仮想通貨の種類はこれだけは知っておこう!有名アルトコイン50種類の特徴や将来性を機能別に解説!

「仮想通貨を始めてしばらくたったけど、種類が多すぎて違いがよくわからない!」

そんな悩みを抱えていませんか?たしかに1500種類も通貨があるとどれがいいのかよくわからなくなってしまいますよね。

そんなあなたのためにコインオタクが「これさえ知っておけば大丈夫!」と言える代表的な仮想通貨51種類の特徴をまとめてみました!この記事では通貨の特徴が機能別に分類されているため、特徴についての理解がしやすいはずです!

さらに各通貨のおすすめ度や購入場所、通貨の選び方まで解説しているのであっという間に仮想通貨の良し悪しまで把握してトレードすることができます!

もうわからないとは言わせません!仮想通貨の種類やその将来性までさっと覚えていい通貨だけを取引する「仮想通貨オタク」になりましょう!

この記事を読んだらわかること

  • 最低限覚えておくべき仮想通貨51種類の特徴がわかる!
  • それぞれのおすすめ取引所や将来性までわかる!
  • 仮想通貨の選び方もわかる!

 

仮想通貨の数は1500種類以上!

アルトコインはなぜこんなに多いの?

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨全般を指す言葉です。日に日にその数は増えていき、いまや1500を超えるアルトコインがあります。なぜこのように数がどんどん増えていくのでしょうか。

理由として挙げられるのは、様々な企業が行うICOが活発化したことです。企業にとってはIPOに代わる新たで手軽な資金調達方法、投資家にとっては一攫千金の投資チャンスとしてICOは注目を浴びました。しかし、2018年実施のICOの内76%が価格割れするなどそのリスクは顕在化しています。

他にも、イーサリアムなどのプラットフォーム上で分散型アプリケーションの開発が活発になったことも挙げられます。アプリケーションの開発にともなって新たな通貨が生まれます。


【機能別】仮想通貨・アルトコイン種類一覧 

今回は数多ある仮想通貨の中でも特に有名な仮想通貨を機能別に紹介します!

通貨名時価総額特徴・おすすめ取引所おすすめ度
ビットコイン

ビットコイン

1位【決済特化型】
世界で最も古く最も人気の仮想通貨
▶︎bitFlyer
★★★★★
ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ

4位【決済特化型】
ビットコインからハードフォークした通貨
▶︎bitbank
★★★★☆

リップル

リップル

3位【決済特化型】
多数の銀行で導入予定のブロックチェーン不使用の通貨
▶︎bitbank
★★★★★
ステラールーメン

ステラールーメンのロゴ

8位【決済特化型】
リップルを真似して作られた民間向けの仮想通貨
▶︎Binance
★★★★☆

ライトコイン

ライトコインのロゴ

5位【決済特化型】
ビットコインの4倍の送金速度を持つ決済用仮想通貨
▶︎bitbank
★★★☆☆
モナコイン

モナコインのロゴ

54位【決済特化型】
2ch発祥の日本で大人気のアルトコイン
▶︎Zaif
★★★★☆

Cardano

エイダコインのロゴ

6位【決済特化型】
詐欺と疑われたオンラインカジノで利用するコイン
▶︎Binance
★★☆☆☆
Omisego

omisegoのロゴ

20位【決済特化型】
東南アジア圏におけるシェア拡大を狙う仮想通貨
▶︎Binance
★★★★☆
Decred

44位【決済特化型】
PoSとPoWを併用した安全性の高い通貨
▶︎Bittrex
★★★★☆
Dash  

DASHのロゴ

12位【匿名性通貨】
マスターノードを採用し匿名性と送金速度を両立
▶︎Binance
★★★★☆
Monero

Moneroのロゴ

11位【匿名性通貨】
リング署名や可変ブロックを採用した匿名性通貨
▶︎Binance
★★★★☆
Zcash
Zcashのロゴ
24位【匿名性通貨】
ゼロ知識証明により最高峰の匿名性を持つ通貨
▶︎Binance
★★★★☆
Verge
Vergeのロゴ
32位【匿名性通貨】
レイス・プロトコルにより匿名性と透明性を両立
▶︎Binance
★★★☆☆
イーサリアム
イーサリアムのロゴ
2位【スマートコントラクト型】
スマートコントラクトを採用したプラットフォーム
▶︎bitFlyer
★★★★★
イーサリアムクラシック 
イーサリアムクラシックのロゴ
16位【スマートコントラクト型】
The DAO事件を機にイーサリアムから分裂した通貨
▶︎bitFlyer
★★★☆☆
LISK
LISKのロゴ
19位【スマートコントラクト型】
JavaScriptでスマートコントラクトをかける通貨
▶︎bitFlyer
★★★★☆
NEO
NEOのロゴ
7位【スマートコントラクト型】
多様な言語に対応の「中国版イーサリアム」
▶︎Binance
★★★★☆

クアンタム

Qtumのロゴ
18位【スマートコントラクト型】
2大通貨BTCとETHのいいとこ取りをした通貨
▶︎Binance
★★★★★
EOS
EOSのロゴ
9位【スマートコントラクト型】
企業向けの分散型アプリケーションプラットフォーム
▶︎Binance
★★★★☆
0x

