「ノアコインって通貨が怪しいってきいたけど、どんな通貨なんだろう?」

そんな疑問を持っていませんか?

そんなあなたのためにこの記事では、詐欺と噂されているノアコインの一連の騒動と現在について解説します


ノアコインの特徴


ノアコイン(NOAH)とは、2017年に40億円以上の資金調達に成功したフィリピンのICOコインです。

「フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援する」という目標を掲げる一方で、返金騒動が起きるなど詐欺コインとの噂も強い仮想通貨です。


ノアコインに似た名前の仮想通貨が複数誕生したため、現在では「ノアアークコイン(NAC)」に名前を変えましたが、以前の名残からいまでもノアコインとも呼ばれることが多いです。


まずはノアコインの特徴を見ていきましょう。

フィリピンの社会問題を解決する仮想通貨

ノアコインはフィリピンの出稼ぎ労働者が安く国際送金を行えるようにすることを目的とした仮想通貨です

フィリピン人の出稼ぎ労働者の収入の合計は年間3兆円に及び、フィリピンのGDPの約10%を占めます。これほど出稼ぎが多い国も稀であり、フィリピンでは国際送金の手数料の緩和が社会問題になっていました


ボーダーレスな仮想通貨の特性を生かし、ノアコインは国際送金を安く・早く行い、フィリピンの出稼ぎ労働者たちの暮らしを楽にすることができるのです。年間で3500億円もの手数料を削減できると言われています。


<ノアコインと銀行による国際送金の比較>

ノアコイン銀行
手数料ほぼ無料約10%
時間数秒数日

ノアシティとノアリゾートの開発を予定

またノアコインは国土開発によるフィリピンの発展も目的としています。

その一環として、フィリピンのルソン島にはアミューズメント施設「ノアシティ」の建設が予定されています。 

東京ドーム8個分の広さを誇るノアシティには、サーキットやカジノ・ホテル、大型ショッピングセンターの建設が予定されています。

ノアシティの建設予定区域

ノアシティの建設予定区域(GoogleMapより)


またミンダナオ島においてもリゾート施設「ノアリゾート」の建設が予定されており、複数のスパ・リゾート施設が誕生する予定です。

中でも「ダガック・ビーチ・リゾート」はフィリピンのセス・フレデリック・ハラショス下院議員がオーナーをやっていることで有名になりました。ディポログ空港から車でわずか30分に位置し、ゴルフ場や遊園地なども用意されるようです。

ダカックビーチリゾート
ダカックビーチリゾート公式より

いずれの施設でもノアコインによる支払いが可能であり、ノアコインで支払いをすると割引がきく仕組みになっています。

配当金が40年間もらえる

ノアコインは通貨を保有しているだけで配当金がもらえるマイニング方式「PoS(プルーフオブステーク)」を採用しています。

初年度には保有量の20%のノアコインがもらえ、その後40年間もの間配当金をもらい続けることができます。配当額は毎年0.86倍に減っていきます。

1年目2年目40年目
20%17.2%0.06%

この配当金を目当てに多くに人がノアコインを注目しブームになりましたが、のちにこの配当金の支払いをめぐり大きな問題へと繋がっていくことになります。

ノアコインのマイニング方式であるPoSについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Proof of Stakeは仮想通貨取引の承認システムの1つです。ビットコインに次いで有名なあのイーサリアムもこのProof of Stakeへ移行することを発表しています。仕組みや長所・短所はもちろん、イーサリアムの移行時期も教えます!

