「トークンっていったいなんなんだろう...」

そのような悩みを抱えてはいませんか?

確かに、仮想通貨とトークンがセットで頻繁に出てくるけど、なぜ違う言葉なのか気になりますよね!

この記事では、仮想通貨におけるトークンとは何か、トークンのメリット・デメリットは何かについて説明します!

この記事を読めば、仮想通貨の理解が深まります!

トークンとは

トークンのそもそもの意味 

そもそも、トークンとは「しるし」、「記念品」、「象徴」といった意味があります。

ここから派生して、硬貨の代わりとなる代替貨幣全般を指します。

つまり、法定通貨(円やドル)を使わずとも、ある一定の範囲内では法廷通貨と同じように商品を購入できたり、サービスを受けれるものををトークンと言います。

トークンの具体例

トークンの具体例

  • 地下鉄・バス料金などに用いる代用貨幣(ex. Suica, Pasmo etc.)
  • スタンプカード(ex. 美容院)
  • ポイントサービス(ex. 楽天ポイント, Amazonポイント)

身近にあるトークンの一例としては、Suicaなどの交通系ICや美容院のスタンプカード、Amazonの利用で貯まるAmazonポイントがあります。

 

Amazon ポイントを貯めると、ポイントがお金の代わりとして、何らかの商品・サービス(枕、食べ物etc.)を手にすることができます。

Amazonポイントが使えるのは、Amazon内だけです。

楽天では使えません。つまり、使える範囲は限定的です。

したがって、ある特定の範囲においては、ポイントもいわばお金の代わり(=代替貨幣)と言えるため、トークンに分類されます

仮想通貨においてのトークンとは 

仮想通貨においてのトークンとは、ブロックチェーン技術が用いられた通貨のことを指します。

ブロックチェーン技術により、ユーザー間の取引が全て記録・公開されることで、不正アクセスなどで金を得ることがとても難しくなります。

従来は、金の入出金について特定の会社しか確認できませんでしたが、この技術によりチェック&バランスが実現できます。

ブロックチェーンが用いられているか否かが、上記のトークンと仮想通貨のおいてのトークンとの違いになります。

また、仮想通貨においてのトークンは、ICOに用いられる仮想通貨の意味合いが強いです。

 

トークンと仮想通貨の違い

トークンと仮想通貨の違い

  • 仮想通貨:オリジナルのブロックチェーン技術をもとに作られた通貨
  • トークン:既存のブロックチェーン技術を利用して作られた通貨

 ※図の黄色い→と、緑のボックスはブロックチェーンを表しています。

上図の通り、仮想通貨はオリジナルのブロックチェーン上で作られる通貨です。

対してトークンは、既存のブロックチェーン技術を使って作られた通貨です。

 

例えば、ネムというオリジナルのプラットフォームで使われる「ネム(NEM)」は仮想通貨です。

一方、ネムのブロックチェーン技術を用いて作られた「Zaifトークン」はトークンにあたります。

トークンはオリジナルブロックチェーンの技術をコピーして作られた通貨とも言えます。

 

 Zaifトークンについて詳しくはコチラ

ザイフトークンは、仮想通貨取引所Zaifが発行する独自トークンです。この記事ではザイフトークンの特徴や将来性を、テックビューロが取引所Zaifの事業をフィスコ仮想仮想通貨取引所に移転した影響なども交えながら解説していきます!

 

 

トークンの使用用途とは

ICOに用いられる

トークンは、ICOに用いられることが多いです。

企業は、ICOによって資金を調達する際、出資者に対してトークンを発行します。

ICOのプロジェクトが上手く行くことで、そのトークンの価格が上昇し、出資者は利益を得ることができます。

トークンは、一見株式のように思えますが、経営などの権利は有していません。

ICOについて詳しくはコチラ 

ICOとは、仮想通貨(ICOトークン)を発行し販売することで資金を調達する資金調達方法のことです。別名「新規仮想通貨公開」とも言われています。 ICOは、現在世界的に規制されている傾向にあります。

 

取引所の基軸通貨として用いられる

トークンは、取引所の基軸通貨として用いられることがあります。

その取引所発行のトークンを使用することで取引がお得にできるようになるものもあります。

例えば、Binance(バイナンス)が発行しているBNB(バイナンスコイン)を取引の際に使用すると、各種手数料が1/4になります。

 BNBについて詳しくはコチラ

仮想通貨のBNB(Binance coin/バイナンスコイン)について徹底解説します!Binanceで購入することのできるBNBの特徴、将来性、購入方法まで丁寧にご紹介します!BNBを、口コミなどから評価します!

