「仮想通貨を始めてしばらくたったけど、種類が多すぎて違いがよくわからない!」

そんな悩みを抱えていませんか?たしかに2000種類も通貨があるとどれがいいのかよくわからなくなってしまいますよね。

そんなあなたのためにコインオタクが「これさえ知っておけば大丈夫!」と言える代表的な仮想通貨51種類の特徴をまとめてみました!この記事では通貨の特徴が機能別に分類されているため、特徴についての理解がしやすいはずです!

さらに各通貨のおすすめ度や購入場所、通貨の選び方まで解説しているのであっという間に仮想通貨の良し悪しまで把握してトレードすることができます!

もうわからないとは言わせません!仮想通貨の種類やその将来性までさっと覚えていい通貨だけを取引する「仮想通貨オタク」になりましょう!


この記事を読んだらわかること

  • 最低限覚えておくべき仮想通貨51種類の特徴がわかる!
  • それぞれのおすすめ取引所や将来性までわかる!
  • 仮想通貨の選び方もわかる!

 

仮想通貨の数は2000種類以上!

仮想通貨はなぜこんなに多いの?

仮想通貨の種類は日に日にその数を増やしていて、いまや2000を超える仮想通貨があります。

なぜこのように数がどんどん増えているのでしょうか?

理由として挙げられるのは、様々な企業が行うICOが活発化したことです。企業にとってはIPOに代わる新たで手軽な資金調達方法、投資家にとっては一攫千金の投資チャンスとしてICOは注目を浴びました。しかし、2018年実施のICOの内76%が価格割れするなどそのリスクは顕在化しています。

他にも、イーサリアムなどのプラットフォーム上で分散型アプリケーションの開発が活発になったことも挙げられます。アプリケーションの開発にともなって新たな通貨が生まれます。

仮想通貨は様々な特徴・機能を持っている

2000種類以上もある仮想通貨は全て同じ機能を持っている訳ではありません。仮想通貨にはそれぞれ様々な特徴を持っています。

主に次の機能に分類されます↓

  1. 【決済特化型】
  2. 【匿名型】
  3. 【スマートコントラクト型
  4. 【分散型】
  5. 【予想市場型】
  6. 【プラットフォーム型】
  7. 【SNS型】
  8. 【取引所型】

主に上記の機能に分類されます。

事項では機能別に仮想通貨の種類を表でまとめました。

【機能別】仮想通貨・アルトコイン種類一覧 

今回は数多ある仮想通貨の中でも特に有名な仮想通貨を機能別に紹介します!

通貨名時価総額特徴・おすすめ取引所おすすめ度
ビットコイン

ビットコイン

1位【決済特化型】
世界で最も古く最も人気の仮想通貨
▶︎GMOコイン

★★★★★
ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ

4位【決済特化型】
ビットコインからハードフォークした通貨
▶︎GMOコイン
★★★★☆

リップル

リップル

3位【決済特化型】
多数の銀行で導入予定のブロックチェーン不使用の通貨
▶︎GMOコイン
★★★★★
ステラールーメン

ステラールーメンのロゴ

8位【決済特化型】
リップルを真似して作られた民間向けの仮想通貨
▶︎Binance
★★★★☆

ライトコイン

ライトコインのロゴ

5位【決済特化型】
ビットコインの4倍の送金速度を持つ決済用仮想通貨
▶︎DMM Bitcoin
★★★☆☆
モナコイン

モナコインのロゴ

54位【決済特化型】
2ch発祥の日本で大人気のアルトコイン
▶︎Zaif
★★★★☆

Cardano

エイダコインのロゴ

6位【決済特化型】
詐欺と疑われたオンラインカジノで利用するコイン
▶︎Binance
★★☆☆☆
Omisego

omisegoのロゴ

20位【決済特化型】
東南アジア圏におけるシェア拡大を狙う仮想通貨
▶︎Binance
★★★★☆
Decred

Decredのロゴ

44位【決済特化型】
PoSとPoWを併用した安全性の高い通貨
▶︎Bittrex
★★★★☆
Dash  

DASHのロゴ

12位【匿名性通貨】
マスターノードを採用し匿名性と送金速度を両立
▶︎Binance
★★★★☆
Monero

Moneroのロゴ

11位【匿名性通貨】
リング署名や可変ブロックを採用した匿名性通貨
▶︎Binance
★★★★☆
Zcash
Zcashのロゴ
24位【匿名性通貨】
ゼロ知識証明により最高峰の匿名性を持つ通貨
▶︎Binance
★★★★☆
Verge
Vergeのロゴ
32位【匿名性通貨】
レイス・プロトコルにより匿名性と透明性を両立
▶︎Binance
★★★☆☆
イーサリアム
イーサリアムのロゴ
2位【スマートコントラクト型】
スマートコントラクトを採用したプラットフォーム
▶︎GMOコイン
★★★★★
イーサリアムクラシック 
イーサリアムクラシックのロゴ
16位【スマートコントラクト型】
The DAO事件を機にイーサリアムから分裂した通貨
▶︎GMOコイン
★★★☆☆
LISK
LISKのロゴ
19位【スマートコントラクト型】
JavaScriptでスマートコントラクトをかける通貨
▶︎bitFlyer
★★★★☆
NEO
NEOのロゴ
7位【スマートコントラクト型】
多様な言語に対応の「中国版イーサリアム」
▶︎Binance
★★★★☆

クアンタム

Qtumのロゴ
18位【スマートコントラクト型】
2大通貨BTCとETHのいいとこ取りをした通貨
▶︎Binance
★★★★★
EOS
EOSのロゴ
9位【スマートコントラクト型】
企業向けの分散型アプリケーションプラットフォーム
▶︎Binance
★★★★☆
0x

0xのロゴ

53位【DEX型】
relayerにより流動性を高めたDEX
▶︎Binance
★★★☆☆
BitShares

BitSharesのロゴ

36位【DEX型】
分散型取引所OpenLedgerを持つ金融プラットフォーム
▶︎Binance
★★★☆☆
Numerai

Numeraiのロゴ

283位【市場予測型】
市場予測を行うAIの性能を競い合うプラットフォーム
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Cindicator

Cindicatorのロゴ

91位【市場予測型】
集合知をAIで分析するハイブリッドインテリジェンス
▶︎Binance
★★★★★
Augur

Augerのロゴ

40位【予測市場型】
スマートコントラクトを利用した分散型予測市場
▶︎Bittrex
★★★★☆
Gnosis

Gnosisのロゴ

109位【予測市場型】
Augurとほとんど違いのない分散型予測市場
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Iconomi

Iconomiの画像

97位【投資信託型】
分散型のファンド管理プラットフォーム
▶︎Binance
★★★★☆
Siacoin

Siacoinのロゴ

34位【データストレージ型】
ブロックチェーンを使った企業向けクラウドサービス
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Storj

Storjのロゴ

103位【データストレージ型】
ブロックチェーンを使った個人向けクラウドサービス
▶︎Binance
★★★☆☆
Golem

Golemのロゴ

67位【クラウドコンピューター型】
分散型スーパーコンピューター開発
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Trigger

Triggerのロゴ

221位【その他Dapps型】
スマートガンの情報を管理
▶︎Binance
★★★☆☆
Civic

Civicのロゴ

120位【その他Dapps型】
本人認証にかかる手間を大幅削減
▶︎Bittrex
★★★☆☆
WAVES 

WAVESのロゴ

32位【仮想通貨総合プラットフォーム】
独自のプラットフォームでEthereumの強力な競合
▶︎Binance
★★★★★
Counterparty

Counterpartyのロゴ

220位【仮想通貨総合プラットフォーム】
ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトを実装
▶︎Zaif
★★★★☆
NEM

ネムのロゴ

13位【仮想通貨総合プラットフォーム】
カタパルトの実装に期待の多機能プラットフォーム
▶︎DMM Bitcoin
★★★★☆
Byteball

Byteballのロゴ

83位【仮想通貨総合プラットフォーム】
DAGを導入でEthereumのデメリットを解決
▶︎Bittrex
★★★☆☆
ALIS 

ALISのロゴ

385位【SNS型】
日本発の分散型メディアプラットフォーム
▶︎Cryptopia
★★★★☆
Steem 

Steemのロゴ

28位【SNS型】
Googleに対抗の分散型メディアプラットフォーム
▶︎Binance
★★★★☆
c0ban  

cObanのロゴ

【SNS型】
動画広告視聴で報酬がもらえるプラットフォーム
▶︎c0ban取引所
★★☆☆☆
TRON 

TRONのロゴ

14位【SNS型】
分散型エンタメサービスプラットフォーム
▶︎Binance
★★☆☆☆
GameCedits

GameCreditsのロゴ

117位【ゲーム関連通貨】
オンラインゲームの共通通貨
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Bitcrystals 