0xのロゴ

53位【DEX型】
relayerにより流動性を高めたDEX
▶︎Binance
★★★☆☆
BitShares

36位【DEX型】
分散型取引所OpenLedgerを持つ金融プラットフォーム
▶︎Binance
★★★☆☆
Numerai

Numeraiのロゴ

283位【市場予測型】
市場予測を行うAIの性能を競い合うプラットフォーム
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Cindicator

Cindicatorのロゴ

91位【市場予測型】
集合知をAIで分析するハイブリッドインテリジェンス
▶︎Binance
★★★★★
Augur

40位【予測市場型】
スマートコントラクトを利用した分散型予測市場
▶︎Bittrex
★★★★☆
Gnosis

109位【予測市場型】
Augurとほとんど違いのない分散型予測市場
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Iconomi

97位【投資信託型】
分散型のファンド管理プラットフォーム
▶︎Binance
★★★★☆
Siacoin

34位【データストレージ型】
ブロックチェーンを使った企業向けクラウドサービス
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Storj

103位【データストレージ型】
ブロックチェーンを使った個人向けクラウドサービス
▶︎Binance
★★★☆☆
Golem

67位【クラウドコンピューター型】
分散型スーパーコンピューター開発
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Trigger

221位【その他Dapps型】
スマートガンの情報を管理
▶︎Binance
★★★☆☆
Civic

120位【その他Dapps型】
本人認証にかかる手間を大幅削減
▶︎Bittrex
★★★☆☆
WAVES 

32位【仮想通貨総合プラットフォーム】
独自のプラットフォームでEthereumの強力な競合
▶︎Binance
★★★★★
Counterparty

220位【仮想通貨総合プラットフォーム】
ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトを実装
▶︎Zaif
★★★★☆
NEM

13位【仮想通貨総合プラットフォーム】
カタパルトの実装に期待の多機能プラットフォーム
▶︎Zaif
★★★★☆
Byteball

83位【仮想通貨総合プラットフォーム】
DAGを導入でEthereumのデメリットを解決
▶︎Bittrex
★★★☆☆
ALIS 

385位【SNS型】
日本発の分散型メディアプラットフォーム
▶︎Cryptopia
★★★★☆
Steem 

28位【SNS型】
Googleに対抗の分散型メディアプラットフォーム
▶︎Binance
★★★★☆
c0ban  

【SNS型】
動画広告視聴で報酬がもらえるプラットフォーム
▶︎c0ban取引所
★★☆☆☆
TRON 

14位【SNS型】
分散型エンタメサービスプラットフォーム
▶︎Binance
★★☆☆☆
GameCedits

117位【ゲーム関連通貨】
オンラインゲームの共通通貨
▶︎Bittrex
★★★☆☆
Bitcrystals 

506位【ゲーム関連通貨】
ゲームSpells of Genesis内で使える仮想通貨
▶︎Zaif
★★★☆☆
XP

140位【ゲーム関連通貨】
ゲームの経験値がお金になるプラットフォーム
▶︎CoinExchange
★★★☆☆
Tether
15位【法定通貨連動型】
単位あたりの価格が米ドルに固定
▶︎Binance
★★☆☆☆
TenX
94位【デビットカード型】
カード決済でウォレットから直接引き落とし
▶︎Bittrex
★★★☆☆
QASH
57位【取引所コイン】
世界中の取引所の情報をまとめてひとつの板に
▶︎QUOINEX
★★★☆☆
BNB
24位【取引所コイン】
Binanceでの手数料が半額に
▶︎Binance
★★★☆☆
Zaifトークン
【取引所コイン】
日本最大級の取引所Zaifが発行したトークン
▶︎Zaif
★★☆☆☆
IOTA
10位【その他有名通貨】
IoT決済に特化したブロックチェーンを使わない仮想通貨
▶︎Binance
★★★☆☆
Factom
62位【その他有名通貨】
データ管理を分散化しコストを削減
▶︎Bittrex
★★★☆☆
COMSA
【その他有名通貨】
日本企業のICOをアシスト
▶︎Zaif
★★★☆☆

有名仮想通貨51種類の特徴・将来性

まずは通貨の一番わかり易い機能、決済に特化した通貨を紹介していきます!

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)は正体不明の数学者「中本哲史(ナカモトサトシ)」 が論文で発表した世界最初の仮想通貨です。

ブロックチェーンでお金を分散管理しているため透明性が高く、マイニングにより整合性が保たれ続けるため改ざんが不可能である特徴を持ちます。管理者が存在せず仲介人なしに世界中で個人間の送金が行えるため、送金手数料が安く反映も早い新たな送金手段として注目されています。

