コインオタクが2018年最もおすすめする仮想通貨はこちら!!

ノアコインとは

ノアコインとは、2017年に、ノア・ファウンデーションによってプロデュースされたICOコインです。「フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援する」という目標を掲げた、ノア・プロジェクトにかなり出資が集まった状態で、フィリピン政府との関係性が無いのではないかというニュースが流れ、破綻したため注目を集めました。


ノアコインを取り巻く評判

運営の広告塔・泉忠司が有名だった

ノア・プロジェクトに関するページを見ていると、泉忠司という人物の名前が数多く見られます。

彼はこのICOプロジェクトのPRに大きく貢献している主力広告塔のようでしたが、そもそもこの泉忠司さんがかなり怪しい人物であると言っている情報もネット上には数多くありました。

その理由としては、プロジェクト以前に情報商材ビジネスで様々な取引を行なっていたためだと考えられます。

そこで培った集金ノウハウを買われてか、このプロジェクトに参加していました。


そもそも通貨としての将来性に欠けていた

ノアコインは、わかりやすく言うと

「フィリピンは出稼ぎ労働者が多いくせに、国際送金手数量が高過ぎる!そうだ、手数料のほとんどかからない送金用仮想通貨プラットフォームを新しく作ろう!」

という理念で作られました。ノアコインのホームページ曰く、フィリピン人の出稼ぎ労働者の収入の合計は、年間3兆円に及び、その送金にこのコインが使われるようになれば、ビットコインを超える可能性だってある、というものでした。

しかしながら、その送金手段にはビットコインやライトコインだって使えるわけで、わざわざフィリピン人がノアコイン使う必要はないですよね。あえてノアコインを使うメリットなんて、それこそ存在しません。なので、もとから成長性はほとんど無かったと言えるかもしれません。


ノアコインが詐欺と話題を呼んだ経緯

フィリピン大使館の公式な「無関係」宣言

さて、ノアコインの最大の転換点は、これでした。駐日フィリピン大使館の公式ページ(https://tokyo.philembassy.net/…)で以下のようなアナウンスがありました。

要は、「ノアプロジェクトにはフィリピン政府および中央銀行は一切関係ないし、こいつらの登録してる住所に会社なんて無かった。ノアコインに出資してる人たちはだまされないで!」と言っています。

この一件で雲行きが一気に怪しくなります。しかも、この時点で第一弾のプレリリースは既に始まっており、かなりの金額が集まっていました。


提携していたはずの大企業からの「無関係」宣言

ノア・プロジェクトは、ノアコインで集めた金で「ノアシティ」なるリゾート街を作ろうと画策していたようです。それをアピールするために、「自分たちはフィリピン航空とも提携を結んでいる。」とか、「フィリピン政財界の大物、ルシオ・タン氏が協力を申し出てくれた。」などと、泉忠司氏を通して発表を続けていたわけですが、フィリピン航空からも、ルシオ・タン氏からも、「一切ウチとは関係ありません」と突き放されてしまったのです。


事態はとうとう返金騒動へ

そして、事態を重く見たノア・プロジェクトおよびノア・ファウンデーションは、7月4日付けでとうとうプロジェクトの一時停止と延期、そして返金を希望した支援者への返金を開始する事態になってしまいました


ノアコイン事件から学ぶべきこと

ICO未公開事業に投資するリスク

ICO事業とは、仮想通貨のやりとりによって簡単に資金を集めることのできる画期的なビジネスです。

しかし、簡単に行えるようになった分、実際には中身がない、開発を全然行わないという詐欺ICOが横行しているのも非常に問題になっています。ICOに投資して得られた通貨が全く価値を持たなくなるという可能性は十分ありえます。そのため、投資は非常に慎重に行わなければなりません

特に、今回はまだ返金があったぶんマシですが、もしこれで返金もなされなかった場合、一口あたり12万円という大金を費やして手に入れたコインがゴミに化けていた可能性だってあったわけです。


