「ビットコインの投資に興味あるけど、もう流行りって終わったのかな…」

そうお考えではありませんか?

結論から言うと、決して終わっていません!成長が期待できるのはこれから!

ビットコインの仕組みや将来性を知れば、その可能性に期待が膨らむこと間違いなしです!

 

この記事では、ビットコインの仕組みや特徴、ビットコイン投資の始め方、おすすめ取引所、ビットコイン投資のメリットとデメリットなどをコインパートナーが丁寧にご紹介します。

これを読めばビットコイン」って名前だけを知っている方でも、ビットコイン投資を始めるにあたって、広く十分な知識が身につきます!

ビットコイン投資を
ざっくり説明すると....

  • ビットコイン投資は、今すぐ始めるべき
  • 希少価値が上昇し、儲かる可能性が高い
  • ビットコインを購入するには取引所への登録が必須!
暗号資産(仮想通貨)の始め方

ビットコインへの投資はわずか3ステップで簡単に始められます。

コインチェックのバナー

最も人気の取引所は、初心者満足度1位のコインチェックです。

取引手数料は完全無料で、業界No.1の信頼性を誇ります。

ビットコイン投資やるなら

コインチェックの詳細を見る
 
前提知識

ビットコイン投資は少額で今すぐ始めるべき!

ビットコイン投資始めるなら今

結論からいうと、ビットコイン投資は「今すぐ、少額で、始めるべき」です。

始めから100万円!というわけではありません。将来性を考えて、少額でもいいので持っておくことを強くオススメします。

 

どうして今始めるべきなのか

どうして少額だけであるべきなのか

それぞれ分けて説明します。

楽天・スタバなど超大手企業の参入で値上がりに期待!

「どうして今始めるべきなのか」を説明します。

 

ビットコインが上がると言っている人がいくら多くても、信じられないと思います。

価値が上がるためには、使う人・欲しい人が増えなければいけません。この時重要な要素となるのが、大手企業の参入です。

その将来性を買って多くの世界的企業・国内大企業が参入を発表しています

ほんの少し例を挙げてみます。

  • 楽天・・・楽天カード株式会社を通じて、国内取引所「みんなのビットコイン」を買収。
  • スターバックス・・・2020年内にビットコイン決済を導入予定。
  • 三菱UFJ銀行・・・「MUFGコイン」の導入。暗号資産(仮想通貨)取引所「コインベース」と提携。
  • LINE・・・取引所「BITBOX」「BITMAX」を開始し、独自通貨「LINK」を発行すると発表。

これは私たちにとって身近な企業の例ですが、この他にも世界中の企業が次々参入しています。

バブルと言われた高騰から暴落してしばらく経った今でも、参入を表明する企業はどんどん増えています。

こうした大企業が参入してくることは長期的に価値を上昇させる大きな要因となるはずです!

取引所には早めに登録しておくべし

ところが実は、ビットコイン投資の口座の開設と取引開始には、長くて1ヶ月程度の時間がかかります。

『価格が上がり始めた!』→『口座登録してみよう!』→1ヶ月後...→『もう値段落ち着いちゃってる・・・』なんてことはもったいない!

 

投資では、大多数の意見に流されずに、常に反対の局面を想像していることが大切です。

熱が冷めて人が引いていく中、自分だけが勝つためにはどうすればよいでしょうか?

ビットコインの可能性を知ったこの時点で、ビットコイン投資は今すぐ始めるべきと判断します。

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!

高額投資をするには大きすぎる暴落リスク

「どうして少額だけであるべきなのか」を説明します。

前項の様に、価格の将来的な上昇が見込めるとは言っても、現在から短期的にみると、価格はずるずると落ちてきています。

いつ急上昇してもおかしくないのと同様に、いつ暴落してもおかしくありません。

現時点で、大きな金額でどさっと買うことは危険と言わざるを得ません。

始めたばかりの頃は、1000円程度の投資額でチャレンジするのが安全でしょう。

そして、徐々にビットコインの相場に慣れ、ビットコインへの興味・関心を深めていったら、少しずつ資金を増やしていくというやり方がおすすめです。

500円から購入できる取引所

暗号資産(仮想通貨)投資はいくらから始められるか知っていますか?実は、1000円からでも始めることができます!コインパートナーは、暗号資産(仮想通貨)投資を始める上で損をしないポイントを解説していきます。ぜひ本記事を通して、安全に取引を開始していきませんか?
 