Bitcrystalsのロゴ

506位【ゲーム関連通貨】
ゲームSpells of Genesis内で使える仮想通貨
▶︎Zaif
★★★☆☆
XP

XPのロゴ

140位【ゲーム関連通貨】
ゲームの経験値がお金になるプラットフォーム
▶︎CoinExchange
★★★☆☆
Tether
Tetherのロゴ
15位【法定通貨連動型】
単位あたりの価格が米ドルに固定
▶︎Binance
★★☆☆☆
TenX
TenXのロゴ
94位【デビットカード型】
カード決済でウォレットから直接引き落とし
▶︎Bittrex
★★★☆☆
QASH
QASHのロゴ
57位【取引所コイン】
世界中の取引所の情報をまとめてひとつの板に
▶︎QUOINEX
★★★☆☆
BNB
BNBのロゴ
24位【取引所コイン】
Binanceでの手数料が半額に
▶︎Binance
★★★☆☆
Zaifトークン
Zaifのロゴ
【取引所コイン】
日本最大級の取引所Zaifが発行したトークン
▶︎Zaif
★★☆☆☆
IOTA
IOTAの画像
10位【その他有名通貨】
IoT決済に特化したブロックチェーンを使わない仮想通貨
▶︎Binance
★★★☆☆
Factom
Factomのロゴ
62位【その他有名通貨】
データ管理を分散化しコストを削減
▶︎Bittrex
★★★☆☆
COMSA
COMSAのロゴ
【その他有名通貨】
日本企業のICOをアシスト
▶︎Zaif
★★★☆☆

有名仮想通貨51種類の特徴・将来性

まずは通貨の一番わかり易い機能、決済に特化した通貨を紹介していきます!

ビットコイン(BTC)

ビットコインの画像 

ビットコインは世界発の仮想通貨!

ビットコイン(BTC)は正体不明の数学者「中本哲史(ナカモトサトシ)」 が論文で発表した世界最初の仮想通貨です。

ブロックチェーンでお金を分散管理しているため透明性が高く、マイニングにより整合性が保たれ続けるため改ざんが不可能である特徴を持ちます。管理者が存在せず仲介人なしに世界中で個人間の送金が行えるため、送金手数料が安く反映も早い新たな送金手段として注目されています。

仮想通貨の中で最も人気が高く世界中の12000店舗でビットコイン決済が導入されていて、時価総額は常に1位に位置付けています。


ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに東大生が図とともに10分で解説します!

ビットコインの購入はGMOコイン!

ビットコインキャッシュ (BCH)

ビットコインキャッシュの画像

ビットコインキャッシュはビットコインより高性能!

ビットコインキャッシュ(BCH)は2016年8月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨です。

ブロックサイズが8MBと大きいためビットコインと比べスケーラビリティ問題を解決していると言われていますが、中央集権的であるデメリットも持ちます。ビットコインに取って代わる仮想通貨として注目されており、海外ではビットコインキャッシュ建てで取引を行える取引所も増えています。

現在時価総額は4位に位置付けています。

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのハードフォークで生まれた仮想通貨です。決済にも使われる可能性の高い仮想通貨の特徴・買い方のような基本的なことから将来性・チャート分析など発展的なことまでどの記事よりもわかりやすく解説します!

 

ビットコインキャッシュの購入はGMOコイン 

リップル (XRP)

リップルの画像

リップルの送金性能は世界一!

リップル(XRP)はブロックチェーンやマイニングが存在しない珍しいタイプの仮想通貨です。

独自のマイニングアルゴリズムPoCを採用しており決済スピードが速く手数料が安いメリットを持ちますが、中央集権的であるためリップル社のカウンターパーティーリスクもあります。

決済手段としての役割以外にも、リップル社が提供するシステムRTXP上で法定通貨同士の両替を簡略化するブリッジ通貨としての役割もあり、仮想通貨に対し嫌疑的な多くの銀行でも採用が決定しています。

現在時価総額は3位に位置付けています。

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!

 

リップルの購入はGMOコイン

ステラールーメン(XLM)

ステラールーメンの画像

ステラールーメンはリップルを真似て作られた仮想通貨!

ステラールーメンはリップルの開発者であるJed McCalebによりリップルを真似て開発された仮想通貨です。

リップルと同様にブロックチェーンが存在せず送金手数料が安く反映が早い特徴も持ちますが、中央集権的であるデメリットも持ちます。

リップルが銀行や送金業者などの企業を主な対象として存在しているのに対し、ステラールーメンは一般ユーザーが使うことを目的に制作されています。

時価総額は現在8位に位置付けています。


あのリップルと同じ仕組みを持ち、大手企業とも次々に提携しているStellar Lumens(ステラールーメン)。今最先端の国際送金・決済ネットワークを展開する仮想通貨の将来性・メリット・デメリットをコインオタクが分析・解説しました!

 

ステラールーメンの購入はBinance!

 ライトコイン (LTC)

ライトコインの画像

ライトコインはビットコインに変わる決済特化型!

ライトコインとはビットコインのソースコードを元に制作された仮想通貨です。

マイニング難易度が低く送金速度がビットコインの4倍であるほか、世界でいち早くSegwitを導入したことでも知られています。ビットコインが「金(=ゴールド)」であるならライトコインはビットコインの至らない部分で活躍する「銀」となることを目指しています。

今後はさらに送金速度を速めることのできるライトニングネットワークの導入も検討されていて、時価総額は5位に位置付けています。


ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!

 

ライトコインの購入はDMM Bitcoin!


モナコイン(MONA)

モナコインの画像

モナコインは日本初の仮想通貨!

モナコインはライトコインのソースコードを元に2chの掲示板で誕生した日本初の仮想通貨です。

2ちゃんねらーを中心に開発が進められており、segwitを世界で初めて導入しました。

コインのデザインには2chの掲示板でよく使われるキャラ「モナーちゃん」が採用されています。日本での人気は特に高くコミックマーケットや秋葉原などで実際に決済に用いられています。

時価総額は現在54位に位置付けています。 

日本発の仮想通貨として注目を集め、bitFlyer上場まで果たしたモナコイン(Monacoin)。その特徴や将来性、メリット、デメリットに加え、購入方法やオススメ取引所などの気になる・知りたい情報を全て解説します!

MONAコインの購入はZaif!

 Cardano (ADA)

ADAの画像

カルダノはギャンブルで用いられる仮想通貨!

カルダノはオンラインカジノのプラットフォームであり、そのシステム内で用いられる通貨がADA(エイダコイン)です。

スマートコントラクトを採用しているため胴元が存在せず透明性が高く、公平なギャンブルを行うことができます。

当初は詐欺コインではないかと疑われていましたが、複数の取引所に上場したことで詐欺である可能性は低くなっています。また、最近ではカジノでの利用だけではなく、決済に特化した通貨としての開発へ舵を切っています。

時価総額は6位に位置付けています。


目次ADAコインが一日で価格を倍以上に伸ばす今後の展開は?カルダノの発表に注目急激な価格上昇に対する懸念もコインオタクの分析 ADAコインが一日で価格を倍以上に伸ばす そもそもADAコインとは?取扱い取引所は? ADAコイン(エイダコイン)は、カルダノ(Cardano)というプラットフォーム上で使用される通貨です。元々はオンラインカジノゲームのプラットフォームとして、2016年頃から開発が進められていましたが、現在はより包括的なブロックチェーンによるプラットフォーム構築を目指して開発が進められています。 2017年12月現在ADAコインを取り扱っている取引所は、Bittrex(米国)、Binance(中国)、UPbit(韓国)、Coinnest(韓国)の4つです。 ADAコインの詳しい解説はコインオタクのこの記事からどうぞ! エイダコイン(ADA)とは?詐欺と称される仮想通貨の真相を解説仮想通貨界を最近賑わせているADA(エイダ)コイン、詐欺コインとの噂があった一方で、9/29に公開、10/2についに上場を果たしました!果たしてADAコインとは詐欺だったのか?はたまた大穴場だったのか?本記事ではその真相に迫ります!続きを読む 現在の相場をチャートで確認。高騰理由は? ADAコインのチャートは上のとおりです(Binanceのチャート)。2日前には1ADA=0.000012BTCほどだったものが、一気に1ADA=0.000031BTCへと、実に3倍近くに上がっています。また、1週間ほど前には1ADA=0.000005BTCだったことを踏まえると、6倍以上の上昇です。 このADAコインの高騰には決定的な理由があったわけではありません。ただ、元々「詐欺コイン」として知名度があったこと、大手取引所のBittrexやBinanceに上場したこと(10月頃)、そして1ADAあたりの価格が安く、新規参入者にとっては他のコインに比べて買いやすかったことなどが組み合わさって価格が上昇したのではないかと考えられます。 今後の展開は?カルダノの発表に注目 ADAコインのロードマップを確認

ADAの購入はBinance! 