 

ノアコインが詐欺と話題を呼んだ経緯

ノアコインが詐欺と呼ばれる経緯

  • ICOで40億円以上の資金を調達する
  • フィリピン政府が「無関係」宣言
  • ノア財団が返金を行う

 

ICOで40億円以上の資金調達に成功

ノアコインは2017年1月11日から日本・フィリピンを限定にICOを開始しました。

第3期・第4期のプレセールが行われることはありませんでしたが、計40〜80億円の資金調達に成功したと予想されています。200億円以上であるとの報道もありますが、真相は定かではありません。

当初のノアコインのプレセールの予定
当初のノアコインのプレセールの予定


 仮想通貨のICOについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

仮想通貨を調べているとよく出てくる「ICO」というワード。理解したいけど、少し難しそうだな…という印象をお持ちの方が多いと思います。でも大丈夫!これを読み終えたあなたは「ICO」についてしっかりと友達に説明できるようになります!


ノアコインは世界的にはそこまで有名ではなく、この巨額の資金調達のほとんどが日本国内からのものでした。(いまでもネットには英語の情報はほとんどなく、ほぼ全てが日本語で書かれた情報のみです。)

その理由の一つは、アフィリエイターの泉忠司さんが宣伝を行なっていたためです。

泉忠司のプロフィール写真
泉忠司オフィシャルサイトより

ノアコインの中心的広告塔である泉忠司氏は、過去に様々な情報商材の宣伝に関わってきました。泉氏が関わったプロジェクトには、「仮想通貨バイブル」の出版やADAコインの宣伝など、仮想通貨関連のものも多いですが、その度に「怪しい」との噂が流れています。

実際、泉氏が宣伝していたものには「詐欺まがい」と言われるものが多く、ノアコインも泉氏を知っている人からすれば当初から怪しいものでした


ノアコイン以外にも泉氏が宣伝に関わっていた仮想通貨「ADAコイン」についてはこちらをご覧ください。

ICO時から大きな注目を集めているADAコイン(エイダコイン)が、ここ数日大きな伸びを見せています!詐欺だと噂されたコインがなぜ今買われているのか、そして今後の展望はどうなのか、コインオタクが考察します!

 

 

フィリピン大使館の公式な「無関係」宣言

当初ノアコインは「フィリピン政府の国家プロジェクト」であることを謳い文句に宣伝がなされていたため、フィリピン大使館にノアコインに関する問い合わせが殺到しました。

そこでフィリピン大使館はフィリピン中央銀行と証券取引委員会に対し調査をおこない、2017年3月にノアコインがフィリピン政府が無関係であることを明らかにしました

フィリピン大使館の公式声明
フィリピン大使館の公式HPより


このアナウンスでは、

  • ノアコインとフィリピン政府はまったくの無関係であること
  • ノアコインのICOは政府の認可を受けていないこと
  • 登録されている住所に会社が存在していないこと

が指摘されました。


多くの人がノアコインを「フィリピン政府が運営する仮想通貨」であると誤解していましたし、誤解されるような言い方でノアコインが宣伝されていたのは確かです。

すでにプレセールが進み巨額の資金が集まっていた状態でのフィリピン政府の宣言により、ノアコインの雲行きは一気に怪しくなります


事態はとうとう返金騒動へ

過剰な広告に対しフィリピン政府から警告を受けたノア財団は、2017年7月4日付けでプロジェクトの一時停止と延期を決定しました。
さらに、ノアコインの事前予約券を購入していた人全員を対象に、希望者には全額返金を開始する事態になってしまいました。
返金は7月10日から60日間行われ、返金を希望した人は再びプレセールに参加することはできないとのことでした。

泉忠司氏も自身の広報活動についてメールで謝罪文を発表し、事態は一応の収束を迎えます。

ノアコインの現在

価格は大暴落

ノアコインのチャート
NOAH/JPYのチャート

この一件をきっかけに「詐欺事件」との認識が強まったノアコインは、上場後に急激に価格を下げました。プレセールでは1ドルで販売されていたノアコインですが、いまでは 0.0004ドルにまで値を落としています。


ノアシティの建設は未定

トークンセールは一時中断しましたが、泉氏の発表によれば、ノアシティはロビー・アントニオ氏という世界的にも著名な経営者率いる大企業が開発を続けるとのことでした。しかしいまのところ目立った進捗は確認できていません

