SBI VC(SBIバーチャルカレンシーズ)の手数料は安い?取引手数料、入出金手数料、送金手数料、スプレッドを大手取引所3社と徹底比較します。


「SBI VCの手数料って高いの?安いの?」という疑問をお持ちではないでしょうか?

SBI VCは6月に本格的に営業を開始したばかりで、まだあまり情報がない段階です。

そこで今回はSBI VCの手数料情報を一通り集め、それをまとめて大手取引所3社と比較しました!

またSBI VCとの連携の良い銀行もあるのでそちらも紹介していきます!

今回の記事があなたの仮想通貨投資の手助けになれば幸いです。



SBI VC(SBI バーチャルカレンシーズ)とは?

SBI VCとは超大手証券取引所であるSBI証券や住信SBIネット銀行を運営しているSBIホールディングスが開設した仮想通貨取引所です。

SBI VCは今年の6月に開設した新しい取引所です。元々は12月に開設する予定でしたがコインチェックのハッキング事件を受けてセキュリティー性能を大幅に改善したことにより半年遅れで開業しました。

これにより元々高かったセキュリティー性能は世界最高峰と言われるまでになりました。安全・安心に仮想通貨取引をしたい方はSBI VCのご利用をおすすめします!

今回はそんなSBI VCの手数料を見ていきます。また、他の取引所と比べてどれだけ安いのかも比較していきます。

「最近できたSBIバーチャルカレンシーズの評判ってどんな感じなんだろう? 新しいニュースだからあまり追えていなかったけど、さらっと確認しておきたいな。」 あなたはいま、そうお考えではありませんか? ニュースをいちいち追うのもめんどくさいけど、 ちゃんと知っておかないと、置いておかれる気がしてそわそわする。 ざっくりとでも、評判を知ることができたらうれしいですよね。 そんなあなたに朗報です! この記事を読めば、SBIバーチャルカレンシーズの評判を一通り知ることができます! 公式ページへのリンクもありますので、気になったらそのまますぐ登録することもできます! もう、仮想通貨界隈の話題においていかれる心配はありません。 SBIバーチャルカレンシーズの現状を知るために、この記事が役立ちましたら幸いです。➡SBIバーチャルカレンシーズの公式サイトへ行く目次SBIバーチャルカレンシーズとはSBIバーチャルカレンシーズの6つの良い評判SBIバーチャルカレンシーズの5つの悪い評判SBIバーチャルカレンシーズの今後の評判はどうなる?SBIバーチャルカレンシーズの評判まとめSBIバーチャルカレンシーズとは SBIバーチャルカレンシーズとは、仮想通貨にあまり興味がない人たちの間にも名前が浸透しているような金融界の超大手・SBIが作った仮想通貨の販売所です。もともと去年の12月に公開される予定でしたが、単純に間に合わなくて延期したり、コインチェックのハッキング事件があってセキュリティにより一層の力を入れて延期したりしたので、実に半年後の2018年6月にサービスがスタートしました。 SBIバーチャルカレンシーズの6つの良い評判 出金手数料が安い いったんSBIバーチャルカレンシーズに入れたお金を再び銀行口座に戻す場合そのときにかかる手数料は51円です!無料とまではいきませんでしたが、かなり安い金額になっていますね。手数料も一回きりであれば、仮に300円くらいかかったとしても我慢はできますが何回も繰り返しているとだんだんと痛い金額になってきます。やっぱり安いに越したことはないので、51円という安さは嬉しいですね。ほか、SBIバーチャルカレンシーズの手数料についてより詳しくしりたい方はこちらの記事をどうぞ!表を使って解説しているので、ひとめで理解できます。  

 SBI VCの公式ホームページはこちら!

SBI VCの手数料一覧

それでは早速SBI VCでかかる取引手数料を見ていきましょう!下記4つがSBI VCでかかる手数料です。


SBIVCの手数料一覧

  • 取引(販売)手数料
  • スプレッド
  • 入出金手数料
  • 送金手数料

 ※入出金手数料以外は全てビットコインを扱うときの手数料を表記しています。


取引(販売)手数料 

SBI VCでは今の所BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)の3種類を取り扱っています。これからETH(イーサリアム)の追加が予定されています。

取引手数料は仮想通貨の売買する時にかかる手数料のことです。取引には現物取引とレバレッジ取引の2種類があります。

現物取引は自分の持っている資金の範囲内で取引することを言います。逆に、レバレッジをかけて自分の持っている資金を超えてする取引はFX取引や先物取引といわれています。

SBI VCは現物取引のみとなっていて、その手数料は無料です。

取り扱い仮想通貨手数料
BTC(ビットコイン)無料
BCH(ビットコインキャッシュ)無料
ETH(イーサリアム)無料

しかし、実際には「スプレッド」というものがありこれが実質的な取引手数料となってしまっています。

スプレッド 

ではスプレッドとはどういうものなのでしょうか?

