ビットコインの購入は仮想通貨投資の第一歩

しかし、いざビットコインを買うとなると、どうしたらいいか不安になりますよね?

安心してください!仮想通貨の専門家である私たちCoinPartnerが、初心者に寄り添い、初めての方に最も簡単でおすすめな「ビットコインの購入方法」を解説します!

この記事を読んでビットコインの買い方を学べば他の初心者よりもいいスタートが切れること間違いなしです!

一緒に学んで仮想通貨投資で良い成績を収めましょう!

ビットコインの購入についてざっくりまとめると・・・
  • ビットコインの購入は「口座開設⇨入金⇨購入」の3STEP
  • 口座開設はコインチェックがおすすめ
  • 手数料無料で、初心者人気No.1

ビットコインを購入するなら、手数料無料のbitFlyerが安い!

ビットコイン取引量が日本で一番多く初心者でも直感的に操作できるシンプルなデザインなため、最もおすすめの取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー )

おすすめ取引所No.1

ビットコインの購入は誰でも簡単にできます!
ビットコインを売買し、暗号資産(仮想通貨)投資の第一歩を踏み出しましょう!

ビットコインの基礎知識1

1番おすすめのビットコイン購入場所はbitFlyer!

bitFlyer(ビットフライヤー )

ビットコインを購入するためには、取引所に口座開設する必要があります。

数ある取引所の中でも、特に人気で最もおすすめなのは【bitFlyer(ビットフライヤー)】です!

bitFlyerが大人気である理由は、取引手数料が無料、シンプルな操作で初心者でも安心して使えるところです!

その証拠に、ビットコインの取引量が国内No.1という実績も出しています。

bitFlyerほどビットコインの売買に特化した国内取引所は他にありません!

今すぐ取引所を決めたいけど間違えたくない、という方におすすめです。

初心者でも安心な取引所なら

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
ビットコインの基礎知識2

ビットコインの販売所・取引所はどれを選べばいいの?

販売所と取引所の違い

ビットコインは、販売所・取引所のどちらでも購入することができます。

両者の違いは、販売所ではユーザーと販売所が取引を行うのに対し、取引所ではユーザー同士が取引を行います。

手数料は、販売所のほうが割高です。

その理由は「スプレッド」にあります。

スプレッドとは?

スプレッドとは、表示されている購入価格と売却価格の差のことを言います。

たとえばCoincheckの販売所を見てみましょう。

Coincheck販売所のビットコイン価格

ビットコインの購入価格が671010円、売却価格が644350円となっています。

これは、あるユーザーが販売所に644350円で1BTCを売っても、違うユーザーはそれを671010円以上で買い取らなければならないということです。

この差額(スプレッド)は、手数料として販売所に支払われます。

では取引所の場合はどうでしょうか?

Coincheck取引所のビットコイン価格

取引所では、個人間で売買が成立するため人為的なスプレッドは存在しません。ですが「相場より少しでも高く売りたい!」という人と「少しでも安く買いたい!」という人の差から若干のスプレッドが生まれています。

それでも販売所と比べるとスプレッドは格段に小さく、取引所のほうが安く購入でき、高く売却することができます。

ビットコインを購入するときは、取引所と販売所、それぞれの長所・短所を見極めて選ぶようにしましょう。

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

取引所を選ぶポイント

取引所を選ぶ際に選ぶポイントは以下の4つです。
  • 取引所の信頼度
  • 使いやすさ
  • 手数料のやすさ
  • 取扱通貨の種類

この4つのポイントの中から自分が最も重視するものに合った取引所を選ぶと良いでしょう。

これから紹介する3つの取引所は、コインパートナーのトレーダー達が取引所23社を実際に使い、これら4つのポイントを総合的に考えた上で、オススメする取引所です!

ビットコインオススメの取引所

ビットコインの購入におすすめな取引所3選

bitFlyer DMM Bitcoin コインチェック
信頼性 とても高い とても高い 高い
使いやすさ とても使いやすい 使いやすい とても使いやすい
手数料 安い とても安い 安い
取扱通貨* 9種 9種 12種
レバレッジ** 4倍 4倍 なし

*販売所・取引所を合わせた取り扱い通貨数 

**FXのことです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年に誕生した国内最大規模の販売所です。

シンプルなデザインが非常に使いやすく、初心者から絶大な人気があります。

ビットコインの取引量国内で一番多いため、いつまで経っても注文が通らない、といったことが限りなく起こりにくいです。

さらに、ビットコイン取引手数料がすべて無料であるほかスマホアプリでFX取引ができるため、初級者から上級者までお勧めできる超人気の場所です!