Omisego(OMG)

Omisegoの画像

Omisegoは決済プラットフォーム!

Omisegoは日本人によって設立されたタイの企業「Omise」が制作した東南アジア中心の決済プラットフォームです。

OMGブロックチェーンはイーサリアムのブロックチェーンと連携しており、複数の仮想通貨やトークンでの取引を行うことができます。

タイの金融庁やタイのマクドナルドとの提携をしており、銀行口座を持たない人が多い東南アジア圏における新たな送金手段とした注目されています。

時価総額は現在20位に位置付けています。


名前から分かる通り、日本人起業家によって開発されたことでも知られる「OmiseGO」。イーサリアムと連携し、ICOの段階からかなりの注目を集め話題になりました。将来有望「OmiseGO」とは一体どんな通貨なのか?分かりやすくお伝えします!

Omisegoの購入はBinance!


Decred 

Decredの画像

Decredはセキュリティー性能が抜群!

Decredはマイニング方式にPoWだけでなくPoSも併用している仮想通貨です。

PoSの導入により運営が投票により決定されるため、51%攻撃の心配がなくPoWのみを採用しているビットコインより安全性のが高いと言える上、Nothing at Stake(通貨をたくさん持ってさえいれば不正なブロックを生成出来るという問題)の心配もないためPoSのみを採用しているイーサリアムよりも安全性が高いと言えます。

Decredのブロックチェーンではスマートコントラクトがかけるほか、ビットコインキャッシュとのアトミックスワップにも成功しています。

時価総額は現在41位に位置付けています。


これまでの仮想通貨に常に付きまとっていた、利用者間のガバナンスの問題。それを解消すべく開発されたのがこのコインです!「コイン保有者の声」を最大限尊重した、投票システムを導入した注目のコイン、Decredについて詳しく解説していきます!

Decredの購入はBittrex!


Dash 

DASHの画像

DASHは匿名性が高い決済型仮想通貨!

DASHは決済手段としての普及を目指している仮想通貨です。

送金者がだれであるかをわからなくするコインミクシングを採用し匿名性を高めた上で送金時間が1.3秒であり、ある程度の匿名性と送金速度が両立しているのが特徴です。

通貨のシステムの意思決定はすべてマスターノードが行っているため送金が早くなるメリットもありますが、中央集権的であるデメリットもあります。

時価総額は現在12位に位置付けています。


DASH(ダッシュ)は日本でも人気の高い通貨です。けどDASHがどんな仕組みでビットコインや他の通貨とはどのように違うの?と思っている人も多いと思います。DASHの仕組みとそれからわかる将来性を解説します!

Dashの購入はBinance!


Monero 

Moneroの画像

Moneroは暗号化技術を利用した匿名性の高い仮想通貨!

Moneroではリング署名・ステレスアドレス・秘匿トランザクションを採用しており最高峰の匿名性を保っています。

また、ブロックサイズが市場原理によって変化する可変ブロックを採用しておりスケーラビリティ問題が起きないメリットがありますが、フォークが起きやすいデメリットもあります。匿名性の高さから法規制にも注意が必要です。

時価総額は現在11位に位置付けています。


仮想通貨モネロ(Monero)とは何なのか?DASHやZcashなど、他の匿名性通貨との違いは?様々な暗号技術が生み出す匿名性の高さの理由や、将来性やこれまでの価格推移についてわかりやすく説明します。

Moneroの購入はBinance!


Zcash 

Zcashの画像


Zcashは最高峰のプライバシーを誇る匿名性通貨!

Zcashではトランザクションの送金者、受信者、取引額がわからなくても誰でもその取引が正しいことを証明できるゼロ知識証明が実現されています。

プライバシーが高く保たれている反面、トランザクション情報が大きくなるためスケーラビリティ問題が予想されるほか、法規制にも注意しなければなりません。

時価総額は現在24位に位置付けています。

目次Zcash(ジーキャッシュ)とはZcashのチャート分析!相場から見る最新価格推移Zcashの問題性と将来性は?コインオタクの見解Zcashの仕組みZcashのメリットZcashのデメリット【Zcashの入手方法1】オススメの取引所4選【Zcashの保管方法】ウォレット4選Zcashについての気になるQ&AZcashまとめ Zcash(ジーキャッシュ)とは Zcash(ジーキャッシュ)は、匿名性に特化した仮想通貨であり、完全な匿名送金を目指しています。匿名性を持たせるためのゼロ知識証明と呼ばれる機能を持っています。また、匿名性以外の部分はビットコインと類似した機能を基本的に使うことができます。 また、開発陣に著名な人が多く、取引が始まった直後に50万円ほどの値段をつけていました。例えば、ゼロ知識証の研究を行なっていたイスラエルの大学教授(Eli Ben-Sasson)やジョンズホプキンス大学、カリフォルニア大学バークレー校の教授(Alessandoro Chiesa、Christina Garman)など錚々たる面々が揃っていたのです。 Zcashのチャート分析!相場から見る最新価格推移 (2017/10/16) では、そのZcashはどのような値動きを示したのか。その動きは上図のようになります。 このように、ローンチされた直後は価値が超高騰していたのです。そしてその後価値が急落。その時の値動きを基準に考えると、最近の値動きの振れ幅は微々たるものと言えます。この値動きの理由は、先ほど触れたメンバーの評判に対する期待値が高すぎたことが挙げられると思います。実際に、ローンチ前からかなり噂になっており買いが集中したのだと思います。 では、次にここ三ヶ月の値動きを見てみます。 (2017/10/16) この画像を見れば分かるように、現在は価格が減少トレンドになっています。その理由としては、2017年5月にJPモルガンがZcashの用いているセキュリティ技術の採用を発表したことで価格が高騰したことにあります。その後は、ビットコインの分裂騒動によってオルトコインも含んだ狼狽売りが生まれたために値段がまた下落していったのです。ただ、現在でも取引高が10位以内に入るなど、着実に人気を集めています。 Zcashの問題性と将来性は?コインオタクの見解

Zcashの購入はBinance!

 Verge 

Vergeの画像

Vergeは匿名性かつ透明性の高い通貨!

Vergeはかつて「ドージコインダーク」と呼ばれていた匿名性の高い仮想通貨です。他の匿名性の高い通貨とは違って、ブロックチェーンでの履歴を隠すのではなく、アドレスと個人情報とのつながりを隠すことで匿名性を担保しています。

Vergeの送金では匿名性を持たせるか持たせないかを選択することができ、どちらを選択した場合でも同じブロックチェーンに記入されるレイス・プロトコルが採用されています。そのため匿名性と透明性が両立されていると言えます。

またいずれの場合でも送受信者のIPアドレスはTorと呼ばれる技術によって秘匿されています。

時価総額が現在32位に位置付けています。


匿名性と安全性に優れた仮想通貨Verge。まだ他の匿名系通貨に比べて知名度こそ低いものの、今後大きな匿名分散型プラットフォームになる将来性を秘めたVergeについて、特徴・仕組みを詳しく解説していきます!

Vergeの購入はBinance!


イーサリアム (ETH)

イーサリアムの画像

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額2位の仮想通貨!

イーサリアムはスマートコントラクトを採用し自動契約を実行できるプラットフォームです。

イーサリアムのプラットフォームを利用してユーザーが独自に分散型アプリケーションを作成できるのが特徴です。

マイクロソフトやトヨタ自動車などでも導入が予定されている将来性の高い通貨で、コインオタクでも「仮想通貨おすすめランキング2018年完全版|東大生が500銘柄を徹底考察し選んでみた」の記事でおすすめランキング1位で紹介しています!

時価総額は現在2位に位置付けています。


イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインオタクが徹底解説します!

イーサリアムの購入はGMOコイン! 

イーサリアムクラシック (ETC)

イーサリアムクラシックの画像

イーサリアムクラシックはThe Dao事件をきっかけにイーサリアムからハードフォークした仮想通貨!

