合には必須となるでしょう。

また、価格は仕入れ具合や需要の高さなどによって変わってくるようなのでその都度実際に調べてみましょう。

対応通貨の種類 ★★★☆☆

対応通貨は少ないわけではないのですがともに人気の高いハードウェアウォレットであるLedger Nano Sと比べると相対的に種類は少なくなっているためこのように評価させていただきました。

もちろん、お持ちの通貨が取り扱われていれば問題はないので気にしなくていい項目といえるかもしれませんね!

初心者向け ★★★★☆

買い方、送入金のやり方とともに難しいところがなく初心者や英語が苦手な方でも簡単に操作できると思います!

総合評価 ★★★★★

総合的に評価するとSランクのウォレットと言えます。セキュリティが高い!なのに扱いやすい!というのが評価の一番の理由です。

Trezor公式サイトでの購入方法

Amazonよりも2000円ほど公式のほうが安く、Amazonで買うとリスクがあることを考えると公式から買うのが一番よさそうです!

公式サイトでの購入手順

  • 公式サイトに行きます!
  • 色を選択して「ADD TO CART」
  • 個数選択、あればクーポン入力
  • 個人情報入力
  • 支払い方法の選択

 公式サイトでの購入方法は簡単に言うと5STEPあります。

以下では、画像付きで詳しく解説していきます!

  1. こちらのリンクから飛びます。
  2. 『Color』から白と黒の2種類から一つを選び、『ADD TO CART』をクリック!
  3. 『Quantity(個数)』を選択。promo codeはクーポン番号のことなのであれば入力。

            そのまま『Proceed to checkout』へ!またEUR115はおよそ15,000円くらいです!

4.下記の画像が出てくると思うので一つずつ入力していきましょう。海外での通販に慣れていない方は例を参考にして入力すると良いでしょう!

5.これで最後です!カード支払いの場合は商品を確認した後カード情報を入力して終了です!

ビットコイン支払いの場合は送金先が示されるのでそこに送金をすれば完了です!

Trezor 公式サイトはこちら


 Trezorの初期設定と使い方

初期設定

Trezor初期設定の4STEP

  • 専用のアプリをインストール
  • Trezorをつないで名前の設定
  • PIN(パスワード)の設定
  • リカバリーコードの設定

 たったの4STEPでTrezorの初期設定は完了します!

以下では、画像と共に詳しく解説いたします!

  1. こちらからアプリのダウンロードを行います。


  2. アプリを開くをTrezorにつなげと出るのでつないでそのままTrezorの名前を入力します。


  3. 次にPINコードを入力します。この3×3のマスはTrezor本体に出ている数字マスに対応しています。例えばTrezorで真ん中の数字が1になっていれば真ん中の『・』をおすと数字の1を入力することができます。このTrezorに載っている数字のマスの順番は毎回変わります。パスワードは『十分強い』強度で設定しましょう。
  4. 最後にリカバリーシードの設定です。これが一番大切です!その名の通り復元するときに必要なコードなのでもし流出した場合、資産が盗難されることに繋がります。24個のフレーズが順次出てくると思うのでその順番に紙面に書いていきましょう。ちなみにこの時、Trezorに同封されているリカバリーシートを利用すると便利です!フレーズは基本的に紙面上で管理することになりますが万全のセキュリティの下で管理してください。また、オンライン上でリカバリーシードを管理するのはやめましょう!わざわざハードウェアウォレットを買った意味がありません笑 例えば携帯などのデータに入れておくの危険なので避けるべきです。

入金・送金方法

入金方法(Trezorに仮想通貨を入れる方法)

ハードウェアウォレットへの入金はなんだか難しそうに感じる人もいるかもしれませんが意外にも簡単です!

  • 下記の画像から入金する仮想通貨を選びます。(PC上)
  • 『受信』をクリック(PC上)
  • 『show Address』をクリックしてPINコードを入力(PC上)
  • Trezor本体で『continue』をクリックするとアドレスとQRコードが出てくるのでそこへ送金すればOKです!

とっても簡単ですね!送金方法もこれと何ら変わりはありません。

送金方法(Trezorから仮想通貨を出す方法)

入金時と同様です!

  • 送金する仮想塚を選ぶ
  • 『送金』をクリック
  • 『Address(送金アドレス)』と『Amount(数量)』を入力して『Send』!

Trezorについての気になるQ&A

もしTrezor社が倒産したらウォレット内の通貨はどうなるの?

結論から言うと取り出せます!
有名な2つのTrezorやLedger nano Sといったウォレットを例に説明していきます。
例えばTrezor社が倒産してTrezorが使えなくなった場合。
Trezorの仮想通貨データを復元する時に入力する「リカバリーフレーズ」は互換性があります。なのでTrezory→Lesdger nano Sへの復元が可能なんです。もちろんその逆もできます!
Trezor社とLedger社が同時に倒産する可能性は少ないと思われるのでこれで問題はないかと思います。

ファームウェアアップデートってなに?

ファームアップデートは機器のバージョンを上げることです。これを行わないと持っている仮想通貨を送金しようとしてもエラーが起きてしまうことが多々あるようです。Trezorのmy wallet ( https://wallet.mytrezor.com/ )にとんで上部に『アップデートをする必要があります』と出た場合はすぐにアップデートを行いましょう。

購入時にでてくるpromo codeって?

promo codeとはpromotion codeの略でいわゆるクーポンのことを指します。

Trezorまとめ

いかがだったでしょうか?

今回はTrezorについて詳しく解説しました。

ウォレットはなくても仮想通貨の取引はやっていけます。。。が、転ばぬ先の杖!泣きを見る前に対策をしましょう!! 

この機会にTrezorを使って快適な安心安全仮想通貨ライフにしましょう!

Trezorのポイントまとめ

  • セキュリティがトップクラス⇨安心安全な仮想通貨ライフを送りたい人におすすめ!
  • 使い方や操作は意外と簡単!⇨初心者、英語が苦手な人にもおすすめ!
  • 難点は価格が15,000円ほどと高め!


今すぐTrezorを公式から購入