仮想通貨って、耳にすることが多いけど、実際どうなんだろう?
稼げるのかな?

興味はあるけど中々足を踏み入れられない方の中には、今から始めるのは遅いのではないかと心配している方も多いのではないでしょうか?

この記事では仮想通貨の今後を予想して、仮想通貨を始めることが遅くないということをご説明します。

 

仮想通貨を始めるのは今更もう遅い?

2017年は仮想通貨元年ともいわれ、多くの仮想通貨が爆発的な値上がりを見せました。
億り人」なんて言葉も記憶に新しいですよね。

しかし、2018年には、仮想通貨に関する事件なども多発し、マイナスイメージがついてしまったのもまた事実です。

このまま仮想通貨は衰退してしまうのでしょうか?

 

…そんなことはありません!

ビットコインを始め、多くの仮想通貨が実用化に向けた新しい技術やプロジェクトを進めており、2019年現在はむしろ価格が高騰しています。

「稼ぐ」という目的を達成するのはもちろん、私たちの生活をさらに良いものにするためにも、仮想通貨を今から始めるのが遅いということはありません。

今回は、その理由について、ビットコインを例にとって詳しく見ていきます。

仮想通貨の今後はどうなる?

仮想通貨は今後どのように変化していくのでしょうか。

特に日本では、仮想通貨を取り巻く環境は、今後劇的に変化していくだろうと予想されています。

法整備が整う

まず、仮想通貨に関する様々な法整備が整っていくことが予想されます。

例えば、仮想通貨の取引を運営する会社である、仮想通貨交換業者は、金融庁の登録が必要で、その登録に際して、会社の体制やセキュリティレベルなど、金融庁のチェックが入るようになります。

チェックはかなり厳しくなるため、顧客管理システムなどは非常に重厚なものになることが予想されます。

新サービスの登場

投資対象としてのみではなく、決済や送金などにも使用できるような新たなサービスの誕生が予想されています。

例えば、ディーカレットという取引所では、仮想通貨を電子マネーに交換し、店舗での決済に利用できるようなサービスを開始しています。

このように、仮想通貨を使った様々な新サービスが今後も幅広く展開されることが予想されており、私たちの生活とは切っても切り離せない存在になることは明白です。

仮想通貨市場の今後について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

仮想通貨の今後に不安を覚えていませんか?この記事では東大生が現在の仮想通貨市場を分析し、今後の展開や価格を予想します。さらに今後もっともおすすめの仮想通貨も紹介いたします。
 

人気仮想通貨ビットコインの今後は?

ここからは、実際に仮想通貨が今後どのように変化していくのか、人気通貨ビットコインを例にとって見ていきましょう!

ビットコインは今後も上昇する見込み

結論から言うと、ビットコインは今後も価値を高め続けることが予想されます

ビットコインが私たちの生活の中で使用できるシーンは確実に増えてきていますし、今後も使用できる実店舗は増えていく見込みなので、まず持っておいて損はないでしょう。

また、ビットコインは、総発行上限数が2100万BTCと決まっているので、その希少性は今後も維持され続けることが予想されます。

実際、発行上限の80%ほどのBTCは既に世の中に流通していると発表されており、今後さらに需要が高まってくるにつれて、ビットコインの価値が高まってくることは一目瞭然です。

ETF承認後はさらに上昇する可能性も

ETF」とは「上場投資信託」のことで、ETFに承認されるということはビットコインの証券会社での取引が可能になるということです!

そうなってくると一般投資家だけでなく、機関投資家の参入も期待され、ますますの発展が予想されるのです。

単なる「通貨」ではなく、「資産」としての役割も

大昔に小判が金になり、ここ100年で紙幣に変わっていったように、ビットコインが資産として注目される可能性は高いでしょう。

資産として保有するということは、長期保有する投資家が増えるということ。

今よりもっともっと通貨の流動性が失われるので、ますます価格が高騰していく可能性は高いです。

 

ビットコインの今後の展望について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

仮想通貨はまだまだ発展途上

ビットコイン含め、仮想通貨はまだまだ発展途上だと言えます。

似たような投資対象として株やFXが取り上げられますが、それらと比べると市場規模は小さいです。

実際のところ、FXなどに比べると仮想通貨全体の流通量は1%ほど。

これは単純にまだまだ伸び代があるということです!

この点を踏まえると、ビットコインを含む仮想通貨は今後も伸びていくことが予想され、今から参入するのも全然遅くはないということです!

日本企業の参入状況

仮想通貨の市場拡大の裏付けとして、国内有数の会社も様々な事業を展開しています!

楽天の参入

今や「楽天市場」だけではなく、クレジットカードや楽天トラベルなど様々なサービスを立ち上げている楽天株式会社

「みんなのビットコイン」という大手の仮想通貨会社を買収し、社名を楽天ウォレット株式会社に変更、取引所名を楽天ウォレットに改称しました。

メルカリの参入

フリマアプリでお馴染みの「メルカリ」も仮想通貨事業に参入。

サービスへのブロックチェーン導入、さらには独自の通貨の発行も視野にいれた開発も進めているようです。

まだベールに包まれているところではありますが、徐々に詳細な情報が明らかになっており、将来的には日本を代表する仮想通貨交換業者になるのではないかとも言われています。

LINEの参入

日本では今知らない人がいないほどのアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社は、仮想通貨取引所BITMAXを運営しています。