ビットコインFXやるなら

bitflyer(ビットフライヤー)とは2014年1月に設立された日本初の暗号資産(仮想通貨)取引所です!この記事では、bitflyerの評判やメリット・デメリットについて分かりやすく紹介します!

DMM Bitcoin

DMMBitcoin

2番目に紹介するのは日本の大手企業が運営し抜群の知名度を誇るDMM Bitcoinです。

大手企業ならではの手厚い365日サポートや強固なセキュリティが人気を集めています。

DMM BitcoinはFX取引にすぐれており、ここでしかレバレッジ取引できない暗号資産(仮想通貨)も多数存在します。

将来的にアルトコインFX取引をする可能性が少しでもあるなら、DMM Bitcoinに登録しておきましょう!

アルトコインのFXなら

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのバナー

Coincheck(コインチェック)』は初心者に大人気で上級者の口コミも良い国内最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

取引手数料と入金手数料が無料、シンプルな操作で初心者でも安心して使えます!

対応通貨は国内最多の12種類で、アプリを使って簡単に売買できるため多くの人に好評です!

セキュリティはマネックスグループの買収後、大きく強化されて金融庁の認可も受けています。

一度失敗した過去があるからこそ強固なものになっており、同じことは二度と起こらないでしょう

安全にビットコインを購入したい、という方におすすめです!

セキュリティ抜群

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。

 

また、取引所によって手数料・特徴が異なるので、自分がその時扱う通貨や目的などの状況によって取引所を使い分けることをおすすめします。

登録は無料なので複数の取引所に登録しておきましょう!

ほかの暗号資産(仮想通貨)取引所もみてみたい、海外の取引所も知りたい、という方はこちらもご覧ください。

【2020年最新】初心者にとって暗号資産(仮想通貨)投資の第一歩は取引所で口座を開設すること。どこの取引所で投資を始めるか迷うあなたのために、おすすめポイントを比較しました。あなたにぴったりな暗号資産(仮想通貨)取引所がきっと見つかります。
ビットコイン購入のポイント1

ビットコインの購入手順

ビットコインの購入方法

①取引所(販売所)に口座を開設する

ビットコインは、インターネット上の取引所を利用して購入します。

そのためにまずは口座を開設する必要があります。

暗号資産(仮想通貨)取引所は、ネット上で簡単に口座開設できます。

メールアドレス・パスワードの登録

bitFlyer(ビットフライヤー )

まずはこちらから公式サイトへアクセスしましょう。

bitFlyer公式サイト

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

1.まず公式サイト画面右上の「新規登録」をタップし、メールアドレスを登録します。

入力したアドレスにメールが送られてきますので、添付されているリンクを開きます。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

2.次にパスワードを設定します。

3.同意事項を読んでいきます。

内容を確認したらチェックを入れて次へ進んでください。

 

二段階認証の設定

bitFlyer(ビットフライヤー) 無料口座開設

bitFlyerの2段階認証には、

電話番号で認証するやり方と、専用のアプリを使うやり方の2パターンから選べます。

 

専用のアプリを使うやり方についてはこちらの記事で解説しています↓

「暗号資産(仮想通貨)の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などを東大生がいちばん簡単に紹介します!

本人情報の登録と取引目的の確認

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

1.住所や電話番号などの本人情報を入力していきます。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 取引目的の確認

2.取引目的の確認をしていきます。

入力する内容としては、年収や保有資産、職業などです。

ここで入力した情報は、bitFlyer側があなたが本当に暗号資産取引をしても大丈夫かを調べるのに使われています。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 内部者確認

3.次に内部者かどうかという項目が出てきます。

内部者とは、bitFlyerで取引できる暗号資産の発行者やその関係者のことを指しています。

ほとんどの方は該当しないと思いますので「該当しません」を選択して次へ進みましょう。

 

本人確認書類の提出

bitFlyer(ビットフライヤー) 本人確認

1.本人確認書類として使えるのは、運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・在留カードとなっています。

bitFlyerでは「クイック本人確認」と「対面での本人確認」の2つの方法で本人確認を行います。

 

クイック本人確認とは、スマホで本人確認書類と自分の顔を撮影し、それをbitFlyerに送ることで本人確認をする方法です。

対面での本人確認は、後日自宅にやってくる配達員に直接本人確認をやってもらうというやり方になっています。

 

あとははがきの郵送を待つだけ!!

ビットフライヤー登録完了のはがき

住所確認のために、登録した住所に確認はがきが郵送されてきます。

ハガキが届いたら口座開設は完了です!

