Moneroウォレット目的別おすすめ6選|仮想通貨XMRの保管に必須のウォレットを比較

せっかくMoneroの将来性を見込んで購入したのにどこのウォレットに預ければいいのかわからない方や、そもそもまだウォレットを作ったことがない方、いらっしゃるのではないでしょうか?

コインチェックの事件が起きたことで取引所に資産を置いたままにしておくことの危険さを実感し、セキュリティの高いウォレットで自分の資産を安全に管理できるようになりたいと思う人は多いと思います。

そんなあなたのためにこの記事ではMoneroに対応した使いやすいウォレットを目的別に紹介し、ウォレットの作り方、使い方や同期方法、さらにはウォレットを使っていく上での注意点まで詳しく解説しちゃいます!!

この記事を参考にして、自分の資産を安全・安心に管理するスキルを身につけましょう!

ただ、Moneroに関してはまだ使いやすい安全なオススメできるようなウォレットがあまり存在しません。そのため、多額のMoneroを保有している人はコールドウォレット を複数使い分けて万が一ミスをしてしまった時のセルフゴックスのリスク分散することをオススメします。

この記事を読んだら分かること!

  • あなたがウォレットを持つべき理由
  • 手段に応じた最適なウォレット
  • Monero公式ウォレットの使い方全般・注意点

そもそも仮想通貨のウォレットとは?

ウォレットとは、その名の通り仮想通貨を安全に管理する「財布」です。仮想通貨は物理的な貨幣が存在するわけではないので少し想像できないかもしれませんが、他のウォレットに仮想通貨を送金する機能を持っています。

ウォレットには大きく分けて、頻繁な出入金に便利な反面ハッキングのリスクが付きまとう「ホットウォレット」と秘密鍵をオフラインで管理する「コールドウォレット」の二つが存在します。

もっと知りたい方は詳しく紹介されている記事をご覧ください。

 

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 

 


ウォレットで仮想通貨を保管すべき2つの理由

セキュリティが向上する

まだ取引所のウォレットに入れたまま放置している方は本当に危険です。取引所はいつ倒産したりハッキング被害に遭ったりするか分からないので非常にリスキーです。2014年には当時世界最大の取引所だった460億円分のビットコインが消失しそのままマウントゴックスが経営破綻。このことから保有していた仮想通貨を失うことを「ゴックスする」という表現で扱われるまでになりました。最近だとコインチェックから580億円分のNEMがハッキングによって流出し大きく世間を揺るがしました。

取引所も日々セキュリティの向上に努めていますが、確実に仮想通貨を守るにはやはりウォレットを持ち自分で秘密鍵を厳重に管理するのがベストです。大切な資産である仮想通貨を失わないためにはウォレットでの厳重な管理が必須です。

カウンターパーティーリスクを回避できる

取引所にそのまま置いておくとハッキング被害に遭ったりその取引所が倒産したり、中央管理者がコインを持ち逃げしたりする可能性がゼロではありません。このような取引所の信頼関係におけるリスクを「カウンターパーティーリスク」と言います。例えば急ぎで入金したい時に取引所でメンテナンスが行われていたりすると自由な操作ができなくなります。

これをウォレットで管理すればいつでも自由に仮想通貨を操作することができるので取引所に対してのカウンターパーティーリスクを回避することができます。

最適のウォレットは人によって違う!

ウォレットは目的別で選ぶべし

仮想通貨を厳重に管理するべきだからといって必ずしも使い方がわかりにくい英語のコールドウォレットでの管理をするのが正しいかと言えば必ずしもそうとは限りません。例えば、初心者が使い方のわかりにくいウォレットを使ってしまうと操作ミスによるセルフゴックスの原因になりかねませんし、入出金を頻繁に行うのにペーパーウォレットを使うのはナンセンスです。

今回は大きく分けて3つの目的に沿ったウォレットで厳選したものを4つ紹介します。

ウォレットを選ぶ際に重要な4つの基準

ウォレットを持ち仮想通貨を入金したからには秘密鍵を自分で管理しきらなければなりません。セキュリティが高い分、もし秘密鍵を紛失すると自分のウォレットにアクセスできなくなります。万一その秘密鍵が漏洩すると仮想通貨をごっそり持っていかれる可能性もあります。
ウォレットに関する知識が十分ではないまま秘密鍵を管理するのは大きなリスクになります。
自分のウォレットに関する知識や英語能力などに見合ったウォレットを使うべきでしょう。

