コインオタクおすすめのLedger Nano Sはこちら!

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。

ハードウェアウォレットの仕組み

秘密鍵暗号を持ち運ぶ

ハードウェアウォレットは、機器そのものにウォレットの機能がついているわけではありません。仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、秘密鍵を機器内部で保存しているのです。ですから、ウォレット内の仮想通貨を管理するためには、PCなどの端末に接続し、専用のアプリケーションを利用する必要があります。

この秘密鍵は、購入時に付属しているアクティベーションキーと対応しており、ハードウェアウォレット本体が故障したり、紛失したりしても、新しく購入した本体にキーを入力することで復元できます。


ただし、アクティベーションキーさえ持っていれば他の本体からでもウォレットにアクセス可能というのは、裏を返せば他人にキーを知られたら不正送金などをされるかもしれないというリスクがあるということです。

ですから、キーは他人に見られないよう、また、なくすことの無いよう厳重に保管しましょう。

そして、流通業者がアクティベーションキーを、商品が購入される前に盗み見ている可能性もあるので、信頼できる正規代理店から購入しましょう。


PCに繋げてウォレット操作

ウォレットの操作をする際にはPCに接続し、専用のアプリケーションを使って機器内の秘密鍵を読み取ります。

ウォレットアプリのインストールされたPCなら、どれからでもウォレットにアクセスできます。


ハードウェアウォレットのメリット

安全性が非常に高い

PCに繋いでいない間、ウォレットの秘密鍵はネットワークから完全に遮断されています。こういった状態のウォレットをコールドウォレットと呼ぶのですが、この状態ではハッキングの危険にさらされることがなく、非常に安全です。

ウェブウォレットやソフトウェアウォレットだと、サーバーや自分のPCがハッキングされて不正送金が行われてしまう可能性がありますが、ハードウェアウォレットではそういった可能性はほぼゼロです。

なので、安全に仮想通貨を運用したい!という方にはハードウェアウォレットがオススメです。


コールドウォレット、ウェブウォレットについて説明したコインオタクの記事はこちら

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!

 

仮想通貨のウォレットにはいくつか種類があります。そのなかでも、サーバーで大勢のウォレットをまとめて管理するタイプのウォレット、ウェブウォレットについて紹介します!ウェブウォレットとは何か、どんなメリット・デメリットがあるのかをわかりやすくま


持ち運びが簡単

ハードウェアウォレット本体のサイズは、種類にもよりますが、USBサイズから大きくてもせいぜい音楽プレーヤー程度です。

なので、スマホ感覚で持ち運ぶことができ、専用のアプリがインストールしてあれば、どんなPCからでもウォレットの操作が可能です。なので、非常にユーザビリティが高いのも特徴です。


ハードウェアウォレットのデメリット

値段が高い

ハードウェアウォレットは、製品によりますが軒並み1万円以上します。ですから、仮想通貨資産がそこまで多くないのであれば、わざわざ買うのをためらわれる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、高額の資産を運用されている方ならそれでも購入されることを強くおすすめします。1万円をケチったばかりに全資産を失ってはシャレになりませんからね。


人気商品は品薄

この記事でこれから紹介するようなウォレットはどれも人気で、品切れが続く場合もあります。仮想通貨運用者が昨今では急激に増加しているので仕方ないのかもしれませんが。

ですが、いくら正規代理店で在庫がないからといって、非正規店舗で購入するのは、せっかくのセキュリティの高さを台無しにすることになるので控えてください。


おすすめハードウェアウォレット3選

LedgerNanoS

 LedgerNanoSは、USBサイズのハードウェアウォレットで、こちらもTrezorと1,2を争う人気があります。

こちらはTrezorより安く、約1万円で購入できます。

LedgerNanoSはここから入手!

Trezor

Trezorは、次に紹介するLedgerNanoSと並んでメジャーなハードウォレットです。USB端子でPCに接続することで、取引が可能になります。

価格は約15000円で、Zaifが正規代理店になっています。

コインオタクが書いたTrezorの詳しい記事はこちら

 

