マスターノードについてあなたはどのくらい知っていますか?

「名前くらいは聞いたことはあるけど、やり方が面倒そう・・・」

「儲かるっていう話を聞くけど、実際そんなに儲かるの?

このような方が多いのではないのでしょうか。

この記事ではマスターノードの意味から実際に建てる方法までわかりやすく解説します

さらにマスターノードを建てるメリットやデメリット、あなたに向いているかどうかもわかるように書いているので、マスターノードに少しでも興味がある人のあらゆる疑問を解決します!


マスターノードとは?

マスターノードの意味

まずノードの意味から説明します。ここではビットコインを例にとります。

ノードとはビットコインのネットワークに参加しているあらゆる端末のことを指します。全てのノードは基本的に平等ですが、ビットコインが成立するためには全てのブロックチェーンの記録を持つノードや、取引の承認をするノードが必要となります。

取引の承認、つまりマイニングをすることで報酬がもらえることは皆さんもご存知でしょう。有志によるマイニングとマイナーへの報酬によりブロックチェーンは成り立っています

次にマスターノードの説明です。ここではDASHコインを例にとります。

DASHコインの承認作業はマスターノードだけが行い、マスターノードを運営することで報酬がもらえます。ビットコインの承認作業がたくさんのノードが競い合って行われているのに対し、DASHコインの承認作業はランダムに選ばれたマスターノードにより行われています。あらかじめ承認作業をするノードが決まっているため、承認スピードが格段に早いのです!

ただしマスターノードになるには一定枚数以上のコインを持っていることとPCを24時間起動させておくという条件があり、これはマスターノードが正しく機能するために必要なことなのです。

マイニングやハーベストとの比較は?

マスターノードとマイニングの他に、NEMのハーベストもよく似た仕組みですね。

NEMはPoI(Proof-of-Importance)というアルゴリズムを採用しており、ユーザーの重要度がNEMの保有量や取引頻度などから決まり、ハーベストとはこの重要度が高いほど報酬がもらえるという仕組みです。

ただし、NEMにもスーパーノードというマスターノードとほぼ同じ仕組みも存在します。

それではマイニング、マスターノード、ハーベストを比較したいと思います。

取引承認方法マイニング(BTC) マスターノード(DASH)ハーベスト(NEM)
承認スピード10分4秒1分
必要コインコインは必要なし!かなり多くのコインが必要
(DASHでは1,000枚、約3,000万円)
少額のコイン
(NEMでは10,000枚、約40万円)
必要機材マイニング用の高性能コンピュータ
一般的なPC(24時間起動)一般的なPC
(Nano Walletをインストール)

 マスターノードに必要なコインが多すぎる!と思った方も多いでしょうがご安心ください。

現在10万円以下でマスターノードを建てられる通貨もありますので後で詳細をお伝えします!

はじめに資金さえ用意できれば特別なコンピュータも必要なく、PCを起動させておくだけで報酬が得られるのでとても楽ですね

マイニングやハーベストについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください。

「マイニングをやると仮想通貨がもらえるらしいけど、どういうものなのか分からないし、始め方もよく分からない…」そうお悩みではありませんか?実は、マイニングはそんなに難しいことじゃなく、しかも簡単にいつでも始められるものなんです!仮想通貨に精通したコインオタクが、マイニングの仕組みだけでなく、マイニングのやり方3種類を紹介します。そして、マイニングに似た、とても手軽でしかも儲かりやすいフォージングというものまで紹介しちゃいます!この記事を読めば、明日からあなたもマイニングマスターです!この記事を読むと分かること仮想通貨のマイニングの仕組みと役割マイニングのやり方3手法マイニングに必要なもの・費用マイニングにおすすめの仮想通貨マイニングより手軽で儲けやすいフォージング 目次そもそも仮想通貨・ビットコインとは?仮想通貨・ビットコインを手に入れる方法マイニングとは?ビットコインのマイニングの仕組みを詳しく!マイニングのやり方には3種類ある!一番お手軽なのはクラウドマイニング!クラウドマイニングのおすすめサイト!みんなで協力!プールマイニング!おすすめのマイニングプール3選!報酬は独り占め!ソロマイニング!CPUマイニングにオススメの通貨マイニングに必要なものは?費用は?ハッシュレート(Hashrate)とディフィカルティ(Difficulty)マイニングに関わるコンセンサスアルゴリズムとは持ってるだけでマイニング!?PoSのフォージング(Forging)フォージングのおすすめ仮想通貨は?LISKのフォージングのやり方!マイニングに関するQ&Aまとめそもそも仮想通貨・ビットコインとは?仮想通貨とは、ブロックチェーンや電子署名のような暗号技術の上に成り立つ、国家による価値の保証のない電子的な通貨のことを指します。仮想通貨として初めて登場したのがビットコインであり、ビットコインは様々な仮想通貨を購入する際の基軸通貨として使われています。仮想通貨・ビットコインについての詳しい記事はこちら↓ 仮想通貨とは?初心者向けに話題のビットコインなどを分かりやすく解説!仮想通貨やビットコインって最近よく耳にするけど、実際どういうものなのか分からないし、なんだか危なそうですよね…