ウォレットを選ぶ時、特にウェブウォレット、モバイル・デスクトップウォレットは秘密鍵をオフライン管理しているかかオンラインで管理しているかを必ず確認しましょう。
オンラインで管理しているとどうしてもハッキングのリスクが必ず付きまといます。コインチェックのNEMが流出したのはオフラインで管理がNEMにまだ対応していなかったことが原因でした。秘密鍵管理をオフライン管理しているかそうでないかはウォレット選びで最も重要な観点になります。
また、最近トランザクションの署名に複数の秘密鍵を必要とするセキュリティが強化された「マルチシグ技術」を搭載したウォレットも出現しています。
残念ながら使いやすいウォレットほどこういったセキュリティ面が劣っていく傾向にあるので、自分のリテラシーに合ったこのバランスにも注意しましょう。

特にリテラシーが十分ではない初心者の方はここを1番に重視するべきでしょう。ウォレットのセキュリティの高さと使いやすさ・利便性は相反することが多いです。、ウォレットに仕組みを深く知るまでは直感的な操作で使えるものを選ぶべきです。
また、取引を頻繁に行う場合も利便性・使いやすさは重視して選ぶべきです。
セキュリティを重視するがあまり操作ミスでセルフゴックスしては本末転倒なので、とにかく自分の目的に合ったものを選ぶことが重要です。

基本的にウォレットはダウンロードして無料で利用できるものが多いですが、物理的な物体として販売されているセキュリティの高いハードウェアタイプのウォレットは有料です。
自分の保有資産を安全に管理するのにお金を掛ける価値があるのか、しっかり考えましょう。


頻繁にMoneroの入出金をする人におすすめのウォレット

頻繁にMoneroの入出金をする人におすすめのウォレット

  • Monero Wallet:Android・iPhone両方に対応したモバイルウォレット
  • My Monero:開発チームからサポート受けているウェブウォレット

 ​Monero Wallet:Android・iPhone両方に対応したモバイルウォレット

Monero Wallet by FreewalletはAndroid・iPhone両方に対応していてApp store、Google play両方で平均レビュー4.1/5.0とユーザーからも高評価のモバイルウォレットです。

モバイルウォレットのため利便性はとても高く頻繁に入出金をする方、外出先でも取引がしたい方に向いたウォレットです。

種類モバイルウォレット
セキュリティ普通
使いやすさとても使いやすい
価格無料
機能
Moneroの入出金・残高/履歴の閲覧・アドレスの作成
対応通貨Moneroのみ


My Monero:開発チームからサポート受けているウェブウォレット

My MoneroはPCストレージの圧迫が無いウェブウォレット。デスクトップタイプのウォレットと比べ、すぐに設定にあまり時間がかからずすぐに使い始めることができます。Monero公式ウォレットのgetmonero.orgより使いやすいですが、オンライン管理のためセキュリティは劣るので大金を管理するのには向いていません。


種類ウェブウォレット
セキュリティ普通
使いやすさ使いやすい
価格無料
機能
Moneroの出入金・履歴の閲覧・アドレスの作成
対応通貨Moneroのみ


多額のMoneroを安全に保管したい人におすすめのウォレッ

多額のMoneroを安全に保管したい人におすすめのウォレット

  • Monero公式ウォレット:日本語対応でマイニングとも相性が良いデスクトップウォレット

 Monero公式ウォレット:日本語対応でマイニングとも相性が良いデスクトップウォレット


Monero公式サイトからダウンロードできる公式デスクトップウォレットです。Mac、Linux、Windowsなどに対応しています。

デスクトップウォレットなので基本的には秘密鍵はオフライン管理され、セキュリティ面は安心です。また、ブロックチェーンのダウンロードが行われるため設定には少し時間がかかりますがその分重たい作業にも強いのでマイニング報酬に受け取りとも相性が合っています


種類デスクトップウォレット
セキュリティ高い
使いやすさ普通
価格無料
機能
Moneroの出入金・アドレスの作成/履歴の閲覧
対応通貨Moneroのみ

仮想通貨初心者にオススメのウォレット!​

仮想通貨初心者にオススメのウォレット!

