イランが今週、仮想通貨で総額1000万ドル相当の輸入の発注を行ったと発表した。
同国は欧米諸国からの経済制裁を受けており、仮想通貨の使用で制裁を回避する可能性がある。

イランが仮想通貨で輸入注文を行う

イランが同国初の仮想通貨での輸入注文をしたと現地メディアのタスニム通信が報じている。
今回の発注は1000万ドル(約13.5億円)相当となっており、イラン貿易振興庁のAlireza Peyman-Pak氏は今後も仮想通貨を使用していくとTwitterで述べている。

今週、1000万ドル相当の仮想通貨での最初の正式な輸入注文が無事に完了しました。
9月末までに、仮想通貨とスマートコントラクトの使用は、対象国との貿易で広まるでしょう。

現在、米国はイランに対して同国の石油や銀行、海運部門を含むすべての輸入禁止など、ほぼ全面的な経済封鎖を課している。
そのため今回の注文はドル中心の世界の金融システムを回避する手段となり、ロシアなど米国の制裁によって同様に制限されている他国との取引を可能にするための第一歩となった。
なお同国は、今回の取引に使用した仮想通貨を明らかにしていない。

イランでは国内でのビットコインのマイニングが認められており、昨年にはマイニング全体の4.5%がイランで行われているとブロックチェーン分析会社Ellipticが発表している。
これは同国の電力が安価であることで中国などのマイニング業者が集まってきているからだと同社は分析している。
また、石油と天然ガスが制裁の対象になっているため、余剰分をマイニングの電力に使用することで効率的に利益を得ることができると指摘している。

この記事を読んだあなたへのおすすめ↓↓↓

トレード戦略や投資の最新情報をサロン内にて配信中!!

>>オンラインサロンの詳細を見る >>Discordから入会する

この記事はFinbold.comの「Iran makes the first-ever import of goods using cryptocurrency worth millions」を参考にして作られています。