アメリカ大統領候補、仮想通貨に前向きな姿勢

2020年のアメリカ大統領選挙の候補者のひとりであるアンドリュー・ヤン氏は、自身が大統領選挙で勝利を収めた場合、仮想通貨及びデジタル通貨の本格的な流通を促進するために、あらゆる観点から仮想通貨に関する定義や位置づけの明確化を図った法律を積極的に策していくことを約束した。

アメリカ大統領選挙の結果の行方がわかるのはまだまだ先ではあるが、今回候補者のひとりが仮想通貨促進に向けてポジティブな発言をしたのは、今後の仮想通貨発展に関しても非常に好材料と言える。

ヤン氏は自身のブログにて、「(現状のアメリカ議員は、)仮想通貨業界の技術的側面を理解していないか、完全に準備することができておらず、規制づくりが行き詰まっている。政府は最新の技術革新に対応するために、前向きに考え、情報を得る必要がある。」と綴った。

さらに同氏は、仮想通貨やデジタル通貨は急速に成長を遂げアメリカ経済にも大きな影響を与えていることを認めた上で、「直ちにユーザーを保護するべきだ。」と、強く主張する。

大統領候補のひとりが仮想通貨に関して強気な発言をしたことで、アメリカ政府は今後大きな動きを見せるのだろうか。

アメリカ政府と仮想通貨の動向に、ますます注目が集まっていく。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

コインオタクの公式Twitterアカウントはこちら!