  • Coincheck:圧倒的な使いやすさを誇る国内取引所ウォレット

 

Coincheck:圧倒的な使いやすさを誇る国内取引所ウォレット



NEMの大量流出事件後、現在は一部を除いて取引停止中ですが使いやすさで選ぶならCoincheckは圧倒的でしょう。

事件前当時、Coincheck社は顧客から預かった多くのコインをコールドウォレットで管理していると公表していましたがNEMをコールドウォレットで管理していなかったことが発覚し、会社の信頼度は著しく落ちてしまいました。

国からの業務改善命令を受け、業務を完全に再開する頃にはセキュリティ面は事件前より改善され、より安全なものになっているでしょう。

種類モバイル・ウェブウォレット
セキュリティ普通
使いやすさとても使いやすい
価格無料
機能
Moneroの出入金・取引所の利用(停止中)
対応通貨Monero、BTC、ETHなど全13種類


Monero公式ウォレットの作成方法と使い方・同期方法

これまでに4つのウォレットについて解説してきましたが、今回はMonero公式ウォレットのウォレット作成方法、使い方・同期方法について解説していきます。

まず、先ほどの画面から「Download」をクリックしこの画面に移ります。次にMac版、Windows版、Linux版などがあるので該当するものをクリックしダウンロードを開始します。

今回はMacでのセットアップを行った場合を解説していきます。

ダウンロードが完了したら圧縮ファイルを解凍しアプリを開きます。

最初の画面で言語を選択するので英語で使いたいなら英語でも構いませんが、使いやすく操作ミスのリスクが低い日本語を今回は選択します。

「新しくウォレットを作る」を選択し、パスワードを入力することでネットワーク状態の同期処理に入ります。ここには時間がかかるので気長に待ちましょう(笑)




ウォレットを使う時の注意点

いざウォレットを開設して管理を始め、使い慣れて来て気が緩んで来た頃にウォレット操作でミス・失敗を起こしがちです。本当に些細なミスで大切な資産を一気に失ってしまうケース(セルフゴックス)も少なくありません。

やらかしてしまってからでは遅いのでよくあるケースは何個かあらかじめ把握しておきましょう。

ペイメントIDなどのつけ忘れ

特にMoneroやNEMは送金する際にアドレス、送金量に加えて+αで情報を任意でつけます。Moneroの場合はペイメントID、NEMはメッセージです。

Moneroには16桁または64桁の「Payment ID」が存在していて、これをつけ忘れるとPayment IDが必要な取引所な取引所に送金するときに誰が入金したのかわからいので入金の反映ができません。

このパターンでセルフゴックスしてしまう人も少なからずいるので気をつけましょう。

バックアップの取り忘れ

何もバックアップを取っていないと誤ってウォレットを消してしまったり、ウォレットを入れた機器が壊れてしまったりすると自分のウォレットに二度とアクセスできず、資産の出し入れができません。

またバックアップを取るのはウォレットのあるPC内のハードディスクではなく外部のドライブ、できれば外付けハードディスクに取っておくことが望ましいです。そして、取ったバックアップファイルには必ず他人に推測されないパスワードをかけておくことを忘れてはいけません。

このような事態を避けるため、ウォレットはしっかりバックアップを取っておく必要があります。そしてそのバックアップファイルにはパスワードをかけ厳重に管理するべきです。

送金先アドレスの間違い

Liskを送るのにリップルのアドレスに送金してしまったり、ビットコインをイーサリアムのアドレスに送金してしまったりするケースです。

各コインのアドレスには少しずつ特徴があり、例えばビットコインのアドレスは1又は3から始まるなるなどを覚えておくことで対策を取ることができます。しかし、イーサリアムとイーサリアムクラシックとオーガーはアドレス形式が同じだったりするので厄介です。

送金処理をする時は慌てずに落ち着いて安全に行うようにしましょう!

パスワードメールアドレスを忘れる

「送受金をあまり行わないから滅多にウォレットを開かない人」が特に気をつけたほうがいいのはウォレットに設定したパスワードを忘れてしまうことです。

ウォレットを作ることを急いでしまい、パスワードをメモしなかったりそのメモを紛失してしまっりしないようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

Moneroのオススメのウォレットはこの4つです!

<頻繁にMoneroの入出金をする人におすすめのウォレット>

  • Monero Wallet:Android・iPhone両方に対応したモバイルウォレット
  • My Monero:開発チームからサポート受けているウェブウォレット
  • <多額のMoneroを安全に保管したい人におすすめのウォレット>

  • Monero公式ウォレット:日本語対応でマイニングとも相性が良いデスクトップウォレット
  • <仮想通貨初心者にオススメのウォレット!>

  • Coincheck:圧倒的な使いやすさを誇る国内取引所ウォレット

今回はウォレットを持つことの重要性の説明から目的別にウォレットの紹介などを説明しました。Moneroに対応したウォレットの数はあまりありませんが今存在するウォレットでも十分安全に管理することが可能です。仮想通貨をもつ一人として資産の管理と安全な操作ができるようになることは将来的にもきっと役に立つスキルになるはずです!

この記事を読んでみなさんが最適なウォレットを選び、自分で安全に管理することができるようになっていれば幸いです。


CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!