イーサリアムのキャスパーとは?新たなPoSの仕組みや現状と今後

仮想通貨投資をするとき、チャートのみに注目して、仮想通貨そのものについておざなりになっていませんか??

キャスパー(Casper)は、時価総額2位の仮想通貨イーサの今後を握る重要な要素です!

今回は、そんなキャスパーについて、概要・仕組み・目的などを簡単に解説していきます。​

イーサリアムを既に持っている人も、まだ持っていない人も、絶対に知っておくべき内容です。

この記事を最後まで読めば、イーサリアム投資についての今後の見通しがたつはず!

この記事を読んで分かること

  • イーサリアムのキャスパーとは何か
  • キャスパーの仕組みや目的
  • イーサリアムに将来性があるのかないのか

 

​イーサリアムのキャスパーとは?

多くの仮想通貨は、より広く使われ、より価値の高いものとなるために、バージョンアップを繰り返しています。ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアムも例外ではありません。

イーサリアムは、ネットワーク上で自動で動くプログラム(スマートコントラクト)を実装したプラットフォームで、そこで手数料として使用される仮想通貨がイーサ(ETH)です。(実際は多くの場合、分かりやすさのために仮想通貨イーサリアムと呼ばれます。)

ブロックチェーンで信頼性を保証し、スマートコントラクトで処理を自動的に行う、ワールドコンピュータを目指して開発・バージョンアップが進められています。

イーサリアムが、さらなる信頼性と、処理能力を獲得するために導入する仕組みが、キャスパーです!

↓「そもそもイーサリアムってなんだ?」という方は下の記事をご覧ください↓ 

 仮想通貨について少し調べてみたり、取引所に登録してみたりすれば必ずといっていいほど目にするイーサリアム(Ethereum)。ビットコインは分かるけど、イーサリアムとはなに?って思いますよね。ビットコインなどと比べるとイーサリアムはかなり複雑な構造になっているんですが、実は根幹となる技術をしっかり抑えれば理解ははそう難しくありません。この記事では、イーサリアムがどういった特徴を解説するだけでなく、イーサリアムの持つ将来性を具体的に説明していきたいと思います!最後まで読めば、イーサリアムについて超詳しくなって将来性に期待すること間違いなしです!目次仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とは仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の今後のイベント仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の価格推移と最新チャート分析!仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の将来性と問題【取引所】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の購入方法【ウォレット】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の保管方法仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の気になるQ&Aまとめコインオタクでは30人の東大生トレーダーと利率25%超えのAIによるイーサリアムの価格予想を会員様限定に毎日公開しています。チャートが読めなくてももう大丈夫です!またイーサリアムの価格変動の際にはアラートの配信も行なっているのでチャートに張り付いている必要がなくなります!初心者では判断しにくい仮想通貨投資は東大生とAIの力を借りて勝ち切りましょう!今なら初月無料!CoinOtakuプレミアムを1ヶ月無料でトライアル!イーサリアムとは?時価総額2位の仮想通貨プラットフォームイーサリアムは通貨ではない!?時価総額2位の仮想通貨プラットフォームとはイーサリアム(Ethereum)とは、スマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)を構築できるプラットフォームのことで、Ethereum

 イーサリアムの新たなPoSアルゴリズム

​イーサリアムはこれまでビットコインと同様の承認アルゴリズム、PoWで動いてきました。現在も、ASIC対策をしたPoWアルゴリズムによってマイニングされています。このアルゴリズムのことをEthashと言います。

これまでのPoWではイーサリアムが実現したいスマートコントラクトによる高速処理を叶えることができません。PoS(Proof of Stake)への移行が計画されています。

PoSでは、ハッシュレートの競争というエネルギー効率の悪いマイニングを行いません。代わりに、イーサリアムを多く保有しているノードによってブロック生成を行います。これによって高速処理を実現します。

また、PoSでは「イーサリアムを多く保有する人が、その価値をあえて下げるような改ざん行為をするはずがない」という発想で、ブロックチェーンの信頼性を保証しています。

