草コインに投資してみたいけど怖くてなにから始めたらいいのかがわからない

そう悩んではいませんか?

たしかに詐欺コインも存在する中で将来性のある通貨を自分で選んで投資するのは難しいですよね?

そんなあなたのためにコインオタクが草コイン投資の始め方をお教えします!

この記事では草コインと詐欺コインを見分けるための7つのポイントと具体的な購入手順を説明し、最後にはおすすめの草コインまで解説しています。

もう草コインについて迷うことはありません!しっかりと自分でコインを選んで夢の億り人を目指しましょう!

なおこの記事は草コインの高騰を保証するものではないのであくまで投資は自己責任でお願いします。

この記事を読んだらわかること

  • 草コインとはなにか
  • 草コインの選び方
  • 草コインの購入手順
  • 2018年おすすめの草コイン

 


草コインとは? 

仮想通貨は大きくビットコイン、アルトコインの2種類があります。そのアルトコインの中でもまだ世の中に知られていない通貨を草コインと言っています。

当たれば一攫千金!?10万倍以上になることもある仮想通貨 

草コインとは取引量がとても少なく世にまだ知られていない仮想通貨のことです。

笑ってしまうほど無名な通貨であることからネット用語の「草(w)」が名前の由来であるとされています。海外では「Shit coin(クソコイン)」と呼ばれることもあります。

草コインは無名であることからほとんどの場合は日の目をみることなくまったく価格の上昇が起きませんが、中には突然注目を集め短期間で10万倍以上の価格になるものも存在します。具体的な例をもとに見ていきましょう。

XPの場合 

XPは日本で最も話題になった草コインです。

2017年の1月時点で約0.0000000458USDだった価格は2018年の1月には約0.00525USD(約114514倍!)にまでなりました。

XPを1000円分購入して1年間持っていれば資産が1億円以上(億り人)になっていたと考えると、いかに草コインが可能性を秘めているかがわかります。


Vergeの場合 

Vergeは日本で草コインが注目されるきっかけとなった仮想通貨です。

2017年の1月には0.0023円であった価格が年末には29.67円(12900倍!)にまでなりました。

有名な通貨は取引量が多く価格が上がりにくい(ビットコインは1年間で17倍で)のに対し、草コインは仮想通貨の中でも特に大きな利益をあげられる可能性があると言えます!

スキャムに騙されると資産がなくなることも... 

スキャムとは資金を集めるだけで実体のない詐欺コインをさします。

たとえば2017年に全国展開を開始し30万人以上が出資していたクローバーコインは詐欺ICOとして同年9月に消費者庁と国税庁の両方から強制捜査を受け販売停止となりました。クローバーコインの出資者は価値のないコインだけが手元に残り実質資産を失うこととなってしまいました。

仮想通貨の人気が高まるにつれてこのような詐欺コインは増える一方であり、草コインを購入する際にはスキャムに騙されないような注意も必要です。

目次スキャム(scam)とは仮想通貨のスキャム手口スキャムの対策スキャムについてのQ&Aスキャムまとめ スキャム(scam)とは スキャムとは詐欺・ペテンを意味します。仮想通貨は誰でも簡単に参入でき、なおかつ匿名性も高いことから、残念ながらスキャムが横行してしまっているのが現状です。そのうえ、手口にもいろいろあり、常にスキャムには警戒しなくてはいけません。 中国ではICO規制が2017年9月に行われましたが、スキャムICOが横行したことがその一因になりました。 仮想通貨のスキャム手口 仮想通貨のスキャムにはどのような種類のものがあるのか、紹介していきます。 スキャムICOコイン これは仮想通貨関連のスキャムでおそらく最も多いパターンです。 前提知識として、ICO(initial coin offering)は事業の発案者がトークンを発行し、上場前に出資者にそれを買ってもらうことによって資金を確保するという出資形態です。 このICOの際に、事業者がもっともらしいことを言っておきながら資金調達後いつまでたっても実行しない、というスキャムがあります。 このときに発行されたICOコイン(トークン)は、その価値を下支えするものが一切ないわけですから、当然価値をもちません。 事業者は資金を丸々持ち逃げ、というわけです。 スキャムICOが横行しすぎると、中国のようにICO全体を規制する法律が発効される可能性もあり、仮想通貨市場全体に悪影響を与える手口と言えます。 ICOとは?仮想通貨を用いた新たな集金方法!参加方法やおすすめ案件を解説!今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。続きを読む クラウドマイニング クラウドマイニングとは、マイニング業者に金を支払うことで自分の代わりにマイニングしてもらう、というサービスです。 このサービスを行っている業者、詐欺でないところもあることにはあるのですが、マイニング費用だけ掠め取って支払いはゼロ、という手口のスキャムが非常に多いのが現状です。

