「最近SBI VCトレードってよく聞くけど、手数料はどれくらいなの?

あなたは今、そうお考えではありませんか?

​手数料も積み重なるとバカにならない金額になってくる。なるべくなら安いほうがうれしいですよね。 

そんなあなたのために、この記事ではSBI VCトレードの手数料をまとめてあります。

手数料についてしっかり把握して、SBI VCトレードで取引を始めてみましょう!

SBI VCトレードで仮想通貨を購入する

 

SBI VCトレードとは

 SBI VCトレードは世界的に有名なSBIホールディングスによって運営されており、多くのトレーダーから注目を集めている取引所です。

2019年7月にSBIバーチャルカレンシーズという取引所が社名を変更し、「SBI VCトレード」になりました。

SBI VCトレードの詳しい概要はこちら 

会社名 SBI VC トレード株式会社
設立日 2016年11月1日
金融庁登録番号

関東財務局長 第00005号

代表取締役CEO 北尾 吉孝
取り扱い通貨 XRP,BTC,ETH
取引可能時間 午前7時〜翌午前6時
公式サイト SBI VCトレードの公式ホームページ
SBIバーチャルカレンシーズの評判はどうなのでしょうか?最近できたばかりで気になるところですよね。しかもあの大手SBIが作ったという
 

\信頼性抜群!/

SBI VCトレードの公式ページへ!

 

SBI VCトレード:手数料一覧

手数料一覧

 SBI VCトレードの手数料一覧

入金手数料 無料
出金手数料 50円(住信SBIネット銀行の場合)
販売所手数料 無料(スプレッド:約0.8%)
送金手数料 無料

国内ではSBI VCトレードの手数料は比較的安いと言えます。

しかし、対応通貨がXRP,BTC,ETHの三つしかないので上級者の方には向いていないかもしれません。

逆に言えば、初心者の方はSBI VCトレードを使えばお得に取引がしやすいということです!

では手数料について一つずつ見ていきましょう!

SBI VCトレード:入金手数料

SBIVCトレード入金手数料

取引所の口座に日本円を入れる際にかかる手数料のことを「入金手数料」と言います。

SBI VCトレードでは入金手数料は無料です。

ただし、注意点として住信SBIネット銀行からしか入金できないので、SBI VCトレードを使うなら住信SBIネット銀行の口座を開設する必要があります。

SBI VCトレード:出金手数料

出金手数料

出金手数料は50円と非常に安いです!(住信SBIネット銀行の場合)

 

住信SBIネット銀行以外の金融機関だと

3万円未満の出金で160円

3万円以上の出金で250円

かかってしまいます。

  3万円未満の出金 3万円以上の出金
住信SBIネット銀行 50円(税込)
それ以外の金融機関 160円(税込) 250円(税込)

しかし、入金をした際に住信SBIネット銀行の口座を開設しているはずなので、特別な理由がない限りは

出金手数料=50円

と考えて良いでしょう!

SBI VCトレード:販売所手数料

スプレッド

販売所での取引手数料は無料となっています。

しかし、売買価格に手数料があらかじめ含まれており、売値と買値の差(スプレッド)が実質的な手数料となっています。

 

スプレッド

実際にこの時のイーサリアムの売値は18,737円、買値は18,888円でしたので差額の151円がスプレッドということになります。

分かりやすく表すと、SBI VCトレードのスプレッドは約0.8%と計算することができます。(スプレッドは固定されてはいないので注意)

 

スプレッドが3%近い販売所もざらにあるので、SBI VCトレードでは他の販売所と比べてもお得に取引がしやすいと言えるでしょう!