The Dao事件でコードを改変した中央集権的なイーサリアムに反発しているイーサリアムクラシックは「Code is law(コードが全て)」のモットーをもつ非中央集権制を維持しています。

近年ではイーサリアムとの差別化を図るためIoTの実現を目指しています。

時価総額は現在16位に位置付けています。


最近どんどん存在感を増してきている仮想通貨、イーサリアムクラシック(ETC)。「イーサリアムクラシックってどんな仮想通貨なの?特徴が知りたい!」あなたは今、そうお考えではありませんか?面白そうな仮想通貨なのでちょっと気になってる。だけど投資に踏み切れるほどの情報を持っていない・・・イーサリアムクラシックについての情報があれば、投資判断に役立てることができますよね。そんなあなたに朗報です。「この記事を読めば、イーサリアムクラシックについてあなたが知りたかった情報が手に入ります。」東大生がくまなく集めてまとめた情報は、必ずあなたの役に立つでしょう!それだけでなく、イーサリアムとの違いやイーサリアムクラシックの今後の展望も解説しているので、将来性への理解も深まること間違いなし!この記事ではイーサリアムクラシックの特徴はもちろん、チャートの動きや将来性、問題点、そして購入にオススメの取引所まで知りたいことを完全網羅して解説します!この記事が投資判断のお役に立てば幸いです!目次イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の基本情報・概要説明 仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の特徴・メリット・デメリットイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)と本家イーサリアムとの違い イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後の予定 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のチャート分析!相場から見る最新価格推移 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後は?問題点と将来性 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の購入にオススメの取引所2選イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のオススメウォレット3選 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)についてのQ&A イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のまとめイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か 

イーサリアムクラシックの購入ならGMOコイン!


LISK(LSK)

LISKの画像

LISKはJavaScriptでスマートコントラクトを作成できるプラットフォーム!

サイドチェーンでDappsの開発ができるためスケーラビリティ問題を解決できる上、バグの対処も容易です。

マイニングアルゴリズムにDPoSを採用し、マイニングではなく独自のフォージングを行っているという特徴を持ちます。

時価総額は現在19位に位置付けています。

仮想通貨Lisk(リスク)は、世界的に高く評価されているブロックチェーンプロジェクトの一つです。初心者にもわかりやすいように仕組みや特徴を説明し、上級者向けに将来性への考察やチャート分析を盛り込んだ内容ですので是非ご覧ください!

LISKの購入はbitFlyer


NEO 

NEOの画像

NEOは中国発のプラットフォーム通貨!

NEOはC、C#、C++、JavaScrypt、Pythonなどの多様なプログラミング言語によって書かれたコードを実行できる仮想通貨です。

NEOではDFBTと呼ばれる独自のマイニングアルゴリズムが採用されており、ブロックの承認はユーザー投票によって選ばれた「ブックキーパー」が行います。

NEOのプラットフォームではNEOだけでなくNeoGas(GAS)も通貨として採用されており、NEOのマイニング報酬としてGASが支払われます。これによりビザンチン将軍問題を解決しています。

時価総額は現在7位に位置付けています。


今、「中国版Ethereum」として注目を浴びている仮想通貨NEO。単なる仮想通貨ではなく、次世代のインターネットインフラを目指したこのICO仮想通貨の、具体的な特徴、問題点、将来性を徹底的に分析しました!

NEOの購入はBinance!

 クアンタム(QTUM)

クアンタムの画像

Qtumはビットコイン+イーサリアム!

Qtumは残高を送金履歴から逆算するビットコインのUTXOと、イーサリアムのスマートコントラクトを併用した独自の技術アカウントアブストラクトレイヤー(AAL) を採用しています。

匿名性やプライバシーを保ちながら自動契約を実行できるQtumは企業間の安全なデジタル契約を実現することを目標としています。

将来性が非常に高く、コインオタクでも「仮想通貨おすすめランキング2018年完全版|東大生が500銘柄を徹底考察し選んでみた」の記事でおすすめランキングで紹介しています!

時価総額は現在18位に位置付けています。

ビットコインとイーサリアムの融合仮想通貨だとICOで注目を浴びていた”Qtum”の実態とは?様々な技術を使って成長していく有望アルトコインQtumの特徴や将来性をコインオタクが徹底的に分析しました!

Qtumの購入はBinance!

 EOS 

EOSの画像

スマートコントラクトを利用する分散型アプリケーションに特化している仮想通貨!

EOSとは、スマートコントラクトを利用し企業に使われることを目的とした分散型アプリケーションプラットフォームです。EOSトークンは、他の分散型プラットフォームとは違い、利用価値がありません。現状、EOSトークンはEOSの株式のようなものだと言えます。しかし、今後プラットフォーム上で使えるようになったり、決済通貨になる可能性も考えられます。分散型アプリケーションを作るのにサイドチェーンを立ち上げる必要があるのですが、手数料が無料であるのが特徴です。今後EOSトークンの価値が上がるかどうかは、プロジェクトの進捗やトークンがどのように使われるのかによります。

時価総額は現在9位に位置付けています。 


目次現在のEOS(EOS)のレートEOS(EOS)とは?概要・基本情報まとめEOS(EOS)の特徴・メリット・デメリットEOS(EOS)の最新チャート!相場からみる価格推移【EOS(EOS)の買い方】取引所で購入する【EOS(EOS)の保管方法】ウォレットEOS(EOS)の将来性EOS(EOS)まとめ現在のEOS(EOS)のレート EOS(EOS)とは?概要・基本情報まとめ 概要EOSは、企業の業務サポートで使われることを目的とした、スマートコントラクトを利用して分散型アプリケーションを作ることに特化している仮想通貨です。イーサリアムなどの他のDappが作れるプラットフォームとは違い、1秒間に何百万件ものトランザクションの処理が可能で、使用料は無料です。 基本情報まとめ 通貨名(通貨単位):EOS(EOS) 公開日:2017年6月26日 マイニングシステム:Delegated Proof of Stakeブロック生成速度:3秒 発行上限枚数:1,000,000,000 EOS備考:ERC20トークン 取扱取引所:Binance,Bitfinex,Bithumb 公式サイト: 公式ツイッター: ホワイトペーパー: ソースコード: blockchain explorer: bitcointalk(フォーラム): 公式ブログ:eosio...

EOSの購入はBinance!


0x 

Oxの画像

0xはDEXの欠点とも言われる「流動性の低さ」を解消した仮想通貨!

0xではDEXにおける注文に対し取引相手となる「relayer」を設置することで常に注文が瞬時に約定します。relayerはその対価として手数料をもらうことができます。

また、0xでの注文はすべてオフチェーンで行われるため手数料が大幅に削減される他、スケーラビリティ問題も存在しません。

時価総額は現在53位に位置付けています。 


仮想通貨0x(ゼロエックス)とは、ERC20トークン同士を手数料がかからず高速で交換出来るプラットフォームです。様々なDAppで使われていることもあり、今後も実需が上っていくであろう仮想通貨の将来性・買い方・特徴などを解説!

0xの購入はBinance!


BitShares

BitSharesの画像

BitSharesは、金融プラットフォーム!

分散型取引所OpenLedgerはこのプラットフォーム上に展開されています。取り扱うのは仮想通貨に限られますが、将来的にはさまざまな金融商品を取り扱うとしています。BitUSDは、1BitUSD=1USDに価格が固定されているペッグ通貨で、分散型プラットフォーム上で管理されています。そのため、Tetherなど他のペッグ通貨とは違い、カウンターパーティリスクが伴いません。

時価総額は現在36位に位置付けています。 


分散型仮想通貨取引所OpenLedgerを実現した仮想通貨、bitsharesをもうご存知ですか?今までになかった倒産のリスクがない取引所の仕組みや、それを実現したbitsharesの仕組みと将来性、現状の問題点を解説します!

BitSharesの購入はBinance!

Numerai 

Numeraiの画像

Numeraiは世界中のデータ科学者がAIの資料を提供するヘッジファンド!

Numeraiのプラットフォームでは科学者がAIのモデルを提供し、そのうちの最も優秀な100個が週に一度選ばれ、開発者は報酬としてNumeraireトークンを受け取ることが出来ます。

市場予測AIの開発が進む利点もありますが、情報開示が少ない欠点もあります。

時価総額は現在283位に位置付けています。

世界で初めてヘッジファンドから生まれた仮想通貨、Numeraiは株式業界に新たな旋風を巻き起こそうとしています。そんなダイアの原石であるNumeraiのメカニズムやチャート、購入方法まで丁寧に説明します!