 

将来性の高い草コインの見分け方 

現在世界には1500種類以上の仮想通貨が存在します。その中からスキャムにひっかかることなく将来性の高い仮想通貨だけを選ぶ抜くための7つのポイントをお教えします。


将来性の高い草コインの見抜き方

  • 時価総額100位以下
  • 大手取引所に上場していない
  • チャートが横ばい
  • 開発の進捗が順調
  • 運営者がしっかりしている
  • 過去に暴騰が起きていない
  • コミュニティーが活発

 時価総額順位の100位以下

時価総額が高い通貨は価格の上がり幅が少なく、草コインに求めているはずの「一攫千金」がのぞめない可能性が高いです。

時価総額が少なくとも100位以下の通貨であればなにかの拍子に大きく価格が変動する可能性があります!

時価総額のリアルタイムランキングはCoin Market Capで確認することができます。


大手取引所に上場していない

大手取引所に上場している通貨は上場に時点で大きな注目を集めてしまい、必然的に取引高も大きくなってしまいます。

マイナー取引所でしか取り扱われていない通貨を狙いましょう

チャートが横ばい

草コインの多くは大きく価格が上昇したのちに大きく価格を下げもとの金額付近にもどることがほとんどです。価格の高騰が一時的なものでしかない通貨がその後再び人気となることは大変難しいため、チャートをみて価格の大きな変動を経験していない通貨を選ぶ方がよいでしょう。

仮想通貨のチャートはCoin Market Capで確認することができます。

通貨の仕組みを理解する 

将来性を見抜く上で、その通貨の仕組みを理解することはとても重要です。仕組みを理解するためには、その通貨のホワイトペーパーを読むことはもちろん、仮想通貨自体の仕組みやそのコンセプト、さらには代表的な通貨の概要を知る必要があります。コインオタクでは、初心者向けの知識を説明した記事や、代表的な51種類の通貨を解説した記事を公開しています!ぜひ活用してください!

開発の進捗が順調

草コインの多くは、ICOによって発行されたものです。ICO時点では開発がまだ始まっていないという状況であることも多く、その後の開発状況をしっかりキャッチアップする必要があります。そのためには、開発者や通貨の公式Twitterをフォローするのがおすすめです。ICOで資金集めをした後、なにも開発が進まないという事例を多いので、注意が必要です。

運営者がしっかりしている

通貨が信頼できるかどうかは、運営者がしっかりしているかを見るのも大事です。運営者が経歴不明の人物というのは怪しいですよね。運営者情報は通貨の公式サイトを訪れることで確認できます!公式サイトに運営者情報が載っていない通貨は注意が必要です。

また運営者の顔写真が載っているものはより信ぴょう性が高いといえます。

過去に暴騰が起きていない

過去に既に一度でも、暴騰が起きている通貨は暴騰しにくい傾向があります。暴騰しににくなってしまう理由は、過去に暴騰が起きた際にうまく売り抜けることができず通貨を持っていた人たちが少しでも損失を抑えるために少しの価格上昇で売却してしまうからです。

コミュニティーが活発

コミュニティがあるかないか、活動が活発かどうかは暴騰する草コインを見分ける上で非常に重要な情報です。

コミュニティーが活発であるということはそれだけその通貨を応援している人がいるということになりますし、通貨に関する重要な情報も手にすることができるでしょう。草コインを選ぶ際には実際にコミュニティー参加するのも大切です。

2018年おすすめの草コインは? 

