IMF専務理事が仮想通貨への「公平な規制」を求める。それを受けてビットコイン価格が上昇。

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!


IMFの専務理事が仮想通貨への「公平な規制」を求めた

​国連の専門機関であるIMF(国際通貨基金)の専務理事であるクリスティーヌ・ラガルド氏​が今月16日にIMFのブログに投稿し、仮想通貨に対して好意的な発言をしました

ラガルド氏は3月に同じくIMFのブログで「仮想通貨の闇に立ち向かう」と題した記事を掲載していましたが、今回の投稿では

「先月の私の投稿ではマネーロンダリングやテロ資金供与などを含めて仮想通貨の負の側面に目を向けましたが、今回は仮想通貨がもたらす有望な将来について考えてみたいと思います。仮想通貨を思慮深く分析すれば、仮想通貨を全力で非難することにも諸手を挙げて称賛することにもなりません」

と述べ、一転して仮想通貨の「光」に目を向けた形になります​。

今年1月の世界経済フォーラム、そしてそれ以降に仮想通貨での違法行為を取り締まる必要性に言及してきたラガルド氏ですが、先日のブログでは

「実際に存在する脅威と必要性の無い懸念を区別するつもりなら、仮想通貨が金融の安定にもたらすリスクを理解することはとても重要です。だからこそ、私たちはイノベーションを妨げることなくリスクを取り除くような公平な規制をしなければならないのです

と述べ、仮想通貨に対する「公平なアプローチ」について繰り返し言及しました。

また、仮想通貨がもたらすであろう利益についても言及して仮想通貨の送金の早さや安さを利点として挙げた上で、

「仮想通貨の根底に存在する分散型台帳技術は市場をより効率化させてくれるでしょうし、スマートコントラクトは従来の仲介者の必要性を消してしまうでしょう」

と述べました。

ビットコイン価格が上昇。ラガルド氏の発言が影響か​

​ラガルド氏のこの記事が投稿された16日、ビットコインの価格は上昇して一時約3週間ぶりに90万円を超えました。

上昇の要因はいくつかあると思われますが、この規制一辺倒ではない発言も影響していると思われます。

なお、18日早朝時点では80万円台後半で推移しています。

コインオタクの見解​

仮想通貨に対する規制の流れが続く中で、国際金融や為替相場の安定化を目的としているIMFの専務理事がこれまでとは異なり規制一辺倒ではなくバランスのとれた規制の必要性を述べたことは各国の仮想通貨への規制の方向性に多少の影響を与えると思われます

一方、具体的な規制情報ではなくIMF専務理事の投稿一つで価格が変動したことで、各国政府の規制に対する投資家の警戒心が改めて明らかになったと言えるでしょう。


(参考記事)

Bitcoin gets boost from IMF head

IMF Chief Says Bitcoin Tools Could Make Traditional Finance Function More Efficiently

IMF’s Lagarde Counters Crypto Warnings With New Praise Of ‘Potential Benefits’

1;95;0c