仮想通貨の中で最も人気が高く世界中の12000店舗でビットコイン決済が導入されていて、時価総額は常に1位に位置付けています。

最近会社で同僚や後輩がみんな「ビットコインで儲けた」だの「仮想通貨がブーム」だの言ってるけどイマイチついていけてない、、、そんな置いてけぼり感で悩んでいませんか?いまや日本人の7人に1人が持っていると言われる仮想通貨ビットコインを知らないなんて少し言いづらいですよね。そんなあなたに朗報です!仮想通貨にとっても詳しい東大生がビットコインについて10分で教えちゃいます!ビットコインの論文を読んでややこしい技術的な部分までしっかりと理解したコインオタクが初心者向けにわかりやすく教える内容を読めば、同僚や後輩よりもよっぽどビットコインに詳しくなれるはずです!しかも、ビットコインの仕組みだけでなく、安心して投資を始めらるれるようにビットコインの今後の価格予想や始め方まで解説します!今回はビットコインが今人気の理由や具体的な仕組み、危険性を紹介したのちに著名人の価格予想・具体的な購入方法を紹介しています。この記事を読んでビットコインについて深く理解して安心して「仮想通貨オタク」の仲間入りを果たしてもらえたら幸いです。bitFlyerでビットコインを購入する!目次日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとは【メリット】ビットコインが人気の理由 ビットコインの仕組み 【デメリット】ビットコインの注意点ビットコインはまだ儲かるのか?今後の価格を著名人が予想!ビットコインの買い方 投資を始めてみよう!ビットコインのよくある質問まとめ日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の仮想通貨です。仮想通貨は円やドルなど国が発行する法定通貨とも、楽天ポイントやTポイントなどの電子マネーとも異なる「最先端のお金」です。ビットコインは約1500種類ある仮想通貨のうちの1つであり、最も古く最も人気があります。数々のニュースで取り上げられている通り、いまやビットコインは世界中でブームとなりつつあります。特に日本での人気は高くビットコインの取引量の約60%(世界一)を占め、日本の成人の15%がビットコインを保有しています。Source: DeNAトラベル調査なぜビットコインはこれ程までの人気を誇っているのでしょうか?【メリット】ビットコインが人気な4つの理由 

 ビットコインキャッシュ (BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)は2016年8月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨です。

ブロックサイズが8MBと大きいためビットコインと比べスケーラビリティ問題を解決していると言われていますが、中央集権的であるデメリットも持ちます。ビットコインに取って代わる仮想通貨として注目されており、海外ではビットコインキャッシュ建てで取引を行える取引所も増えています。

現在時価総額は4位に位置付けています。

取引所などでビットコインキャッシュの名前を見て、「ビットコインとはなにが違うんだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか。実は、ビットコインキャッシュはビットコインよりも優れている部分も多いのです。この記事では、ビットコインキャッシュとビットコインとの違いを比較し、それぞれがどのようなメリット・デメリットを持っているのか、また将来性やチャートの分析も解説します。この記事を読んだあなたはビットコインキャッシュが今後どうなっていくのか、悩むことなく、自信を持って投資するか決めることが出来るようになります!目次仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の今後のイベント仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の購入方法【ウォレット】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の保管方法仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の気になるQ&A仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)のまとめ 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークで生まれた通貨で中国のマイナーたちによって作られました。ブロックサイズが8MBで、ビットコインの最大の問題とも言える送金が遅く手数料が高いという問題を解決しています。ビットコイン初のハードフォークコインとして注目を集め、現在は国内海外問わず、ほとんどの取引所で取り扱われています。 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明まず、ビットコインキャッシュの基本情報をまとめた後に特徴を簡単に解説します。 ビットコインキャッシュの基本情報 通貨名(通貨単位):ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)公開日:2017年8月1日 発行上限枚数:21,000,000 BCH承認アルゴリズム:Proof of Work(SHA

 

 リップル (XRP)

リップル(XRP)はブロックチェーンやマイニングが存在しない珍しいタイプの仮想通貨です。

独自のマイニングアルゴリズムPoCを採用しており決済スピードが速く手数料が安いメリットを持ちますが、中央集権的であるためリップル社のカウンターパーティーリスクもあります。

決済手段としての役割以外にも、リップル社が提供するシステムRTXP上で法定通貨同士の両替を簡略化するブリッジ通貨としての役割もあり、仮想通貨に対し嫌疑的な多くの銀行でも採用が決定しています。

現在時価総額は3位に位置付けています。

リップルの良いニュースに飛びつきXRPを買ってみただけでリップルをわかった気になっているあなた。 本当にリップルの仕組みを理解していますか? 仕組みを知らずに通貨の価値判断はできないし、次々にでてくるリップルのニュースの真偽判断もできません!この記事を読めば意外と知られていないリップルの詳しい仕組みだけでなく、あまり書かれることのないデメリットまでわかり、読み終わる頃にはきっとリップルについて知らないことはなくなっています!リップルが大好きな現役東大生がホワイトペーパーやGithubなど難解で一般の方にはとっつきにくい場所までリサーチにリサーチを重ね、図とともにわかりやすく解説しているのでスルスルと深い知識を身につけることができます!もうにわかとは言わせません!リップルオタクになって自信をもってリップルのトレードをしましょう!リップル(XRP)ってなに?新しい送金・決済システムの名称!多くの巨大企業が注目していて、将来性バツグン!このサービスで扱われる通貨の名称でもある!決済速度が極めて速く、手数料も安い!ブロックチェーンを使わない珍しいタイプの仮想通貨!リップラーと呼ばれるリップル大好きな仲間もいっぱい! bitbankでリップル(XRP)を購入する!目次仮想通貨リップル(XRP)とは?時価総額3位の超大型コイン!RTXPとは?RTXP① ILP(インターレジャープロトコル)の仕組みRTXP② XRP Ledgerの仕組み実は仮想通貨ではない⁉︎XRPの仕組み XRPの役割は?XRPを使ってできることRippleNetの仕組み リップルのメリットリップルのデメリット リップル(XRP)チャート分析!ニュースが価格に与えた影響は? 今後のイベントは?XRPの今後の価格推移を予想!仲間もいっぱい!熱狂的なリップラーのみなさん 【リップルの購入方法】おすすめ取引所・販売所3選 【リップルの保管方法】おすすめウォレット3選 リップルまとめおまけ① リップル用語辞典おまけ② リップルオタク度テスト〜あなたはどこまでわかる?〜 仮想通貨リップル(XRP)とは?時価総額3位の超大型コイン! リップルはXRPのことではないかも⁉︎ リップル(Ripple)とは、Ripple Inc