LINEアプリ内からとても簡単に登録できるので、利用者が増えるきっかけになりそうです。

さらに、独自の仮想通貨LINKを発行しており、LINKを中心としたサービスの充実にも取り組んでいます。

海外企業の参入状況

日本の企業のみだけではなく、海外の企業の参入も注目を集めています。

Facebook

27億人を超えるユーザーが使用しているFacebook。

2019年6月に世界中のFacebookユーザーを巻き込んだ新しい仮想通貨Libraを発表し、注目を集めています。

Libraは、決められた資産によって安定した価値を維持する「ステーブルコイン」として注目を集めており、銀行口座を持たないユーザーでも、気軽に管理できる環境を実現しようとしています。

ただ、個人情報の流出などの問題もあり、アメリカとヨーロッパの金融規制当局はLibraの開発を中止することを求めており、今後の動向には注目したいところです。

Amazon

Amazonでは、仮想通貨の取引ではなく、Amazon Maneged Blockchainという、ブロックチェーン開発を気軽に行えるサービスを企業向けに提供しています。

ブロックチェーンとは仮想通貨の根本となる技術で、安全性などの面から、これからの世界の形を変える革新的な技術として注目されています。

Amazonはドローンでの発送など、新技術の導入を積極的に進めている会社なので、今後の動きに期待が高まります。

ビットコイン以外のアルトコインにも注目

ここまでビットコインを中心について説明しましたが、ビットコイン以外にも今後注目の通貨はいくつかあります。

イーサリアム

 スマートコントラクトと呼ばれる仕組みを搭載し、人の手を介さなくても支払いができる近未来型の通貨、それがイーサリアム

ブロックチェーン上に構築される分散型アプリDappsのプラットフォームになることも予想され、今後さらなる発展が期待されています。

 

イーサリアムについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

イーサリアムは2019年コインオタクが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!
 

リップル

異なる通貨同士を結びつける役割があるコインがリップル

「通貨」としてではなく、どちらかというと「インフラ」としての特徴を強く持ち合わせています。

海外の多くの企業だけでなく、研究機関なども強く関心を寄せており、将来性がかなり期待される通貨になっています。

 

リップルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

ネム

新しい経済圏を形成することを目標に作られたコイン、ネム

イーサリアムが持つ「 スマートコントラクト 」だけではなく、高速送金などの機能も持ち合わせており、万能型のコインとして人気を集めています。

 

Coincheckの個人情報流出事件で若干のマイナスイメージがついたかもしれませんが、ネムの機能とは一切関係のない事件です。

ネムについて詳しくしりたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください!

コインチェックのハッキング事件でも話題になった仮想通貨NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある仮想通貨です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!
 

仮想通貨の今後の課題

セキュリティ面の改善

現時点で、ビットコインをはじめとする仮想通貨を取引しているのは、まだまだ個人が多いです。

市場規模を拡張するためにも、セキュリティ面を改善し、もっと大口の機関投資家を取り入れる必要があるといえます。

具体的には、保険会社や年金基金といった顧客の資産を運用する企業の信頼を勝ち取らなければならないのです。

ただ、現在では取引所のハッキングなどのリスクもあり、これらの機関の参入は難しい現状です。

実生活での利用が進むこと

今はまだまだ投資の対象としてのイメージが強い仮想通貨。

今後さらに発展していくためには、私たちの生活とって切っても切り離せないような存在になる必要があります。

理想としては、公共交通機関の支払いなどに使用できるようになれば、真に通貨としての信頼を勝ち取ったと言えるでしょう。

実際に海外ではそういった事例もあるので、用心深い日本人にも普及できるかが今後の課題になってきます。

おすすめの取引所ランキング

仮想通貨に参入するのはまだまだ遅くないと分かったところで、最後にオススメの取引所をご紹介します!

Coincheck

Coincheckは2012年に設立された老舗の取引所で、マネックス傘下という信頼性、圧倒的な使いやすさが人気の秘訣です。

スマホアプリが圧倒的に使いやすく、扱える通貨も10種類と国内最多。

あらゆる面で安定感のある取引所となっています!

安心のセキュリティなら

Coincheckで無料で会員登録!

Coincheckの公式サイトはこちら

Coincheckについて”あわせて読みたい”おすすめ記事!  

2019年8月最新!コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin」は、FX口座登録数世界一を誇るDMMグループが運営する取引所です。

現物手数料は全て無料で、リップルやネムなども含む7種類の通貨で取引を行うことができ、国内最大級の規模を誇っています。

また、多数のアルトコインをレバレッジ取引できるのが特徴です。

使いやすいアプリなら!

DMM Bitcoinで無料会員登録!

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinについてあわせて読みたいおすすめ記事!

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?オープンしたばかりの販売所のメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判ともに解説します!DMMビットコインがどんな人におススメなのか見てみましょう!

 

GMOコイン

金融分野で有名なGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

各種手数料がすべて無料で、手軽な取引が可能なスマホアプリにも定評があります。

土日含めて365日カスタマー対応もしており、上級者にもオススメできる取引所になっています!

最短5分で登録完了!

GMOコインで無料で会員登録!

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインについて”あわせて読みたい”おすすめ記事!  

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

 
 

仮想通貨もう遅い? まとめ

仮想通貨を購入するのにまだまだ遅いということはなく、今からでも参入するチャンスは大いにあります!

ただし、よく知らないまま購入したり、いきなり大きな額で取引しようとしたりすると、失敗してしまう可能性は高くなってしまいます。

きちんと信頼できる取引上に登録して、自分の中で納得できる判断をして仮想通貨を楽しんでくださいね!

仮想通貨を購入してみようと思った方はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨を買ってみたいけど購入方法がわからない、難しい。そんな悩みを抱えている方に、仮想通貨の購入方法はもちろん、初心者が知っておくと便利な取引所の情報や注意点までわかりやすく解説します。
 

仮想通貨買うなら

Coincheckで無料で会員登録!

Coincheckの公式サイトはこちら