ビットコイン投資の始め方1

ビットコイン投資の始め方・購入方法

取引所への登録自体にお金は一切かかりません!

ですので、とりあえず登録しておくという気持ちでも全然問題ありません。

 

今回は、初心者でも簡単に取引することのできる【コインチェック】を例に、説明します。

ビットコイン投資始めるなら

取引所に登録

1. コインチェックのホームページを開く

2. 画面中央にメールアドレスとパスワードを入力し、「新規登録」をクリックする

3. 電話番号を入力し、SMS認証する

4. 氏名性別生年月日住所目的などの基本情報を入力する

5. 本人確認書類を入力する

6. ハガキを受け取る

これでコインチェックの登録は完了です!

ビットコイン投資始めるなら

コインチェックの登録はこちら

コインチェックの登録方法についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

Coincheck(コインチェック)の登録方法を画像付きで詳しく解説しています。すぐに取引が開始できるよう、セキュリティを飛躍的にアップさせる二段階認証の登録方法や日本円の入金方法なども解説しています。

日本円を入金

1. 左のメニューの「日本円を入金する」をクリックする

2. 指定された銀行口座に銀行から振り込む

これでコインチェックへの入金は完了です!

コインチェックの入金トラブルの解決法についてはこちらの記事もチェック!↓

コインチェックの入金の仕方がわからないそこのあなた!コインパートナーが入金の選択肢をお教えします!銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ振り込み・クイック入金のそれぞれの特徴とおすすめの方法を紹介しています。

ビットコインを購入

1. 左のメニューの「コインを買う」をクリックする

2. ①で銘柄で「BTC」を選択する

3. ②で数量を入力する

4. 「購入する」をクリックする

これでコインチェックの販売所でのビットコインの購入は完了です!

 
ビットコイン投資の始め方2

ビットコイン投資のおすすめ取引所3選

ビットコイン投資始めるならココ!

ビットコインを購入できる取引所はコインチェックだけではありません。

手数料・使い勝手・セキュリティなど様々な要素があり、取引所選びはビットコイン取引をする上で極めて重要です。

信頼のおける国内取引所の中でも、コインパートナーがおすすめする厳選3つの取引所を紹介します!

コインチェック

coincheck

コインチェック」は、2012年設立の超老舗の取引所です。

暗号資産(仮想通貨)に不安を抱く初心者からの人気が最も高いことで有名です。

その証拠に、当サイトの取引所ランキング5項目で1位を独占!

取引手数料が無料で損しにくいことや、ハッキング事件後セキュリティが大幅強化されたのも嬉しいポイント。

また、国内最多の12通貨を取引できることも大きなメリットです。

リップルなどアルトコイン取引でがっつり稼ぐ上級者にも人気がある理由です。

コインチェックは
こんな人におすすめ

  • これからビットコイン投資を始める人
  • 信頼できる取引所で早く慣れたい人

おすすめ取引所No.1

コインチェックの特徴や評判を知りたい人はこちらをご覧ください。

コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、FX事業で国内No.1の人気を誇るDMM.comが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

入金手数料・出金手数料・取引手数料が全て無料となっています。

DMM Bitcoinでは特にレバレッジ取引の人気が高く、ビットコインをはじめとする全9種の通貨を使ってレバレッジ取引をすることができます。

DMM Bitcoinは
こんな人におすすめ!

  • 暗号資産(仮想通貨)歴3ヶ月以上の人
  • レバレッジ取引でガッツリ稼ぎたい人

DMM Bitcoinで
ビットコイン投資を始める

DMM Bitcoinの評判を知りたい方はこちらをご覧ください。

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

GMOコイン

暗号資産(仮想通貨) 始め方

GMOコイン」は東証一部上場の超大手グループのGMOインターネットが運営する国内最大規模の取引所です。

基本的な手数料が全て無料セキュリティが非常に強いことで有名です。

スマホアプリの「ビットレ君」は非常に使いやすく、初心者から上級者まで数多くの暗号資産(仮想通貨)トレーダーから人気を集めています。

GMOコインは
こんな人におすすめ!