今回は無数にある仮想通貨を500種以上調べ上げ、知名度の低さ・システムの将来性・インフルエンサーのサポートの有無などの観点から価格があがる可能性が高いと思われる草コインを決定しました。ただあくまで予想であり、草コインは高騰しない確率の方が圧倒的に高いことを理解した上で投資は自己責任でお願いします。

2018年おすすめの草コインランキング

  • 1位 ストラクス:圧倒的に便利な決済手段を実現したい人
  • 2位 セントラリティ:イーサリアムの進化版とも言える通貨を応援したい人
  • 3位 スカイコイン: BTCともETHとも異なる「仮想通貨3.0」に可能性を見いだす人。

 

ストラクス(STAKS)

 

ストラクスロゴ

ストラクスは電子決済に特化した利用を目的としている草コインです。もともとはSignatum(SIGT)というプロジェクトでしたが、コードを書き換えるリブランディングがなされストラクスが誕生しました。

ストラクスはネット上での決済を便利にすることを目的としているため実用されれば効果はとても高いと言えます。ストラクスでは決済のスピードや安さ・セキュリティを向上するため以下の新技術が取り入れられています。

  • Segwit 4x・・・トランザクションのデータ容量を小さくしシステムへの負荷を減らすSegwitを導入した上でブロックサイズを4倍にする技術。負荷が大きく減り送金を安く・速くする。
  • ライトニングネットワーク・・・オフチェーンでトランザクションをまとめることでシステムの負荷を減らす技術。送金が安く・速くなるほか、少額決済に向く。
  • アトミックスワップ・・・二者間の決済において一方がお金を払わず持ち逃げすることを防止する技術。セキュリティ性能があがる。
  • i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)・・・送金が匿名で行えるようになる技術。セキュリティ性能があがる。
  • ゼロコインプロトコル・・・トランザクションの送金先、送金元、送金額を隠す技術。セキュリティ性能があがる。
  • マスターノード制・・・トランザクションを伝播させるノードの上にさらにシステムを手伝う上位互換を設置すること。フォークが減り承認速度が速くなる。
  • Lyra2rev2・・・ビットコインのマイニングを牛耳るASICに非対応のアルゴリズムを採用。通貨の非中央集権制が増す。

あらゆる新技術を限界まで取り入れたような印象です。「本当に実現できるの?」と思わなくもないですが、実装されればとてつもなく便利な決済手段となるでしょう。

ストラクスをStocks Exchangeで購入する!ストラクスについて詳しくはこちらをご覧ください。 

目次現在のSTRAKS(STAK)のレートSTRAKS(STAK)とは?概要・基本情報まとめSTRAKS(STAK)の特徴・メリット・デメリットSTRAKS(STAK)の最新チャート!相場からみる価格推移【STRAKS(STAK)の買い方】取引所で購入する【STRAKS(STAK)の保管方法】ウォレットSTRAKS(STAK)の将来性STRAKS(STAK)まとめ現在のSTRAKS(STAK)のレート STRAKS(STAK)とは?概要・基本情報まとめ 概要Signatum(SIGT)というコミュニティ手動の主導の通貨が開発されていましたが、開発チームの情報操作による相場操作が判明し、開発チームが逃亡しました。そのコミュニティメンバーがリブランドして立ち上げた通貨がSTRAKSです。電子商取引、つまりネット上での決済で使われることを目的とした通貨です。たくさんの新技術を採用しているということで話題になっています。 基本情報まとめ 通貨名(通貨単位):STRAKS(STAK) 公開日:2017年12月17日 マイニングシステム:PoW 発行上限枚数:1億5000万枚 取扱取引所:CryptoBridge、Stocks.Exchange 公式サイト: 公式ツイッター:@STRAKSproject公式ニュースサイト: ソースコード:... blockchain explorer: bitcointalk(フォーラム):....