そんなPoSが抱えるいくつかの問題点を解決しようとしているアルゴリズムが、Casperです。

​↓PoSについての詳しい内容は下の記事をご覧下さい↓​

2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!!目次Proof of Stake(プルーフオブステーク)とはProof of Stakeの仕組みProof of StakeとProof of Workの違いイーサリアム(Ethereum)はProof of Stakeへ移行Proof of Stakeのデメリットその他の承認システムProof of Stakeについての気になるQ&AProof of Stakeまとめ Proof of Stake(プルーフオブステーク)とは Proof of Stakeとは、多くのアルトコインで採用されている、保有している仮想通貨の量が多いほど取引の承認権、すなわち、新しいブロックをブロックチェーンに繋ぐ権利を得やすい仕組みのことです。ビットコインで用いられるProof of Work(プルーフオブワーク)の改善策として考案されました。 Proof of Stakeを採用する仮想通貨の種類は多い! Proof of Stakeは非常に多くのアルトコインで採用されています。主な通貨としては、Peercoin(ピアコイン)、Nxt(ネクスト)、BlackCoin(ブラックコイン)などがあります。純粋なProof of Stake以外にもDPoS(Delegated Proof of Stake)やPoI(Proof of Importance)などの改変された仕組みを採用するものもあります。 このProof of Stakeはどのような仕組みになっているのでしょうか。 Proof of Stakeの仕組み Proof of Stakeには2種類ある! Proof of Stakeには実は大きく分けて2種類あります。一方はProof of WorkにCoin Age(コイン年数)という概念を導入したもの、そしてもう一方は純粋にコインの保有量だけが関係するものです。 それぞれの仕組みについて見ていきましょう。 Coin Age(コイン年数)+Proof of Work Coin Ageは(コインの量)×(コインを保有している期間) で定められる量です。すなわち、たくさんコインを持っているほど、その保有期間が長いほどCoin Ageは大きくなります。そして、Coin

 EthashからCasperへの移行ロードマップ

イーサリアムは、PoWからPoSへ移行する予定なのですが、コンセンサスアルゴリズムはブロックチェーンの最も基本的な要素なので、急に切り替えることは大きなリスクを孕みます。そのため、移行の衝撃を少しでも緩和できるように、緩衝材が設けられることになっています。つまり、移行のロードマップとして、

  1. Ethash 
  2. PoW​とPoSのハイブリッド型 (キャスパーFFG(?))
  3. Casper  (キャスパーCBC(?))

の順で変更していくことが計画されています。PoWとPoSが共存しているときは、PoWでブロックのマイニングを行い、PoSで最終決定が行われるような仕組みが用いられます。

EthashからCasperへ、唐突に変更され大混乱ということはありません。

現状:キャスパーFFGのテストネットがリリース

実は、キャスパーには開発者の違いによって二種類あります。キャスパーFFGと、キャスパーCBCです。キャスパーFFGはPoWとPoSハイブリッド型で、キャスパーCBCは完全PoS型です。

どのように適用されていくかは現状では分かりませんが、2018年1月1日、vitalik氏が主導するキャスパーFFGがテストネットリリースされました。今後も、FFGの方が先導して開発が進められていくことが予想されます。

​キャスパーの詳細と仕組み

​キャスパーの概要について説明してきましたが、ここからキャスパーの仕組みについて簡単に説明していきます!

PoS(Proof of Stake)の仕組み

代表的なコンセンサスアルゴリズムとして、ビットコインに使われているPoW(Proof of Work)と、イーサが導入しようとしているPoS(Proof of Stake)が挙げられます。

PoWの場合、新ブロック生成のために、ハッシュ値を大量に計算し、条件に合うハッシュ値がたまたま出てくるまで、計算を繰り返します。ハッシュパワーのみがブロック生成確率に関係します。

PoSの場合、ハッシュパワーは低い値に制限されており、少ない計算量の中でブロック生成を競います。これでは競争にならないため、ハッシュ値をステイク(≒保有)しているイーサの量に応じて、ブロック生成の成功確率が変動するようになっています。

PoWは新参でもハッシュパワーを確保できれば電気代で賭けることが出来ますが、PoSの場合ただ資産を増やしていく古参が有利になってしまうという格差を生み出します。

PoSはPoWが抱える問題である、電気の大量消費と51%攻撃への脆弱性などを解決することができます。さらに、イーサリアムの構想にとってはPoSの高速処理能力が必要なので、イーサリアムではPoSへの移行が計画されています。