  • スマホ一台で取引を完結させたい人
  • 暗号資産(仮想通貨)FXにも手を出してみたい人

GMOコインの評判や、メリットデメリットについてはこちらをご覧ください。

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に参考にしてください。

そのほかにも日本だけでも約20社、世界では100社以上の取引所が存在し、それぞれ異なった特徴を持っています。

コインパートナーが23社もの取引所を調べ上げそれぞれの特徴を詳しく紹介している記事はこちら。

初心者にとって暗号資産(仮想通貨)投資の第一歩は取引所で口座を開設すること。どこの取引所で投資を始めるか迷うあなたのために、おすすめポイントを比較しました。あなたにぴったりな暗号資産(仮想通貨)取引所がきっと見つかります。
 
基礎知識1

ビットコインとは?3分で簡単解説!

「ビットコイン、話題になってたから知ってるんだけど、結局何なの?」という方のために、3分で読める簡単解説をします。

ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の王様

ビットコイン ロゴ

ビットコインは、世界で最初につくられた暗号資産(仮想通貨)です。ビットコインを皮切りに、数えきれないほど暗号資産(仮想通貨)はつくられました。

時価総額100億円越えのものだけでも400種近くあり、いかに暗号資産(仮想通貨)に世界中のお金が集まっているか分かります。

そんな中で、時価総額1位である暗号資産(仮想通貨)の王が、ビットコインです。

ビットコインの仕組み

ビットコインが信頼されるために使用されている技術を「ブロックチェーン」といいます。

簡単にいうと、「みんなで更新・保存する台帳」です。みんなで管理でき、さらに改ざんなどの不正の可能性をできる限り低くしています。

 

また、ビットコインは時間に合わせて新規発行されています。

「マイニング」という誰もが参加できる取引承認作業が行われたときに新規発行されます。これは金鉱脈を掘るようなものです。

ブロックチェーンやマイニングなど、平等で透明性の高い技術を噛み合わせて、全員にとって平等で信頼できる通貨を管理できるようにしています。

ブロックチェーンやマイニングの詳しい解説が気になる方は以下の記事をご覧ください。

ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)を支える肝となっている技術です。ブロックチェーン自体の仕組みはとてもシンプルです。この記事では、ブロックチェーンの仕組みや種類、メリット・デメリットについて解説していきます!

電子マネーとの違い

暗号資産(仮想通貨)について人に説明するとよく、「電子マネーと何が違うの?」と聞かれます。

全く違います!!

 

電子マネーはあくまで、法定通貨の別の形に過ぎません。

例えば、PASMOの中の5000円相当のポイントは、日本円が使える場で日本円の代わりに使えるだけです。

実際、残高を確認しても「◯◯円」と表示されます。また、日本円に戻すことが基本的にできません。

 

しかし、ビットコインの場合、円に全く依存せずに新たな価値を持つことになります。

ビットコインの場合、「購入」ではなく「交換」です。残高を確認すると「◯◯BTC」と別の単位で表されます。また再び日本円と交換することができます。

電子マネーとは全く異なり、新しい通貨であるからこそ、投資対象となるのです。

ビットコインを購入してみる
(コインチェック公式)
 
基礎知識2

ビットコイン投資の特徴

「ビットコインの投資についてもっともっと知ってから判断したい!」という方のために、法定通貨とビットコインを比較して、投資対象としてどこが特徴的で、何が優れているのかを解説します。

ビットコイン投資の3つの特徴

  • 値動きが非常に大きい
  • 送金が早い
  • 送金手数料が安い

値動きが非常に大きい

ビットコイン投資の最大の特徴はその値動きの大きさです。

これは優れていると断定することはできませんが、ビットコイン投資が盛り上がった最大の理由です。

 

値動きが大きいことを「ボラティリティが大きい」といいます。(ボラティリティ=価値変動の激しさの指標)

ビットコインを始めとした暗号資産(仮想通貨)は、法定通貨と比べてボラティリティが非常に大きく、ハイリスクハイリターンの投資対象として注目されました。

今も法定通貨と比べるとボラティリティは非常に大きく、上手く投資すれば莫大な利益を上げることができます!

