ビットコインの使い方を知ろう!

今ビットコインは世間からとても注目を集めています。日本は世界と比べるとビットコインの普及が遅れていますが、オリンピックの開催にも後押しされ今まさに急速に利用が拡大しています。ですから時代の波に乗り遅れないように今のうちにビットコインの使い方を学んでおきましょう!


ビットコインをまだ持っていない方はコインチェックでの購入がおすすめです!

コインチェックのバナー

コインチェックは新規口座開設者だけが参加できる20,000円キャンペーン中。

「仮想通貨を始めるならまずはコインチェック」と言われるほど使いやすく画面がシンプルで、初心者にぴったりな取引所です!

無料口座開設(コインチェック公式)


ビットコインを使う前にウォレットを準備しよう!

取引所で買ったままにしない

ビットコインを始めるにはまず自分のビットコインを保管しておく専用のお財布のようなものを作る必要があり、このお財布のことをウォレットと呼んでいます。

実際は取引所でビットコインを買ってそのままにしておいても使えることには使えますがハッキングのリスク取引所が破綻するリスクもあり、とても安心して使うことができません。ビットコインがなくなってからでは遅いのでしっかりウォレットを作りましょう!


ウォレットの種類

ウォレットは通貨の保管場所によってデスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットに種類分けできます。各ウォレットについて書いたコインオタクの記事も載せてあるので是非読んでみてください。


デスクトップウォレットはPC上のウォレットでオフライン環境で管理できるウォレットです。手軽に利用できウェブウォレットよりもセキュリティに優れているのが特徴です。

仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します


ウェブウォレットはインターネット上で管理できるウォレットです。サイトがハッキングされるリスクがあってセキュリティ面が心配なので少額の利用に留めるのが無難だと思います。

仮想通貨のウォレットにはいくつか種類があります。そのなかでも、サーバーで大勢のウォレットをまとめて管理するタイプのウォレット、ウェブウォレットについて紹介します!ウェブウォレットとは何か、どんなメリット・デメリットがあるのかをわかりやすくま


モバイルウォレットはiPhoneやAndroid上のアプリとして作動するウォレットです。持ち運びできる点が魅力で店舗利用する際は基本的にモバイルウォレットからの支払いになるでしょう。しかしウェブウォレットと同様にセキュリティ面でのリスクはあるため多額の保管は避けましょう。

モバイルウォレットは「出先でスマホから仮想通貨を管理したい!」というあなたの要望に応えてくれる、かゆいところに手が届くウォレットです。今回は、そんなモバイルウォレットの仕組みやオススメアプリを紹介します!


ペーパーウォレットは紙によって保管をするウォレットです。最も安全な保管方法の一つで、長期の保管を行うときに利用します。

デジタルな仮想通貨をアナログなペーパーウォレットで保管!?コールドウォレットの一種であるペーパーウォレットは他のウォレットに比べてハッキング被害のリスクが小さいです。ここではその特徴や作り方などを紹介します!

 

ハードウェアウォレットは専用の端末で保管を行います。オフライン環境で保管されるためペーパーウォレットと並んでセキュリティ面では安心できるウォレットです。

「仮想通貨を厳重に管理したい・・・」そんなあなたにピッタリの、安全性抜群なハードウェアウォレットを紹介します!さらに、人気機種を3つ紹介し、それぞれの機能やサービスを比較しました!あなたも手軽に、安全に仮想通貨を管理してみませんか?


おすすめウォレット紹介

Ledger Nano S

Ledger Nano Sは世界で最も有名で人気なハードウェアウォレットの一つです。ビットコインだけでなくイーサリアムやリップルといった仮想通貨も保管できます。本体の価格が1万円弱とめちゃくちゃ高いということでもないのでおすすめです。


Ledger Nano Sの購入はこちらから!

Trezor

TrezorはLedger Nano Sと並んで代表的なハードウェアウォレットです。価格はLedger Nano Sより少し高いくらいです。Trezor自体はイーサリアムを取り扱うことはできませんが、MyEtherWalletというイーサリアムのウォレットと連携することができるので事実上取り扱っていると言えます。


Trezorの購入はこちらから


Ledger Nano SもTrezorもセキュリティは優れていますし優秀なウォレットなので、見た目や取り扱っている通過の種類などを比較してLedger Nano SとTrezorのどちらかを使えばいいと思います。

ビットコインの使い方

投資目的

今のところビットコインに興味を持っている人の大半がビットコインを投資先として見ているのではないでしょうか。

(2017年10月28日現在)

このチャートをみてもらえれ分かる通り、2015年から2016年にかけておよそ500ドルだったビットコインの価格は現在では6000ドルにまで迫っており、その差は10倍以上です!ビットコインには1000円が1万円になり100万円は1000万円になるという夢があり、多くの人が日々このチャートとにらめっこしてビットコインを売買しています。

個人的にはビットコインはこれからどんどん世間で使われるようになるにつれ、まだまだビットコインの値段は上がると思っているので今からでも投資するためにビットコインを始めるというのは悪くないと思います!