 

ステラールーメン(XLM)

ステラールーメンはリップルの開発者であるJed McCalebによりリップルを真似て開発された仮想通貨です。

リップルと同様にブロックチェーンが存在せず送金手数料が安く反映が早い特徴も持ちますが、中央集権的であるデメリットも持ちます。

リップルが銀行や送金業者などの企業を主な対象として存在しているのに対し、ステラールーメンは一般ユーザーが使うことを目的に制作されています。

時価総額は現在8位に位置付けています。

目次Stellar Lumens(ステラールーメン)とはLumens(XLM)のチャート分析!相場から見る最新価格推移Stellar Lumensの問題点と将来性Stellar Lumensの仕組み・特徴Stellar LumensのメリットStellar LumensのデメリットStellar Lumensはここで購入!取引所Top3Stellar Lumensのウォレット紹介!Stellar LumensについてのQ&AStellar Lumensのまとめ Stellar Lumens(ステラールーメン)とは Stellar Lumensとは、Rippleの開発者であり、世界初の仮想通貨取引所Mt.Goxの創立者でもあるJed McCalebによって作られた、民間向けの決済・送金サービスです。その仕組みはほとんどRippleと同じで、ネットワークを用いた他通貨間での換金取引や、高速なトランザクション承認が魅力です。 リップルについてはコインオタクの記事を参照してみてください! リップル(XRP)とは?銀行でも導入される仮想通貨の将来性を解説!リップル(XRP)とは、オンライン送金・決済が可能なネットワーク、及びそこで使われる仮想通貨の名称です。決済の所要時間・手数料が少ないことから、リップルは将来的に銀行間のオンライン決済などに利用されることが予想され、期待を集めています!続きを読む Lumens(XLM)のチャート分析!相場から見る最新価格推移 (2016年11月25日~2017年11月25日) まず、アルトコインバブルより少し前の五月半ばに一度高騰していますね。これはその少し前、5月の初旬にリップルが高騰し、リップルと同じ仕組みを持ったStellar Lumensもその影響で注目されたためでしょう。 また、10月の半ばにも高騰していますね。これは10月15日にIBMと提携したことが発表されたためでしょう。今後も大企業との提携が発表されるたびに急激な高騰が起きる可能性が高いです。 こうしてみると順調にXLMの価値は上昇していますが、運営者のステラ財団はXLMの高騰を嫌う節があるので、市場介入によって価格を低下させてくるかもしれません。XLMに投資される際は気をつけたほうがいいでしょう。 Stellar

 ライトコイン (LTC)

ライトコインとはビットコインのソースコードを元に制作された仮想通貨です。

マイニング難易度が低く送金速度がビットコインの4倍であるほか、世界でいち早くSegwitを導入したことでも知られています。ビットコインが「金(=ゴールド)」であるならライトコインはビットコインの至らない部分で活躍する「銀」となることを目指しています。

今後はさらに送金速度を速めることのできるライトニングネットワークの導入も検討されていて、時価総額は5位に位置付けています。

ライトコインってビットコインとどう違うの?って疑問はありませんか?詳しく説明してある記事があれば楽に理解することができていいですよね。そこでコインオタクがライトコインについて徹底的に調べてこの記事にまとめちゃいました!アルトコインのことを知ろうとするときには、ビットコインと比べてどっちがいいか、と調べるのが一般的かと思います。ですがリサーチの結果、ライトコインとビットコインのどっちがいいかというのを比較すること自体がナンセンスであるということがわかりました!果たしてそれはどういうことなのか、将来性と併せて詳しく解説します! 目次仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の基本情報・概要説明仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の3つの特徴・メリット・デメリット仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の今後2018年以降のイベント仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のおすすめ購入方法【ウォレット】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の保管方法仮想通貨ライトコインの気になるQ&A仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のまとめ仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは ライトコインとは、ビットコインの補助的な役割を果たすために開発された仮想通貨で、アメリカでは特に人気の通貨です。ライトコインが将来的に価格を伸ばしたり普及したりするかは、ビットコインが普及するかどうかにかかっているため、ビットコイン信者にも多くファンがいて、実際開発責任者のCharlie Leeもビットコイン信者です。ライトコインはこんな人におすすめ!ビットコインの普及を応援している人、信じている人 仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の基本情報・概要説明仮想通貨ライトコインの基本情報 通貨名(通貨単位):Litecoin(LTC) 公開日:2011年10月7日 発行上限枚数:84,000,000枚 時価総額:下記参照 備考:―国内取り扱い取引所:bitflyer、bitbank.cc、GMOコイン、etc海外取り扱い取引所:binance、bittrex、etc


モナコイン(MONA)