 普通のPoSとキャスパーの違い

PoSはイーサリアムの理想を実現するために必須なのですが、PoSはいくつかの問題を抱えています。それらの問題を解決するためにSlasherやGhostと呼ばれる仕組みを導入しています。

Slasher

キャスパーFFGにおける懲罰のシステムです。分岐するブロックチェーンのツリーの中から、有効なツリーを選び出すための仕組みです。100ブロック毎にどのチェーンを有効とするか投票を行い、最も多く票が集まったツリーをメインチェーンとして採用します。投票の方法は、バリデーターと呼ばれるノードがイーサを賭け金として賭けて投票します。そして開票の結果選ばれなかったツリーに投票していたバリデータの賭け金が没収されます。

これは、「正しいチェーンに投票して確定させていく」インセンティブをバリデーターに対して与え、後述のNothing at Stakeを防止します。

Ghost

現在のイーサリアムブロックチェーンや、キャスパーTFGが採用する予定のチェーン選択の仕組みです。Ghostでは、ツリーの単純な長さではなく、分岐したツリーの長さも加えたツリーをメインチェーンとして採用します。マイニングによってより多くの計算が蓄積さているチェーンを選択する、という目的です。

​​キャスパー実装の背景と目的

キャスパーの概要について説明してきましたが、何の目的もなく実装するわけがありません。

従来のイーサリアムに問題点や改善点があるから変更するのです。

ここでは、実装に至った背景や、キャスパーアルゴリズムの目的を解説していきます。

​ ​Nothing at Stakeを防止する

PoWの場合、ブロック生成、すなわちマイニングを行うためには大量の電気を消費します。そしてマイニング報酬はマイニングを行ったチェーンの中でのみ有効です。他のチェーンを無理に伸ばすネットワーク攻撃で得られるメリットと比べて、それにかかるコストが大きいという理屈で51%攻撃を防いでいます。

PoSではブロック生成に必要以上の電気代はかかりません。ステイク量に応じて高確率で生成される仕組みです。これによって高速処理を実現するのです。ブロックを生成するために必要なものは、その仮想通貨を”保有”することだけです。このようにPoWとは異なり、新たなブロック生成においてはコストが非常に少なくなるため、「最も長いチェーンだけを伸ばしていく」理由がなくなってしまいます。全てのチェーンを同時に伸ばしていってしまってもデメリットがないということです。

​PoSが抱えるこの最大の問題を、Nothing at Stakeと言います。Nothing at Stake、すなわち「何も賭けていない」というのは、PoWでの電気代のようなコストを賭けていない状況のことを言います。


キャスパーではNothing at Stakeを解決するために、後述のSlasherという仕組みを導入します。

シャーディング(Sharding)と併用して、イーサリアム2.0を目指す

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏、主要な開発者ジャスティン・ドレイク氏とカール・フローシュ氏はスイスで開催された「テックチャーチ・セッション・ブロックチェーン」というイベントで、イーサリアムが目指す未来について語りました。

そこで、「キャスパーとシャーディングによって、イーサリアム2.0が構築される」と発言されました。

シャーディングとは

シャーディングとは、トランザクション検証作業を分担して、検証を高速化する仕組みのことを言います。

例えば、100のノードがあるネットワーク上に、1000個のトランザクションが投げられたとします。シャーディングを使わないと、100のノードの一つ一つが1000回トランザクションの検証をしなければならなくなります。​

ここでシャーディングの出番です。まず100のノードを20ノードずつ、5グループに分けます。全てのグループに200トランザクションずつ投げて、各グループで同時進行的に検証作業を行わせます。こうすることで、全てのノードは200個のトランザクションを検証するだけで済みます。

​キャスパー実装でイーサの価格は上がる?