ノアリゾートは2017年から開発が進んでおり、「ダガック・ビーチ・リゾート」にはすでに宿泊が可能になっています。

ダガック・ビーチ・リゾートの一室

複数取引所で購入可能

ノアコインは現在、HitBTCYobitをはじめとする複数の海外取引所で購入可能です。
ただ国内取引所での取り扱いはないため、
「国内取引所でビットコインを購入⇨海外取引所にビットコインを送金する⇨海外取引所でノアコインを購入する」
の手順をとらなければなりません。

hitbtcのバナー

HitBTCでノアコインを購入する

HitBTCはICO直後の仮想通貨を多く上場しているので、ICO投資を考えている人は必ず知っておくべき取引所だと思います。またビットコインのハードフォークに一早く対応しているので、貰ったコインをすぐ売りたい人なども知っておくべき取引所です。

 

投資は自己責任でお願いいたします。


Nippon Payと提携済み

ノア財団は2017年6月に日本の決済サービス「Nippon Pay」との提携を発表しました。
Nippon PayはAmazon PayやAliPay、WeChatPayなどを一つのアプリ内で利用できるサービスを提供しており、大手飲食チェーン「和民」などで導入されています

もしノアコインがNippon Payで実際に利用できるようになればノアコインの実用性が広がりますが、現時点では目立った進捗はありません


ノアコイン事件から学ぶべきこと

ICO未公開事業に投資するリスク

ICO事業は、仮想通貨のやりとりによって簡単に資金を集めることのできる画期的なビジネスです。

しかし、簡単に行えるようになった分、実際には中身がない、開発を全然行わないという詐欺ICOが横行しているのも非常に問題になっています。ICOに投資して得られた通貨が全く価値を持たなくなるという可能性は十分ありえます。そのため、投資は非常に慎重に行わなければなりません

特に、今回はまだ返金があったぶんマシですが、もしこれで返金もなされなかった場合、一口あたり12万円という大金を費やして手に入れたコインがゴミに化けていた可能性だってあったわけです。


誇大広告は詐欺の臭い

どの領域でも言えることですが、誇大広告は怪しさを判断する一つの基準になります。

論理的な説得力よりインパクトで顧客をひきつけて、取り扱っているものが何かよくわかってないのにわかった気にさせる効果があるのかもしれませんね。


コインオタクでは、詐欺(スキャム)の見分け方について解説しているので、ぜひとも一度読んで欲しいです。

目次スキャム(scam)とは仮想通貨のスキャム手口スキャムの対策スキャムについてのQ&Aスキャムまとめ スキャム(scam)とは スキャムとは詐欺・ペテンを意味します。仮想通貨は誰でも簡単に参入でき、なおかつ匿名性も高いことから、残念ながらスキャムが横行してしまっているのが現状です。そのうえ、手口にもいろいろあり、常にスキャムには警戒しなくてはいけません。 中国ではICO規制が2017年9月に行われましたが、スキャムICOが横行したことがその一因になりました。 仮想通貨のスキャム手口 仮想通貨のスキャムにはどのような種類のものがあるのか、紹介していきます。 スキャムICOコイン これは仮想通貨関連のスキャムでおそらく最も多いパターンです。 前提知識として、ICO(initial coin offering)は事業の発案者がトークンを発行し、上場前に出資者にそれを買ってもらうことによって資金を確保するという出資形態です。 このICOの際に、事業者がもっともらしいことを言っておきながら資金調達後いつまでたっても実行しない、というスキャムがあります。 このときに発行されたICOコイン(トークン)は、その価値を下支えするものが一切ないわけですから、当然価値をもちません。 事業者は資金を丸々持ち逃げ、というわけです。 スキャムICOが横行しすぎると、中国のようにICO全体を規制する法律が発効される可能性もあり、仮想通貨市場全体に悪影響を与える手口と言えます。 ICOとは?仮想通貨を用いた新たな集金方法!参加方法やおすすめ案件を解説!今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。続きを読む   クラウドマイニング クラウドマイニングとは、マイニング業者に金を支払うことで自分の代わりにマイニングしてもらう、というサービスです。 このサービスを行っている業者、詐欺でないところもあることにはあるのですが、マイニング費用だけ掠め取って支払いはゼロ、という手口のスキャムが非常に多いのが現状です。

 


仮想通貨はなにより安全第一を意識しよう!