モナコインはライトコインのソースコードを元に2chの掲示板で誕生した日本初の仮想通貨です。

2ちゃんねらーを中心に開発が進められており、segwitを世界で初めて導入しました。

コインのデザインには2chの掲示板でよく使われるキャラ「モナーちゃん」が採用されています。日本での人気は特に高くコミックマーケットや秋葉原などで実際に決済に用いられています。

時価総額は現在54位に位置付けています。 

モナコインは日本でも人気の高い仮想通貨ですが、「モナコインがどんな通貨なのかよくわからない!」そう思っていませんか?将来性やモナコインのメリット・デメリットについての詳しい情報がひとつの記事にまとまっていたら便利ですよね。そんなあなたに朗報です。コインオタクがモナコインの全てを詳しくわかりやすく説明します!急激に高騰し、そして暴落した通貨として有名なモナコインは、実はちゃんと将来性があることがわかりました!ではモナコインはどのような通貨なのでしょうか。将来性についてははもちろん、モナコインなどの有望な仮想通貨購入にオススメの取引所まで徹底的に分析しました!皆さんの知りたい情報を徹底的に詰め込んだので、この記事がきっとあなたの投資判断に役立つはずです!目次仮想通貨モナコイン(Monacoin)とは仮想通貨モナコイン(Monacoin)の基本情報・概要説明仮想通貨モナコイン(Monacoin)の特徴・メリット・デメリット 仮想通貨モナコイン(Monacoin)のチャート分析!相場から見る最新価格推移 仮想通貨モナコイン(Monacoin)の将来性と問題点 【おすすめ取引所】仮想通貨モナコイン(Monacoin)の購入方法3選【おすすめウォレット】仮想通貨モナコイン(Monacoin)の保管方法3選仮想通貨モナコイン(Monacoin)の気になるQ&A 仮想通貨モナコイン(Monacoin)のまとめ仮想通貨モナコイン(Monacoin)とはモナコインは5ちゃんねる(元2ちゃんねる)のソフトウェア板で誕生した仮想通貨です。ライトコインのソースコードを流用して開発され、2014年1月1日に公開されました。ファンが多く、有志たちによってさまざまなサービス(後述)が展開されています。仮想通貨モナコイン(Monacoin)の基本情報・概要説明通貨名(通貨単位):モナコイン、Monacoin(MONA)公開日:2014年1月1日発行上限枚数:1億512万枚時価総額:下記参照備考:日本で誕生した仮想通貨国内取り扱い取引所:Bitbank

 Cardano (ADA)

カルダノはオンラインカジノのプラットフォームであり、そのシステム内で用いられる通貨がADA(エイダコイン)です。

スマートコントラクトを採用しているため胴元が存在せず透明性が高く、公平なギャンブルを行うことができます。

当初は詐欺コインではないかと疑われていましたが、複数の取引所に上場したことで詐欺である可能性は低くなっています。また、最近ではカジノでの利用だけではなく、決済に特化した通貨としての開発へ舵を切っています。

時価総額は6位に位置付けています。

目次ADAコインが一日で価格を倍以上に伸ばす今後の展開は?カルダノの発表に注目急激な価格上昇に対する懸念もコインオタクの分析 ADAコインが一日で価格を倍以上に伸ばす そもそもADAコインとは?取扱い取引所は? ADAコイン(エイダコイン)は、カルダノ(Cardano)というプラットフォーム上で使用される通貨です。元々はオンラインカジノゲームのプラットフォームとして、2016年頃から開発が進められていましたが、現在はより包括的なブロックチェーンによるプラットフォーム構築を目指して開発が進められています。 2017年12月現在ADAコインを取り扱っている取引所は、Bittrex(米国)、Binance(中国)、UPbit(韓国)、Coinnest(韓国)の4つです。 ADAコインの詳しい解説はコインオタクのこの記事からどうぞ! エイダコイン(ADA)とは?詐欺と称される仮想通貨の真相を解説仮想通貨界を最近賑わせているADA(エイダ)コイン、詐欺コインとの噂があった一方で、9/29に公開、10/2についに上場を果たしました!果たしてADAコインとは詐欺だったのか?はたまた大穴場だったのか?本記事ではその真相に迫ります!続きを読む 現在の相場をチャートで確認。高騰理由は? ADAコインのチャートは上のとおりです(Binanceのチャート)。2日前には1ADA=0.000012BTCほどだったものが、一気に1ADA=0.000031BTCへと、実に3倍近くに上がっています。また、1週間ほど前には1ADA=0.000005BTCだったことを踏まえると、6倍以上の上昇です。 このADAコインの高騰には決定的な理由があったわけではありません。ただ、元々「詐欺コイン」として知名度があったこと、大手取引所のBittrexやBinanceに上場したこと(10月頃)、そして1ADAあたりの価格が安く、新規参入者にとっては他のコインに比べて買いやすかったことなどが組み合わさって価格が上昇したのではないかと考えられます。 今後の展開は?カルダノの発表に注目 ADAコインのロードマップを確認

 

Omisego(OMG)