 

bitFlyerの口座開設はこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)に登録したい、でも口座開設って難しそうでできないあなた。いつ新規アカウント作成は再開するのか気になるあなた。ビットフライヤーの登録で悩みを抱えるみなさんのもやもやを解消します!

②取引所(販売所)に入金する

まずはアプリをダウンロード

bitFlyerのスマホアプリでは、入金はもちろん、現物取引・レバレッジ取引も全てできるのでおすすめです。

ここから先はアプリの画面を使って解説していきます!

bitFlyer ウォレット
bitFlyer ウォレット
開発元:bitFlyer, Inc.
無料
posted withアプリーチ

bitFlyer(ビットフライヤー) 日本円入金画面

1.画面下のメニューから「入出金」→「入金」をタップします。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 日本円入金画面

2.入金方法としては、銀行振込クイック入金の二つがあります。

銀行振込の場合は、指定された口座に振り込むだけです。

クイック入金は、24時間365日入金でき、さらに手数料も銀行振込より安いという特徴があります。

③ビットコインの購入・売却をする

bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所画面

1.今回は販売所を使ってビットコインを購入してきます。

「販売所」→「ビットコイン」と進んでください。

 

bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所画面

2.買いか売りかを選択し、売買する金額を入力します。

内容を確認したら注文を確定させて終わりです!

 

bitFlyerの詳しい使い方を知りたい方はこちらの記事をご参照ください↓

ウェブでの取引に使いずらさを感じたことはありませんか?今回は日本最大の取引所『ビットフライヤー』のアプリ機能や使い方を紹介します。この記事を読めば取引パフォーマンスを上げられること間違いなし!
ビットコイン購入のポイント2

ビットコインを購入するメリット

ビットコインの最小購入単位は100円程度

1BTCあたりの価格100万円近いことから「ビットコインは高すぎて手が出せない」とよく誤解されがちです。

しかし、ビットコインは1BTC未満のやり取りができるのです。

具体的にいうと、ビットコインは最小で0.00000001BTC(1億分の1)単位の取引が可能で、この最小単位をビットコインの製作者の名前から1satoshiと呼びます。

取引所ではそれぞれ最低購入金額が決まっていて、1円未満の1satoshiから購入することはできませんが、100円程度から購入することができます。

そのため他の金融商品に比べ気軽に投資を始めることができます!

24時間365日いつでも取引できる

ビットコインは24時間365日、常に価格が動いていて、いつでも購入することができます。

平日しか動いていない株に比べて、日中働いているサラリーマンでも好きな時間に取引できるメリットがあります。

購入価格と売却価格の差額が利益に

ビットコインの取引を行っている人の多くは、株やその他の金融商品と同じように投機目的で利用しています。

例えば1BTC=100万円のときに0.1BTCを10万円で購入し、1か月後にビットコインの価格が1BTC=200万円にまで値上がりしたとします。

このとき0.1BTCの価値は20万円になっているので、このタイミングで0.1BTCを売却することができれば20万円(売却金額)-10万円(購入金額)=10万円の利益を手に入れることができます。

もちろんどんなにビットコインの価格があがっても、日本円にしていなければ利益を得ることができません。

売却はまだしていないが売却すれば得ることのできる利益を含み益」、売却し利益を確定することを利確」といいます。

今後ビットコインを支払い手段として利用できる場が増えれば、利確しなくてもそのまま使えるようになりますが、現状では日本円で購入したビットコインを日本円に戻した時点で初めて利益が生まれます。

アルトコインを購入するための基軸通貨として利用できる

現在世界で発行されている暗号資産(仮想通貨)は合計で1500種以上あるといわれていて、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)をアルトコイン(Alternative Coin)と呼びます。

アルトコインは基本的に市場規模が小さいものが多く、これから大きく価格をあげる可能性もあります(市場規模がとても小さいコインを草コインとよびます)。

ほぼすべてのアルトコインはビットコインとの交換が可能で、価値の基準をビットコインにおいています(これをビットコイン建てビットコイン基軸といいます)。

日本の取引所はビットコインの手数料は比較的安いですが、アルトコインを購入しようとすると多くの手数料をとられてしまいます。

アルトコインの購入は海外の取引所で行うのが一般的ですが、当然海外の取引所は日本円に対応していないため日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所に送金しアルトコインに変換する手順をとります。

つまりアルトコインを安く買うためにはビットコインが必なのです!

