暗号資産(仮想通貨)の買い時っていつなんだろう。。。

確かに、暗号資産(仮想通貨)に具体的な"買い時"があるなら知っておきたいですよね。

そこで今回は、暗号資産(仮想通貨)の買い時を見極める7つのポイントや、2020年にコインパートナーが注目する暗号資産(仮想通貨)を紹介していきます!

これを読めば、暗号資産(仮想通貨)の買い時がいつなのかが分かり、さらにあなた自身が買い時を分析できるようにもなるでしょう。

暗号資産(仮想通貨)の買い時を
ざっくりまとめると、、、

  • 暗号資産(仮想通貨)の買い時は2020年現在!
  • 2020年は暗号資産(仮想通貨)の大型イベントが盛り沢山。
  • 世界中の投資家や著名人が暗号資産(仮想通貨)の高騰を予想。
  • 暗号資産(仮想通貨)を買うならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ。
bitFlyer(ビットフライヤー )

暗号資産(仮想通貨)買うなら

無料口座開設
(ビットフライヤー公式)

仮想通貨の概要をおさらい

そもそも暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上でどこでも誰でも使うことのできるお金のことです。

日本円やドルとは違う独自の通貨単位を持っており、BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)など、約2,000種類以上も存在しています。

暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンという技術と組み合わさることで、管理者がいなくても"通貨"としての役割を果たすことができるようになっています。

近年急速に広まっている暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン。どういう仕組みでどんなメリットを持っているのか?そして暗号資産(仮想通貨)投資を始めるにはどうしたらいいのか?この記事を読めば暗号資産(仮想通貨)に関する疑問が解消します!
 

仮想通貨の買い時を見極める7つのポイント

暗号資産(仮想通貨)の買い時を見極めよう

買い時を見極める7つのポイント

  • 1.ビットコインETFの承認
  • 2.各国の法規制
  • 3.スケーラビリティ問題
  • 4.半減期による影響
  • 5.大手企業の参入
  • 6.暗号資産(仮想通貨)の実用化
  • 7.チャートから買い時を分析

1.ビットコインETFの承認

ビットコインETFが承認されれば価格が爆上がりする?

そもそもETFとは上場投資信託のことを指しており、プロの投資家に資産運用を代わりにやってもらうサービス(投資信託)が証券取引所に上場したもののことです。

お察しの通り、これのビットコイン版が「ビットコインETF」です。

ETFの承認には証券取引所の厳しい審査を通過しなければならず、ビットコインETFの許可を求める申請はこれまでに何度も却下されているのが現状です。

しかし、これまで何度も申請しているうちに、申請してから結果が発表されるまでの時間が徐々に開いてきているのです。

これは審査をしている取引所が、ビットコインETFの可否判断をすぐに決断することができないほど、承認に近づいているのではないか、と考えられます。

ビットコインETFが承認されれば、莫大な資金を持つ機関投資家が参入してくる可能性が高く、価格が大きく上昇する可能性があります。

ビットコイン買うなら

ビットコインを購入する
(bitFlyer公式)

ビットコインETF(上場投資信託)に関して最近よく聞くけれど、何のことかよくわからない・・・そのような方向けに、ビットコインETFの基礎知識から最近までのニュース、今後の承認の可能性までわかりやすく解説していきましょう!
 

2.各国の法規制

今後の法整備が価格に大きく影響する

暗号資産(仮想通貨)そのものは決して危険なものではありませんが、現状、マネーロンダリングに利用される可能性が高いことや投棄対象としての見方が強い、などの課題を抱えています。

それに対して、すでに暗号資産(仮想通貨)の利用を禁止している国もあるほどです。

その中でも日本は暗号資産(仮想通貨)の普及に積極的な国として知られています。

今後、各国の暗号資産(仮想通貨)に対する法規制がどう進展していくのかによって、価格にも大きく影響することになるでしょう。

3.スケーラビリティ問題

決済手段としての大きな課題

スケーラビリティ問題とは、その暗号資産(仮想通貨)を利用する人が増えることによって、取引データの処理が追いつかなくなり、送金に遅延が発生してしまうことを言います。

暗号資産(仮想通貨)の中でも特にビットコインで大きく問題になっています。

暗号資産(仮想通貨)が世界共通の決済手段となるには、このスケーラビリティ問題は絶対に解決する必要があると言えるでしょう。

逆に言えば、これが解決された時に暗号資産(仮想通貨)の需要は一気に拡大する可能性があるということです。

ビットコイン買うなら!

ビットコインを購入する
(bitFlyer公式)

ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!
 

