BitMEXチーム「Tetherに対する一連の疑惑は見当違い」とする報告書を公開、プエルトリコに資産が存在する可能性に言及


Tether疑惑は「見当違い」


先日Weiss Ratings社にその危険性を指摘されるなど、裏付け資産の存在に関して疑念を抱かれているTether(USDT)ですが、BitMEX社は公式ブログ内でTetherに関する調査結果と報告書公開し、その疑惑は見当違いであると主張しました。

BitMEX社の報告書の要約(Abstract)の翻訳は以下の通りです。

「テザーはビットコインとイーサリアムのブロックチェーンをベースとして作られた中央集権的なトークンで、その価値は、米ドルの準備金に基づくものとして、米ドルと連動しています。

このように、テザーは既存の銀行上に存在する米ドルの準備金によって、その価値を保っているとされています。しかし、テザーに対しては、十分な準備金が存在していないのではないかといった疑惑があります。

私たちは、この疑惑は見当違い(原文:misplaced)だと考えます。公開された財務データより、私たちはプエルトリコの銀行でテザーの影響が見られる可能性を発見しました(原文:the impact of Tether is visible in Puerto Rico’s banking system)。

一方、テザーは規制リスクに直面する可能性があり、長期的なテザーの不安要素としてはこちらの方が大きなものとなってくるでしょう。」

Tether問題としてこれまでに数多く言及されてきた「裏付け資産の不在」に対し、BitMEX社はプエルトリコに資産が存在する可能性を指摘しています。また、より大きな問題は政府による規制リスクだと述べています。

Tether(USDT)についてはこちらでチェック↓

*2018年1月追記:1月31日現在、Tetherを発行するTether Limited社は米国商品先物取引委員会(CFTC)から招集を受けています。詳しくは「Tetherの仕組み」の章をお読みください。情報が入り次第更新いたします。目次Tether(USDT)とはUSDTのチャート!USDとなぜ差が出る?Tetherの問題点と将来性 Tetherの仕組みTetherのメリットTetherのデメリットTetherの購入方法!取引所紹介Tetherの保管方法!ウォレット紹介Tetherに関するQ&ATetherまとめ Tether(USDT)とは Tether(テザー)とは、Tether Limitedが運営する、ドルに固定されたペッグ通貨です。略号はUSDTで、1USDがほぼ1USDTになるように固定されています。 Tetherの問題点と将来性【コインオタクの見解】 非常に強い中央集権と破綻リスク 他の仮想通貨と違って、USDTは価格を固定するためにTether Limited社によって非常に強い中央集権体制で管理されています。 ですから、Tether Limited社が万が一不正を働いたり、破綻してしまうと一気に無価値になってしまいます。 このカウンターパーティー・リスクが他の通貨に比べてUSDTでは大きいので注意が必要です。 仮想通貨市場で一番安定した利確先 Tetherは先ほど述べたように、1USDTがほぼ1USDとなるように固定されています。ですから、ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな仮想通貨でさえ大きく価格が変動するような荒れた相場でも、価値が安定しているのです。 そのため、安定した利確先として注目されています。 USDTはTether Limited社にUSDを納金することでのみ新規発行されるのですが、総発行量がこの半年で6000万USDTから6億USDTと、10倍になっていることからもその注目のされ方が伺えますね。 仮想通貨市場における基軸通貨の一つとして扱われることもあります。 Tetherの仕組み Tetherの概要 Tetherは1USDTがほぼ1USDとなるように固定されており、Tether Limited社によって運営されています。 通貨名:USD Tether 通貨単位:USDT 公開日:2015年2月

 

Tetherとプエルトリコの関わり:裏付け資産が存在する可能性


プエルトリコにTetherの裏付け資産が存在する、とはどういうことでしょうか。先ほどのBitMEX社の報告書ではこの点に関する考察がなされています。これによると、以下の事柄が正しいとすれば、Tetherがプエルトリコに資産を持つと言うことができるとされています。

・プエルトリコの財政データの中で2017年秋以降“Cash”の絶対量が急増

・同時に“Cash”の占める割合も70%以上へ異常な増加(前年は30%程度)

・ここからプエルトリコに、貸付を行わない「ナローバンク」が存在する可能性が浮上

・Noble Bankというプエルトリコの銀行が仮想通貨事業に関わっている公算が大きい

・Noble Bank CEOのJohn BettsとTether創設に携わったBrock Pierceの間に繋がりがある

・Noble Bankのカストディアン(保管銀行)“BNY Mellon”にTetherの裏付けとなる資産が保管されていると考えることができる

ここから、BitMEX社は「Tetherはプエルトリコに資産を保有している可能性がある」としています。


コインオタクの見解


Tether(USDT)問題に新たな情報が舞い込んできました。つい最近、Tetherは裏付け資産保有の必要性からプエルトリコの銀行を買収しようとしているというニュースが流れていましたが、今回の報告書によればプエルトリコには既にTetherを支えるシステムが存在することになります

BitMEXの今回の報告がどの程度正しいものなのかはまだ不明ですが、1週間ほど前にリップルの中央集権性についての報告を行ったことで大きな注目を集めたことから分かるように、今回も影響力を持つことが考えられます。

Tether(USDT)自体については、BitMEXは「政府規制リスクのため長期保有は推奨しない」としており、いずれにせよ冷静な判断が求められそうです。


 参考:bitcoin.comBitMEX


コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!



CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!