​メッセージアプリカカオトークは仮想通貨ウォレットの導入を検討しているという。

実装が実現されれば、韓国内での仮想通貨送金のハードルは格段に下がるだろう。

カカオトークにて仮想通貨ウォレットが実装か

​韓国の経済ニュースサイトFN Newsよると、メッセージアプリカカオトークが仮想通貨ウォレットを実装するようだ。

ユーザーはカカオトークの他にもカカオPayやカカオStockなどで系列アプリでの仮想通貨ウォレットを使用することができるようになるという。

つまりはメッセージを送信する感覚で、簡単に仮想通貨を送金できるようになることが期待されている。

メッセージングアプリではTelegramやWhatsAppなどが仮想通貨によるサービスを提供しているが、今回新たにカカオトークも参戦するようだ。

Blockchain Republic of Korea​のCEOを務めるHeslin Kim​氏はカカオトークが開始する新サービスについて以下のように述べている。

「カカオは韓国で5500万人以上のユーザーを抱えており、今回のサービス発表は韓国人が日頃、新技術を自分たちの生活にいかに柔軟に取り入れているかをよく表している。」

カカオはVCやプライベートエクイティファンドからの9000万ドルの資金調達​をしていたことが以前に報道されていた。

調達した資金をブロックチェーンプラットフォームKlatynの開発行なっている、カカオのブロックチェーンユニットであるGround Xが利用することで仮想通貨ウォレットの実装を推進していくようだ。

韓国ではキャッシュレス化が進んでいるが、今回のニュースはその勢いをよく表していると言えるだろう。