またコインオタクではビットコインの投資・トレードに重要な情報がこちらのページでみれるようになっています!ビットコインのチャートや相場情報、価格予想をリアルタイムで表示し、チャートのテクニカル指数をコインオタクが独自に開発したAIがリアルタイムで分析して売り買いの分析を表示しています。

さらに取引所ごとの売値買値・スプレッドをリアルタイムで表示するタブや、ニュースのタブチャート情報がまとまったタブ過去の価格推移情報のタブ通貨情報通貨情報がまとまったタブビットコインのイベントを一覧でまとめたタブもあります!

ビットコイン投資している人には、重要かつ最高の情報が集まっているので是非ご覧ください! 

 



買い物に使う

ビットコインは通常の買い物で代金の支払いとして使うこともできます。スイカやパスモなどの交通系ICカードによる支払いをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。カードそのものがウォレットにあたり、カードに入ってる金額がビットコインに対応しています。

ここ最近のビットコインブームによりビットコイン決済できる店舗が増えたので今後はより一層ビットコイン支払いが普及していくのではないかと思っています。


ビットコイン決済ができるお店やウェブサイトが徐々に増えてきているのがニュースになったりして興味を持っている方も多いはずです。どこでどうやったら使えるのか、税金はかかるのかなど、ビットコイン決済にまつわるすべての疑問はこの記事で解決します!


公共料金の支払い

最近ではビットコインによる公共料金の支払いができるようになってきました。

仮想通貨取引所のCoincheckはCoincheckでんきというサービスを開始し、Coincheckにユーザー登録をすればビットコインで電気代が払えるようになりました。しかもこのサービスはビットコインで電気代を払おうとすると電気代を4~6%割引してくれるというプランなので節約にもなります

またCoincheckと並んで国内最大手の取引所と言われているbitFlyerはガス料金のビットコイン決済プロジェクトを発足しており、近々ガス料金もビットコインで支払えるようになりそうです。

このようにビットコインは公共料金を支払うという使い道もあります。


寄付

ビットコインで災害や病気などで困っている人を支援しようという活動が広まっています。

Coincheckでは「熊本地震被災者への支援」「世界の子どもにワクチンを」などといったテーマに沿ってクラウドファンディングのような形て寄付を募るサービスを行なっています。

またbitFlyerではユーザーが寄付用ビットコインアドレスにビットコインを送金するだけで日本赤十字社へ寄付ができるサービスであるBITCOIN DONATIONSというサービスを始めています。

このようにビットコインによる寄付も行われています。


実店舗で使う方法〜ビックカメラ編〜

ビットフライヤーが取引可能

bitFlyerは2017年7月26日から1会計につき10万円相当のビットコインを上限に、ビックカメラ全店舗においてビットコイン決済を導入することを発表しました。2017年4月から都内2店舗でビットコイン決済を試験的に運用していたのですが、想定よりも多くの利用があったということで全店舗による展開に踏み切ったそうです。


実際の購入方法

ビットフライヤーのウォレットを使っているならビットコイン決済は実に簡単です。

ビットフライヤーのスマホアプリを開いて右上にあるQRコードというボタンをタッチ、店員さんから提示されたQRコードを読み取ると画面に「この金額を支払いますか」といった文言が出てくるので支払うというボタンをタッチすれば支払い完了です!慣れてしまえば10秒ほどで終わる操作ですので身構える必要は全くありません。


取引所のウォレットはセキュリティに問題があると言わざるを得ませんがビックカメラでの決済に関して言えばビットフライヤー以外のウォレットを使うと送金の確認に時間がかかってしまうようなのでセキュリティに気をつけて保管する量も多すぎないようにして利用しましょう。


まだビットフライヤーに登録していない人は以下の記事を参考にして登録してみてください。


bitFlyerの登録はこちら!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本で最も人気のある仮想通貨取引所の一つで、ビットコイン取引高世界3位になるほど利用されています。初心者にオススメなビットフライヤーの評判や使い方を徹底解説します!