4.半減期による影響

半減期前は価格が上がりやすい

半減期とはビットコインで特に代表される仕組みのことです。

ビットコインはマイニングという仕組みによって、約10分で一定量のビットコインが発行されるようになっています。

ビットコインは、あらかじめ2,100万枚と発行上限が決められており、約4年に一度、発行される通貨の量が半分になるのです。

手に入るビットコインの量が少なくなることから、半減期前になると需要が拡大し、価格が上昇する傾向があります。

ちなみに、次のビットコイン半減期は2020年5月ごろだと言われています。

ビットコイン買うなら今!

今すぐビットコインを購入する

ビットコインの3回目の半減期は2020年って本当?半減期の仕組みや必要性のわかりやすい解説はもちろん、半減期の前後における価格変動を2016年の半減期やアルトコインの半減期との比較で徹底的に分析してみた!
 

5.大手企業の参入

今後の大手企業参入に期待

暗号資産(仮想通貨)はビジネス業界からも注目されています。

現状、暗号資産(仮想通貨)は「何となく怪しいもの」として世間に認知されてしまっています。

ですが、誰もが知っているような有名企業が暗号資産(仮想通貨)に参入してくれば、暗号資産(仮想通貨)そのものの注目度が上がり価格にも影響する可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)買うなら

暗号資産(仮想通貨)を購入してみる
(bitFlyer公式)

6.暗号資産(仮想通貨)の実用化

実用化が進めばそれだけ需要が拡大する

暗号資産(仮想通貨)はインターネット環境さえあれば、決済手段として誰もがどこでも使うことが可能です。

すでに、ビットコインと現金を交換するための「ビットコインATM」なるものが、全世界に6,000台以上も設置されています!

今後、世界中の人々が普段の生活の中で暗号資産(仮想通貨)を使うようになれば、それだけ需要が高まることになり、結果として価格は上がっていくでしょう。

暗号資産(仮想通貨)買うなら

暗号資産(仮想通貨)を購入する
(bitFlyer公式)

7.チャートから買い時を読み解く

暗号資産(仮想通貨)の買い時は、これまで説明したような社会的要因だけでなく、各通貨のチャートからも分析することができます。

チャートの分析にはまず、実際にトレードを経験するのが一番です。

暗号資産(仮想通貨)トレードの経験がない方は、当サイトの「Coin Learning(コインラーニング)」を活用してみてください!

Coin Learning(コインラーニング)で
できること

  • 3,500人以上のサロン生と暗号資産(仮想通貨)に関する情報交換ができる
  • 月利300%を3ヶ月連続で達成した凄腕トレーダーの生実況が見られる
  • 暗号資産(仮想通貨)トレードに必要な基礎知識を網羅して学べる

Coin Learningは、完全無料で提供している暗号資産(仮想通貨)トレードに特化したオンラインサロンです。

暗号資産(仮想通貨)に投資してみたいけど、投資なんてやったことがない。。。」という方でも、トレーダーとして確実に成長できるはずです!

Coin Learningを
詳しく見てみる

Coin Learningの詳細はこちら。

暗号資産(仮想通貨)投資は難しいと感じている方の悩みを解決するために、初心者のための「コインパートナープレミアム」というサービスを無料運営しています!
 

著名人の価格予想

世界的な投資家や著名人の価格予想を紹介

暗号資産(仮想通貨)の価格予想

  • ジョン・マカフィー氏:2020年までにビットコインは1億円を超える!
  • マイケル・ノボグラッツ氏:今後、イーサリアムは17万円を超える!
  • Nasdaq:あと数年の間に、リップルは550円を超える!

ビットコインの価格予想

ジョン・マカフィー氏は、セキュリティ対策会社McAFeeの創業者として知られており、暗号資産(仮想通貨)界隈でも有名な人物です。

特にビットコイン愛好家として有名で、マイニング施設を自己資産で建築するほどビットコインに大して強い関心を持っています。

そんなマカフィー氏は自身のTwitterで、2020年までにビットコインは100万ドル(=約1億円)を超えると発言しています!

もしこの予想が外れた場合は自分のイチモツを食べるという宣言しているくらいなので、よほど自分の予想に自信があるのでしょう。

ビットコインを購入してみる
(bitFlyer公式)

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

イーサリアムの価格予想

マイケル・ノボグラッツ氏は、世界でも有数の億万長者として知られており、イーサリアム投資家の顔も持っています。

ノボグラッツ氏は、今後イーサリアムの価格は1,500ドル(=約17万円)を超えるだろうと発言しています。

暗号資産(仮想通貨)バブルの暴落を見事に予測したことがあるので、今回の予想にも注目が集まっています。

イーサリアムを購入してみる
(bitFlyer公式)

イーサリアムは2019年コインパートナーが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!
 

リップルの価格予想

Nasdaq

Nasdaq(ナスダック)は、アメリカ合衆国にある世界最大級の株式市場のことです。

Nasdaqが2017年に発表した価格予想では、リップル価格は数年で5ドル(=約550円)まで上昇するとしています!