Numeraiの購入はBittrex!


Cindicator 

Cindicatorの画像

CindicatorはAIを用いた予想市場!

Cindicator(シンジケーター)とは、ユーザーの予想データをもとにAIを使って金融市場や仮想通貨市場を予測するプラットフォームです。

仮想通貨の市場予測分野は未発達なのでCindicatorが成功を収める可能性は大いにあります。現在はユーザーに市場予測クイズが出されており、正解者にはCindicatorのトークンCNDが配布されるようになっています。この分野の対抗は多いので、争いをどう勝ち抜くのかがポイントです。

時価総額は現在91位に位置付けています。


9月にICOをしたCindicator。なにをやっている会社?どうやったらICOに参加できる?上場はしてるの?謎が多い最先端企業を大解剖!AIにビッグデータに仮想通貨!調べてみたらCindicatorは超イマドキのすっごい企業だった!?

Cindicatorの購入はBinance


Augur

Augerの画像

Augurはスマートコントラクトを用いた予想市場!

Augurとは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型予測市場で、ERC20トークンです。ある出来事に対して予測と賭け金を立て、当たると報酬がもらえ負けると賭け金は没収という仕組みがスマートコントラクトで動いているので、胴元がいない予測や賭け事ができます。これにより従来より公正に予測、賭け事ができます。

また、保険分野への応用の可能性が期待されています。スマートコントラクトを利用することで、従来のより確実性の高い保険制度ができると考えられます。

時価総額は現在40位に位置付けています。

目次Augurってどんなコイン?Augurの最新チャート分析!相場からみる価格推移!Augurは今後どうなる?コインオタクが分析した問題点と将来性Augurの3つの大きな特徴!AugurのメリットAugurのデメリット【Augurの手に入れ方】おすすめ取引所3選【Augurの保管方法】おすすめウォレットAugurまとめ Augur(オーガー)ってどんなコイン? Augurとは、イーサリアムのスマートコントラクトを用いた分散型予測市場であり、仮想通貨の一つです。 Augurを日本語に訳すと「占い師」の意味 Augurという単語は英語で「占い師」や「予言」、「前兆」などという意味を持っています。Augurの概念はざっくりいうと未来の出来事をみんなで予測しようというものなので、うまくかっこいい一言で表していると思いました! イーサリアムのスマートコントラクトの一部 Augurを一言で表すと"イーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型予測市場"となるでしょう。予測市場とは未来に起きる出来事に対して予測をした上で掛け金をたて、その予測が正しかったら報酬がもらえて間違っていたら掛け金が没収される仕組みのことです。一見ギャンブルのように思えますが、イーサリアムのスマートコントラクトを使うことで胴元がいない公正なギャンブル市場を作ることができたのが特徴です。詳しい説明は下の方でします! Augurの最新チャート分析!相場からみる価格推移! (2017年10月27日現在) Augurの価格推移です。2016の2月に買い煽りがおき、爆上がりしていますね。これは完全なバブルでしょう。 2017年3月ころからの値上がりは、仮想通貨の知名度が上がっていき投資家などが次々に参入してきたことが要員として考えられます。 6月くらいから価格が少し下落していますがビットコインの分裂騒動から資産が引いていったことが絡んでいると思います。 8月に入ると分裂騒動が終わって、さらに北朝鮮が不穏な動きをみせはじめたため価格が上がっていきました。 今後日常生活と結びついて活用され始めれば価格は上がっていくと考えています。 Augurは今後どうなる?コインオタクが分析した問題点と将来性 国に認められない場合も

Augerの購入はBittrex!

 

Gnosis

Gnosisの画像

GnosisはAugurと同じくスマートコントラクトを利用した分散型予測市場!

Augurはユーザーが賭け事のテーマから提供するのに対して、Gnosisは予測市場の大枠がすでにリリースされているアプリケーションから決められているところが大きな違いです。すでにアプリケーションがリリースされているのは大きなことですが、やっていることがほとんどAugurと被っている上、人気度やユーザー数でAugurの方が勝っています。これらから、Gnosisの伸びしろはあまりないと見られています。

時価総額は現在109位に位置付けています。

Gnosisってちらっと聞いたことはあるけど情報少ないしイマイチどんな仮想通貨かよくわからない。こんな人は必見!どんな仕組み?将来性は?価格は上がるの?多くの人が抱えるこれらの疑問を徹底解消します!!

Gnosisの購入はBittrex!


Iconomi

Iconomiの画像

Iconomiは、イーサリアムのスマートコントラクトを使った分散型のファンド管理プラットフォーム!

プラットフォーム上では、まずポートフォリオを作って売り出すことができます。そして、売り出されたポートフォリオはプラットフォームのユーザー誰もが買うことができます。ポートフォリオを作った人は勝った人が出した利益の一定割合を配当として受け取ることができます。スマートコントラクトによりこれらが簡単かつトラストレスに行われます。

仮想通貨界の投資ファンドはまだそう多くはないので先行者有利を今後活かしていけるかがポイントです。

時価総額は現在97位に位置付けています。

ICONOMIは、仮想通貨の分散型投資管理プラットフォームです。仮想通貨投資に興味ある人なら一回は投資に成功している人に頼みたい・・と思ったことでしょう。そんな希望を叶える仮想通貨の将来性・特徴・チャートなどを分析します!

Iconomiの購入はBinance!

 

Siacoin

Siacoinの画像

Siacoinはデーターストレージ系の分散型プラットフォーム!

Siacoinとは、個人のパソコンの空き容量を貸し出し、それを対価に報酬をもらうプラットフォーム及び基軸通貨です。Dropboxなどの従来のクラウドサービスと違い、ブロックチェーンに記された情報を個人のパソコンに分散して暗号化して保存します。そのため、ハッキングによる情報漏えいリスクやサービスの利用料が下がります。スマートコントラクトを利用することで、アップタイムの確認や容量を提供する個人への報酬支払いを自動化をしています。

企業向けに開発をしているので、今後一般層向けにどのようにアプローチしていくのか、はたまたアプローチしないのかが注目です。

時価総額は現在34位に位置付けています。


Siacoin(シアコイン)とはどんな仮想通貨なのでしょうか?チャート分析や仕組みの説明はもちろんのこと、Siacoinの知られていない問題点や将来性についてもコインオタクが徹底的に解説します!

Siacoinの購入はBittrex!


Storj

Storjの画像

Storjとは、分散型クラウドサービスのプラットフォーム!

Siacoinと似ているのですが、Siacoinが企業向けに開発しているのに対しStorjは一般個人向けに開発を行っています。UIが個人にとって良いものになっているので、Siacoinとうまく住み分けるのかどうか注目です。

時価総額は現在103位に位置付けています。

STORJは分散型クラウドストレージネットワークの代表格であり、今後の発展が非常に期待されます!この記事では、まず分散型クラウドストレージの説明をし、既存のクラウドストレージサービスとどのように異なるのか、その仕組み・使い方を解説します!

 

Storjの購入はBinance!


Golem

Golemの画像

Golemはスマートコントラクトを利用した分散型コンピューティングシステム!

Golemとはイーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型コンピューティングシステムで、そのプラットフォームで使われるトークンの名でもあります。具体的は、個人のパソコンの計算機能の一部を少しずつ借りることで分散型のスーパーコンピューターを作るプロジェクトです。計算機能を貸し出す対価としてGolemトークンを得ることができます。現時点でクラウドコンピューティング産業はアマゾンやGoogleのような大企業のほぼ独占状態です。スマートコントラクトをどのように活かすのかが注目ですが、開発に時間がかかりすぎているのが難点です。完成まで4年ほどが見込まれています。

時価総額は現在67位に位置付けています。

Golemってどんな仮想通貨?買い方は?パブリッククラウドコンピューティングの未来を担う、とてつもない将来性を秘めたICOコイン「Golem」の相場・仕組み・購入方法・保管方法をコインオタクがわかりやすく解説します!

Golemの購入はBittrex!


Triggers

Triggerの画像

Triggersとは、スマートガンのコントロールをするために開発された仮想通貨!