 

目次そもそもNEMとは【NEMのハーベスト(収穫)とは】マイニングとどう違う?【ハーベストのやり方 】実際にハーベストをしてみよう!【ハーベストの実績】結果的にどのくらい儲かるの?【ハーベストのしくみ】XEMはどのように分配されてるの?ハーベストのデメリットNEMのハーベストに関するQ&Aまとめ そもそもNEMとは NEM(ネム)とは、New(新しい)Economy(経済の) Movement(動き)の略称です。NEMは2014年にスタートしたプロジェクトで、基軸通貨としてXEM(ゼム)を用い、独自のブロックチェーンを仮想通貨だけでなく様々な事に活用しようとしています。まさにその名の通り「新たなムーブメント」を起こそうとしているのでしょう。 NEMは、ハーベスト(ハーベスティング)という独自のブロックチェーン承認過程を採用していることでも話題となっています。では今回はその「ハーベスト」について詳しく見ていきましょう! NEMのホームページはこちら 「まずNEMって何?」という方はこちらの記事をご覧ください。 NEM/XEMとはどんな仮想通貨なのか?チャート・将来性や仕組みを解説!NEMは、ブロックチェーン技術を利用した様々なサービスを提供する革新的なプラットフォームです。この先にカタパルトという大型のアップデートも控えCOMSAとの連携もあるため、将来性も抜群です。PoI、ハーベストなどの仕組みも詳しく解説します!続きを読む 【NEMのハーベスト(収穫)とは】マイニングとどう違う? NEMのハーベスト(収穫)とは、NEMのブロックチェーン上で行われた取引を承認する作業です。約1分に1回行われ、ハーベストをした人には報酬が与えられます。 ここまで聞くと、じゃあビットコインとかのマイニング(採掘)と同じってこと?という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、ハーベスティングとマイニングは根本的に違うしくみです! マイニングでは、Proof of Work(POW)という、採掘をした人に対して報酬が与えられるしくみが用いられ、実際に報酬をもらう(掘り当てる)ためには相当ハイスペックなコンピューターやそれを動かすための膨大な資金、電力が必要となります。 それに対してハーベストはProof of

 

報酬は実際どれくらいもらえるの?

一番気になるのは実際どのくらいの報酬がもらえるの?ってことですよね。

これはマスターノードを建てる通貨にもよりますし、報酬として得られる通貨の価値も変動するため一概には言えませんが、実際にマスターノードを建てている人の意見を見てみると毎月10%前後の報酬が得られる場合が多いようです。これは不労所得の利率としてはかなり高いと言えますね!

価格変動のリスクはありますが、マスターノードを建てるのに十分な資産がある人にはとても魅力的な報酬だと思います。


マスターノードは誰でも建てられる?メリットやデメリットは?

何もしなくても報酬が得られる

最大のメリットは何もせずとも報酬が得られる点につきます!

特別高性能なコンピュータなども不要で、条件のコインを購入できる資金さえあれば誰でもマスターノードが建てられます

急激な価格の変動を考慮しない場合ですが、PCをつけておくだけで毎月10%程度の報酬が得られるのはかなり魅力的ですね。

初期費用と電気代がかかる

マスターノードを建てる上でかかるコストは2種類あります。

1つ目は必要コインを買う資金です。マスターノードを建てている間は自由にそのコインを取引に使ったり出金したりすることができないので、マスターノードを建てるのに必要な資金以上にゆとりを持った資産が必要となります。

2つ目はPCを起動させておくのに必要な電気代です。これはPCのスペックなどにもよりますが、長期間PCを充電し続けるとかなりの電気代がかかることは当然ですよね。

得するとは限らない

マスターノードを建てると確実にコインの枚数は増えます。しかしコインの価値がそのままとは限りません

例えば1DASHが40,000円の時に1,000DASHを4,000万円で購入したとします。

マスターノードを建て、1,000DASHが1,200DASHになりました。

この時1DASHが30,000円になっていると、1,200DASH=3,600万円しか返ってきません

このようにマスターノードを建てたからといって確実に得をするとは限らないのです。

投資と同じように、しっかりと通貨について調べてから購入することが大切ですね。

DASHだけじゃない!マスターノードが建てられる通貨一覧

マスターノードを建てられる通貨はDASH以外にもたくさんあります。

以下にマスターノードを建てられる通貨のうちオススメの通貨を厳選してまとめました!