ビットコインを使用した人の口コミ

実際にビックカメラでビットコインを使用して支払いをした人はQRコードを探すだけで決済ができて便利だったという感想を持っているようです。クレジットカード払いは暗証番号を入力してサインしてといった手間が多く、現金を渡してお釣りをもらうという行為すら面倒だと感じる人もいるようなので、ビットコイン決済の手軽さは魅力的なようです。


トラブルもある?その真相は!

試験運用の段階でビットコイン決済を試した人が、一定時間内に送金が完了しないと取引が無効になるうえ、bitFlyer以外のウォレットを使っている場合その一定期間に送金することがまずできないので基本的に取引が無効になってしまうからビットコイン決済をしない方が良いという書き込みをして少し話題になりました。


しかしビックカメラによるとビットコイン決済ではQRコードを表示してから一定期間ビットコインの価格レートが固定されるだけで、その期間をすぎても送金が承認されなかったからといって取引が無効になるということはないということので先ほどの書き込みは単なる煽りにすぎなかったのかと思われます。


iPhoneなどスマホで簡単に使う方法

モバイルウォレットを利用

モバイルウォレットについてもう一度おさらいすると、モバイルウォレットとはiPhoneやAndroid上で動作するウォレットで、持ち運びが簡単であることが利点です。基本的な仕組みはデスクトップウォレットと似ているのでインターネットに接続しなければ安全だと言えますが、モバイル端末をインターネットに繋がないというのはなかなかないと思うのでセキュリティ面は気をつけた方が良いです。パソコンにウイルス対策のソフトを入れている人は多いかもしれませんが、スマホなどに入れている人は少ないと思うのでモバイルウォレットを使う際には入れてみるのをおすすめします。


実際に店舗でビットコイン払いをする場合はほとんどがモバイルウォレットからになると思いますが、その支払い方法は大体QRコードを読み込むもので十数秒あれば操作は完了すると思います。


スマホのおすすめアプリ

breadwallet

breadwalletはiOSにもAndroidにも対応しています。海外のウォレットですが日本語にも対応しているので英語が苦手な人でも安心です。インターフェイスがシンプルなのも特徴で、秘密鍵を端末で保存する仕様なのでハッキングのリスクも小さいです。ただ、ビットコインの単位がBTCではなく「b」と表記されています。1b=0.000001BTCです。


breadwalletのダウンロードはこちらから(iOS)


breadwalletのダウンロードはこちらから(Android)

 

iPhoneユーザーに以前から人気のBreadwallet(現在はBreadに改名)。そのメリットや使い方を、ウォレットを初めて使う方にもわかりやすく解説します!この記事を読んでBreadwalletを使いましょう!


Mycelium

MyceliumもiOS・Androidに対応していますが日本語対応しているのはAndroidのみです。またbreadwalletと比べてインターフェイスが少し複雑なのがネックではあります。取引に慣れている人向けのウォレットと言えるでしょう。


Myceliumのダウンロードはこちらから

Copay

CopayはiOS・Androidだけでなくmac・Windows・linuxにも対応しています。セキュリティも優秀でデザインも洗練されていて使いやすいです。ウォレット内でビットコインの売買ができるのが他のモバイルウォレットとの違いです。


Copayのダウンロードはこちらから

 

ここではビットコインのウォレットであるbitpay/copayを紹介します!様々な端末に対応しており、決済サービスでもあるbitpay/copayについて登録方法や使い方までわかりやすく解説します!!


他のビットコインが使えるところは?

ネットショップ

・DMM.com

動画を配信したりオンラインゲームを提供するネットショップです。DMM内では専用のポイントが使われますがこのポイントをビットコインで買うことができます。

・チケットキャンプ

チケットキャンプはユーザー同士がコンサートやスポーツ観戦などのチケットを売買するサイトです。2017年の8月からビットコイン決済が導入されました。


実店舗(関東)

・THE PINK COW

六本木にあるカリフォルニア料理店です。日本で初めてビットコインを導入したレストランであると言われています。ここにはビットコインのATMも設置されています。

・銀座Futaba jewelry

銀座にあるブランド品を取り扱っているお店です。バッグやアクセサリー、時計などを取り扱っています。


・さかえ屋呉服店

原宿にあるレンタル着物屋さんです。主に外国人の利用が多いのでビットコイン対応も早かったのではないでしょうか


実店舗(関西)

・Bar祇園

京都のトラディショナル・バーです。こちらもやはり海外のお客さんがよく来るということで


・癒ロイド

癒ロイドは大阪にある萌え系メイドカフェです。メイドカフェでもビットコインが使えるということには驚きました。


・One Gengo

One Gengoは英会話教室で日本で唯一英語を教える国際資格をもつ先生がインストラクターを務める教室だそうです。英会話教室の授業料もビットコインで支払えるというわけです。



ビットコインの良い・悪いところを理解しよう!