 



セントラリティ(CENT)

 

セントラリティのロゴ

セントラリティは、人々が自分で情報を管理し小企業でも情報にアクセスできより平等な社会を作ることを目的としたニュージーランド発のブロックチェーンプラットフォームです。

セントラリティのCENNZネットワーク上ではユーザーが独自のDapp(分散型アプリケーション)を開発することができます。各Dappはスマートコントラクトを通して持っている情報を共有することができすべてのDappが協力関係にあることでCENNZネットワーク全体のレベルアップが図れます。

たとえば、「レストラン」サービスを提供するDappが「タクシー」サービスを提供するDappと協力することで客を店まで運んできたりデリーバリーサービスを行うことができます。

逆にユーザーからすればセントラリティにさえ登録すればCENNZ上のすべてのDappの恩恵を自動的に受けることができるのです。

また、多くの仮想通貨プロジェクトはサービスを開始売る前にトークンを発行しているいわば「机上の空論」ですが、セントラリティではすでに分散型取引所(DEX)である「SingularX」、ナビゲーションサービス「Skoot」などすでに複数のDappが製作されすでに機能しています。これはシステムがしっかりしたものであることを示す根拠でありスキャムである可能性はとても低いでしょう。

セントラリティは2018年1月15日にICOを行いましたが、約133億円分のCENNZをトークンセール開始後6分で完売しプレセールと合わせ計約200億円の資金調達に成功しています。いまだ上場には至っていませんが、期待が高くトークンセールで入手できていない人が大勢いることから上場後は価格の上昇が予想されます


スカイコイン(SKY)

 

スカイコインは、マイニングが存在せずオベリスク(Obelisk)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している仮想通貨です。このオベリスクは、常に各ノードが保管するブロックチェーンが同一であること(つまり分岐が起こらないこと)、51%攻撃への耐性を持つことを目的として作られたものです。

オベリスクの仕組みを簡単に説明します。

まず各ノードは複数のノードと繋がっており、メッセージのやり取りをすることが可能です。ノードの中には新しいブロックを作り出す(他の仮想通貨でいうマイニングの)役割を持ついくつかのブロック生成ノードが存在します。

ブロック生成ノードは、新しいブロックの候補ができた場合にはその候補ブロックのデータを自分が繋がっているノードに送ります。ノードは複数のノードから候補ブロックのデータを受け取る可能性があるわけで、その中で一番多いものを採用して新しいブロックをつなぎ、自分が繋がっている他のノードにそのデータを送っていきます。

こうしてノードの間をじわじわと新しいブロックのデータが広がっていく仕組みになっています。

この時に重要なのが、もし悪意あるデータを受け取った場合、そのノードとの接続を遮断できるという点です。(悪意あるデータというのは、ウソのデータや、複数の候補ブロックのデータなどです。)

悪意あるノードとの接続を遮断することによって、悪意あるノードのデータがネットワークに広がるスピードは格段に落ち、影響力がぐっと減ります。そのため、プルーフオブワークでは悪意あるノードによる51%攻撃が理論上可能であったのが、オベリスクでは不可能になります。

このように、ノード間の切断を適切に行っていくことによって、ネットワーク上の影響力の配分が最適化されていき、極めて効率的な合意形成が取れるようになっていきます。その結果、ブロックチェーンの同期がはやく行われることとなります。

通貨としての機能のみをもつビットコインなどの「仮想通貨1.0」、クラウドファンディングなど金融分野で用いられるイーサリアムなどの「仮想通貨2.0」につつぎ、スカイコインはブロックチェーンを日常にまで活用した「仮想通貨3.0」となることを期待されています!