参考までにMasterNodes.pro​でマスターノードを建てられる通貨と利率の一覧を見ることができます。

ロゴ通貨名(通貨単位)必要通貨(日本円)
Dash(DASH)1000DASH(約3,000万円)

Trigger(TRIG)
1500TRIG(約60,000円)
Monoeci(XMCC)1000XMCC(約15,000円)
PACCoin($PAC​​)500,000$PAC​(約250,000円)
ChainCoin(CHC)1000CHC(約10,000円)


マスターノードを建てるのにオススメの通貨!


ここではマスターノード初心者にオススメできる通貨を紹介します!

安く始められる」「報酬が多く得られる」「発行元が信頼できる」の3点に絞って厳選し、ご紹介させていただきます!

Trigger(TRIG)

Trigger(TRIG)は、マスターノードを建てられる通貨で有名かつオススメのコインです。スマートガンの管理のために開発された通貨ですね。

スマートガンの普及によっては今後価値が上がっていく可能性があるので要チェックです!

1500TRIG、現在約6万円でマスターノードを建てることができます!DASHの3000万円と比べると非常に安く始められますね。

報酬はAMMOという通貨で受け取ることができ、ひと月に保有TRIGの25%のAMMOを受け取ることができます。

AMMOの価値はTRIGの約25%(固定だったが変動するようになった)なので、毎月約6%を報酬として受け取ることができます。

例えば6万円でマスターノードを建てたとすると、月に約4000円、年間で4万円以上の報酬が得られます(価格変動は考慮していません)

年率約75%の利益が得られるので、DASHとAMMOの価格が安定している限り安定した報酬が得られるので非常にオススメです!

Trigger(TRIG)という通貨について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

目次Triggers(トリガー)とは?TRIGのチャート分析!相場から見る最新価格推移NASAも注目!?TRIGの問題点と今後の将来性TRIGの仕組みTRIGのメリットは?TRIGのデメリットは?TRIGの購入にオススメの取引所紹介!TRIGの保管用ウォレットの紹介!TRIGについてのQ&ATRIGまとめ Triggers(トリガー)とは? Triggersとは、Block Allianceが開発している、スマートガンのコントロールのために開発された仮想通貨です。CounterPartyトークンの一種として開発されています。 仮想通貨市場では、将来性があるにもかかわらず安価な仮想通貨、いわゆる草コインの一種として仮想通貨投資家たちの注目を集めています。 TRIGのチャート分析!相場から見る最新価格推移 (2017年8月9日~2018年1月10日) burn情報の流布による急騰(2017年9月) 長いあいだほぼ無価値な草コインという立ち位置に甘んじていましたが、2017年9月に全流通Triggerの70%がBurn(破棄)されるというニュースが流れ、それまでの二倍程度まで値段が高騰しました。 草コインブームで高騰 そして12月、この時期にはverge高騰を皮切りに空前絶後の草コインブームが起こり、一気に高騰しました。さらにそれにあわせてBinanceに上場!このあわせ技でTRIGは今までにないほど高騰したのです。 しかし、その高騰も年が明けて間もない2018年1月6日、TRIGはBittrexから上場廃止を宣告され、これによって一気に半分ほどに価格が落ち込みました。 TRIGの将来性と問題点 アメリカ政府の対応に左右される可能性が高い Triggersの一番のターゲットになるのはやはり巨大な銃社会、アメリカ合衆国でしょう。ですから、アメリカ政府の銃規制やスマートガンに対する発言によって価格が上下する可能性があります。もちろん、スマートガンにポジティブな声明を出せばTriggersへの投資は集中するでしょうが、現行のトランプ政権は銃規制に否定的であるため、スマートガンにポジティブな可能性は低いでしょう。 マーケティングが上手で先行きに期待できる

Monoeci(XMCC)​

​Monoeci(XMCC)​はモナコで使用されることを目的としたコインです。取引資産としてではなくモナコでの日常生活の支払いに用いられることを目指し、モナコ公国と信頼を築きサポートを受けています

1000XMCC、約15,000円でマスターノードを建てることができます!年間利率は約40%です。

現在Monoeci​の価値は低いですが、将来的に価格の安定を目指しているので今のうちに購入しておくといずれ安定した収入が得られるようになるかもしれません!

まとめ

マスターノードについてのまとめ

  • 誰でも不労所得が得られる!
  • 通貨そのものの価格変動に注意!
  • 安くて信頼できるTRIGがおすすめ!

 マスターノードの利益率は非常に高く、放置しているだけでいいので初期費用が用意できる方にはおすすめです!

ただし、通貨の価格変動によっては損する場合もあるのでしっかりと通貨についてリサーチしてからマスターノードを建てるようにしましょう!