誇大広告は詐欺の臭い

どの領域でも言えることですが、誇大広告は怪しさを判断する一つの基準になります。

論理的な説得力よりインパクトで顧客をひきつけて、取り扱っているものが何かよくわかってないのにわかった気にさせる効果があるのかもしれませんね。


コインオタクでは、詐欺(スキャム)の見分け方について解説しているので、ぜひとも一度読んで欲しいです。

目次スキャム(scam)とは仮想通貨のスキャム手口スキャムの対策スキャムについてのQ&Aスキャムまとめ スキャム(scam)とは スキャムとは詐欺・ペテンを意味します。仮想通貨は誰でも簡単に参入でき、なおかつ匿名性も高いことから、残念ながらスキャムが横行してしまっているのが現状です。そのうえ、手口にもいろいろあり、常にスキャムには警戒しなくてはいけません。 中国ではICO規制が2017年9月に行われましたが、スキャムICOが横行したことがその一因になりました。 仮想通貨のスキャム手口 仮想通貨のスキャムにはどのような種類のものがあるのか、紹介していきます。 スキャムICOコイン これは仮想通貨関連のスキャムでおそらく最も多いパターンです。 前提知識として、ICO(initial coin offering)は事業の発案者がトークンを発行し、上場前に出資者にそれを買ってもらうことによって資金を確保するという出資形態です。 このICOの際に、事業者がもっともらしいことを言っておきながら資金調達後いつまでたっても実行しない、というスキャムがあります。 このときに発行されたICOコイン(トークン)は、その価値を下支えするものが一切ないわけですから、当然価値をもちません。 事業者は資金を丸々持ち逃げ、というわけです。 スキャムICOが横行しすぎると、中国のようにICO全体を規制する法律が発効される可能性もあり、仮想通貨市場全体に悪影響を与える手口と言えます。 ICOとは?仮想通貨を用いた新たな集金方法!参加方法やおすすめ案件を解説!今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。続きを読む   クラウドマイニング クラウドマイニングとは、マイニング業者に金を支払うことで自分の代わりにマイニングしてもらう、というサービスです。 このサービスを行っている業者、詐欺でないところもあることにはあるのですが、マイニング費用だけ掠め取って支払いはゼロ、という手口のスキャムが非常に多いのが現状です。

 

仮想通貨はなにより安全第一を意識しよう!

仮想通貨はまだまだ新興分野です。そのため仮想通貨に関する法律が整っておらず、詐欺ICOや詐欺コインなどを規制する事ができません!

詐欺ICOなのかどうかを見分けるのにはかなりの知識と経験が必要になっているので難しいです。特に仮想通貨初心者や投資初心者、英語が不得意な方はできるだけICOや草コインなどに手を出すのはやめたほうが懸命だと考えます。

一発あてれば億万長者になれるICOは非常に夢がありますがその可能性は低く、逆に詐欺ICOなら自分のお金を失ってしまうことになるでしょう。

安全性の重要度が他の金融商品よりも大切になっている仮想通貨。

もし安全に仮想通貨取引を始めるなら、まずは国内最大の大手仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)で取引してみてはいかがでしょうか。



コインオタクでは東大生が100種類の仮想通貨の運営や普及状況を調べ上げ各通貨を「偏差値」で定量的に評価した通貨分析を有料会員様限定で公開しています。通貨の信頼性を確認したいのであれば一見の価値アリです!

また通貨の変動率も一目で確認できるので価格の変化にもチャンスを逃すことなく対応できます!


6/30までに登録すると1ヶ月無料でお試しいただけます!

CoinOtakuプレミアムを1ヶ月無料でトライアル!


ノアコインについてQ&A

最新状況は?返金は結局どうなったの?

公式ホームページ曰く、返金は9月29日に完了したとされています。ですが、その返金完了のお知らせを最後に、ノアコインの公式は何もアナウンスしていません。


2chでボロクソに叩かれてるけど、その情報をどこまで信用していいの?

今2chでノアコインについて語られるとき、その内容は大別して「ノアコインは結局詐欺だったのか?」ということ、あるいは「泉忠司氏への誹謗中傷」です。前者については、プロジェクト開発者がどれだけ「フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援する」ことに本気だったのかは、今となってはもうわかりません。

しかしながら、詐欺かどうかにかかわらず、信頼を失った今となってはもう成功することは難しいでしょう。

後者については、確かに怪しい部分もあるかもしれませんが、根も葉もない誹謗中傷を真に受けてはいけません。その中から何が正しくて何が正しくないかを判断するのは自分で、投資はあくまでも自己責任です。


ノアコインまとめ

以上、ノアコインについてみてきましたが、これよりももっと大規模な詐欺ICOプロジェクトはいくつも存在しています。

ICOコインといえば、10倍や20倍に大きく価格を上げているイメージを持っているかもしれません(実際にノアコインもそのイメージを利用しようとしていましたのかもしれません)。

しかし、価格と価値は異なります。価値のないものも価格は上がっていき、みんなが飛びついているだけという可能性だってあります。これでは、仮想通貨を利用した詐欺は止まりません。

投資をする際には、よく調べて「価値のある」ものに投資することを心がけましょう

 

みんな読んでる!コインオタク人気記事はこちら!

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?GMOコインは、コインオタクで一番人気の取引所で、国内最大の仮想通貨取引所になる可能性も秘めています!コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!最短1日!GMOコインに無料口座開設!! 目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判!GMOコインのメリット!GMOコインのデメリット!まとめそもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む

 


コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!