Coinbaseが大手金融機関を買収!ブローカー・ディーラーライセンスの獲得が目的か

​買収は過疎通貨取引最適化のライセンス取得が目的か


アメリカの仮想通貨取引所であるCoinbaseは、現地時間6月6日にカリフォルニア州に拠点をおく金融機関Keystone Capital Corp​を買収し、今後は登録証券ブローカー・ディーラーとして機能するようになると発表しました。この買収によってCoibaseは証券取引委員会と連携したより厳格な規制の基盤となり、伝統的な株式とブロックチェーンベースの証券の療法を提供するようになります。同社はまたVenosate MarketplaceとDigital Wealth​の買収も発表しましたが、その買収価格は明らかにしていません。

​Coinbaseはアメリカで最大の規模を誇る仮想通貨取引所ですがBTCとETHを含む四種類の仮想通貨にしか対応していません。このように取り扱い銘柄が少ないことはSEC(米国証券取引委員会)が仮想通貨を登録しなければならない有価証券として認定する際の慎重なアプローチを示しています。Coinbaseはブログ記事において買収の理由を説明していますが、以下がその抜粋です。

最終的には、規制当局と協力して既存の有価証券をトークン化し、24/7取引、リアルタイム決済、チェーン・オブ・タイトルなどの仮想通貨ネットワーク利点を経済市場にもたらしていく未来が見えます。我々はこうした流れが企業や投資家の資本市場へのアクセスをリベラルなものにし、参加者全員のコストを削減し、ネットワーク全体への透明性と包括性を高めると考えています

この動きは、Coinbaseが将来セキュリティのために保護されたトークンを売却する立場にあり、株式のような伝統的な金融商品を数百万もの顧客に提供するという意味で非常に重要です。今回の買収は、Coinbase Prinとして記名された取引プラットフォームを拡大するためのCoinbaseの推進と同時に、同ネットワークの利用機関に対する財務管理サービスを提供するという大きなメリットがあります。CircleやRobinhoodのようないくつかの大規模な企業が仮想通貨ユーザーの獲得に向けて競争する傍で、ブローカー・ディーラーのステータスによってCoinbaseは戦略的に優位な立場になるでしょう。アメリカ連邦法では、有価証券を売買する企業は連邦取引所として登録するか、または免除の対象となる必要があります。ここでいう免除の最も一般的な例の一つとしては企業が代替取引システム(ATS)として資格を得ることでありそのためには通常はブローカー・ディーラーとして登録する必要があります。

買収を実行することにより、CoinbaseはKeystone Capitalと同様の規制状況下に置かれることになりますが、仮想通貨取引に精通しているユーザーはこれが形式的なものに過ぎないとも述べています。また、Coinbaseはブローカー・ディーラーの地位を築く最小の仮想通貨取引所というわけではなく、ウォールストリートジャーナル紙によると​、Barry Silbert​の仮想通貨グループの子会社であるGenesis Global Trading​は2015年から同地位についているようです。さらにはCoinpostは連邦銀行憲章​も求めているとも報道されています。

コインオタクの見解

​つい先日三菱フィナンシャルグループとの提携を発表し、日本進出への意欲を見せているCoinbaseに関するニュースです。同社は仮想通貨を有料証券として発行すること・及び取り扱い銘柄を増やすことを目的としてライセンスを所有する会社を買収しています。元はアメリカ最大の仮想通貨取引所ということもあってその影響力はとても大きく、買収及びライセンスの取得が順調に進んだ場合有料証券として仮想通貨取引がより盛んになる可能性を秘めています。


CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!

 


東大生×AIが毎日仮想通貨の価格予想CoinOtakuプレミアム