Omisegoは日本人によって設立されたタイの企業「Omise」が制作した東南アジア中心の決済プラットフォームです。

OMGブロックチェーンはイーサリアムのブロックチェーンと連携しており、複数の仮想通貨やトークンでの取引を行うことができます。

タイの金融庁やタイのマクドナルドとの提携をしており、銀行口座を持たない人が多い東南アジア圏における新たな送金手段とした注目されています。

時価総額は現在20位に位置付けています。

目次OmiseGOとは OmiseGOの最新チャート分析!相場から見る価格推移OmiseGoの問題と将来性は?コインオタクの見解!【OmiseGoの仕組み・特徴】イーサリアムとの関係は? OmiseGOのメリット OmiseGoのデメリット 【OmiseGoの入手方法】オススメの取引所はどこ? 【OmiseGoの保管方法】オススメのウォレットは? OmiseGoについての気になるQ&A OmiseGoまとめ OmiseGOとは OmiseGOとは、2013年にタイで設立された「Omise」という企業によって開発されている、OMGブロックチェーンを利用した東南アジア中心の決済プラットフォームです。このネットワーク上で使われる通貨が「OmiseGO(トークン)(OMG)」と呼ばれています。 決済手段としてOmiseGOを用いることで、銀行口座いらずで様々な取引の決済が可能になります。 OmiseGOの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年10月20日現在) 上図がOmiseGOの価格推移です。特に急激な価格変動はありませんが、所々の変化にはいろいろな背景があります。 2017年7月17日に上場したOmiseGOですが、他の仮想通貨に比べてかなり早い段階で大手の取引所であるBitfinexにも上場するなど、順調なスタートを見せました。 8月にはタイの金融庁やタイのマクドナルドがOmiseGOを採用したことなどがあり、価格は順調に上昇していました。 9月頃から徐々に下落し始めているのは、AirDropでの無料配布をきっかけとする叩き売りや、初期に過度に期待が集まって高騰したのが落ち着いてきたことが原因と考えられます。 OmiseGoの問題と将来性は?コインオタクの見解! OmiseGOが今後発展していく上で解決しなけれなならない問題、また、OmiseGOの将来について簡単に説明していきます。 イーサリアムの動きも要チェック

 

Decred 

Decredはマイニング方式にPoWだけでなくPoSも併用している仮想通貨です。

PoSの導入により運営が投票により決定されるため、51%攻撃の心配がなくPoWのみを採用しているビットコインより安全性のが高いと言える上、Nothing at Stake(通貨をたくさん持ってさえいれば不正なブロックを生成出来るという問題)の心配もないためPoSのみを採用しているイーサリアムよりも安全性が高いと言えます。

Decredのブロックチェーンではスマートコントラクトがかけるほか、ビットコインキャッシュとのアトミックスワップにも成功しています。

時価総額は現在41位に位置付けています。

目次DecredとはDecred(DCR)のチャート分析。相場からみる最新価格推移Decredの問題と将来性。コインオタクが分析したdecredの今後の展望Decredの仕組みは?他の仮想通貨とどう違うの?Decredのここが凄い!DecredのメリットDecredにはこんなデメリットも・・・?!【Decredの入手方法】オススメの取引所【Decredの保管方法】ウォレットを選ぼうDecredの気になるQ&ADecredまとめ Decred(デクレッド)とは Decredとは、分散型仮想通貨の一種です。「コインの保有者が運営方針を決めるべきだ」という理念の下、ブロックの承認方法に、PoW(プルーフオブワーク)だけでなくPoS(プルーフオブステーク)も導入していることが特徴です。PoSによる投票機能は、アップデートや開発方針の是非を問う際にも活用され、利用者のガバナンスを向上させる役割を果たしています。 Decred(DCR)のチャート分析。相場からみる最新価格推移 これがDecredの現在(2017年10月14日~27日)のチャートです。24日に韓国大手取引所UPbitで取り扱いを開始したことから、高騰しました。 Decredは過去にも何度か大きなアップデートのたびに高騰・下落を繰り返しているので、この高値も一時的なものかもしれません。 Decredは、開発陣の発表したロードマップによると、今年中にライトニングネットワークの実装を予定しているので、実装直後に高騰が予想されます。 なので、もう少し値下がったら買っておくと良いかもしれませんね。 Decredの問題と将来性。コインオタクが分析したdecredの今後の展望 投票機能が正常に機能しない可能性がある この投票機能は、コミュニティに参加している、コイン保有者の意向を反映する役割を持っています。裏を返せば、利用者がコミュニティに積極的に参加しない場合、機能不全に陥ってしまう可能性があるということです。 コミュニティに寄与せず、投資目的にDCRを保有するというスタンスの人が増えることで、そういった事態が生じるかもしれません。 投票システムによって、集権化されてしまう可能性がある

 

