「ビットコインの買い時っていつだろう?もう遅いのかな?」あなたは今こうお考えではないですか?

この記事ではCoinPatnerが過去の価格変動を参考にしたビットコインの買い時と著名人の予想、ビットコインの売買に関する疑問などを解説していきます!
この記事を読めば、上昇する前のタイミングでビットコインをお得に購入する方法がわかります。

ビットコインの買いどきはいつ?

  • 半減期の翌年10月~12月に大幅上昇する傾向
  • 大企業の参入で価格上昇
  • 5時・9時・23時に価格変動が起きやすい
  • 仮想通貨は暴落したら買い時⁉
  • BTC購入はまだ手遅れじゃない

ビットコインの買い時はいつ?過去の価格変動から徹底分析!

ビットコインの価格は上下しながらも上昇すると思われるので、長期的な目で見れば早ければ早いほど良いでしょう!

それに加えて、ビットコインの価格は半減期の翌年10月~12月に上昇すると言われており、それに備えて購入するのがベストだと思います!

半減期とはビットコインのインフレを防ぐ仕組みで、マイニング報酬が通常の2分の1になります。

4年に1回行われ、前回の半減期は2020年の5月でした。次の半減期は2024年になります!

ここからは過去2回の半減期後の価格変動を見ていきましょう。

2016年の半減期

前々回の半減期は2016年の7月でした。

2017年の5月から日本でも仮想通貨に関する法律が施行され、間もなく仮想通貨バブルが起きました。

価格上昇すると言われている半減期の翌年10月~12月にビットコインの価格は急騰し最高価格の219万円をマークしました。

2020年の半減期

前回の半減期は2020年の5月でした。

2021年の2月から仮想通貨バブルが始まります。
テスラ社がビットコインを大量購入していることを発表し、企業が次々とビットコイン投資に参入していきました。

テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏がきっかけでドージコインの値段が爆上がりしたのもこの時期です。

2021年に5月頃にバブル崩壊しましたが、8月のDeFiブームで再びビットコインの価格も上昇しました。

DeFiバブルが過ぎて価格は急落しましたが、2021年10月~は価格が上昇しています!やはり半減期の翌年10月~12月は価格が上がりやすいとみてよいでしょう。

仮想通貨デビューにおすすめ

仮想通貨の買い時を見極める5つのポイント

ここからは「半減期」以外のビットコインの買い時を見極める方法を紹介していきます!

ビットコインETFの承認

そもそもETFとは上場投資信託のことを指しており、プロの投資家に資産運用を代わりにやってもらうサービス(投資信託)が証券取引所に上場したもののことです。

お察しの通り、これのビットコイン版が「ビットコインETF」です。

2021年10月にビットコイン先物ETFがアメリカで承認され、ビットコインは半年ぶりに最高値730万円を超えました。

今後、米国SECによるビットコイン現物ETFの承認、ビットコインETF承認国の増えた場合、さらなる高騰が期待されています。

各国の法規制

各国の仮想通貨に対する法規制がどう進展するのかによって、価格に大きく影響することになるでしょう。

例えば、2021年5月に中国が金融機関に対し仮想通貨に関するあらゆるサービスを禁止したころ、ビットコインの価格が暴落しました。

マネーロンダリングに利用される可能性が高いことや投棄対象としての見方が強い、など問題点が多いと感じる国もあるようです。

国規模の規制は大きな価格変動に繋がります!CoinPatnerに無料会員登録をして重大なニュースはいちはやく把握できるようにしましょう。

大手企業の参入

マイクロストラテジーやテスラなどの世界的に有名な会社でもビットコインを大量購入し、運用する例が増えています!

ビットコインの購入を公開している会社の合計を合わせると、ビットコイン全体の1.1%を会社が保有していることになるのです。

今後も誰もが知っているような有名企業が仮想通貨に参入してくれば、仮想通貨そのものの注目度が上がり価格にも影響する可能性があります!

仮想通貨の実用化

仮想通貨のセキュリティ強度の高さ、情報処理の速さ、ボーダーレスな取引ができる点を活かして実用化する例が増えています!

例えば、米大企業のステラ社ではビットコイン決済を導入していますし、中央アメリカの国エルサルバドルでは法定通貨として採用しています。

最近では世界四大会計事務所のデロイドがアバランチのブロックチェーンをプラットフォーム開発に導入しました。→ニュースの詳細はこちら

日本でもヨドバシカメラや湘南美容外科クリニックでビットコイン決済ができるようになっています。

今後も仮想通貨(主にビットコイン)はどんどん実用化されていき、需要が高まっていくでしょう。

大企業や国規模でビットコインが導入されれば価格も上昇する可能性が高いです!