コインチェックの盗難被害やGOX(倒産)危機があり、取引所に仮想通貨を置いておくことが危険だと実感する人も多いと思います。仮想通貨は自己管理とよく言うけど実際どうすればいいのか?とお悩みの方も多いかもしれません。そこで、今回はハードウェアウォレットの筆頭であるTrezorの紹介です!仮想通貨でウォレットといったらTrezor!ってくらいに有名なハードウェアウォレットです。このウォレットは外付けのハードウェア上で仮想通貨を管理するタイプで他のウォレットと比べてとてもセキュリティが高くて安心した仮想通貨ライフを送るにはもってこいです。もちろんTrezorで保管していれば、もし取引所がゴックス(倒産)したとしてもその被害を受けることはありません!ここではそんなTrezorの特徴から買い方、初期設定方法について解説していきます。購入時の危険に対する対策法もしっかりと伝授します!このサイトを読んでいただければ、今後は取引所やセキュリティに振り回されない安心安全な仮想通貨ライフを送ることができるでしょう!目次Trezor(トレザー)とはTrezorの仕組みTrezorは実際どう?コインオタクの見解TrezorのメリットTrezorのデメリットTrezorはこんな人におすすめ!! Trezorの初期設定と使い方Trezorの購入方法Trezorについての気になるQ&ATrezorまとめTrezor(トレザー)とは Trezorとはビットコインをはじめとする仮想通貨をオフライン上で保管することができるコールドウォレットの一つです。オフライン上で秘密鍵を管理するためハッキングなどの攻撃を受けにくく、安全性がアップしているというわけですね! そんなウォレットの中でもTrezorはセキュリティが高く使い勝手も良くWallet(お財布)というよりはむしろ金庫に近いイメージです。 なので、持っている仮想通貨も多くなってきたしそろそろ安全に保管したいなと思っている方や、せっかく投資するんだから盗られたりしたくない‼という方にはおススメです!

 


Trezorはここから入手!

LedgerBlue

LedgerBlueは、タッチパネル操作のできるハードウェアウォレットです。

操作性が高く、根強い人気があります。ただし、値段がその分高く、3万3千円程度かかります

LedgerBlueはここから入手!


三種のハードウェアウォレットを比較!

対応通貨で比較

Trezorは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、DASH、Zcash、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークンに対応しています。

LedgerNanoS及びLedgerBlueの対応通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークン、DASH、Zcash、ライトコイン、コモドコイン、ドージコイン、リップル、ストラティスです。今後のアップデートで、ここに更にモネロが加わる予定です。

ただし、LedgerNanoSではそのうち4~5個までの通貨しか管理できず、全ての対応通貨を利用するには複数個のLedgerNanoSを購入する必要があります

TrezorもLedgerNanoSも、PC上でMyEtherWalletと連携することで、MyEtherWalletに対応したイーサリアムトークンを利用可能です。

そんなに多くの銘柄を保有するつもりはないが、将来性の高いアルトコインを保有したい!という方は、値段も手ごろなLedgerNanoSがコインオタクとしてはオススメです!

Ledger系はドージコインやリップルに対応しているのが大きいですね。


サービスで比較

TrezorもLedgerも、ウォレット管理のアプリがGoogleChromeの拡張機能で利用できて手軽な点、サポートが日本語対応しておらず不安が残る点(Trezorはなぜか公式サイトのトップページだけ日本語でしたが)など共通しており、実際のところ、サービスにそこまで差は無いと思います。

ですから、この3機種を選ばれる際には、自分の用途と予算に主眼を置いて考えるといいでしょう。


ハードウェアウォレットのQ&A

故障しちゃったらどうすればいいの?

同じ機種を新しく買って、元もっていたデバイスのアクティベーションキーを入力してください。そうすれば復元されるはずです。

そのためにも、今使っているデバイスのアクティベーションキーをちゃんと記録して保管しておくことが重要です。


Amazonで売ってる?

売っています。ただし、Amazonで購入する場合、マーケットプレイスで不当に高い値段で売っていたり、正規代理店でない出品があったりするので注意してください。正規代理店で品切れの場合は、予約などして買いましょう。

ZaifはAmazonでもTrezorを販売していましたが、現在は品切れのようです。


ビットコインだけじゃなくてリップルにも対応してるのが欲しい

先ほど紹介した3機種のうち、LedgerNanoSとLedgerBlueはリップルに対応しています。


ハードウェアウォレットまとめ

安全で持ち運びも簡単なハードウェアウォレット。仮想通貨の運用に力を入れるつもりならば、ぜひ購入を検討してみてください。

これによって得られる安全を考えると、1万円程度の出費は安い買い物だと思います。

そして、くれぐれも購入の際にはその安全性を損なわないためにも、正規代理店を通じて購入するようにしてください。