Dash 

DASHは決済手段としての普及を目指している仮想通貨です。

送金者がだれであるかをわからなくするコインミクシングを採用し匿名性を高めた上で送金時間が1.3秒であり、ある程度の匿名性と送金速度が両立しているのが特徴です。

通貨のシステムの意思決定はすべてマスターノードが行っているため送金が早くなるメリットもありますが、中央集権的であるデメリットもあります。

時価総額は現在12位に位置付けています。

DASH(ダッシュ)は日本でも人気の高い仮想通貨ですが、DASH(ダッシュ)がどんなものなのか本当にわかっていますか?匿名通貨として有名なDASH。実は匿名性の高さを目指しているわけではないそうです!仕組みがわかっていないと、今後DASH(ダッシュ)のニュースの真偽判断ができず誤った投資判断をしてしまうかもしれません。この記事を読めばDASHの実は知られていない詳しい特徴やデメリット、そこから見える将来性までもを徹底的に分析しました!これを読み終わる頃にはDASHの全てが分かってるでしょう!DASHについて現役東大生がホワイトペーパーやGithubなど簡単に理解するのが難しい内容を真剣に調べ、図を用いてわかりやすく解説しました!DASHを圧倒的に理解して、他の仮想通貨トレーダーに差をつけちゃいましょう!DASH(ダッシュ)ってなに?仮想空間内で「現金」となることをめざす決済の速さと匿名性を兼ね備える運営方針や予算の使い方はマスターノードが決めるためやや中央集権的 目次仮想通貨DASH(ダッシュ)とは仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?最注目の匿名性通貨!仮想通貨DASH(ダッシュ)の3つの特徴・メリット・デメリット仮想通貨DASH(ダッシュ)の今後のイベント仮想通貨DASH(ダッシュ)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨DASH(ダッシュ)の将来性と問題【取引所】仮想通貨DASH(ダッシュ)の購入方法【ウォレット】仮想通貨DASH(ダッシュ)の保管方法仮想通貨DASH(ダッシュ)の気になるQ&A仮想通貨DASH(ダッシュ)のまとめ 仮想通貨DASH(ダッシュ)とは 仮想通貨DASHとは、仮想空間の中で現金のように決済に使われることを目的として開発されました。「現金」を目指すために、決済の速さとある程度の匿名性を備えています。2014年にローンチした時はXCoinという名前だったのですが、Darkcoinという名前を経て2015年に現在のDASHになりました。 仮想通貨DASH(ダッシュ)とは?最注目の匿名性通貨!DASH(ダッシュ)とはDASH(ダッシュ)とは、仮想空間において現金のように使われることを目指す決済用の仮想通貨で、取引の速さと送金の匿名性を兼ね備えています。ビットコインが取引の承認に約10分かかるところをDASH(ダッシュ)では約1

 

Monero 

Moneroは暗号化技術を利用した匿名性の高い仮想通貨です。

Moneroではリング署名・ステレスアドレス・秘匿トランザクションを採用しており最高峰の匿名性を保っています。

また、ブロックサイズが市場原理によって変化する可変ブロックを採用しておりスケーラビリティ問題が起きないメリットがありますが、フォークが起きやすいデメリットもあります。匿名性の高さから法規制にも注意が必要です。

時価総額は現在11位に位置付けています。

目次モネロ(Monero)とはモネロの最新チャート分析!相場から見る価格推移Moneroの問題と将来性は?コインオタクの見解Moneroの仕組みMoneroのメリットMoneroのデメリット【Moneroの入手方法】オススメの取引所3選【Moneroの保管方法】ウォレット3選仮想通貨Moneroについての気になるQ&AMoneroまとめ モネロ(Monero)とは モネロ(Monero、通貨単位はXMR)とは、2014年4月に公開された、リング署名という暗号化技術を利用した匿名性の高い仮想通貨です。 この暗号化技術から、特定のユーザーに送金履歴などをリンクされることは少ないと言われています。もともと政府の関与を受けない通貨を作ることを目指し、開発されたモネロ。その仕組みや価格推移はどの様なものなのか。以下に説明していきます。 モネロの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年9月26日現在) この様に、今年に入ってから2.5倍程度の価格上昇をしています。その中でも乱高下を繰り返しているのがわかります。では、どのような理由で変動が起こっているのか。その予想について解説していきます。 まず大きな価格変動があったのは、2016年の8月です。この値動きは、トランプ大統領の当選と連動していたと考えられています。その後、モネロの持つ匿名性の高さから世界最大級のダークマーケットであるAlphabayから注目を浴びます。そして、海外版の2ちゃんねるの様なサイトであるRedditに、「9月にモネロを決済通貨として利用する」とAlphabayが投稿します。その結果、また価格が高騰するのです。 その後、ビットコインの値動きと連動して価格は推移していきます。 そして、2017年の8月20日から21日にかけて、値段は2.8倍に向上します。この原因としては、仮想通貨の取引量が世界でも有数となっている韓国の仮想通貨取引所のBitHumbが8月21日にモネロを取り扱う予定であることを公表したことが考えられます。

 