暗号資産(仮想通貨)のボラティリティについて詳しくはコチラ↓

株やFX,暗号資産(仮想通貨)の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインパートナーがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

送金が早い

2つ目の特徴は、その送金の速さです。

国内で考えると、あまりその送金の速さは意識されません。特徴的なのは海外への送金速度です。

日本円を海外に送金しようとすると、日本の銀行・海外の銀行を介すため、非常に時間と手間がかかります。そのため、短くとも1日程度時間がかかります。

 

ビットコインの場合、ひとつのネットワーク上で取引が完結するため、仲介を挟む必要がなく、一瞬で送金することができます

手数料が安い

3つ目の特徴は、手数料の安さです。

法定通貨の送金手数料は、その仲介となる企業によって定められます。いわば言い値状態です。

 

ビットコインは違います。

直接の送金の場合は自分で設定でき、手数料を無料にすることさえできます

取引所を介した場合は手数料は取られますが、その場合も法定通貨と比べると極めて少額です。

ビットコインの手数料って高いの?安いの?コインチェックやビットフライヤーなどの各取引所の手数料一覧や手数料無料の取引所解説に加え、手数料の仕組みからマイナス手数料、送金手数料相場の変動までを徹底解説!!
 
基礎知識3

ビットコイン投資のメリット

ビットコイン投資には他の投資と比べていくつかの優れた点があります!

ここでは、代表的なメリットを3つご紹介します!

ビットコイン投資の3つのメリット

  1. まだまだ発展途上だから将来性が高い
  2. 有限だから希少性が上昇していく
  3. 国家破綻のリスクヘッジになる

まだまだ発展途上だから将来性が高い

ビットコインは法定通貨や金と比べると、まだまだ生まれたばかりです。

今持っている人の割合は、全人類の中のほんの一部分にすぎません。

ですがこの先、大企業の参入などを受けて、世界中で"欲しい"と思う人が増えていくとどうでしょうか?

ビットコインの需要はぐんぐん増し、価格が上昇することは容易に予想できます。

今のうちに少しでも持っておいてその恩恵を受ける準備をしておきましょう!

有限だから希少性が上昇していく

希少性が高まることの説明

ビットコインには発行上限が存在します。

そして発行されるビットコインの数は一定の周期で少なくなるようにプログラムされています。

つまり、ビットコインは時間が経てば経つほど手に入りにくくなり、希少性が高まっていく仕組みなんです!

長期的に見ればビットコインの価値は高まる可能性が非常に高いと言えるでしょう。

ビットコイン投資を始める
(コインチェック公式)

国家破綻のリスクヘッジになる

これは日本にいるとあまり実感できないかもしれませんが、法定通貨は基本的に特定の国に依存しており、その国が破綻した場合、価値がほぼ0になります。

破綻とまではいかなくとも、情勢が不安定になるだけでも価格が急落することがあります。

 

ビットコインが生まれた時は価値がありませんでしたが、現在のビットコインには価値がついていますよね。

これは法定通貨からの富の流入とも捉えられ、ビットコインという流入先が現れたことで、今後も富が移ってくることが予想できます。

「投資」ではなく「保険」としても、富の一部をビットコインのような暗号資産(仮想通貨)として持っておくことは重要だと思います。

 
基礎知識4

ビットコイン投資のデメリット

ビットコインに投資することはもちろんメリットだけではありません。デメリットやリスクも大きく存在します。

ここでは、投資をする上で必ず意識しておいてほしい2つのリスクをご紹介します。

ビットコイン投資の3つデメリット

  1. 取引所のセキュリティに不安がある
  2. 価値の保証がない
  3. 税金がやや高い

取引所のセキュリティに不安がある

ビットコインのセキュリティは、ブロックチェーンを始めとした高度な技術によって支えられています。

そのため、改ざんの危険性は一般的に想像されるよりもずっと低いです。

セキュリティ面での不安は取引所にあります。

2018年1月26日、国内大手取引所であったCoincheckがハッキングを受け、580億円相当の暗号資産(仮想通貨)が盗まれました。

これを受けて、多くのメディアは暗号資産(仮想通貨)の危険性を唱えたのですが、問題があるのは取引所のセキュリティです。

価値の保証がない

メリットの「国家破綻のリスクヘッジになる」の項で、法定通貨が無価値になる可能性を述べましたが、それはビットコインも同様です。

法定通貨の場合、国が破綻しない限りは無価値になることはほぼありませんが、ビットコインは所有者全員で価値を支える形なので、誰も支えなくなったら価値は0になります。

実際、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)の中には、100分の1ほどにまで価格が急落し、短期間でほぼ無価値になった通貨が多く存在します。