メリット

送金コストが安い

特に銀行を利用して海外に送金しようとすると多額の手数料がかかってしまいます。また銀行振込は土日はできなかったり15時を過ぎると反映されるのが翌日になるといったよなタイムラグが生じてしまうことも不便なてんの一つです。しかしビットコインを使うと海外に送金する場合でも手数料は無料かもしくはかなり安く、送金時間も短いです。このようにビットコインは送金の経済的、時間的コストが小さいことが長所です。


中央機関がない

ビットコインは政府や中央銀行が発行している訳ではなく、中央機関による制限がありません。また国境の壁がないことも魅力で、ビットコインを使えばいちいち円からドルやポンドといった国ごとの通貨に両替することな利用することができます。


デメリット

価格暴落のリスク

ビットコインだけに当てはまる訳ではありませんが、デメリットとしてあげられるのはやはり価格変動が起きることでしょうか。もしかしたらビットコインの価格が急に低くなって資産が激減してしまうということはありえます。


ハッキングの可能性

取引所やウォレットのセキュリティは徐々に上がってきてはいますが絶対にハッキングされないという保証はありません。特に海外ではハッキングの被害にあってビットコインが盗まれたという事件も起きています。また国による干渉を受けないので被害を受けても国の補償を受けられないのも心もとないですね。


ビットコインで得をした人例

ロジャー・バー

「ビットコイン界の神」と呼ばれている人です。彼は2011年にビットコインがまだ1BTC=1ドルほどの時にラジオでその存在を知りました。その後ビットコインについて詳しく調べるとビットコインが素晴らしいものであると感じ多額のビットコインを買ってビットコイン価格を大幅に上昇させた人です。現在は年の半分ほどをなんと日本で過ごしているそうです。

 

Roger Verをご存知ですか?世界的な投資家として知られている彼ですが、ビットコインに黎明期から投資し、またその流通に大きく寄与してきた人物でもあるんです。ゆえにビットコイン相場のおける彼の影響力はとても大きい!Twitterも要チェッ


ジャレッド・ケンナ

彼は30歳の時にビットコインに出会い、1BTC=20円の時に5000BTC購入し、価格が上がったのちその資産を元にビットコイン取引所であるTradehill Bitcoin Exchangeを創業して成功を納めています。


また「得をした」という言い方は不自然だとは思いますが、ネパール地震の被災者が自らのビットコインのアドレスとなるQRコードを掲げてインターネットに投稿して寄付を呼びかけたという事例もありました。実際にこの被災者がQRコードを掲げている写真が拡散され、多くの寄付が集まったようです。



ビットコインで損をした人例

ロンドンブーツ1号2号田村淳

2014年におよそ10万円分のビットコインを購入しました。しかしロンブー淳は買ったビットコインを当時の最大手の取引所であるマウントゴックスに置いたままにしていたらその数日後にマウントゴックスがハッカーによる攻撃を受けて破綻してしまったマウントゴックス事件に巻き込まれてビットコインを失ってしまいました。

ビットコインを買ったらすぐにウォレットに移しておくようにしましょう。


世界最大のビットコイン交換所が破綻したマウントゴックス事件。流行にのって適当に取引を始めると大変なことになるかもしれません。自分の資産を守るために知っておく、マウントゴックス事件の概要とその後についてコインオタクが解説します!


平成ノブシコブシ吉村

ノブコブ吉村は1BTC5万円くらいの時に20BTC購入しました。しかしすぐにビットコイン価格が下落していったため1BTC=4.5万円の時に慌てて売ってしまいました。これでおよそ10万円の損となってしまいましたが、その後ビットコインの価格はどんどん上がっていき、今では10倍以上の価格がついているので悔しい思いをしたようです。


ビットコインを有効活用してみよう!

ビットコインの使い道としては投資というイメージが強かったかもしれません。確かにビットコインで一儲けしている人はたくさんいますし、今後まだまだ価格は上がっていくと思います。しかし実際にビットコイン決済ができる店舗なども紹介した通りビットコインの使い道は投資だけでなく幅広い分野に拡大してきています。日本ではオリンピックに向けてビットコインが利用できる機会がどんどん増えていくでしょう。ですからぜひみなさんにも今からビットコインを使っていって欲しいと思っています!