具体的には、スマートガンのユーザーや発射情報をブロックチェーンを用いて管理するプラットフォームで使われるのがこのTriggersです。従来はスマートガンの情報は中央集権的に管理されていたのですが、サイバー攻撃による弊害が懸念されていました。その懸念の解決法としてTriggersは非常に注目されているのですが、世界最大の銃社会アメリカがトランプ政権の下銃規制に消極的なので、スマートガンをターゲットとしたTriggersの普及に支障をきたす可能性があるとされています。

時価総額は現在221位に位置付けています。

NASAやアメリカ国防総省などからも注目されている仮想通貨、Triggers(トリガー)。草コインのなかで最も勢いがあるものだといっても過言ではないでしょう。この記事では、Triggersの将来性や実際のメリットデメリットなどを解説します!

Triggersの購入はBinance!


Civic

Civicの画像

Civicは本人承認を容易に行えるプラットフォーム用の仮想通貨!

Civicとは、ブロックチェーン上に暗号化した個人情報を書き込み、本人認証を容易に行うことを目的に作られたプラットフォームSIPで用いられる仮想通貨です。本人認証の作業は面倒で、他国の入出国やホテル、飛行機の予約のために多くの時間と労力が割かれます。それが、プラットフォームSIP上であらかじめ本人認証を済ませたスマホ画面を提示するだけでよくなるというのがCivicの最大の魅力です。

しかし、競合が他の仮想通貨や、Googleなど多くいて手強いのも事実です。

時価総額は現在120位に位置付けています。

目次仮想通貨CivicとはCivicの最新チャート分析!相場から見る価格推移Civicの問題と将来性は?コインオタクの見解Civicの仕組みCivicのメリットCivicのデメリット【Civicの入手方法】オススメの取引所3選【Civicの保管方法】ウォレット3選Civicについての気になるQ&ACivicまとめ 仮想通貨Civicとは Civic(シビック)とは、ブロックチェーン上に個人情報を暗号化し書き込むことで本人認証を容易に行えるプラットフォームSIPで用いられる、CVCを単位とする仮想通貨です。 例えば旅行に行く際に、通常は入国、ホテルの予約、飛行機の予約などにパスポートの提示や住所生年月日の入力など様々な手順を解する本人確認を必要とします。Civicでは、個人情報をあらかじめ登録しCivicで認証をうけておけば、スマホを提示するだけでそれらの手順を省略することができます!つまり、個人認証の時間とお金を大きく削減することができるサービスなのです! Civicの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月7日現在) Civicは2017年7月17日にトークン配布・上場をしました。ハードキャップが大きかったためか上場直後は値は大きくは上がりませんでしたが、2017年8月に中国のBterに上場をしたことで価格が大きく上昇しました。(最大$0.5以上)。その後利確のために売りが増え、2017年11月7日現在の価格は$0.3002です。これはICO時の約三倍にもなります!! Civicの問題と将来性は?コインオタクの見解 他企業が追従しやすい(Google、Evernym、Factom) ブロックチェーンを利用して本人認証を行うサービスは他にも存在します。(Evernymなど) また、Googleも個人認証に目を付けていてGoogleAuthenticatorというアプリを出しています。さらにはFactomなどの仮想通貨もデータの管理を行うサービスがあり、現時点ではCivicが優位を保っていますが、今後他の会社が成長したり、新たな競合会社になったりしたときに、その戦いに生き残れるかはまだわかりません。 Factomに関するコインオタクの記事は以下になります。

Civicの購入はBittrex!


WAVES 

WAVESの画像

Wavesはトークン発行用のプラットフォーム!

Wavesとは、独自トークンを発行できるWaves Platformの基軸通貨です。Ethereumプラットフォームに対するETHと同じ関係です。Waves Platform上のウォレットWaves Lite Clientでは、ゲートウェイによってドルやユーロなどの法定通貨や他の仮想通貨も取り扱われます。マイニング承認システムにLPoSを使っていることも特徴です。

しかしながら現状、開発途中の機能ばかりなのでEthereumやNEMといった手強い競合にどう立ち向かうのかが注目です。

時価総額は現在32位に位置付けています。

Wavesは仮想通貨としてよりICOにも使われる多機能プラットフォームとして有名です。チャート分析や特徴の説明はもちろん、エアドロップのもらい方は?購入できる取引所は?ロシアの通貨規制の影響は?などの疑問をすべて解消します!

Wavesの購入はBinance!


Counterparty

Counterpartyの画像

Counterpartyはトークン発行用のプラットフォーム!

Counterpartyは、ビットコインのブロックチェーン上に作られた金融プラットフォーム及び、そのプラットフォームの基軸通貨の名称です。Counterpartyプラットフォーム上で独自のトークンを発行できたり、スマートコントラクトによる分散型アプリケーションを発行できたりします。また、トークンエコノミーが広がっていくと独自トークンを発行できるプラットフォームは需要が増えていくと考えられますが、競合のEthereumがとても手強いです。さらにCounterpartyは、ビットコインのスケーラビリティ問題に影響されてしまうので他のプラットフォーム系通貨と比べて競争力は低いと考えられます。

 時価総額は現在221位に位置付けています。

Counterpartyとは、ビットコインの機能を拡張した次世代型金融プラットフォームです!独自のトークンが生成できるため、今後大きく市場を伸ばすこと間違いなし!!そんな大注目のCounterpartyをコインオタクが徹底解説します!

Counterpartyの購入はZaif!

NEM 

NEMの画像

NEMはトークンエコノミーを作るプラットフォーム!

NEMとは、bitcointalkのフォーラム内のチームによって開発された多機能プラットフォームで、新しい経済圏を作ることを目的とされています。このプラットフォーム内で使われる基軸通貨はXEM(ゼム)といいます。コインチェックのハッキング事件で約580億円相当のXEMが流出したことで、日本国内で大きく知名度を上げました。

競合のEthereumとの差別化を図る上で、カタパルトの導入に成功して処理速度を上げられるかというところがいまのところ重要です。他にも独自のプロジェクトが出てくるかどうかが今後の注目ポイントと言えるでしょう。

時価総額は現在13位に位置付けています。 


コインチェックのハッキング事件でも話題になった仮想通貨NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある仮想通貨です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!

NEMの購入はDMM Bitcoin!


Byteball 

Byteballの画像

Byteballはブロックチェーンを用いないスマートコントラクトプラットフォーム!

Byteballとは、ブロックチェーンを使わないスマートコントラクトプラットフォーム及びその基軸通貨の名称です。ブロックチェーンを使わない代わりにDAGという技術を使っています。DAGにより、EthereumやCounterpartyに起こりうるスケーラビリティ問題が解決されているのが特徴です。しかし、DAGにはシステムの脆弱性が指摘されている上、Byteballは中央集権的な仕組みになっているのがデメリットとして挙げられます。DAGが革新的な技術として認知され脆弱性への懸念が払拭されると、Byteballの将来は明るいです。

時価総額は現在83位に位置付けています。

Byteballとはブロックチェーンを使わず、DAGという技術を使っている仮想通貨です。DAGにはマイニングが存在せず、ブロックもないのでスケーラビリティ問題は回避できます。そんな新たな仮想通貨Byteballの仕組みや将来性を解説します!


Byteballの購入はBittrex!


Steem

Steemの画像

Steemはメディアプラットフォーム!

Steemとは、分散型ソーシャルメディアプラットフォームSteemitで使われる基軸通貨の名称です。Googleなどのメディアプラットフォームを競合としており、本当に良質な記事、コンテンツをユーザーに届けることを目的として開発されています。質の高い記事を書き、票を集めたユーザーには報酬が渡される仕組みになっていますが、この報酬体系に関連したトークン設計が非常に複雑になっています。さらに、現状Googleなどのユーザーはそのシステムに満足していると考えられるので、Steemが大きなシェアを取れるのか疑問が残ります。

時価総額は現在28位に位置付けています。

Steemをご存知ですか?記事を書いて投稿し、質が高いと認められたら報酬をゲット!という仕組みで良記事を揃え、グーグルに挑戦!その将来性とは?仕組みが少しむずかしい?詳しくみていきましょう!

Steemの購入はBinance!

ALIS 

ALISの画像

ALISはメディアプラットフォーム!

ALISは、GoogleやYahoo!などと同じソーシャルメディアプラットフォームで、Steemの日本向けバージョンとも言われます。既存のメディアプラットフォームでは広告目的の記事が検索上位に来てしまい、本当に質の良い記事が評価されないとしてその現状を変えようというのがコンセプトです。ユーザー間の投票やいいね!で記事が評価され、良質なものだけが残っていく仕組みになっています。しかし、基となっているSteemがあまり流行っていない上、Googleはアルゴリズムを常に改良していて本当に良質な記事が検索上位に来るように工夫されているので、ALISの存在意義は薄れています。

時価総額は現在385位に位置付けています。 

ALISはブロックチェーンを使った分散型SNSです。Googleで検索をしていて、検索上位の記事がタイトル詐欺だったり、内容が広告ばっかりでほとんどない、ステマのような記事といった経験はありませんか?ALISはそんな悩みを解決します!

