インドネシアで新たな仮想通貨に関する法律を施行!日用品としての利用が期待される

貿易省先物取引委員会は仮想通貨の商品化を期待

​​仮想通貨は間もなくインドネシア国内において日用品に分類されるかもしれません。インドネシアの貿易省先物取引委員​会Bappebtiの市場監督開発局長であるDharma Yoga氏​は以下のように述べました。

我が社Bappebtiのトップは、仮想通貨を証券取引所で取引することのできる商品にするという行政命令に調印しました。

インドネシアの英語情報メディアであるThe Jakarta Post​の報道では、Dharma氏は四ヶ月の研究の末、仮想通貨という新しい価値輸送手段を日用品として考えるべきだとも主張しているとのことです。

さらには近い将来仮想通貨取引所や課税方式、マネーロンダリング、テロ資金に関する問題の解決に直接的に働きかける規制が発表されるようです。そしてDrarma氏はこの規制がインドネシア銀行や金融庁、税務総局、金融取引報告書分析センター、国家警察などの合意の上で施行されるという事実を明らかにしました。


新たな規制に関していくつかの問題の解決策が必要

​​The Jakarta Post​に記載されているところでは、Bappebtiは既存の仮想通貨取引所が収入規制のシステムと調和することを期待しているようです。そして新たに施行される規制により最も顕著に影響を受ける取引所はIndodax​(旧Bitcoin Indonesia​)とCrypto Community​の二つでしょう。また、仮想通貨取引所は取引手順と製品の仕様に関する提案の提出を命じられる可能性がありそうです。Dharma氏は

私たちは証券取引所にこの問題に対する具体的な解決策の提案を要求しています。


解決策には取引に使う仮想通貨の種類取引可能な時間帯、そしてトラブルが起こった場合の対処法について言及する必要があるでしょう。

 コインオタクの見解

今回のニュースはインドネシア国内全体で仮想通貨利用が普及するための大きなチャンスとなっていますが、銀行が反対の姿勢を貫いているのがネックとなっています。

昨年12月には中央銀行総裁であるAgus Martowardojo​氏は同国の基軸通貨であるルピーの保護を目的として仮想通貨関連の取引を全面的に禁止することを発表しました。その際の同氏は

我々は仮想通貨利用によって引き起こされることが懸念される調停裁判の可能性や不自然なビジネス、そして法律では触れられない団体によるビジネスの支配によって産業構造が壊れることを防ぎます。

と発言しており、仮想通貨に対する銀行側の姿勢の軟化は厳しいものになっています。

韓国や中国にも似たような話が言えるのですが、仮想通貨規制を講じている国は自国の基軸通貨の保護を目的としており、主に中央銀行が反対の立場を貫いています。

この状況を打破するには仮想通貨の有用性世間全般で認識されることが大事でしょう。その点で貿易省が仮想通貨の商品化の可能性について言及した今回のニュースは業界全体への追い風となり得るのではないでしょうか。そして今後仮想通貨が普及していく際の指標としては中央銀行の動向というのは注目すべきポイントとして取り上げるべきでしょう。





CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!

 


東大生×AIが毎日仮想通貨の価格予想CoinOtakuプレミアム