仮想通貨はまだまだ新興分野です。法律が十分に整っておらず、詐欺ICOや詐欺コインなどが横行しているのが現状です。

詐欺ICOなのかどうかを見分けるのには、かなりの知識と経験が必要になっているので難しいです。

特に仮想通貨初心者はできるだけICOや草コインなどに手を出さず、ビットコインから始めるべきです

GMOコインのバナー

GMOコインでビットコインを始める!

<合わせて読みたい記事>

仮想通貨ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない…そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそく仮想通貨取引を始めてみよう!


仮想通貨の始め方がわからない!そんな悩みを解決すべく、仮想通貨の始め方を東大生が初心者向けに解説します!この記事では初心者が必要な知識を紹介するだけでなくトレードにおいて必要な考え方まで説明します!

 

またコインオタクでは東大生が100種類の仮想通貨の運営や普及状況を調べ上げ各通貨を「偏差値」で定量的に評価した通貨分析を有料会員様限定で公開しています。通貨の信頼性を確認したいのであれば一見の価値アリです!

また通貨の変動率も一目で確認できるので価格の変化にもチャンスを逃すことなく対応できます!


今なら1ヶ月無料でお試しいただけます!

CoinOtakuプレミアムを1ヶ月無料でトライアル!


ノアコインについてQ&A

最新状況は?返金は結局どうなったの?

公式ホームページ曰く、返金は9月29日に完了したとされています。ですが、その返金完了のお知らせを最後に、ノアコインの公式は何もアナウンスしていません。


2chでボロクソに叩かれてるけど、その情報をどこまで信用していいの?

今2chでノアコインについて語られるとき、その内容は大別して「ノアコインは結局詐欺だったのか?」ということ、あるいは「泉忠司氏への誹謗中傷」です。前者については、プロジェクト開発者がどれだけ「フィリピンの社会問題を解決して、経済成長を支援する」ことに本気だったのかは、今となってはもうわかりません。

しかしながら、詐欺かどうかにかかわらず、信頼を失った今となってはもう成功することは難しいでしょう。

後者については、確かに怪しい部分もあるかもしれませんが、根も葉もない誹謗中傷を真に受けてはいけません。その中から何が正しくて何が正しくないかを判断するのは自分で、投資はあくまでも自己責任です。


ノアコイン まとめ

以上、ノアコインについて説明しました。

ノアコインのまとめ

  • ノアコインは40億円以上を調達した詐欺コイン
  • サービスはほぼ停止状態
  • 現在でも海外取引所で購入可能
  • 仮想通貨ICOには注意が必要!

 

ノアコインは詐欺コインとの評価が強いですが、これよりももっと大規模な詐欺ICOプロジェクトはいくつも存在しています。

ICOコインといえば、10倍や20倍に大きく価格を上げているイメージを持っているかもしれません(実際にノアコインもそのイメージを利用しようとしていましたのかもしれません)。

しかし、価格と価値は異なります。価値のないものも価格は上がっていき、みんなが飛びついているだけという可能性だってあります。これでは、仮想通貨を利用した詐欺は止まりません。

投資をする際には、よく調べて「価値のある」ものに投資することを心がけましょう


コインオタクでは将来性の高い仮想通貨を東大生が独自に評価した記事も書いています。ぜひご覧ください。

2018年のオススメ仮想通貨を東大生が厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄を紹介します。