投資を検討している人にとっては、キャスパー実装でイーサの価格が上がるかどうかが気になると思います。

バージョンアップするからといって、値段が上がるわけではありません。

例えば、ビットコインキャッシュは5月16日にハードフォークを行いました。これによってブロックサイズを大幅に増大させたものの、特別大きな値上がることはありませんでした。(むしろ下がりました)仕様を変更することで、必ずしも「優れた仮想通貨になる」訳ではないということです。

しかしながら、イーサリアムのキャスパー導入は開発当初から予定されていたアップデートです。イーサリアムの最初からの目標である、高速処理と諸問題の解決を狙うのがキャスパーです。テストネット上でのテストも十分に行い、安全で計画的な実装を目指しています。

プラットフォームとしてのイーサリアムが今後発展していく未来が予想されます。

こうしたイーサリアムの未来に期待して価格の上昇が起きることは十分に期待できます。

↓「そんなこと言ってもどう購入すればいいのかわからない!」という方は下の記事をご覧ください!↓

イーサリアムが将来性の高い仮想通貨だとは知ってるけどどうやって買えばいいかわからず購入できずにはいませんか?この記事を読めばイーサリアムを購入する方法がわかります。国内の4つの取引所での具体的な購入方法だけでなく、取引所を比較しイーサリアムの購入に最適な取引所まで紹介します!これでイーサリアムの購入で迷うことはもうありません。イーサリアムを購入してみましょう!早速GMOコインに口座登録!(無料)目次イーサリアム(ETH)とはイーサリアムの購入をおすすめする理由イーサリアムを入手する2つの方法 GMOコインでイーサリアムを購入する手順 DMM Bitcoinでイーサリアムを購入する手順 bitFlyerでイーサリアムを購入する手順bitbankでイーサリアムを購入する手順 イーサリアムの取引所を比較!まとめイーサリアム(ETH)とは「イーサリアム(Ethereum)」という名前は今現在は仮想通貨の名称として認知を得ていますが、本来は分散型アプリケーション(DApps)を構築するためのプラットフォームの名称であり、次に説明するスマートコントラクトを特徴としています。そのプラットフォームで使われている仮想通貨のことを私たちは普段「イーサリアム」と呼んでいます。仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?仕組み・将来性・チャートを東大生が解説!仮想通貨について少し調べてみたり、取引所に登録してみたりすれば必ずといっていいほど目にするイーサリアム(Ethereum)。ビットコインは分かるけど、イーサリアムとはなに?って思いますよね。ビットコインなどと比べるとイーサリアムはかなり複雑な構造になっているんですが、実は根幹となる技術をしっかり抑えれば理解ははそう難しくありません。この記事では、イーサリアムがどういった特徴を解説するだけでなく、イーサリアムの持つ将来性を具体的に説明していきたいと思います!最後まで読めば、イーサリアムについて超詳しくなって将来性に期待すること間違いなしです!目次仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とは仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の今後のイベント仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の価格推移と最新チャート分

 イーサリアムが購入できるおすすめ取引所

キャスパーの実装によって、硬直していたイーサリアムの値段が一気に動くかもしれません!

キャスパーの実装がいつ行われるかは分かりません。大きな波に乗り遅れないように、早いうちに保有しておくことをおすすめします。

ここでは、コインオタクがオススメするイーサリアムが購入できる取引所をご紹介します。

​基本手数料すべて無料!GMOコイン

GMOコインは東証一部に上場している大手企業GMOインターネットが運営する国内最大規模の販売所です。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!​

取引所のハッキング事件が多発する中で大手取引所が運営するGMOコインは安心感に秀でていると言えるでしょう!​

GMOコイン最大の特徴は、取引が簡単な販売所なのに、スプレッドが極めて小さいという点です。​

​​GMOコインの詳しい特徴や評判については下の記事をご覧ください!

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?GMOコインは、コインオタクで一番人気の取引所で、国内最大の仮想通貨取引所になる可能性も秘めています!コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!最短1日!GMOコインに無料口座開設!! 目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判!GMOコインのメリット!GMOコインのデメリット!まとめそもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む

今すぐできる!GMOコインの登録はコチラ!

最強のセキュリティの安心感!bitFlyer

​言わずと知れた、日本で最大の取引量とユーザー数を誇る、国内最大の取引所です。

これだけ大規模に長く運営してきて、ハッキング被害などを一度も受けていないことから、国内最強のセキュリティであると言えます!

​bitFlyerの詳しい使い方や特徴、評判については下の記事をご覧ください!

