2018年1月のコインチェックハッキング事件に続き、またしても仮想通貨界に痛ましい事件が起こってしまいました。

国内最大級の取引所Zaif(ザイフ)がハッキングを受け約67億円相当のビットコインモナコインビットコインキャッシュが流出したのです。

もう取引所を信用することはできないの?

そんなことはありません。

ちゃんとした取引所を選べば大丈夫です

この記事では、Zaifの危険性やハッキング事件を解説するとともに、コインオタク編集部が選ぶ信頼できる取引所を紹介します。


Zaif(ザイフ)でハッキング事件が発生

約67億円相当のビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが流出

2018年9月20日に行われた公式の発表によると、同年9月14日の17-19時頃、顧客資産管理用のホットウォレットがハッキング被害を受け、約67億円相当のビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが外部に不正に送金されました。

今回流出した約67億円相当の資産の内、顧客の資産は約45億円ほどです。被害額で言うとコインチェックハッキング事件の10分の1ですが、国内最大級の取引所でこのような事態が起こったということが問題なので、額の問題ではありません

ハッキング被害への保証

Zaifは失われた顧客の資産約45億円を保証するために、株式会社フィスコのグループ企業株式会社フィスコデジタルアセットグループから50億円の提供を受けることを検討する内容の基本契約を締結しました。

失われた顧客の資産の確保は保証されるようです!

Zaifの今後の動き

株式会社フィスコからの50億円の提供に加えて、以下の動きを取ります。

株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。

Source: Zaifによるプレスリリース

株式会社フィスコがZaifの株式の過半数を保有する方向で話が進んでいるようです。

また他にも、

  • セキュリティのチェック及び強化
  • サーバーの再構築

等を行うことで業務の再開・改善を目指す方針です。


Zaifはもともと危険との評判だった

Zaifの悪評を紹介

一番の原因はサーバーの弱さ

今回のハッキング事件の一番原因はサーバーの弱さにあります。仮想通貨取引所開設の時点からシステム能力が貧弱という指摘がありました。さらにユーザーからはサーバーがよく落ちたり、アクセスが集まると注文が通りにくいという状態に頻繁になるという報告も多くありました。今回の事件でもハッキングが発覚する前にサーバーが落ちていました。実際にユーザーからの評判を見てみましょう。

  •  
  • Zaifの評判
    きっとザイフのサーバーは一般発売のチケットぴあレベル。

    twitter

  •  
  • Zaif評判
    zaifハッキングですか。サーバーエラー多発に加えてビットコイン2000兆円事件。行政処分されても何も変わらないんですよね。そしてハッキングですか。 顧客の資産を盗まれるってのは最低最悪のことですが、zaifなら仕方ないと言えますね。

    twitter

  •  
  • Zaifの評判
    zaifまたサーバー落ちた? 都合の悪いは変動しそうになったらサーバー落とすとか取引所不味くない? トークンの時もそうやって価格操作してたよね。これ近畿財務局に、連絡した方が良くない?調査必要でしょ。

    twitter

このようなサーバーの弱さを嘆くような不満が他にも多数有り、ーザーの声からもZaifのサーバーの弱さを伺うことが出来ました。こんなにも多くサーバーへの指摘があったにもかかわらず、対策をちゃんとしなかったZaifにはとても問題があったと言えます。

じゃあ代わりにどの取引所を使えばいいの?

いままでZaifを使っていたアナタに、代わりにおすすめしたいのがGMOコインです!

GMOコインは、仮想通貨取引が初めての人でも安心して取引できるようにリアルタイムのサポート体制が整っています。

また、顧客の資産を守る管理体制やハッキング対策やサイバー攻撃対策の精度は、GMOインターネットグループが培ったノウハウで国内トップレベルの高さです。

GMOコインについてもっと詳しく知る

取引所を危険なく使うためにできること

これからも仮想通貨取引をつづけるためには自分の資産を守ることが大切です。最低限自分で出来ることをやって資産を守っていきましょう。

セキュリティーの判断基準を知る

セキュリティーが高いかどうかの基準なんてわからない!って方がほとんどだと思いますので、大きく判断基準を5つに分けて紹介します。

取引所のセキュリティーを計る判断基準

  • 会社の信頼性
  • 二段階認証
  • マルチシグ
  • コールドウォレット
  • SSL

以上の点を簡単に説明してきます。

会社の信頼性とは、運営がどれだけしっかりとしているかということです。公式サイトの運営者情報などを参考にするとわかります。

二段階認証とは、ログインの際に携帯端末などを使い本人確認するものです。結論から言うと、二段階認証がついていない取引所は使わない方が良いです。

マルチシグとは、トランザクション署名に複数の秘密鍵を使う技術です。判断基準としては取引所のウォレットにマルチシグが実装されていれば、安全性が高いと言えます。

コールドウォレットとは、オフラインで管理されている状態のウォレットです。このウォレットが採用されていると外部からのアクセスを受けることがないので、ハッキングのリスクがありません

SSLとは、通信を暗号化するセキュリティーテクノロジーで、個人情報など暗号化することが出来ます。またこれを導入している取引所はSSLの評価サイトによって評価がつけられており、A+が最高の評価となっています。

判断基準とセキュリティーの高い取引所について詳しく書いた記事は以下から!

コインチェックのハッキング事件以来、取引所のセキュリティ問題はいままでになく深刻な問題となっています。そこでコインオタクは安全な取引所を求めるあなたのために、セキュリティのしっかりした取引所をランキング形式でまとめました。

自分の口座の安全性を高める

二段階認証を設定する

先ほど判断基準のところでも紹介しましたが、二段階認証を設定することはとても大切です。もしパスワードが流出してもこれによって口座を守ることが出来ます

Google Authenticator(AndroidiOS)やSMS認証、電話認証などの種類の二段階認証の方法があります。二段階認証は絶対に設定しましょう!

パスワードを工夫する

パスワードを工夫するとは、「他で使っているパスワードを使わない」「パスワードは長く複雑にする」などということです。パスワードは思わぬ所から漏洩することがありますので、絶対に気をつけるべきポイントです。

おすすめはパスワード生成アプリを使って、パスワードを設定することです。アプリのなかにはパスワードの文字数を決められたり、強度を決められたり、二度と同じ文字列は生成されないなど便利な機能が多くあります。是非使ってみてください。

自分でコールドウォレットを持つ

一番安全なのが、自分のウォレットで資産を管理することです。先ほどご紹介したコールドウォレットを持つことをおすすめしています。ハッキングのリスクがなく安心して資産を保有することが出来ますし、デザインもスタイリッシュでかっこいいのもおすすめのポイントです。

コインオタクでおすすめしているコールドウォレットはLedger Nano Sがおすすめです!人気通貨リップルを初めとする27通貨に対応しています。価格は10,000円程度しますが、これで自分の資産が守れると考えるととても安いです!

Ledger Nano Sで資産管理する

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はZaifのハッキング事件の概要から原因を解説した後、安全に取引するための取引所や知識についてご紹介しました。

自分の資産を大切に守るためにも正しい知識と必要な知識を学んでおくことが大事です。

安心できる仮想通貨取引所で安全な取引をしていきましょう!

コインオタクおすすめのGMOコインに登録する!