仮想通貨取引所bitbank Tradeがサービス終了を発表

国内初の仮想通貨レバレッジ取引所であるbitbank Trade。追証やスワップポイントがないことから損失リスクが少ないことで人気を博していた同取引所は3月31日を以て全面的にサービスを終了することを発表。その理由を以下のように記している。

国内初の仮想通貨レバレッジ取引所であったbitbank Tradeは、リリース以降数多くのお客様にご利用頂いておりましたが、現在では国内にも幾多の取引所が存在していること、また、弊社別サービスbitbank.ccが国内1位、世界8位の売買代金を誇る様になったこと(※)等から、bitbank Tradeの流動性への寄与度合いが低減し、その役目を終えたと判断した為、サービスを終了させることといたしました。
                                                                                                                             (bitbank Trade公式サイトより引用)

bitbank Tradeは国内初のレバレッジ取引所として注目を集めていたが、その後GMOコインやDMM BitcoinやbitFlyer、BitMEXといった国内外で大手取引所がレバレッジ取引サービスを導入したこともあり、競合性が高まったと運営側が判断した可能性が考えられる。

bitbank Tradeユーザーが保有しているBTCは自動的に別サービスbitbank.ccヘの移行が行われる予定で、移行を希望しないユーザーは3月31日までに引き出すように勧告している。

そして、最終的な取引所閉鎖までのスケジュールは以下のように記載されている。

2019/02/01(金) 12:00-アフィリエイト機能停止
2019/03/01(金) 12:00-新規登録停止
2019/03/15(金) 17:00-四半期の売買停止
2019/03/22(金) 17:00-来週の上場停止
2019/03/29(金) 17:00-新規注文停止/決済注文停止/注文の全キャンセル/BTC入金の停止
2019/04/01(月) 17:00-BTC出金停止/bitbank.ccへのBTC移行/ログイン停止
                                                                                                                             (bitbank Trade公式サイトより引用)

ユーザーの反応は

​今回のbitbank Tradeのサービス終了を巡って、ユーザーは様々な反応を示している。

コインオタクの見解のように競合性の高さを指摘する声もあれば、そもそもの仮想通貨市場の厳しさに言及するユーザーも多い。

今後のポイントとしてはユーザーの反応ももちろんだが、その他のレバレッジ取引所の運営状況の変化にも注目していきたい。