仮想通貨は下落が止まらず

22日の仮想通貨市場は各通貨とも大きく価格を落とすこととなった。

今後も下落への警戒を強めていく必要がありそうだ。

では、それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

22日5時現在のビットコインの価格は976,098円、前日同時刻比で-5.2%の下落となっている。

急落してパープルライン(102.6万円)付近での推移となったビットコインであったが、大幅下落を記録してサポートラインであるブルーライン(99.6万円)も割り込むこととなった。

21日2時台からパープルライン付近の推移が続いていたが、10時台にこのラインを割り込んで下落が始まった。

一時的に反発は見せたものの、下落傾向が続いて23時台にはブルーラインを割り込む動きを見せた。

さらに下落が続くと、22日3時台には95.1万円まで価格を落とすこととなった。

4時台には一旦上昇しているものの、今後の下落に注意したい。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの詳しい今後についてはこちら!

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!

リップル(XRP)

22日5時現在のリップルの価格は0.194ドル(20.78円)、前日同時刻比で-3.6%の下落となっている。

ここまで下落が続いて価格を落としていたリップルは、さらに下落が続いてサポートラインであるレッドライン(0.196ドル:20.99円)を割り込むこととなった。

21日1時台から堅調な推移を見せて5時台まで価格を伸ばしたが、6時台からは下落へと転じた。

8時台まで下落した後に9時台には上昇を見せたが、10時台からは再び下落することとなった。

下落の勢いは止まることなく、23時台にはレッドラインを割り込む動きを見せた。

その後も下落が続き、22日3時台には0.190ドル(20.35円)まで価格を落とした。

4時台には反発を見せているものの、5時現在もレッドラインを下回って推移が続いている。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの詳しい今後についてはこちら!

リップルは2020年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後と将来性について解説します。

イーサリアム(ETH)

22日5時現在のイーサリアムの価格は198.52ドル(21,261円)、前日同時刻比で-5.6%の下落となっている。

レジスタンスラインである黄緑ライン(213ドル:22,807円)を割り込んで下落が続いているイーサリアムは、一時サポートラインである水色ライン(195ドル:20,940円)も割り込むこととなった。

21日1時台から上昇が始まると5時台まで価格を伸ばす動きを見せたが、6時台からは下落へと転じることとなった。

19時台と20時台に反発を見せたものの、下落の勢いは強く、22日3時台には水色ラインを割り込んで192.55ドル(20,622円)まで価格を落とした。

4時台には上昇して水色ラインを突破したものの、今後の推移に注意したい。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