スプレッドとは売買価格差のことを言います。つまり、売値と買値の差のことです。

売値と買値は取引所が自由に決められるので、取引所によって特徴があります。

このスプレッドが狭いほど取引所の取り分は少なく、逆にスプレッドが広いほど取引所の取り分は多くなってしまいます。スプレッドは時期や通貨ごとによって変動してしまい、正確な数値を出すことができません。

SBI VCでは売値が707,573円、買値が721,492円となっており価格差は13,919円となっています。%で表すと約2%程となっています。※2018年9月現在。

取引手数料が無料だからといってもスプレッドが毎回かかってしまうため、頻繁な取引は控えた方が良いかもしれません!

 スプレッドについては下記の記事で詳しく解説しています↓↓

「取引手数料無料」という一文に魅力を感じて仮想通貨の取引を始めようと考えている人は多いのではないでしょうか。株やFXだと何かと手数料を取られて最終的には残金が大きく下回っているなんてことはよくありますが、仮想通貨ではそういった心配がないのは魅力的ですよね。しかし、よく考えてみると仮想通貨だけこんなおいしい仕組みになっているのはおかしいと思いませんか?今回は手数料無料の影に隠れているスプレッドという仕組みについて紹介します!この記事を読んで仮想通貨にまつわる市場原理について詳しくなりましょう!目次スプレッドとはなぜスプレッドは発生するの? 現物取引をするにはどこがいいの?各取引所のスプレッドを徹底比較! 仮想通貨のスプレッドと税金 仮想通貨スプレッドに関する気になるQ&A 仮想通貨スプレッドまとめスプレッドとはスプレッドとは「買値と売値の差額」のこと!仮想通貨取引所について調べた時に、誰しもが「手数料無料!」という宣伝をみたことがあるのではないでしょうか。株やFXでは通常入金や出金、さらには売買などあらゆる手数料が発生するのに対して仮想通貨ではそれらが一切無料というのだからとても魅力的ですよね。手数料が無料であることは私たちユーザーにとっては非常にお得なシステムですが、あまりにも虫が良すぎる話だとは思いませんか?重要な収入源であるはずの手数料が全くないとしたら取引所はどこから利益を得ているのでしょうか。ここで重要となるのがスプレッドという考えです。スプレッドとは販売所取引の際に生ずる売値と買値の差のことを言います。上の画像はbitFlyerの取引画面ですが、ここでは1BTCを購入するのに738,562JPYが必要で、売却するには721,174JPYが必要であることがわかります。購入金額が売却価格よりも高いことから「購入するには値段が高く、売却するには値段が安い」という構図ができていることが読み取れるでしょう。この二つの価格差738,562-721,174=17,388JPYのことをスプレッドと言います。そしてこのスプレッドについて理解しておかないと思わぬ損を生むことがあるのです。スプレッドが広いと損をする可能性が高い! 

 

入出金手数料

入出金手数料とは日本円を入金または出金する時にかかる手数料です。

まず入金手数料から見ていきましょう。

入金手数料

入金手数料とは銀行からSBI VCの口座に振り込む時にかかる手数料です。SBI VCでは入金手数料は無料です。

ですが、SBI VCへの入金は住信SBIネット銀行というSBIグループが運営しているネット銀行からしか対応していませんので、同時に住信SBIネット銀行の口座開設も必要になります。

出金手数料

出金手数料とはSBI VCの口座から銀行へ出金する時にかかる手数料です。SBI VCから住信SBIネット銀行への出金手数料は51円です。

出金先金融機関出金額3万円未満出金額3万円以上
住信SBIネット銀行51円(税込)51円(税込)
住信SBIネット銀行以外の金融機関165円(税込)258円(税込)

他の銀行への出金だと165円、さらに3万年以上の出金になると258円の出金手数料がかかってしまいます。

そのため、出金する際も住信SBIネット銀行の利用をおすすめします。

SBI VCは住信SBIネット銀行の口座が1つあれば仮想通貨取引がすぐできるようになっているのでとても便利です。

送金手数料 

送金手数料とは仮想通貨を他の取引所や個人に送る時にかかる取引所です。

なんとSBI VCは外部に仮想通貨を送金することができません

先程も話した通り、SBI VCはコインチェックのハッキング事件を受けてセキュリティーをとても強化しており、その為仮想通貨を送金することができないような仕組みになっています。