ビットコインが無価値になる可能性は低いとは思いますが、誰も保証してくれないということは留意しておく必要があるでしょう。

 

他にも、ビットコインそのものの危険性と、その対処法についてまとめた記事はこちら↓

現在、多くの人が知っているビットコイン。そのビットコインにはどんな危険性があり、どうやって対処すればいいのか? 4つ危険性と過去の事件を取り上げ、その対処法を教えます!

税金がやや高い

ビットコイン投資にかかる税金の説明

ビットコイン投資で得た利益には税金がかかります。

雑所得に分類されるため、給与所得との合計額によって税金の額が決まります。

課税される所得金額 税率 控除
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超え 45% 4,796,000円

この表を見るとわかるように、最大で45%の税率がかかることもあります。

株式投資やFXで得た利益なら最大でも20%程度なので、暗号資産(仮想通貨)の税金はやや高いと言えるでしょう。

ただし、税金がかかるのは利益になったお金だけなので、購入してそのまま保有しているだけなら税金はかかりません。

 

暗号資産(仮想通貨)の税金についてわかりやすくまとめた記事はこちら↓

【2020年最新】暗号資産(仮想通貨)・ビットコインに税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!
 
基礎知識5

ビットコインの投資手法

ビットコインの投資手法は、現物取引とFX取引の二種類に大きく分けることができます。

ここでは、それぞれの投資手法の簡単な説明と、注意すべき点をご紹介します。

現物取引

現物取引とは、「ビットコインを本当に買って、売る」という投資手法です。

買った時の値段より、売った時の値段の方が高ければ、その差額が利益になります。

多くの人が無意識に行なっているビットコイン投資はこれです。

「ビットコインを購入する」場合は、こちらの投資に繋がります。

 

現物取引の場合、値動きが小さいと大きな利益を出すことが難しくなります。

また、長い期間価格が下がり続けている時は利益をあげることができません。

しかし、実際にビットコインを所持しているため、投資しながらも決済手段として使用することはできます。

ローリスクでローリターンの投資手法と言えます。

 

現物取引は特に初心者に向いた取引方法です。

自分の資産のイメージがしやすく、投資判断が易しいからです。

大もうけを狙って大失敗する前に、現物取引で慣れておくことが大切です!

FX取引

FX取引とは、「ビットコインを"買う"もしくは"売る"の宣言だけを繰り返す」という投資手法です。

本物のビットコインの取引を行わず、買う売るの仮定の元での、差額にのみ注目します。

後述する空売りやレバレッジを使いこなすことで、地味な価格変動の中でも大きな利益をあげることができます

そういった意味で、現物取引がローリスクローリターンだとすると、FX取引はハイリスクハイリターンです。

初めて取引をされる方は、まずは一度だけでも現物取引を経験しておくことを強くお勧めします。

FX取引は簡単に説明することは難しいのですが、ここではキーワードと合わせてその特徴をさっと説明します。

 

空売り

現物を持たなくてもいいので、「先に売って、後で買い戻す」という空売りを行うことができます。

値段がこれから下がると予想されるとき、先に高値で売って、後で安値で買うことで、その差額を利益として得ることができます。

これは現物取引ではできない手法ですね。

空売りは利益をどこまでも追求できる方法ではありますが、タイミングが極めて重要です。

そんな空売りについての詳細やテクニックをまとめた記事はこちら↓

ビットコインの空売りは、先に売って後で買い戻すという取引手法です。空売りを使いこなせば、上昇・下落相場で利益を上げることができます。この記事では空売りの仕組みや注意点、おすすめの取引所などを詳しく解説しています。