 

 

主なトークンの種類一覧


トークンの種類 取扱取引所
Zaifトークン Zaif
XCP(カウンタートークン) Zaif
BCY(ビットクリスタル) Zaif
SJCX(ストレージコインエックス) Zaif
FSCC(フィスココイン) Zaif
PEPECASH(ぺぺキャッシュ) Zaif
CICC(カイカコイン) Zaif
NCXC(ネクスコイン) Zaif
JPYZ Zaif
CMS(コムサ) Zaif
BNB(バイナンスコイン) Binance(バイナンス)
TRIG(トリガーストークン) Binance(バイナンス)
KCS(クーコインシェアーズ) KuCoin
QASHトークン(キャッシュトークン) Liquid
HT(フォビ)トークン Huobi

上の表が主なトークンの一例です。

ほとんどのトークンは、Zaifで購入することができるようになってます。

 

仮想通貨におけるトークンは、ICOに用いられる仮想通貨の意味合いが強いです。

例えば、Zaifで取り扱っているCMS(コムサ)は、ICOのプロジェクトによって作られたものです。

COMSAプロジェクトは、日本企業が簡単にICOを行えるようにしようというプロジェクトで、100億円もの調達に成功しています。

プロジェクトがうまく行くことで、CMSトークンの価格が上昇していきます。

トークンには、このような一面もあります。

 

COMSAについて詳しくはコチラ

COMSAはZaifを運営するテックビューロ社によるプロジェクトです。この記事では、約100億円を集めることに成功したCOMSAについてメリットやデメリットに加え、これまでの状況と現状について詳しくお伝えします。

 

 

トークンを保有するメリット

先行投資で大きな儲けが期待できる

保有しているトークンを発行している会社が、事業展開に成功すれば、保有しているトークンの分だけリターンが期待できます

期待できるリターンは大きく分けて2つあります。

1.トークンの価値が上がる前(プレセール)に買うことで、投資した以上の儲けがでる。

2.事業展開の成功報酬として、トークンの付加価値(株式で例えるなら、株主優待)を受け取れる。

先行投資した通貨の価値が購入後に上がれば、必然的に利益が大きくなります。

取引手数料が無料になる 

トークンはを購入する際に、仲介者はいません。

いわゆる、B to Bの形になるので、取引手数料は無料です

例えば、事業の資金調達をしたい企業や個人がトークンを発行→投資家が購入。ここの取引の間に仲介者は必要ありません。

したがって、取引手数料が仲介者によって取られることは起きません。

しかし、トークンを取引所で購入するとなると、取引所に対してのお金(手数料など)はかかってくる可能性があります

トークンを保有するデメリット 

価格下落の可能性がある 

トークンは、事業が失敗または停滞すると価格が下がってしまいます。

事業が上手く行かないと見ると、投資家たちがトークンを手放してしまい価値が下がります。

最悪の場合、無価値なトークンだけが手元に残る可能性もあります。

2017年は、ICOが数多く行われましたが、詐欺目的のICOが乱発しました。

詐害被害のリスクもICOにはあります。

投資の際は、会社の事業の整調性と実現可能性の2点から判断し、投資するトークンを決める必要があります。

実用性が低い

トークンのデメリットの1つは、未だ実用性が低いことです。

ウォレットや決済で使用できるものがとても少ないのが現状です。

 

トークンの将来性は?

トークンの将来を左右するポイントが2つあります。

1つ目は、ICOの法規制についてです。

前述した通り、ICOは詐欺目的のものもあります。

ICOの法規制が進めば、安全でとても便利になるため、トークンに対する需要・供給が増えるでしょう。

 

2つ目は、実用化が進むかどうかです。

キャッシュレスが増えてきた世の中で、トークンの電子決済化が進めば多くの人が利用する可能性があります。

トークン まとめ

トークンまとめ

  • トークンのそもそもの意味は、「法定通貨の代わりとなるもの」
  • 仮想通貨のトークンは、「ブロックチェーン技術が用いられている通貨」
  • 仮想通貨との違いは既存のブロックチェーン技術を用いている点
  • トークンはICOや取引所の基軸通貨に使われる