ALISの購入はCryptopia!

c0ban

cObanの画像

c0banは動画広告に使われる仮想通貨!

c0banとは、動画広告サービスに特化した仮想通貨のことです。c0banと提携した企業や店舗の動画広告を見るだけで報酬としたc0banをもらうことができます。c0banはSBIホールディングスと提携したり、IBM BLUE HUB AWARDを受賞するなど高評価を受ける一方、運営の怪しさも疑われています。c0banの前身と言われるFUTCOINは完全なスキャムです。また、広告視聴報酬はc0banでなく円でも仕組みは成り立つので、仮想通貨としての価値はあまり高くないと考えられます。2018年3月現在c0ban取引所でしか取り扱いがありません。

日本らしく小判をモチーフに名付けられた仮想通貨c0ban。通貨単位は両、ウォレットは千両箱で、江戸の世界観を反映しています。評判は良いもの悪いものさまざまです!前身は悪評だらけのコインだった?わかりやすく徹底解説します!

c0ban取引所

TRON

TRONの画像

TRONは動画プラットフォームで使われる仮想通貨!

TRONは、動画などのコンテンツを自由に投稿できる、クリエイター支援のためのプラットフォームです。広告収入でクリエイターが利益を出すYouTubeと違い、投げ銭のような形でユーザーが投稿者にお金を渡すので、本当に質の高いコンテンツにだけ報酬が渡る仕組みになっています。日本の取引所への上場や、中国の大企業アリババとの提携が噂されたため、2017年末から翌年始にかけて価格が暴騰しました。YouTubeなど既存のプラットフォームが非常に強い上、管理者がいない分散型プラットフォームであるため法に触れるようなコンテンツが投稿されTRON自体が法規制されてしまう可能性があります。

時価総額は現在14位に位置付けています。

TRON(TRX)はエンタメ業界の発展のための通貨です。2018年年始に急に暴騰したために注目し始めた方も多いのではないでしょうか。なぜそれほどまでに人気がでたのか。また今後の将来性はどうなのか。仕組みやメリットデメリット、将来性を解説!!

TRONの購入はBinance!

GameCedits

GameCredits

GameCreditsゲームプラットフォームで使われる仮想通貨!

GameCreditsとは、オンラインゲーム界隈にプラットフォームを形成するプロジェクト及びそのプラットフォームで使われる通貨の名称です。プラットフォームに含まれるゲーム内では全般的に使われる他、ゲームの購入、ユーザー間でのゲーム内アイテムの売買にも使われます。ひとつの通貨が複数のゲームをまたぐことでユーザーが複数のゲームを気軽にプレイできるようになる効果が考えられます。

開発が遅く、マーケティングもうまくいっていないので知名度が低いのが難点です。

時価総額は現在117位に位置付けています。

Gamecreditsは既存の課金ゲーム界を刷新する仮想通貨です。この通貨は異なるゲーム間の共通通貨となり、ゲーマーのイライラを解消し、ゲームのクオリティを向上させるんです!そんな大注目の仮想通貨の将来性や仕組みなどすべてを徹底解説します。

GameCreditsの購入はBittrex!

Bitcrystals

Bitcrystals

Bitcrystalsはカードゲームで使われる仮想通貨!

Bitcrystalsは、Counterparty上で発行された仮想通貨で、Spells of Genesis(SoG)というトレーディングカードゲームの中で使われる通貨です。ゲーム内でカードパックを購入するときに主に使われます。ブロックチェーンにより、カードの所有者がどのユーザーなのかが明白になっているのがウリです。しかし、SoG内でしか使うことができないため用途が非常に限られることや、Bitcrystalsの価値はSoGの人気次第であることから、将来性はあまり豊かではありません。

時価総額は現在506位に位置付けています。

BitCrystalsは、spells of genesisというブロックチェーンを使ったカードゲームの中で使える仮想通貨です。そんなBitCrystalsの仕組みや将来性について東大生が考察してみました!

Bitcrystalsの購入はZaif!

eXperience Points(XP)

Xpの画像

XPはゲームプラットフォームで使われる仮想通貨!

eXperience Pointsとは、ゲームのクリアや勉強の目標達成など、日常生中の「達成」に報酬として与えられる仮想通貨です。ゲームの経験値に応じて与えられるのが主で、ゲームプロへの門戸が広がることが予想されます。コミュニティが活発であったり、実際に既に使えるというポジティブな面もあります。しかし、ゲーム会社側がXPのプラットフォームに入るインセンティブがなかったり、報酬やゲーム内アイテムのレートはどのように決めるのかなどの課題が山積しているため、先行きは不透明です。

時価総額は現在140位に位置付けています。

ゲームが好きな人はとても多いと思います。一度は、ゲームやっててお金もらえたらいいのに、なんて思ったこともあるでしょう。XPは、そんな願いを実現しちゃいます!アノ有名人も話題にしている仮想通貨です!

XPの購入はCoinExchange!


Tether

Tetherの画像

Tetherは米ドルの代わりに発行される仮想通貨!

Tether(USDT)とは、ドルに固定されたペッグ通貨の名称で、価格が1USD≒1USDTになるようにTether Limited社が強い操作をしています。そのため中央集権的になり、カウンターパーティリスクが大きいです。仮想通貨トレードの利確先として主に利用されています。市場に出回っているTetherの量とTether社が担保として持っている米ドルの量が同じであることで価格を保っているのですが、一時、担保の米ドルを仮想通貨投資に使っていたという疑惑が浮かびました。しかし現在もTetherは価格を保っています。

時価総額は現在15位に位置付けています。

USドルと価格固定された通貨、Tether。仮想通貨相場がどんなに荒れていても価値がほとんど変化しないことから注目を集めており、多くの取引所で基軸通貨として導入されている。その仕組みについてわかりやすく徹底的に解説!

Tetherの購入はBinance!


TenX

TenXの画像

TenXは仮想通貨のデビットカードサービス!

TenXとは、仮想通貨ウォレットと一体化したデビットカードサービスのことで、従来の仮想通貨対応のデビットカードと違い、ウォレットにある仮想通貨をそのまま決済に使用するので法定通貨で入金する手間が省けます。仮想通貨決済を大きく身近にするサービスと言えるでしょう。

TenXのプラットフォーム上で発行されるpayトークンは、決済額の0.1%分がユーザーに支払われます。さらに、株の配当のようにpayトークンの保有量に応じてETHが配布されます。これがTenXを使うインセンティブになっています。一方で、店側がTenXに対応するインセンティブが十分でないのが課題です。

時価総額は現在94位に位置付けています。 

TenX(テンエックス)とは仮想通貨を店先で使えるようにする仮想通貨デビットカードです。皆さんはBTCで決済できたらな…と思ったことはありませんか?そんな願いを叶えてくれる世界発のデビットカードTenXの将来性や価値を説明します!

TenXの購入はBittrex!


QASH 

QADHの画像

QASHはLIQUID by Quoinex内での基軸通貨!

QASHとは、QUOINEXを運営するQUOINE社がICOしたトークンで、世界中の取引所の情報をひとつにまとめて板にするLIQUIDプラットフォームで使われます。マイナーな通貨でも、メジャーな通貨を介することなく両替ができるようになるのが大きなメリットです。トークンエコノミーが一般的になり世の中にさまざまな通貨があふれかえるようになったとき、簡単に両替できる仕組みは非常に役に立ちます。QASHトークンがこのプラットフォーム上でどのように使われるようになるかがこれからの注目ポイントでしょう。

時価総額は現在57位に位置付けています。

仮想通貨市場はみるみるうちに広がっていき、いまや世界の至る所に取引所が建ってます。これって結構不便じゃない?なんて思いませんか?取引所ごとに価格も違うし、建て通貨も違うし。そもそもマイナー通貨は使えない。そんな問題を全て解決しちゃうんです!

QASHの購入はQUOINEX!

BNB 

BNBの画像

BNBはBnanceが発行する大得なトークン!