レバレッジ

暗号資産(仮想通貨)FXをやる上で絶対に知っておくべき用語の一つが"レバレッジ"です。

少しの証拠金を預けて、預けた金額の何倍もの日本円を持っている前提で行う取引レバレッジ取引と言います。

例えば手元に10万円しかない場合でも、その10万円を証拠金として預けることで100万円分の取引を行うことができ、この場合「レバレッジが10倍」と言います。

一度に莫大な利益を上げられる可能性を持っていますが、同時に莫大な損失を被ることもあります。

 

レバレッジ取引の詳細や、儲けるためのポイントをまとめた記事はこちら↓

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

FX取引ができるおすすめ取引所

国内外の取引所の中でもFX取引ができるものは限られています。

その中でも特におすすめな取引所はこの3つです。

各取引所の特徴やFXについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう!
 
基礎知識6

ビットコインの保管方法・おすすめウォレット

ウォレットとは

取引所でビットコインを購入した時点では、「取引所が管理する自分の情報」に紐づけられて保管されます。

そのため、取引所から情報が漏れると、盗まれてしまいます。これがCoincheckで起きた事件です。

取引所のハッキングでの盗難リスクを回避するために、すぐに取引するつもりの無いビットコインは、ウォレットと呼ばれる別の財布に移すようにしましょう。

ビットコインの購入と合わせて、最低一つはウォレットを持っておくことを強くオススメします。

 

ウォレットって何のこと?という点について詳しく解説した記事はこちら↓

暗号資産(仮想通貨)を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。

ハードウェアウォレット|Ledger Nano S

不便ながらも、超安全に保管できるのがハードウェアウォレットです。

その名の通り、ハードウェア上にオフラインでビットコインの送金権限を管理します。

オフラインなので、ハッキングのリスクに常に晒されずに済みます。

 

中でもLedger Nano Sは、保管可能暗号資産(仮想通貨)の種類が圧倒的に多く、優れたハードウェアウォレットです。

一時期は注文が殺到し、品薄状態になるほどでした。

Amazonでは偽物も出回っており、高額商品でもあるため、信頼できる代理店もしくは公式ページから購入する様にしましょう。

Ledger Nano Sの詳しい解説やはこちら↓

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

モバイルウォレット|Ginco

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をスマホで簡単に管理できるようにしたのがモバイルウォレットです。

iPhoneの場合、AppStoreからダウンロードするだけで簡単に登録できます。

 

中でもGincoは、暗号資産(仮想通貨)の中では珍しく日本企業によって作られたウォレットです。

安心して使えるため、コインパートナー一押しのモバイルウォレットです

Gincoは多くのICOとも協力しており、Gincoのアカウントを持っているだけで、自動的にAirDropを受け取ることができます

これも他のウォレットには無い特徴です。

Gincoの詳しい解説や使い方はこちら↓

Gincoというウォレットをご存知ですか?暗号資産(仮想通貨)を取引所に置きっ放しにする危険性が指摘される最近、颯爽と現れた日本産ウォレットです。日本企業による日本人のためのウォレットの特徴・登録・使い方を易しく説明します!
 
基礎知識7

ビットコイン投資初心者向けの勉強

ビットコイン投資を始めるにしても、しっかりと勉強してからにしたいですよね。

本格的に勉強しようと思ったら一朝一夕にいきません。

しかし、今回は特別に「周りの人に説明できるレベル」までグッと引き上げる方法をご紹介します!

 

コインパートナーのオススメ記事

コインパートナーサイト内では、暗号資産(仮想通貨)についてのあらゆる項目に対して、網羅的に情報を提供しています。

ここでは、その中でも絶対に読んでおくべき3つの記事をご紹介します!

これらを読めば、横にも縦にも、最低限必要な知識は身につけられます。

「ビットコインについて、もっともっと深く知りたい!」という方はこちら

ビットコインの技術的な仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で読める様に解説した記事です。

情報は盛りだくさんですが、ビットコインについて1冊の本を読んだのと同じくらい学べます!