これにより、SBI VCでBTC(ビットコイン)を買って他の取引所に送り、そこで売却するということ(アービトラージ)は出来ません。

アービトラージについては下記の記事で詳しく解説しています↓↓

目次儲け確実と噂のビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方とは?ビットコインでアービトラージが行われる理由アービトラージのデメリット ビットコインでアービトラージをする時に役に立つツール&ソフト3選まとめ儲け確実と噂のビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方とは? ビットコインの取引所は今や世界中に無数にあり、それぞれの取引所毎にビットコインの価格が決められています。当然、全く同じように取引が行われる取引所は二つとして存在しないので、それぞれの取引所毎に決められるビットコインの価格は常に微妙に異なります。この取引所間で生じる価格差を利用して利益を出す投資テクニックをアービトラージ(裁定取引)といいます。(サヤ取りとも呼ばれます。) 分かりやすい例として、A取引所で1BTC = 60万円の時に、B取引所では1BTC = 61万円であれば、A取引所で買った1BTCをすぐにB取引所に送金して売却すれば、差額の1万円が儲けになります。ただし、この方法だと送金している間に価格差がなくなったり価格が暴落してしまう恐れがあるので、実際のアービトラージではA取引所で1BTCを買うと同時にB取引所で1BTCを空売り(ショート)して、A取引所とB取引所で価格差がなくなった(例えば価格が60万5000円になった)時にA取引所の1BTCを売却し、B取引所の1BTCを買い戻すことで1万円の利益を得ます。 まとめると、アービトラージとは同じ物の価格が二つの取引所で異なった時に、高い方を空売りして低い方を買い、価格差がなくなった時に反対取引をして利益を出す投資手法です。 ビットコインでアービトラージが行われる理由 市場が成熟しておらず、価格差が発生しやすい アービトラージは、理論上は複数の市場ごとに価格が決まっているもの全てで使えるテクニックです。しかし資本主義が成熟した現代においては、利益が出せるほどの価格差が市場間で生まれるということはほとんどないです。ところが、ビットコインにおいては市場が成熟していないため、比較的大きな価格差が取引所間に生じやすい状況になっています。日本国内の取引所においても、大きい時は5000円〜1万円の価格差が生まれることがあります。このためにビットコインのアービトラージが注目を集めています。

他の取引所に送金して多様な取引をしたい方にはGMOコインの登録を進めています!

GMOコインのは東証1部上場のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。セキュリティーの安全とチャートの見やすさから初心者にも上級者にもおすすめできる取引所となっています。仮想通貨の外部送金も可能です。

GMOコインの詳しい評判やメリット・デメリットは下記の記事をご覧ください↓↓

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?GMOコインは、コインオタクで一番人気の取引所で、国内最大の仮想通貨取引所になる可能性も秘めています!コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!最短1日!GMOコインに無料口座開設!! 目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判!GMOコインのメリット!GMOコインのデメリット!まとめそもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む

 

SBI VCの手数料を他社と比較

では次にこのSBI VCの手数料を有名他社と比較してみましょう!SBI VCの手数料の安さがわかると思います。

GMOコイン、bitFlyer、bitbankと比較していきます。

取引所取引(販売)手数料スプレッド入金手数料出金手数料送金手数料
SBI VC無料約2%程無料51円無料
GMOコイン無料1.2%~5%無料無料無料
bitFlyer0~0.2% 約1.5%無料(即時入金は324円)216円0.0004BTC
bitbank無料ほぼ無し無料540円0.001BTC

スプレッド以外は他社と比べても安い方であることがわかります。

全体的にGMOコインには劣ってしまいますが、SBI VCの手数料はその他の取引所より比較的優れていると言えるでしょう!


SBI VCのスプレッドはこれからどんどん狭くなっていく

SBIホールディングスの社長である北尾吉考氏が、SBI VCは業界最低手数料・最低スプレッドを目指していくとおっしゃっています。


僕はスプレッド革命を起こそうと思っている。うちは証券の手数料でも限りなく安さを提供する。銀行預金金利はできるだけ高くする。保険料はできるだけ下げる。すべて顧客中心主義を徹底して貫いてきた。このビジネス(仮想通貨関連事業)についても、僕は基本的には同じ考え方です。

記事はこちらからもご覧になれます。

すでに手数料は他社と比べても安い方ではありますが、スプレッドだけはまだまだ安いとは言えません。

ですが証券口座日本一の実績があるSBIですから資本金は膨大です。そのSBIがSBIVCの手数料およびスプレッドを下げることになれば、他の取引所もそれに付随して下げなければ行けなくなり価格競争が発生します。

これによって仮想通貨業界はFX業界のようにどこもほとんど手数料やスプレッドが変わらないような業界になっていくのではないでしょうか。


住信SBIネット銀行を利用して手数料を抑えよう!