「テレビのCMや電車の広告でビットフライヤーって聞いたけど何なんだろう・・・?」「友達が最近ビットフライヤーで何万円も儲けたって話聞いて、始めたいけどなにがなんだかよくわからない(泣)」「リスクっていう仮想通貨が上場してすごいことになったらしいけど。。。」なんて思っていませんか?今回は誰もが一度は耳にしたことのあるbitFlyer(ビットフライヤー)について、網羅的にすべてのことを解説していきます!主要な見出しに対しては詳しく書いてある記事リンクを載せていますので、気になった方はぜひそちらも参考にしてみてください!この記事の要約ビットフライヤーは国内で一番信頼性の高い取引所!仮想通貨初心者はまず登録だけでもOK!ビットコインFX取引も可能で上級者も満足! ビットフライヤーで口座開設をする!目次bitFlyer(ビットフライヤー)とは【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴1】企業としての信頼性の高さ【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴2】手数料が安い!【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴3】取扱通貨は全部で7種類!bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法 bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)でビットコインFX取引をしよう! bitFlyer(ビットフライヤー)の評価/評判・口コミ bitFlyer(ビットフライヤー)に関するQ&AbitFlyer(ビットフライヤー)まとめbitFlyer(ビットフライヤー)とは bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量・資本金・ユーザー数において日本一を誇る日本最大級の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーどのような会社で、どのような特徴・メリット・デメリットがあり、評判や口コミはどうなのか、ビットフライヤーの使い方など、あらゆる観点から詳しくわかりやすくコインオタクがビットフライヤーについて説明していきます! bitFlyer(ビットフライヤー)の概要会社名  

bitFlyerの登録はコチラ!

イーサリアムのFX取引が行いたい方に!​DMM Bitcoin

映像や書籍事業で有名な、DMM.comを運営母体としたDMM Bitcoinは抜群の知名度と信頼性を誇ります。

特徴としては、数少ないイーサリアムの先物取引(FX)を行うことができます!ハイリスクハイリターンの取引を行いたい方にはおすすめです!

​​DMM Bitcoinの詳しい特徴や評判については下の記事をご覧ください!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは DMM Bitcoinとは2018年1月11日に新しくオープンした日本の仮想通貨販売所です。あの大企業DMMが運営していることからオープン前から期待の声が寄せられていたため話題にはなりましたが、実際にどうなのかがわからずに登録せずにいませんか? この記事をよむとオープンから2週間ほどたった現在の評判がわかりどんなとき・どんな人に有用なのかがわかります!Twitterなど実際のユーザーからの声を集めているので正しい評判を知ることができます。 オープン前にはわからなかったメリットやデメリット、Twitterの生の声などを紹介していきます! DMM Bitcoinにまだ登録していない方はこちらから DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録・口座開設方法!今なら1000円貰える!2018年1月10日にオープンしたDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。主要取引所になること間違いなしと言われてるけどどうやって登録するの?そんなあなたのためにすぐにできる登録法をご紹介!コインオタクがサクッと口座開設をお手伝いします続きを読む 目次DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)のデメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判まとめ DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット 手数料が安い! DMM Bitcoinはビットコイン・イーサリアムの現物手数料がすべて無料であることで評判が高いです!とくにクイック入金が無料であったり出金手数料が無料であることはほかの取引所と比べてもかなり安いです!クイック入金なら反映に時間がかからないので振り込みによる反映(通常数時間程度)を待てない人におすすめですし、こまめに出金したい人にとってもこの料金設定は大きなメリットでしょう! 入金手数料無料出金手数料 無料取引手数料無料送金手数料無料(マイナー手数料を除く)レバレッジ手数料0.04% / 日 運営団体がすごい! DMM Bitcoinを運営しているDMM.comはゲームや電子書籍、FXなど幅広いジャンルのネット販売を手がける日本の超大企業です!なかでもDMM

DMM Bitcoinの登録はコチラ!

​​まとめ

​イーサリアム計画している新しいPoSアルゴリズム、キャスパーについて説明してきました。

イーサリアムのキャスパーまとめ

  • キャスパーはイーサリアムの新しいPoSアルゴリズム
  • 高速処理でワールドコンピュータを実現する
  • キャスパー実装でイーサの価格は上がる可能性大!

 キャスパーやシャーディングを始めとして、セカンドレイヤー・オフチェーン技術についても開発がドンドン進められています。イーサリアムは今本当にホットです!

イーサリアム2.0、3.0、イーサリアムが夢見るワールドコンピュータの世界は、そう遠くないかもしれません。今後の動向にも注目です。