実際に2018年の暗号資産(仮想通貨)バブル時には1XRP=約400円まで上昇したので、この予想は当たる確率が高いのではないでしょうか。

リップルを購入してみる
(bitFlyer公式)

リップルは2020年最も成長の期待される暗号資産(仮想通貨)のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインパートナーがリップルの今後と将来性について解説します。
 

結局、仮想通貨の買い時はいつなのか?

コインパートナーの見解

暗号資産(仮想通貨)の買い時は2020年現在です!

ビットコイン半減期が今年の5月に予定されていることや、ビットコインETFがもうすぐ承認される可能性が高いことなど、2020年は暗号資産(仮想通貨)に関する大型イベントが多数控えています。

必ずしも価格が上昇すると言い切ることはできませんが、高騰の要因としては十分に揃っているのではないでしょうか。

ビットコイン(BTC) チャート

暗号資産(仮想通貨)のチャート一覧はこちら

実はビットコインの価格は2020年に入ってから、すでに緩やかに上昇しています。

本格的な高騰が起きる前に、早めに暗号資産(仮想通貨)を購入するのが良いかもしれません。

暗号資産(仮想通貨)は今が買い時

暗号資産(仮想通貨)を購入する
(bitFlyer公式)

2020年の大型イベントをまとめた記事はこちら!

【2020年、暗号資産(仮想通貨)に何が起こる!?】 2020年上半期に暗号資産(仮想通貨)の価格を左右するイベントを、「上昇しそうなもの」「下落しそうなもの」で3つずつ紹介します! 来年も暗号資産(仮想通貨)投資をするなら、これらのイベントは絶対におさえておいたほうがいいでしょう!
 

実際に仮想通貨を購入する方法

bitFlyer(ビットフライヤー )

bitFlyerの登録はこちら

暗号資産(仮想通貨)を買うなら【bitFlyer(ビットフライヤー)】がおすすめです!

ビットフライヤーは2014年に設立された非常に人気のある取引所で、最近では乃木坂46の齋藤飛鳥さんをテレビCMに起用し話題を呼んでいます。

ビットフライヤーは、過去にセキュリティの強さが世界一と評価された実績あるほど、安心安全の取引所です。

これに加え、盗難補償制度もあり対策は国内でもTOPクラスです!

ビットフライヤーは、ビットコインの取引量が国内でNo.1という実績もある名実ともにNo.1の取引所になっています。

暗号資産(仮想通貨)買うなら

bitFlyerで暗号資産(仮想通貨)を購入する

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン取引高日本一の人気の取引所です。この記事では、そんなbitFlyerの特徴やメリット、手数料や取扱い通貨、アプリ、様々なサービスや登録方法、使い方まで徹底的に解説していきます。
 

2020年注目のおすすめ仮想通貨

コインパートナーが2020年に注目している暗号資産(仮想通貨)は、「イーサリアム(ETH)」です!

イーサリアムは時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)で、ビットコインに次ぐ人気を誇っています。

最大の特徴は、取引を自動化するプログラムである「スマートコントラクト」を組み込んでいる点でしょう。

スマートコントラクト単体ではセキュリティに問題があるのですが、ブロックチェーンと合わさることで、信頼性の高い自動取引の実現が可能となります!

そのため、世界中の企業が今後イーサリアムを利用し始める可能性が高く、将来性が抜群な暗号資産(仮想通貨)です!

イーサリアムを購入してみる
(bitFlyer公式)

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号資産(仮想通貨)です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインパートナーが徹底解説します!
 

おまけ:仮想通貨の売り時は?

暗号資産(仮想通貨)に売り時はあるの

結論から言うと、このタイミングが売り時!と断言することは正直難しいです。

ですが、簡単に言うと、買ったときよりも価格が高くなったタイミングで売れば良いのです!

100万円で購入したビットコインが150万円になったタイミングで売却すれば利益がでますし、101万円のタイミングで売却しても利益はでます。

ただ、すでに含み益が大きい状態でさらなる利益を欲張ってしまうと、一気に下落し損失を生む可能性があります。

〇〇円になったら絶対に利確する!といったように、あらかじめ売るタイミングを設定しておくのが良いでしょう。

仮想通貨の買い時 まとめ

暗号資産(仮想通貨)の買い時は、大型イベントが多数控えている2020年現在と言えます!

また、今回紹介したポイントを意識して、自分で買い時を分析することも大切です。

暗号資産(仮想通貨)を買うならスマホアプリで気軽に取引ができるbitFlyerを使ってみてください!

暗号資産(仮想通貨)は今が買い時

暗号資産(仮想通貨)を購入する
(bitFlyer公式)

初心者向けに暗号資産(仮想通貨)で稼ぐための具体的なやり方について徹底解説していきます。少ない元手資金から稼ぐ方法や稼ぐための注意点など、初心者が押さえるべきポイントを余すところなく紹介します。