イーサリアムは続落

FTXが日本国内でのサービス展開を示唆

大手仮想通貨取引所のFTXが、新たに日本国内向けのサービスを始める可能性があることがわかりました。

FTXは昨年の9月に日本人ユーザーの新規登録を制限、その後メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手が同社のグローバル・アンバサダーに就任するなどし大きく注目されました。

(出典:https://info.gbiz.go.jp/hojin/ichiran?hojinBango=5010001206672)

日本の法人、企業等を検索することができるジービズインフォにはFTX Japan 株式会社の名前で情報が登録されており、日本でのサービス展開を示唆。

「FTXは2022年日本のパートナーと協力して、日本の法規制に準拠した形で、銀行口座との連携を含む新しく改良された取引サービスを皆様に提供するためのステップを予定しています。」

との文章も出ており、今後の日本でのサービス提供開始を事実上認めた形となっています。

テクニカル

10日に3,000ドルの安値で反発したイーサリアムですが、反発後高値を切り下げることはできずに3,400ドル付近で反落しました。

短い時間軸でダブルトップを形成する形となったイーサリアムですが、現在再び3,000ドル付近まで下落しています。

今後の値動きとしては、3,000ドルのサポートラインで反発することができるか注目です。

本日の戦略

鍵
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
徹底サポート会員とAIシストレ会員限定の記事です。
登録して続きを読もう!
  • プロトレーダーによる毎日のBTC・ETHトレード戦略配信や限定記事が読み放題!【戦略配信:2021年上半期最低月利30%】
  • CoinPartnerオリジナルメールマガジン配信
プランの詳細を見る

アカウントお持ちの方はこちら

ログイン