仮想通貨は適温相場をゆるさず

ビットコインは100万円台まで上昇を見せていたものの、昨夜20時ごろ、たった5分ほどの間に約5万円急落。

投資家を翻弄する動きを見せ、安心ムードを一瞬にして剥ぎ取っていった。

リップル、イーサリアムも連動して急落している。

それぞれの通貨を見ていこう。

 

ビットコイン(BTC)

20日18時現在のビットコインの価格は95万465円、前日同時刻比で-4.97%の下落となっている。

市場が100万円台回復の喜びに湧いたのもつかの間、昨夜20時台に-4.02%急落し、青ライン(99.6万円)を大きく下放れた。

取引水準は一気に94万円台まで下落。

今日に入ると96万円台中盤まで戻す場面が見られたものの、戻り売りの機会となるに留まり、値を伸ばせなかった。

反発が見られれば青ラインが短期の上値めどに、引き続き下落すれば黄緑ライン(88.6万円)が短期の下値めどとなりそうだ。

(参考 TradingViewのBTCJPYチャート 1時間足)

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

ビットコインのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

ビットコインの今後が気になる方はこちらをチェック↓↓↓

ビットコインは今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!
 

 

リップル(XRP)

20日18時現在のリップルの価格は0.23151ドル(25.50円)、前日同時刻比で-6.27%の下落となっている。

オレンジライン(0.237ドル:25.83円)を上抜け、上昇局面入りが示唆されたリップルだったが、昨夜20時台に-4.87%急落。

オレンジラインを一気に割り込む展開となった。

0.226ドル台(24.91円)まで値を下げると反発に転じたが、オレンジライン付近では戻り売りにあい、高値を押さえつけられている。

再びオレンジラインを抜ければロング勢の支援材料となり上値追いが期待されるか。

あまり値を伸ばせないようであれば、オレンジライン上抜けと同時に買った投資家が損失の小さいうちに損切りしたいとの思惑から下落基調に転じる可能性がある。

その場合、赤ライン(0.196ドル:21.40円)が下値めどとして意識されるだろう。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!

リップルのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

リップルの今後が気になる方はこちらをチェック!!!↓↓↓

リップルは2019年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回はコインオタクがリップルの今後とjavascript:void(null);将来性について解説しま
 

 

イーサリアム(ETH)

20日18時現在のイーサリアムの価格は165.29ドル(18,207円)、前日同時刻比で-5.92%の下落となっている。

ビットコインと連動して昨夜20時台に-4.65%急落する展開に。

しかし、青ライン(165ドル:17,834円)がサポートとなり、下落に歯止めをかけた。

以降は青ライン近辺で小動きとなっている。

上値のめどは赤ライン、下値のめどはオレンジライン(147.9ドル:16,280円)が意識されそうだ。

(参考 TradingViewのETHUSDチャート 1時間足)

CoinOtakuの無料サロンで投資を学ぶ!

イーサリアムのチャート・価格予想はこちらから↓↓↓

\無料アプリを使って/

価格の変動を素早くチェック!

すでにdiscordをお持ちの方はこちら!