「ビットコインを持ってて、何ができるの?」と疑問に思っている方は多いと思います。

ビットコインの技術は革新的であると言われていますが、実際ビットコインを使っている人は現段階では少ないです。

しかし、実はビットコインには様々な活用法があります。

この記事では、ビットコインでできる7つのことを紹介しています。

この記事を読めば、あなたはすぐにビットコインを使いこなせるようになるでしょう!


決済手段として使える

仮想通貨(ビットコイン)とは、インターネット上でどこでも誰でも使える通貨のことです。

近年急速に広まっている仮想通貨・ビットコイン。これはそもそもどういう仕組みでどんなメリットやデメリットを持っているのでしょうか?そして、仮想通貨投資を始めるにはどうしたらいいのでしょうか?この記事を読めば仮想通貨に関する疑問が解消します!

そのため通貨として、ビットコインは日々の買い物などの決済に使うことができます。

最近では徐々にビットコインで決済できる店が増えてきており、今後急速に普及していく可能性があります。

ビットコインの魅力は送金手数料が安いことです。

クレジットカードで決済した場合、店側に手数料が5%ほどかかりますが、ビットコインで決済した場合、1%もかかりません。

また、世界中どこでも使えるのがビットコインの特徴です。

海外に行った際に、日本円を現地の通貨に換金することなく使用することができます。

ビットコインで決済ができる店が日本にもあること、ご存じですか?難しいイメージを持たれる決済方法ですが、実はとても簡単にビットコイン決済はできます。決済方法はもちろん、メリット、デメリットや手数料まで詳しく解説していきます!

低コストで誰にでも送金できる

誰かにお金を送金しようとした際、ほとんどの人が銀行を利用すると思います。

銀行を介して送金を行うと、国内だと数百円、海外だと数千円も手数料がかかってしまいます。

また、銀行が送金に対応しているのは営業時間内(平日の9〜15時のところが多い)のみで、夜間や早朝、休日は送金できません。

しかし、ビットコインは送金手数料を自分で設定できます。

ビットコインの送金手数料は送金先が国内であっても海外であっても関係なく、手数料が多ければ多いほど送金が早く行われる仕組みです。

そのため送金に時間はかかってしまいますが、手数料が無料でも送金することが可能です。

またビットコインの送金は、24時間365日対応しており、従来の送金システムに比べとても便利です。


ビットコインの送金に関してさらに詳しく解説しています。

ビットコインの送金手数料は一時期6000円を超えるなどとても高騰しました。この記事ではビットコインの送金の仕組みから送金手数料高騰のわけを紐解き、また、手数料の安い取引所を比較し紹介します

ビットコインの売買で儲ける

現在、ビットコインの主な用途はおそらく売買によって儲けるためでしょう。

他の主要な金融商品に比べ、ビットコインはボラティリティが圧倒的に高いです。 

株やFX,仮想通貨の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインオタクがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

そのためハイリスクではありますが、ハイリターンを狙えるため多くの投資家が売買を行っています。

一方でビットコインは不安定であると捉えることもできます。

少しの出来事やニュースで大幅に価格が変化します。

このボラティリティの高さは、ビットコイン決済がなかなか普及しない一因となっているのが現状です。

ビットコインって儲かるの?ビットコインに興味はあるけどちょっと不安。。。そのように感じている方は非常に多いです。この記事では投資家の口コミ・評判からビットコイン投資のメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

プリペイドカードにチャージできる

ビットコインは、バンドルカードというスマホアプリを使うことで大幅に決済として使える店が多くなります。

バンドルカードはスマホ版VISAプリペイドカードのことで、ビットコインでチャージすることができます。

ビットコインのチャージ方法は簡単で、以下のような手順でチャージすることができます。

  • バンドルカードで「ビットコインでチャージ」を選択する
  • チャージ金額を円で入力する
  • 表示されたビットコインの量と送信先アドレスをウォレットで入力し、送金する

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を円に交換してからバンドルカードをチャージすることもできます。

バンドルカードは、VISAに対応している店すべてで使うことができるので、決済手段としてビットコインが使える場所は格段に増えます。

バンドルカードとは、国内外のオンラインショップとVISA加盟店で使用できる、プリペイドカードサービスです。面倒な本人確認の手間がなく、チャージすればすぐに使用できるので便利です。そんなバンドルカードの使い方を解説します!

口座を簡単に何個でも作れる

銀行の口座を作ろうとすると、手続きが面倒で時間をかかります。

しかしビットコインの口座は、ネット環境とメールアドレスがあれば1,2分で作成することができます。

これはウェブウォレットといい、セキュリティは高くないですが手軽に作成できます。

ウォブウォレット以外にウォレットは何種類かあります。

その中でもおすすめは、スマートフォンのアプリでビットコインを管理するモバイルウォレットです。

モバイルウォレットは、セキュリティ・利便性がともに高いのが特徴です。

仮想通貨を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。

気軽にファンディングに使える

先ほど、ビットコインは送金手数料が安いと説明しました。

少額の送金を銀行で行うと、手数料が数百円もかかってしまいますが、ビットコインでは数円しかかかりません。

そのため銀行からの送金で少額のファンディングをする人はほとんどいませんでした。

しかしビットコインで送金することで、少額のファンディングなどが気軽にできるようになります。

新しく仮想通貨を発行して資金を調達するICO(新規仮想通貨発行)も小額から支援できる方法として注目を集めています。

仮想通貨を調べているとよく出てくる「ICO」というワード。理解したいけど、少し難しそうだな…という印象をお持ちの方が多いと思います。でも大丈夫!これを読み終えたあなたは「ICO」についてしっかりと友達に説明できるようになります!

またビットコインは、貧困地や被災地などにも直接送金できるため、途中で仲介団体に手数料として寄付金の一部やほぼ全額を取られてしまうことはありません。

貧困地では銀行口座を持ってない人が多いですが、スマートフォンは普及しています。

スマートフォンとネット環境さえあれば、仮想通貨の口座は簡単に作れます。

困っている人の口座に直接送金ができるので透明背が高く、このような寄付にも向いています。

決済システムを安価で導入できる

これは、ビットコインで決済する側のメリットではなく、事業者側のメリットになります。

電子マネーやクレジットカードでの決済を導入する際は専用のカード読み取り機を用意する必要があり、コストがかかります。

また、電子マネー決済では3%ほど、クレジットカード決済では5%ほどの手数料を取られてしまいます。

しかしビットコイン決済を導入すればこれらの問題は解決します。

ビットコイン決済を導入する際に事業者が用意するのは、仮想通貨のウォレットとQRコードだけです。

客はQRコードを読み取り、金額を入力すれば決済は完了します。

またビットコイン決済は、手数料が1%以下で済むので、事業者はその分利益が大きくなります。

ビットコインでできること まとめ

いかがでしたでしたか?

この記事では、ビットコインでできることを7つ紹介しました。

ビットコインでできること

  • 決済手段として使える
  • 低コストで誰にでも送金できる
  • ビットコインの売買で儲ける
  • プリペイドカードにチャージできる
  • 口座を簡単に何個でも作れる
  • 気軽にファンディングに使える
  • 決済システムを安価で導入できる

この記事で書いていること以外でもビットコインでできることはたくさんあるでしょう。

あなたも仮想通貨取引所の口座を開設し、ビットコインを購入して、いろいろなことに活用してみましょう!

ビットコインを購入する仮想通貨取引所として、コインオタクはGMOコインをおすすめします!

GMOコインの口座開設はこちら

仮想通貨ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない…そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそく仮想通貨取引を始めてみよう!