チャートから買い時を分析

仮想通貨の買い時はこれまで説明したような社会的要因だけでなく、各通貨のチャートからも分析することができます。

テクニカル分析をして買うタイミングを見極め、トレード経験を積むことで短期トレードでも利益が出るようになっていきます。

しかし、それには多くの時間と勉強量が必要で、損益が出ることもあるでしょう。

そんな時におすすめしたいのが、ビットコインの売買するタイミングを教えてくれるCoinPatnerオンラインサロンです!

CoinPatnerサロンでできること

  • 1対1の電話による投資相談会
  • 投資のプロによるBTC・ETHの戦略配信
  • 自動売買AIシグナルによる70種類以上の通貨戦略配信

投資相談会では仮想通貨トレードに関する悩みや疑問に直接答え、ひとりひとり真摯に向き合います!

いつどのタイミングで購入し、売却するか教えてくれるので初心者でも利益を出すことが可能です。

無料プランもあり、過去1週間分の通貨分析や仮想通貨の極意・基本事項を閲覧できるので、有料プランに踏み込めない方はそちらから体験してみてください!

著名人の価格予想

著名人の価格予想

  • トーマス・リー氏:2021年にビットコインは1000万円まで上昇する
  • PlanB:2021年末にビットコインは10万~28.8万ドルになる
  • 投資家300人の統計データ:500万~1000万円予想が最多

トマス・リー氏の価格予想

トーマス・リー(Thomas Lee)氏は、Fundstrat Global Advisorsの共同創業者です。

彼はビットコインの今後に前向きな意見を持っていることで知られています。

そんなリー氏は、ビットコイン価格は2021年に3倍以上上昇すると発言しています。当時(リー氏がこの予想を公表した2020年12月)の価格から計算すると約1000万円(10万ドル)まで上昇するということになります。

そして、2021年11月にビットコインは最高価格の7800万をマークしました!この発言も、あながち間違いじゃなさそうですよね。

著名アナリストPlanBの価格予想

PlanBとは150万人のフォロワーを抱えるTwitterで人気のアナリストです。→PlanBのTwitterアカウントはこちら

そんなPlanBはTwitter上で、2021年末までにビットコインの価格は135,000ドルをマークすると発言しました。

PlanB独自の価格予想モデル「S2F」を使って算出した価格予想になります。

2021年10月の終値をわずか3%の違いで予測したこともあるのでかなり、期待の持てる価格予想になります!

投資家300人による価格予想データ

CoinPatnerが投資家300人を対象に調査した2030年のビットコイン価格予想データは以下の通りになりました。

(引用:PR Times/投資家300人が選ぶ将来が有望なおすすめの仮想通貨銘柄!)

投資家300人の内、ビットコインの予想価格500万~1000万円が33%、1000万~3000万円が全体の27.7%、それ以上が10%という結果になりました。

2030年というとだいぶ先の話になりますが、一般の投資経験者でもビットコインに強く将来性を感じている方が多いのです!

ビットコインの購入におすすめの取引所3選

取引所への登録は非常に簡単ですが、本人確認審査に数日かかりすぐに取引を開始できないこともあります。

今のうちに口座登録を済ませておき、すぐに購入できる状態にしておきましょう!

ここからはビットコインの購入におすすめの国内の仮想通貨取引所を理由と共に紹介していきます。

おすすめ仮想通貨取引所

  • N0.1:コインチェック
  • No.2:GMOコイン
  • N0.3:bitbank

No.1:コインチェック

コインチェックのおすすめポイント

  • 初心者に圧倒的人気を誇る
  • 取扱通貨の種類数No.1
  • ステーキングや積立などの豊富なサービス
  • スマホアプリが超使いやすい

コインチェックは初心者人気No.1の国内取引所です。迷ったらとりあえずコインチェックに登録することをおすすめします!
コインチェックの登録方法の解説はこちら

また、取引以外にもステーキング、レンディング、積立など様々なサービスがあるのでこれから本格的に仮想通貨運用を始めたい方にもおすすめです。

No.2:GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント

  • 手数料の安さは国内No.1
  • 仮想通貨FXサービスが充実
  • 大手企業のGMOグループが運営

GMOコインは企業のGMOグループが運営しており、今までハッキングなどの被害もなく、信頼性・安全性が高い取引所です。
GMOコインの登録方法の解説はこちら

また、GMOコインはどこの取引所と比べても手数料が安いのでお得に取引できます!

