​「トークンってどういう意味なんだろう?

そんな風に感じてはいませんか?

たしかに、トークンと仮想通貨がセットで出てきて、同じようなものなのになんで違う言葉を使っているのか疑問に思われると思います。

この記事では、広い意味での“トークン”を説明してから、仮想通貨においての「トークン」を改めて説明します。加えて、トークンのメリット・デメリットも説明していきます。

この記事を通して、トークンの意味を理解し、仮想通貨への理解をより深めていきましょう!

トークンとは

​そもそもの意味

元々のトークンという言葉の意味は、「しるし」、「記念品」、「象徴」、「証拠品」などです。

ここから派生して、硬貨の代わりとなる代替貨幣全般を指します。

つまり、法定通貨を使わずとも、ある一定の範囲内では法廷通貨と同じように商品を購入できたり、サービスを受けれるものををトークンと言います。

ある一定の範囲内というのは、そのトークンが価値を持ち、使える範囲が限られるということです。

具体的なトークン例

  • 地下鉄・バス料金などに用いる代用貨幣(ex. Suica, Pasmo etc.)
  • スタンプカード(ex. 美容院)
  • ポイントサービス(ex. 楽天ポイント, Amazonポイント)

例えば、Amazon ポイントを貯めると、ポイントがお金の代わりとして、何らかの商品・サービス(枕、食べ物etc.)を手にすることができます。

Amazonポイントが使えるのは、Amazon内だけですよね?楽天では使えません。つまり、使える範囲は限定的です。

したがって、ある特定の範囲においては、ポイントもいわばお金の代わり(=代替貨幣)と言えるため、トークンに分類されます


仮想通貨においてのトークン

仮想通貨においてのトークンは、ブロックチェーン技術が用いられた通貨のことをいいます。

ブロックチェーン技術により、ユーザー間の取引がすべて記録・公開され、その取引内容が記録されれば、不正アクセスをしてお金を得ることは難しいのです。ブロックチェーンがあることによって今までお金の出入りは特定の会社などしか確認できませんでした。しかし、この技術により、チェック&バランスが実現できます。

ブロックチェーンが用いられているか否かが、上記で述べたトークンと仮想通貨においてのトークンとの違いです。

 

さらにブロックチェーンについて知りたい方はこちらへ↓

ブロックチェーンの仕組みを知っていますか?ビットコインをはじめとした仮想通貨で広く用いられているのに、きちんと知っている人は意外と少ないです。初心者向けの簡単な説明から始めて、他のサイトではなかなか教えてくれない細かい仕組みまで教えます!

トークンと仮想通貨の違い 

​では、ブロックチェーン技術が用いられたらトークンであるなら、なぜ仮想通貨とトークンという二つの分類があるのかを説明していきます。

仮想通貨とトークンの違い

  • 仮想通貨:オリジナルのブロックチェーン技術をもとに作られた通貨
  • トークン:既存のブロックチェーン技術を利用して作られた通貨

 ​※下図の黄色い→と、緑のボックスはブロックチェーンを表しています​


この図から分かる通り、仮想通貨はオリジナルのブロックチェーン上で作られる通貨で、トークンはその既に存在するブロックチェーン技術を使って作られた硬貨ということです。

例えば、「ネムというオリジナルのプラットフォームで使われる、ネム(NEM)」は仮想通貨で、

ネムのブロックチェーン技術を用いて作られた、Zaifトークン」はトークンにあたります。

なので、トークンはオリジナルブロックチェーンの技術をコピーして作られた通貨とも言えます。


​具体的なトークン例

​では、実際のトークンを紹介していきます!

​Zaif(ザイフ)トークン

​Zaifトークンとは、Zaifという仮想通貨取引所が発行するトークンです。企業が独自に発行するトークン、いわゆる企業トークンとしての参入が非常に早いことで注目を浴びました。現状では、保有することで使い道はあまりありません。​テックビューロ株式会社がZaifを運営していた時点で発行されましたが、2018年11月、フィスコに事業譲渡されたので、トークンの使い道に変更があるかもしれません。

Zaifトークンの購入には、Zaifトークンを発行しているZaifへの登録が必要です。


Zaifトークンについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

ザイフトークンは、仮想通貨取引所Zaifが発行する独自トークンです。この記事ではザイフトークンの特徴や将来性を、テックビューロが取引所Zaifの事業をフィスコ仮想仮想通貨取引所に移転した影響なども交えながら解説していきます!

 

Zaifトークンの購入はこちら!

Augur​

Augurは、イーサリアムのブロックチェーン技術を用いて、賭け事などの未来予測のためのプラットフォームとして作られたトークンです。イーサリアムのスマートコントラクトという技術を用いることで、運営に人が介入しないので、運営側の不正が起きないことが特徴です。 もう一つの特徴として、AugurはERC20に準拠しているということです。ERC20とは、最低限トークンとして必要な機能や注意事項などの基準のことをいいます。これに、準拠しているということは、完全とまでは言えませんが、安全性が保障されているトークンといえます。

Augurの購入は、国内取引所ではCoincheck、海外取引所ではBitttrex、Poloniexで購入できます。


Augurについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓ 

Augurのことを全然知らない人も、少しは知っているけどもっと知りたい人も、これを読めばスッキリ理解できること間違いなし!Augurの基本的な仕組みやチャート分析、さらには将来性までをわかりやすく解説していきます!

 

Coincheckに今すぐ新規登録!