「取引手数料無料」という一文に魅力を感じて仮想通貨の取引を始めようと考えている人は多いのではないでしょうか。株やFXだと何かと手数料を取られて最終的には残金が大きく下回っているなんてことはよくありますが、仮想通貨ではそういった心配がないのは魅力的ですよね。しかし、よく考えてみると仮想通貨だけこんなおいしい仕組みになっているのはおかしいと思いませんか?今回は手数料無料の影に隠れているスプレッドという仕組みについて紹介します!この記事を読んで仮想通貨にまつわる市場原理について詳しくなりましょう!目次スプレッドとはなぜスプレッドは発生するの? 現物取引をするにはどこがいいの?各取引所のスプレッドを徹底比較! 仮想通貨のスプレッドと税金 仮想通貨スプレッドに関する気になるQ&A 仮想通貨スプレッドまとめスプレッドとはスプレッドとは「買値と売値の差額」のこと!仮想通貨取引所について調べた時に、誰しもが「手数料無料!」という宣伝をみたことがあるのではないでしょうか。株やFXでは通常入金や出金、さらには売買などあらゆる手数料が発生するのに対して仮想通貨ではそれらが一切無料というのだからとても魅力的ですよね。手数料が無料であることは私たちユーザーにとっては非常にお得なシステムですが、あまりにも虫が良すぎる話だとは思いませんか?重要な収入源であるはずの手数料が全くないとしたら取引所はどこから利益を得ているのでしょうか。ここで重要となるのがスプレッドという考えです。スプレッドとは販売所取引の際に生ずる売値と買値の差のことを言います。上の画像はbitFlyerの取引画面ですが、ここでは1BTCを購入するのに738,562JPYが必要で、売却するには721,174JPYが必要であることがわかります。購入金額が売却価格よりも高いことから「購入するには値段が高く、売却するには値段が安い」という構図ができていることが読み取れるでしょう。この二つの価格差738,562-721,174=17,388JPYのことをスプレッドと言います。そしてこのスプレッドについて理解しておかないと思わぬ損を生むことがあるのです。スプレッドが広いと損をする可能性が高い! 

 

SBI VCトレード:送金手数料

SBIVCトレード送金手数料

 SBI VCトレードの送金手数料は無料となっています。

送金手数料とは自分の資産を他のウォレットに移すときに発生します。

つまり、仮想通貨を取引相手に送ったり海外に送金するときにかかる手数料のことです。

他の取引所では送金手数料がかかってしまうところもあるので、無料というのは非常にありがたいですね。

\手数料がお得!/

SBI VCトレードで無料口座開設!

 

SBI VCトレードを他の取引所と比較

SBIVCトレードのスプレッド

取引所 スプレッド率(%)
DMM Bitcoin 約1.2%
GMOコイン 約1.4%
Coincheck 約1.2%
bitFlyer 約1.3%
SBI VCトレード 約0.8%

これを見てもSBI VCトレードのスプレッドは他の取引所と比べても狭いことが分かります。

しかし、スプレッドは固定されているものではなく常に変化しているので、あくまで参考程度にご覧ください。

SBI VCトレードの手数料:まとめ

SBI VCトレードの手数料は全体的に安いという印象を受けました。

「リップルで国際送金の常識を変える」という目標を掲げているSBIが作ったものですから、今後がさらに期待できます。

また「手数料の業界最安値を目指す」という宣言通り、手数料や仮想通貨売買の時にかかるお金も下げていってくれることを期待しましょう。

SBI VCトレードの手数料 まとめ

        • 入金・送金=無料
        • 出金手数料は基本50円
        • 販売所手数料=無料だがスプレッドに注意
        • まだまだ今後に期待!

\信頼性抜群!/

SBI VCトレードで口座開設!

 

SBI VCトレードの
会社概要
 
会社名  SBI VCトレード株式会社
所在地

〒106-0032
東京都港区六本木
3-1-1六本木ティーキューブ

資本金

 19億円8,000万円
(資本準備金を含む)

仮想通貨交換業
登録番号

関東財務局長
第00005号

加入協会

 一般社団法人
日本仮想通貨交換業協会
(会員番号1005)

事業内容

仮想通貨の交換
取引サービス
システムの提供

設立 2016年11月1日