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている暗号資産(仮想通貨)です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

「もっとたくさんの取引所を比較したい!」という方はこちら

有名暗号資産(仮想通貨)取引所全てを徹底的に比較し、コインパートナー編集部が自信を持って初心者におすすめ出来る取引所をランキング形式でご紹介します。

これを読めば、どこで買えばいいのか迷うことはもうありません。

初心者にとって暗号資産(仮想通貨)投資の第一歩は取引所で口座を開設すること。どこの取引所で投資を始めるか迷うあなたのために、おすすめポイントを比較しました。あなたにぴったりな暗号資産(仮想通貨)取引所がきっと見つかります。

「ビットコイン以外の通貨にもオススメあるんでしょ?」とお気付き方のこちら

2020年のオススメ暗号資産(仮想通貨)をコインパートナー編集部が厳選して紹介します

利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄をお伝えします。

ビットコインだけじゃない選択肢を知っておきましょう!

2020年のオススメ暗号資産(仮想通貨)を東大生が厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄を紹介します。

おすすめ書籍

ネット上の情報は形がないので、なんとなく読み飛ばしてしまいがちです。

また、「書籍の形じゃないと信頼できない!」という方もいらっしゃると思うので、コインパートナーおすすめの書籍をご紹介します。

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン / 大塚雄介

ビットコイン初心者がまず読むべき本が、いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン / 大塚雄介です。

これは大手国内取引所コインチェックの現執行役員(元取締役)が書いた入門書です。

ビットコインが生まれた経緯から、これからフィンテックに与える影響まで、超分かりやすく解説されています!

本から入る場合の必読書です。

 

 
まとめ1

ビットコイン投資についてのQ&A

ビットコイン投資を始める際に、不安に思うことは沢山あると思います。

ここでは少しだけ、よくある質問に対してお答えします。

いくらから投資を始めるべきなの?

初めての暗号資産(仮想通貨)投資は、価値が0になっても自分にとって痛くない金額にしましょう。

本当に価値がゼロになる場合もありますし、自分のミスによって消失することもあるからです。

この記事の冒頭でも述べましたが、本格的な始めどきは、いずれ現れます!

その時、「口座開設に時間かかって間に合わなかった!!」とならないように、ビットコイン取引に慣れておくことが大切です。

こちらで暗号資産(仮想通貨)の始め方をわかりやすく解説しています。

税金はどうなっているの?

投資で利益が生じたら、日本政府に税金を納めなければいけません。

具体的には、投資利益は雑所得として扱われ、「+20万円以上の状態になるよう利益確定した時」に初めて課税対象となります。

日本円との交換における消費税や、決済手段としての使用時に何か税金が取られたり、というようなことはありません。
暗号資産(仮想通貨)の税金に関する詳細はこちらをご覧ください。

詐欺が多いって本当?

暗号資産(仮想通貨)に詐欺が多いのは事実です。

暗号資産(仮想通貨)が異常なほど流行した2017年〜2018年ごろまでは詐欺コインが横行していました。

しかし、現在では暗号資産(仮想通貨)に対して国家が厳しい規制をかけるようになってきたため、詐欺コインは年々減少しています。

とはいえ、詐欺コインが存在することは事実ですから、ビットコイン以外の通貨を購入する場合は有名どころのものを選ぶのが無難と言えます。
詐欺コインの詳細はこちらをご覧ください。

何かトラブルがあったらどうしたらいいの?

暗号資産(仮想通貨)取引におけるトラブルは色々想定されます。

多くの場合は取引所が関わるトラブルなので、取引所に問い合わせしましょう。

トラブルを起こさない、起こされないためにも、最低限の知識は身につけておきましょう!

 
まとめ2

ビットコイン投資 まとめ

ビットコイン投資のまとめ

  • ビットコイン投資は今すぐ始めるべき!
  • コインパートナーのイチオシ取引所はコインチェック
  • 十分な知識を身につければ、ビットコイン投資は怖くない!

「もう終わった」と囁かれているビットコインですが、再燃に向けて着々と環境は整っています。

こんなに可能性のある投資先を、見なかったことにするのはもったいないです!

気づいたら資産10倍も夢じゃない・・・?

 

正しい知識を身につけて、正しい投資判断を下せるようにしましょう!

おすすめ取引所No.1

暗号資産(仮想通貨)を買ってみたいけど購入方法がわからない、難しい。そんな悩みを抱えている方に、暗号資産(仮想通貨)の購入方法はもちろん、初心者が知っておくと便利な取引所の情報や注意点までわかりやすく解説します。