SBIVCを利用する際は住信SBIネット銀行が便利です

そして、上記でも説明した通り、入金には住信SBIネット銀行しか対応していませんし、出金は他の銀行を利用するよりも手数料は大幅に安く済みます。

住信SBIネット銀行はSBI VCに登録すれば下記画像のようにそのまま口座開設することができるようになります。

そのため、まずはSBI VCに登録してその後に住信SBIネット銀行の口座を開設することをおすすめします!

この記事を読めばSBIVCから住信SBIネット銀行までの登録方法が詳しく解説されていますので是非ご覧ください↓↓

「仮想通貨に手を出してみたいけれど、なんだか怪しいし不安…」と思っていませんか?そんなあなたに朗報です!大手金融機関のSBIグループが仮想通貨業界に参入するためにVCTRADEを開設しました。SBIグループのノウハウや取引手数料の安さを強みとして、日本の仮想通貨市場を牽引していくことが期待されています。仮想通貨に不信感を持っている方こそ、大手SBIグループが運営する仮想通貨取引所にこの機会に登録してみませんか?この記事では、SBIバーチャルカレンシーズとVCTRADEの基本情報と、その登録や入金方法について詳しく解説していきます!目次SBIバーチャルカレンシーズとは?登録手続きを徹底解説!2要素認証について入金についてSBIバーチャルカレンシーズまとめSBIバーチャルカレンシーズとは?SBIグループが仮想通貨事業へ!大手金融業界SBIグループのSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)は6月4日、仮想通貨取引所「VCTRADE」の営業を開始しました。6月11日にはビットコインキャッシュ(BCH)、6月18日にはビットコイン(BTC)の取り扱いを開始するなど注目を浴びています。現在は、2017年10月に先行予約で口座開設の申し込みをした方々向けにサービスの提供を開始しています。SBIバーチャルカレンシーズの特徴まとめ独自通貨SBI(Sコイン)の発行SBIバーチャルカレンシーズは独自トークンのSBIコイン(Sコイン)の発行を予定しています。独自トークンの発行はスタンダードになってきており、トークンの買い戻しなどにより、価格が上がりやすく取引手数料が安くなるという利点があります。有名な独自トークンにはBINANCEによるBINANCEトークン(BNB)やHuobi

 

SBI VCは手数料が安く、とても安全で安心できる取引所なので仮想通貨を資産として持っておきたい方には是非登録しておくことをおおすすめします!!

SBIVCの公式ホームページはこちら!


SBIVCの手数料まとめ

いかがだったでしょうか?今回はSBI VCの手数料について全て説明しました。最後にSBI VCの手数料をまとめます。

手数料の種類手数料
取引(販売)手数料無料
スプレッド約2%程
入金手数料無料
出金手数料51円or165円or258円
送金手数料無料

SBI VCで実質払わなければいけないのはスプレッドと出金手数料の二つでした。出金手数料はとても安いのでSBI VCを使う価値は十分あります。SBIVCでの口座開設を迷われている方は登録は無料なのでこの機会にぜひ登録していただくと良いでしょう!

口座登録方法は下記の記事で解説しています↓↓

「仮想通貨に手を出してみたいけれど、なんだか怪しいし不安…」と思っていませんか?そんなあなたに朗報です!大手金融機関のSBIグループが仮想通貨業界に参入するためにVCTRADEを開設しました。SBIグループのノウハウや取引手数料の安さを強みとして、日本の仮想通貨市場を牽引していくことが期待されています。仮想通貨に不信感を持っている方こそ、大手SBIグループが運営する仮想通貨取引所にこの機会に登録してみませんか?この記事では、SBIバーチャルカレンシーズとVCTRADEの基本情報と、その登録や入金方法について詳しく解説していきます!目次SBIバーチャルカレンシーズとは?登録手続きを徹底解説!2要素認証について入金についてSBIバーチャルカレンシーズまとめSBIバーチャルカレンシーズとは?SBIグループが仮想通貨事業へ!大手金融業界SBIグループのSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)は6月4日、仮想通貨取引所「VCTRADE」の営業を開始しました。6月11日にはビットコインキャッシュ(BCH)、6月18日にはビットコイン(BTC)の取り扱いを開始するなど注目を浴びています。現在は、2017年10月に先行予約で口座開設の申し込みをした方々向けにサービスの提供を開始しています。SBIバーチャルカレンシーズの特徴まとめ独自通貨SBI(Sコイン)の発行SBIバーチャルカレンシーズは独自トークンのSBIコイン(Sコイン)の発行を予定しています。独自トークンの発行はスタンダードになってきており、トークンの買い戻しなどにより、価格が上がりやすく取引手数料が安くなるという利点があります。有名な独自トークンにはBINANCEによるBINANCEトークン(BNB)やHuobi

 この記事であなたがSBI VCの手数料を詳しく知ることができたら幸いです。

SBI VCの公式ホームページはこちら