アメリカ最大級の仮想通貨取引所Coinbaseに大物金融監査顧問が就任

アメリカ最大級の仮想通貨取引所Coinbaseは、大物金融監査顧問​をコンプライアンス責任者として採用した。ヨーロッパ市場進出への準備を着々と進めている印象だ。

​今回就任したMark Kelly氏は金融業界でも有名なコンプライアンスアドバイザー。バークレイズキャピタル、リーマン・ブラザーズといった超大手金融企業の会計監査を30年以上担当してきた実績のある人物だ。

前職としてロンドンの金融監査企業にて、マネーロンダリング対策やEU金融規制遵守のためのアドバイザーをしており、Coinbeseでも同様の役割を担うことが期待されている。

Coinbaseは昨年3月に英金融行動監視機関から電子マネー運用ライセンスを取得し、英国・EU圏内での取引所運用が可能になった。

その後、昨年8月には英ポンドでの入出金サービスを開始し、今回大物会計監査顧問を登用したことで​ヨーロッパ市場への進出の下準備を積極的に進めていることが伺える。