ビットコインのメリットについて考察してみました!前半では暗号資産(仮想通貨)の知識がない人向けに法定通貨(円とかドルとか)に対する優位性、後半では少し専門的に他のアルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨))に比べた優位性を書いてみました!

ビットコイン買うなら

ビットコイン購入のポイント3

ビットコイン購入の注意点

価格が下がれば損をする

投資を行う上で、得をすることもあれば当然損をすることもあります。

安い時に買って高い時に売れば利益を得ることができますが、その逆もあり得るということです。

ビットコインは価格変動が大きいので、ハイリスクハイリターンな投資であることを理解した上で取引しましょう。

取引に手数料がかかる

ビットコインは基本的に販売所や取引所で取引しますが、日本円を入金する「入金手数料」、ビットコインを購入・売却する「売買手数料(スプレッド)」、日本円を出金する「出金手数料」などを販売所・取引所に支払う必要があります。

また販売所や取引所に支払う手数料とは別に、外部の取引所にビットコインの送金を行う際にトランザクションの承認を行うマイナーに支払う報酬「マイナー手数料(送金手数料)」が1000円程度かかります。

こまめに入出金を繰り返していると手数料がかさみもったいないので、資産を動かすときはなるべく一度に動かすように心がけましょう。

取引所によって手数料の設定が異なるので手数料の安い取引所を選ぶことも大切です。

手数料の安いビットコインのおすすめ取引所はこちらをご覧ください。↓

暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに手数料は大きく異なります。この記事では各取引所の取引手数料・送金手数料・入出金手数料を一目でわかる表にまとめ、最後には総合的に手数料の安い暗号資産(仮想通貨)取引所をランキング形式で紹介します!手数料の違いを把握して上手に取引所を使い分けましょう!

現状ではビットコインの使い道は少ない

「暗号資産(仮想通貨)が世界に普及しつつある」というのはよく話題になりますが、実際に日常生活の中で利用できるほど浸透しているわけではありません

そもそも現状のビットコインのシステムでは送金手数料が定額でおよそ1000円近くかかってしまい、例えば自動販売機でジュースを買うなどといった日常の中で頻繁に行われる少額決済(マイクロペイメント)には不向きです。

また、ビットコインは人気が集まるあまりに決済処理に時間がかかってしまうスケーラビリティ問題にも直面しています。

ビットコインは現在金融商品としては機能していますが、これらの問題が解決されたうえで決済手段として世の中に取り入れられるようでなければ「通貨」として考えるならば使い道は少なく持っていてもあまり意味がないのです。

ビットコインを購入するデメリットはこちらをご覧ください。

ビットコイン...もはやなにそれとはいえないぐらい有名になってきましたが、電子マネーと違うの?とか思っている方も少なくないはずです。そんなビットコインのデメリットについて今更ながらコインパートナーが本気で考察してみました!

ビットコイン購入のポイント4

ビットコインを購入するタイミングは?

ビットコインを投資対象としてみると、当然「い時に買って高い時に売る」ことができれば利益を得ることができます。

つまり大事なことはいつ価格があがるか、いつ価格が下がるかを予想することです。

価格が上がったり下がったりするタイミングを予測する方法は大きく分けてファンダメンタル分析テクニカル分析の2種類が存在します。

ファンダメンタル分析とは、ビットコインの新技術導入や法規制など社会事象をもとに値動きを予測する方法です。

たとえば、「〇月×日にビットコインがライトニングネットワークを導入するから価格が上がりそう!」や「今月中国で法規制が発表されるから価格が下がりそう...」などと予想することです。

正確なファンダメンタル分析を行ううえで当然市場の反応を予測する推察力などが必要ですが、それ以上にビットコインのシステムに精通しビットコイン関連のニュースに敏感であることが求められます。

コインパートナーでは随時暗号資産(仮想通貨)関連のニュースも取り上げているので要チェックです!

国内外の暗号資産(仮想通貨)に関するニュースはもちろん、業界動向や規制・法律などの政府対応、国際情勢などあらゆる情報をCoinPartnerでは提供しています。また、様々な切り口のオリジナルコンテンツを配信しています。

テクニカル分析とはチャート上の様々な数値をもとに価格の推移を予想する技術的方法で株のトレードなどでもよく用いられます。

チャート分析の知識が求められ、テクニカル分析に関して多くの書籍が出版されています。

コインパートナーでは、AIが毎日ビットコインの価格予想をしているのでそちらも参考にしてください!