No.3:bitbank

bitbankのおすすめポイント

  • セキュリティ強度は国内取引所No.1
  • 取引量が圧倒的に多い

bitbankは世界で認められているレーティング機関「ICORating」のセキュリティレポートで世界1位を獲得したこともあり、強固なセキュリティが特徴の取引所です。
bitbankの登録方法の解説こちら

また、bitbankは仮想通貨の取引量が国内No.1です!取引量が多いと約定から取引までスムーズに取引できます。

仮想通貨の売り時は?

結論から言うと、このタイミングが売り時!と断言することは正直難しいです。

ですが、簡単に言うと買ったときよりも価格が高くなったタイミングで売れば良いのです!

100万円で購入したビットコインが150万円になったタイミングで売却すれば利益がでますし、101万円のタイミングで売却しても利益はでます。

ただ、すでに含み益が大きい状態でさらなる利益を欲張ってしまうと、一気に下落し損失を生む可能性があります。

〇〇円になったら絶対に利確する!といったように、あらかじめ売るタイミングを設定しておくのが良いでしょう。

仮想通貨の買い時に関するQ&A

仮想通貨の買い時に関するQ&A

  • ビットコイン以外の2021年おすすめ仮想通貨は?
  • 仮想通貨今から買っても遅くない?
  • 仮想通貨の買い時の時間は?
  • 仮想通貨が暴落したら買い時と考えていい?

ビットコイン以外の2022年おすすめ仮想通貨は?

CoinPatnerが注目している仮想通貨は「イーサリアム(ETH)」です!

イーサリアムは時価総額2位の仮想通貨で、ビットコインに次ぐ人気を誇っています。

イーサリアムは現在大型アップデートをしています。このアップデートを通して価格がさらに上昇するのではないかと予想されています。

仮想通貨今から買っても遅くない?

全然遅くない、むしろこれからさらに成長すると考えてよいでしょう!

市場 時価総額
仮想通貨 約3兆ドル
金取引市場 約11兆ドル
世界株式市場 約120兆ドル

(参考:coinmarketcap/companiesmarketcap/岡三証券)

このように仮想通貨の市場は、他の金融市場に比べてもまだ圧倒的に小さいので伸びしろは十分にあります。

仮想通貨デビューにおすすめ

仮想通貨の買い時の時間は?

正直、買い時の時間をはっきり述べることは難しいです。

ただ、以下の時間は仮想通貨の取引が頻繁に行われ、価格変動が起きることが多いのでチェックしてみましょう!

  • 朝9:00…東京証券取引所の取引開始時間・チャートの日足の更新時間
  • 夜22:30~23:00…NY証券取引所の取引開始時間
  • 朝5:00…NY証券取引所の終了時間

仮想通貨の取引は24時間できるからこそ、注目する時間を決めておけばいち早くトレンドをつかめるかと思います!

仮想通貨が暴落したら買い時と考えていい?

草コインは価格が下がったら回復しないことも考えられます。

しかし、ビットコインやイーサリアムなどのコインは上下しながらも全体的に価格が上がっていくと予想されます。

よって長期的な目で見れば、仮想通貨が暴落した際が買い時と考えていいでしょう。

短期・中期目線で考えると、更に暴落する可能性もあるので詳しくは下記の動画を参考にしてください!

仮想通貨の買い時まとめ

仮想通貨の買い時まとめ

  • 半減期の翌年10月~12月に大幅上昇する傾向
  • 大企業の参入で価格上昇
  • 5時・9時・23時に価格変動が起きやすい
  • 仮想通貨は暴落したら買い時⁉
  • BTC購入はまだ手遅れじゃない

仮想通貨の買い時がわかっていただけたでしょうか?

買い時の話をいろいろしましたが、ビットコインやイーサリアムを長期的な目で見れば、購入したいと思ったその時がまさに「買い時」と考えていいでしょう!

仮想通貨はますます実用化され、その認知度と需要は高まっていくと予想されるので、価格は上下しながらも全体的に上昇していくと思われます。

また、CoinPatnerサロンに登録して売買タイミングを把握すれば、初心者の方でも短期的に利益を出すことができます!