トークンを保有するメリット 

先行投資で大きな儲けが期待できる

保有しているトークンを発行している会社が、事業展開に成功すれば、保有しているトークンの分だけリターンが期待できます。期待できるリターンは大きく分けて2つあります。

1.トークンの価値が上がる前に買うことで、投資した以上の儲けがでる。

2.事業展開の成功報酬として、トークンの付加価値(株式で例えるなら、株主優待)を受け取れる。

​先行投資した通貨の価値が購入後に上がれば、必然的に利益が大きくなります。

取引手数料が無料になる

​トークンはを購入する際に、仲介者はいません。いわゆる、B toBの形になるので、取引手数料は無料です

例えば、事業の資金調達をしたい企業や個人がトークンを発行→投資家が購入。ここの取引の間に仲介者は必要ありませんね。

したがって、取引手数料が仲介者によって取られることは起きません。

しかし、トークンを取引所で購入するとなると、取引所に対してのお金(手数料など)はかかってくる可能性があります


トークンを保有するデメリット  

​価格下落の可能性がある

投資家がトークンの保有をしないと、価格が下落して、トークンが無価値になる可能性があります。​

価格の下落を招く要因は、価格の変動はそのトークンに対する需要と供給で決まります。

そのトークンを発行する会社の事業が上手くいかなさそうだと需要側である投資家が判断します。そして、購入していたトークンを手放すという事態が投資家全体に普及すると、一気にトークンの価格は下落します。そして、最悪の場合、無価値なトークンだけが手元に残る可能性があります。

投資家は、会社の事業の成長性と実現可能性の二点から客観的に判断して、投資するトークンを決める必要があります

詐欺被害のリスクがある

​トークンを発行する会社がそもそも、何かの事業を開始するために資金調達していたのではなく、そもそもお金を盗むことが目的だった場合は詐欺被害にあっています。その事業会社の信頼性を見抜くことが大変難しい現状があります​。


トークンを購入できる取引所  

​今回トークンを購入できる取引所として紹介する取引所は以下の3つです。

トークンを購入できる取引所

  • Zaif
  • Binance
  • EtherDelta

 

​Zaif(ザイフ)

Zaifは2014年に設立された国内仮想通貨取引所です。「簡単売買」や「コイン積立」などの初心者向けのサービスから、中上級者向けの仮想通貨FXなど幅広いサービスが売りの取引所です。

しかし、2018年9月、約70億円のハッキング被害が発覚、近畿財務局からの3回目の業務改善命令などの理由から、現在は新規口座が出来ない状態です。

Zaifで購入できるトークンの種類

トークン​
​ZAIF(ザイフ)トークン
​XCP(カウンタートークン)
​BCY(ビットクリスタル)
​FSCC(フィスコイン)
​CICC(カイカコイン)
​NCXC(ネクスコイン)

徹底調査!Zaif(ザイフ)のすべて[2018年08月版] Zaif評価 比較ランキング順位 手数料 会社の信 [...]

 Zaifの公式ホームページはこちらから

Binance(バイナンス)

​Binanceは2017年に香港で設立された海外取引所で、取引通貨量は世界有数です。上場させるトークンはユーザーの投票で決まるという、特殊な方法を取っています。その結果、多種多様なトークンを扱う取引所となりました。もちろん、その中にはトークンも含まれています。

Binanceで購入できるトークンの種類

トークン
​EOS(イオス)
​BNB(バイナンスコイン)
​TRIG(トリガース)トークン

徹底調査!Binance(バイナンス)の全て[2018年3月版] Binance評価 比較ランキング順位 手数 [...]

 Binanceで今すぐ新規口座開設!

Ether Delta(イーサデルタ)

​イーサデルタはICO取引に特化した取引所です。ICO(Initial Coin Offering)とは、企業や個人が独自で発行したトークンを販売し、購入して貰うことで資金を得るという新しい資金調達方法です。

ICO直後の未上場企業通貨が購入できるので、早い段階で将来有望な通貨を取引することができます。

また、この取引所は運営する人がいないので、内部から横領が発生し、資産が消えてなくなるリスクはなくなります。

Ether Deltaで購入できるトークンの種類

トークン
​ERC20(全種類)
​KIN
​Monetha
​Veritaseum
​0x
​EOS

イーサデルタとは、イーサリアムとそのトークンを扱う分散型取引所です。今までの取引所とはそのシステムが全く違い、さらに多くの将来性ある新規トークンが上場していて、様々な投資家が今最も注目している取引所について徹底的に解説しました!!

 

今すぐEther Deltaで新規登録!

トークンに関するQ&A 

トークンエコノミーとは

​トークンを用いる経済のことです。企業側が、貨幣ではなくトークンでサービスを提供→ユーザーがトークンを支払い、サービスを得る。このように取引が行われることを、トークンエコノミーといいます。

トークンエコノミーとについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

何かと話題に上がるトークンエコノミー。これからの時代はトークンエコノミーによって支えられて行くかもしれません。そこで、これくらいは知っておかないと、という情報を解説いたします!まだ知らない方は必見です!


 ホワイトペーパーとは

​簡単に言うと、仮想通貨の報告書です。仮想通貨の発行者は、ホワイトペーパーに自分たちの仮想通貨に使われる技術、もしくは展開したい事業の企画や目的記入し、どのようなものなのかを説明します。最近のホワイトペーパーの位置づけとしては、投資家がホワイトペーパーを読んで、投資するか否かを決める判断材料となっています。​


トークンまとめ

​いかがでしたでしょうか?

今回は、トークンと仮想通貨の違い、メリット・デメリットについて解説してきました。

トークンとは何かを知ることで、仮想通貨についてより深く理解が進んだことと思います!

トークンまとめ

  • トークンは、既存のブロックチェーン技術を使って作成される
  • 資金調達が目的で発行される
  • 投機目的には、価格下落や詐欺被害のリスクがある

 

Binanceで今すぐ新規口座開設!