現在のビットコインの価格とリアルタイムチャートを配信。未来の価格予想や取引所ごとの価格、ビットコインの市場分析や最新ニュース、通貨性能分析も確認できます。

ビットコイン購入のポイント5

購入したビットコインはウォレットで保管しよう

ビットコインを取引所で購入してそのまま取引所に放置しておくと、取引所がハッキングにあったり倒産した際にお金を引き出せなくなってしまうため危険を伴います

そのため安全にビットコインを保管したい、大量のビットコインを持っている場合はセキュリテイの高い「ウォレット」にビットコインを送金することをおすすめします。

ウォレットでは自分専用のアドレスをもち、残高を確認できたり、他のアドレスに送金したり、他のアドレスからコインを受け取ったりできます。

文字通りビットコイン保管用の財布です。

自分で管理する分、取引所などの影響を受けずセキュリテイが高いですが、秘密鍵(送金に必要なパスワードのようなもの)を紛失するリスクなどもあります。

ウォレットにはメールアドレスの登録だけで無料で制作できるものから、USBのような外付けハードに記録する有料のウォレットまであります。

それぞれの特性を考えどのタイプのウォレットが自分に適するか考えましょう。

ウェブウォレット・・・PCでソフトウェアをダウンロードして秘密鍵を管理するウォレットです。無料のものが多く使いやすいですが持ち運びには適しません。

ハードウェアウォレット・・・外部のデバイスで秘密鍵を管理するウォレットです。オフラインで管理するためセキュリテイが高いですが数千円することが多いです。高額を保管する場合にお勧めです。

モバイルウォレット・・・秘密鍵を携帯のアプリで保管するウォレットです。多くのものが無料で利用でき使い勝手はとても高いですが、その分ハッキングのリスクなども高いです。

ペーパーウォレット・・・秘密鍵を紙面上に記入し保管するウォレットです。古典的ですが最安で最強のハッキング耐性を持ちます。唯一不安なのが紙ごと紛失してしまうことです。一度なくしてしまうと復元が不可能なのでお金を取り出せなくなってしまいます。

「ビットコインを運用したいけど、ウォレットってどれを選べばいいんだろう・・・」そんな悩みを解決するため、ビットコインの保管・運用に必要なウォレットをコインパートナーが徹底的に比較・紹介します!
ビットコイン購入のポイント6

その他のビットコイン入手方法

ビットコインを入手する方法は、実は1つではありません。

取引所で購入する以外にも入手方法があります、

個人間で送金(OTC取引)する

一般的な方法ではないですが、取引所を使わずに自分で取引をする相手を見つけることもできます。

例えば、ネット上で「1BTCを120万円で買ってくれる人募集します!」と呼びかけ取引相手を見つけたり、友達に「君が持っている0.1BTCを11万円で売ってくれない?」と頼むことも理論上可能です。

ただ、この方法は仲介者が存在しないため相手が必ず振り込みをしてくれる補償はなく

「1BTCを送金したのに日本円が振り込まれない...」

「11万円を支払ったのにビットコインが振り込まれない...」

などのトラブルが発生する可能性がありますので、あまりおすすめできません。

マイニング(採掘)する

購入方法ではないのですが、ビットコインを得る方法の一つです。

トランザクションの承認を行い、新しいブロックを作ることで送金者から手数料としてビットコインをもらうことができますが、パソコンやブロックチェーンに対する深い理解が必要なので個人単位で行うのはあまり現実的ではありません

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

最近巷でよく聞くマイニング、儲かるとかいう人はいるけど実際どうすればいいのか全然わからない、まずマイニングってなんぞやという人向けにマイニングの初歩から発展的なことまで、コインパートナーがマイニングについて解説してみました!

ビットコイン購入のポイント7

ビットコイン購入に関するQ&A

Q.ビットコインの購入方法は?

暗号資産(仮想通貨)取引所に登録して、日本円を入金すればすぐに購入できるようになります。
詳しい購入方法はこちらをご覧ください。

Q.ビットコインの購入におすすめの取引所は?

暗号資産(仮想通貨)取引所はいくつもあって選ぶのが大変です。
誰でも簡単に使えるおすすめの取引所をまとめましたので詳しくはこちらをご覧ください。

Q.ビットコインはいくらから購入できますか?

100円程度から購入できるので、他の金融商品に比べて気軽に始めることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

ビットコインまとめ

ビットコインのおすすめ購入方法・買い方 まとめ

ビットコイン購入方法まとめ

ビットコインは、他の金融資産と比べると、購入がとても簡単で、短い期間での値上がりも期待できます。

今後成長するであろうビットコインは、他の人より早く、今のうちから購入しておくことが大切です!

おすすめ取引所No. 1