スカイコインをCryptopiaで購入する!

草コインの購入手順・買い方

草コインは国内の取引所での取り扱いがないため海外の取引所で購入する必要があります。

購入する草コインが決まったらさっそく草コインの購入手順を見ていきましょう!

草コインの購入3STEP

  • 国内取引所でビットコインを購入する
  • 海外取引所にビットコイン(BTC)を送金する
  • 海外取引所で草コインを購入する

 

国内取引所でビットコインを購入する

海外の取引所では日本円の入金ができないためビットコインでの入金が必要です。そのためまずは国内の取引所でビットコインを購入しましょう。

ビットコインは国内のほとんどの取引所で購入することができますが、どこも

口座開設→本人確認→日本円の入金→注文

の手順を取ります。

ビットコインの詳しい購入方法は「ビットコインの購入方法・買い方!東大生がおトクな購入手順を詳しく解説!」で解説していますのでこちらもご覧ください。

おすすめ取引所はGMOコイン!

GMOコインは、日本の大手インターネット関連企業GMOグループのグループ企業です。そのため、初心者の方でも安心して利用することができます。GMOコインでビットコインを購入する際には、販売所もしくは取引を選ぶことができます。

どちらにも違ったメリットがあるので状況に応じて使い分けることも可能です。

また各種手数料が無料であり初心者に最もおすすめの取引所です!

GMOコインの口座開設はこちら!

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

 


海外取引所にBTCを送金する 

国内取引所で購入したビットコインを使って海外の取引所でお目当の草コインを購入しましょう。送金する前に必ずその取引所で目当ての草コインが取り扱いされていることと取引所が安全であることを確認しましょう。

送金の際にはビットコインアドレスに間違いがないように注意してください。もしビットコインアドレスを間違うと資産がなくなってしまうこともあります!

おすすめの取引所はバイナンス(Binance)!

バイナンスは仮想通貨の取引量世界一の仮想通貨取引所です。

取引通貨数が100種類以上(国内最多のZaifは14種類)と世界トップクラスの品揃えがあるため多くの草コインを利用することできます。また、「新規通貨上場のユーザー投票」をもとに月に一度の取り扱い通貨の追加を行なっており、今後さらに多くの草コインが利用できるようになるでしょう。

Binanceの公式HPはこちら!

バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。そんなバイナンスをコインオタクが詳しく解説!

 

海外取引所で購入する 

あとは草コインを海外の取引所でビットコインを使って注文するだけです!

海外取引所で仮想通貨の購入するには日本の取引所同様に本人確認が必要な場合が多いですが先ほど紹介したBinanceは本人確認なしでも取引を行うことができます。

 

その他の海外取引所についてはこちらをご覧ください。

海外の取引所はビットコインの他にも有望な仮想通貨を多く取り扱っているから、利用してみたい!でもどうやって選べばいいかわからない、という方必見です!おすすめの海外取引所や選ぶ時のポイントまで全てコインオタクが解説しています!

 


FAQ 

マイニングにおすすめの草コインは? 

CPU Coin ListではCPUでのマイニングに最適なアルトコインの一覧を確認することができます。GPU Advantaageが1以下、もしくは「CPU Only」の通貨は一般のパソコンでもマイニングを行うことのできるおすすめのアルトコインです。


草コインのまとめ

草コインのまとめ

  • 草コインとは、取引量が少なくまだ世の中であまり知られていない通貨!
  • 草コインには暴騰する可能性がある!
  • 草コインには情報が少ない分リスクがある!

 

いかがでしょうか?今回は将来性の高い草コインを選ぶ方法と具体的な購入手順、おすすめの草コインを解説しました!

とっつきづらいと思われがちの草コインの投資に挑戦する方法がおわかりいただけていたら幸いです。

投資は自己責任でお願いします!

 

GMOコインの口座開設はこちら!

Binanceの口座開設はこちら!