BNBとは、世界最大級の仮想通貨取引所Binanceが発行するトークンの名称です。BNBの用途は、Binanceにおける取引手数料の支払いとBinanceに新規上場する仮想通貨の銘柄投票の2つがあります。BNBで取引手数料を支払うと通常の半額になるので、Binanceの取引高が多くなればなるほどBNBの需要は高まり、価格が上昇すると考えられます。しかし、中国政府による規制の可能性があることは懸念材料です。

時価総額は現在24位に位置付けています。

Binanceの発行するトークン、BNB。「実際持っててどんな意味があるの?」「今後の将来性はあるの?」そんな疑問をお持ちではないですか?この記事ではBNBの利用法と将来性について、詳しく解説します!

BNBの購入はBinance!

Zaifトークン

Zaifの画像

ZaifトークンはZaifが発行するトークン!

Zaifトークンとは、日本の仮想通貨取引所Zaifが発行するトークンです。BNBとは違い、ユーザーがZaifトークンを使うインセンティブがない上、使い道も今のところなく、作られた意図もハッキリしません。投機として購入するにしても、リスクが大きいと考えられるでしょう。ですが、今後のZaifの発表に注目です。

国内有数の仮想通貨取引所Zaifが発行する「Zaifトークン」。2017年8月に高騰・暴落したことで話題になりましたが、このトークンにはどのような機能・目的があるのでしょうか?チャート分析から今後についてまで、コインオタクが解説します!


Zaifトークンの購入はZaif!


IOTA 

IOTAの画像

IOTAはIoT決済に特化した仮想通貨!

IOTAとは、IoTによる自動決済に特化した仮想通貨です。ブロックチェーンでなくTangle(DAGの一種)という技術を取り入れることで、ビットコインなど従来の仮想通貨が課題とするマイクロペイメントやスケーラビリティ問題を解決します。送金手数料が一切かからないのも大きな特長です。しかし、マイナーの代わりにIOTAで取引をする人がその取引の直前2つの取引を承認(マイニングと思えば大丈夫です)する仕組みになっているため、弱い通信体制ではIOTAは使いにくいのではないかという懸念もあります。

時価総額は現在10位に位置付けています。

IOTA(アイオータ)は、IoTに最適な全自動決済システムです。皆さんはお釣りもらうの面倒くさい…と感じたことはありませんか?IOTAはそんな夢を叶えてくれます。全自動決済の可能性を東大生が考察してみました!

IOTAの購入はBinance!


Factom 

Factomの画像

Factomは匿名性を持つ台帳管理システム!

Factomとは、土地や保険などの情報をブロックチェーンで管理することで匿名性を保ちつつ保管する分散型プラットフォームの名称です。現状データの管理には莫大な人件費やセキュリティ維持費がかかっているため、Factomの開発、普及がうまくいきブロックチェーン上で情報を管理できるようになれば、データ管理の分野に革命が起こる可能性もあります。土地の売買も簡単になります。ブロックチェーン上で情報を更新するだけなので、複雑な審査や手間が省けます。ですが、開発のスピードが非常に遅いのが気になるところです。マスデータの管理方法を根本から変えるのはもちろん簡単なことではありませんが、開発開始から2年以上建っているにも関わらずまだ実用化のレベルに達していないのは遅いと言えるでしょう。

時価総額は現在62位に位置付けています。

Factom(ファクトム)を使えば土地や保険などの書類や記録を書き込むことで匿名性を保ちつつ管理・監査・追跡ができます。データ管理市場の未来を変える可能性もあるFactomについて、東大生コインオタクが考察してみました!

Factomの購入はBittrex!


COMSA 

COMSAの画像

COMSAはICOプラットフォーム!

COMSAとは、Zaifを運営するテックビューロ社が開発した、日本国内のICOを簡単に行えるようにするプラットフォームの名称です。複数のブロックチェーン間の橋渡し役をします。COMSAを持っていることで、このプラットフォーム上で行われるICOに投資するときに割引がされるというメリットがあります。

基本的には、日本でICOをしたい企業へのアドバイスなどが行われます。 

現在ICOを行っていることで注目を集めているCOMSA(コムサ)。取引所ZAIFも運営してるテックビューロが開発したプラットフォームで、COMSAを使えばICOは中小企業の新たな資金調達の方法として常識になる可能性があります。

COMSAの購入はZaif!

 

仮想通貨の選び方

通貨の違いを把握して将来性から通貨を選ぼう!

仮想通貨とひとことで言っても、特徴はさまざまです!決済に使われる通貨、独自プラットフォームの開発に使われる通貨などいろいろあります。それぞれの通貨の用途が、その分野のニーズに合っているか、足りない部分を補っているかということをしっかり確認しましょう。

特徴の違う通貨どうしを比べて優劣をつけるのは無意味です。メッシとイチローを比べても優劣はつけられないのと同じことです。複数の通貨に手を出してみたい人は、種類別に1つずつ、という選び方をしてみてもいいかもしれません。

コインオタクでは、2018年最も注目の仮想通貨をおすすめランキング形式で紹介しています!自分で仮想通貨を選ぶのに自信がないという人でも、この記事を読めば大丈夫です!

仮想通貨を買ってラクして稼ぎたいけど、仮想通貨について勉強するのもめんどくさい、、、」そうお考えではありませんか?仮想通貨でうまくいけば資産が増えていく。でももし変な通貨を買って大暴落したらお金がなくなってしまう。もし、期待できそうな通貨を誰かが教えてくれたら手間がかからず理想的ですよね。「そんなおいしい話あるわけないじゃーん!」と思ったあなた。コインオタクが今年最も注目の仮想通貨を教えます。仮想通貨にも旬や流行があり、「いつでもこの通貨が一番いい!」などということはできず、はっきりと言うと世の中に出回っている「仮想通貨ランキング」の信憑性がないものが少なくありません。コインオタクでは仮想通貨が大好きな東大生30人が各コインのシステムを隅から隅まで分析したうえで「この1年間でもっとも期待できる通貨ランキング」を始め様々な観点からのランキングを作成しています。しかも、この記事ではどの仮想通貨がおすすめかを教えるだけでなく、どのように立ち回れば一番得するかまでお教えします。この記事を読み終わる頃にはお金持ちへの第一歩を迷わず進めることができるでしょう!今回は、ジャンル別おすすめ通貨と仮想通貨取引で最大限の利益を出す方法を紹介します!この記事をきっかけにあなたの素敵な仮想通貨ライフがスタートできたなら幸いです。この記事を読んだらわかること将来性・人気度・実用性など複数の観点からみたオススメ仮想通貨がわかるどのように仮想通貨を扱えば最も得するのかがわかるさっそく仮想通貨のおすすめランキングを見る!目次 いまさら聞けない仮想通貨の基礎知識 ビットコインだけじゃない⁉︎1500以上の銘柄から仮想通貨を選ぶポイント コインオタクが独自に選ぶ!2018年最注目おすすめ銘柄ランキングBEST3世界の超有名銘柄!時価総額ランキングBEST3友達はみんな買ってる!国内人気ランキングBEST4 価格が100倍以上になる可能性も⁉︎?草コインおすすめランキングBEST3すでに買い物に利用されている!実用性ランキングBEST3 仮想通貨で最大の利益を出すための6つのポイント取引で利用できるオススメツール5選まとめ いまさら聞けない仮想通貨の基礎知識 

 

通貨の「安い」「高い」は間違い!価格は変動率に注目! 

単位ごとの通貨の価格は種類によって全く異なります。例えばビットコインが1BTC=850,000JPYのとき、リップルは1XRP=60JPYです。これは、リップルが安くてビットコインが高いということを示しているわけではありません発行枚数がリップルの方が多いため、1枚あたりの価値がビットコインに比べて低いだけです。

通貨のチャートを見るときは価格ではなく価格の変動率を見ましょう。価格が「安い」から購入しよう!という取引をしていると、将来性のない通貨に投資してしまったり、また将来性の豊かな通貨を見落としてしまったりします。


コインオタクでは100種類以上の通貨の中で特に変動率の高い通貨を有料会員限定で毎日紹介しています!また価格変動の際にはアラートを配信しているほかAIによる1時間後の価格予測も公開しています!

6/30までに登録すると初月無料でお試しができるのでぜひ投資の参考にしてください!

CoinOtakuプレミアムを初月無料でトライアル!


まとめ

いかがでしたか?今回は代表的な仮想通貨51種類を分野別に整理してまとめました。

仮想通貨には種類ごとに多様な特徴がある一方で、機能が非常に似ているものも少なくないことがわかりました。これでこの記事を読んだみなさんはたくさんの通貨の特徴について知った「仮想通貨オタク」になれてもらえていれば幸いです。

通貨の特徴をしっかり理解することで将来性を判断し投資に生かしていきましょう!