Zcash 


Zcashは仮想通貨の中でも最高峰のプライバシーを誇る匿名性通貨です。

Zcashではトランザクションの送金者、受信者、取引額がわからなくても誰でもその取引が正しいことを証明できるゼロ知識証明が実現されています。

プライバシーが高く保たれている反面、トランザクション情報が大きくなるためスケーラビリティ問題が予想されるほか、法規制にも注意しなければなりません。

時価総額は現在24位に位置付けています。

目次Zcash(ジーキャッシュ)とはZcashのチャート分析!相場から見る最新価格推移Zcashの問題性と将来性は?コインオタクの見解Zcashの仕組みZcashのメリットZcashのデメリット【Zcashの入手方法1】オススメの取引所4選【Zcashの保管方法】ウォレット4選Zcashについての気になるQ&AZcashまとめ Zcash(ジーキャッシュ)とは Zcash(ジーキャッシュ)は、匿名性に特化した仮想通貨であり、完全な匿名送金を目指しています。匿名性を持たせるためのゼロ知識証明と呼ばれる機能を持っています。また、匿名性以外の部分はビットコインと類似した機能を基本的に使うことができます。 また、開発陣に著名な人が多く、取引が始まった直後に50万円ほどの値段をつけていました。例えば、ゼロ知識証の研究を行なっていたイスラエルの大学教授(Eli Ben-Sasson)やジョンズホプキンス大学、カリフォルニア大学バークレー校の教授(Alessandoro Chiesa、Christina Garman)など錚々たる面々が揃っていたのです。 Zcashのチャート分析!相場から見る最新価格推移 (2017/10/16) では、そのZcashはどのような値動きを示したのか。その動きは上図のようになります。 このように、ローンチされた直後は価値が超高騰していたのです。そしてその後価値が急落。その時の値動きを基準に考えると、最近の値動きの振れ幅は微々たるものと言えます。この値動きの理由は、先ほど触れたメンバーの評判に対する期待値が高すぎたことが挙げられると思います。実際に、ローンチ前からかなり噂になっており買いが集中したのだと思います。 では、次にここ三ヶ月の値動きを見てみます。 (2017/10/16) この画像を見れば分かるように、現在は価格が減少トレンドになっています。その理由としては、2017年5月にJPモルガンがZcashの用いているセキュリティ技術の採用を発表したことで価格が高騰したことにあります。その後は、ビットコインの分裂騒動によってオルトコインも含んだ狼狽売りが生まれたために値段がまた下落していったのです。ただ、現在でも取引高が10位以内に入るなど、着実に人気を集めています。 Zcashの問題性と将来性は?コインオタクの見解

 Verge 

Vergeはかつて「ドージコインダーク」と呼ばれていた匿名性の高い仮想通貨です。他の匿名性の高い通貨とは違って、ブロックチェーンでの履歴を隠すのではなく、アドレスと個人情報とのつながりを隠すことで匿名性を担保しています。

Vergeの送金では匿名性を持たせるか持たせないかを選択することができ、どちらを選択した場合でも同じブロックチェーンに記入されるレイス・プロトコルが採用されています。そのため匿名性と透明性が両立されていると言えます。

またいずれの場合でも送受信者のIPアドレスはTorと呼ばれる技術によって秘匿されています。

時価総額が現在32位に位置付けています。

目次Verge(ヴァージ)とは?Vergeのチャート分析!相場から見る最新価格推移Vergeの問題点と将来性Vergeの仕組みVergeのメリットVergeのデメリットVergeのおすすめ取引所VergeのおすすめウォレットVergeについてのQ&AVergeのまとめ Verge(ヴァージ)とは? Vergeとは、取引の匿名性を重視した仮想通貨です。レイス・プロトコルによって匿名取引・公開取引を切り替えることができるのが大きな特徴です。また、匿名性はTorとI2P通信によって実現されています。「TorやI2P通信って何…?」って方も【Vergeの仕組み】でコインオタクが解説するので安心してください! 発行開始時は「ドージコインダーク」という名前でしたが、2016年に「Verge」へ名称変更しました。 Vergeのチャート分析!相場から見る最新価格推移 Vergeのここ一年のチャートは以下のようになります。(2016年11月18日から2017年11月18日) 6月のアルトコインバブルの際に急騰し、その後少し値段が落ち着いてたのち、9月にHitBTCに上場したため高騰しました。 そして、11月7日に新バージョンへのフォークが行われ、アトミックスワップ、匿名チャットが実装されたため高騰しました。 また、その際にレイスプロトコル(取引の匿名性をオンオフする機能)は未実装ですが実験段階はほぼ終了しており今年中に実装すると発表がありました。 今後もロードマップ上ではRSKスマートコントラクトの導入などが予定されており、そのような大型新機能導入によってまた高騰する可能性は十分にありえます。 また、このコインはMonero、DASH、Zcashといった有名匿名系仮想通貨に比べてまだまだ価値が低いため、伸びしろは十分にあると思います。 「スマートコントラクトって何…?」って方はコインオタクの記事を読んでみてください! スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む

 


イーサリアム (ETH)

イーサリアムはスマートコントラクトを採用し自動契約を実行できるプラットフォームです。

イーサリアムのプラットフォームを利用してユーザーが独自に分散型アプリケーションを作成できるのが特徴です。

マイクロソフトやトヨタ自動車などでも導入が予定されている将来性の高い通貨で、コインオタクでも「仮想通貨おすすめランキング2018年完全版|東大生が500銘柄を徹底考察し選んでみた」の記事でおすすめランキング1位で紹介しています!

時価総額は現在2位に位置付けています。

 仮想通貨について少し調べてみたり、取引所に登録してみたりすれば必ずといっていいほど目にするイーサリアム(Ethereum)。ビットコインは分かるけど、イーサリアムってなに?って思いますよね。ビットコインなどと比べるとイーサリアムはかなり複雑な構造になっているんですが、実は根幹となる技術をしっかり抑えれば理解ははそう難しくありません。この記事では、イーサリアムがどういった特徴を解説するだけでなく、イーサリアムの持つ将来性を具体的に説明していきたいと思います!最後まで読めば、イーサリアムについて超詳しくなれること間違いなしです!目次仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とは仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の今後のイベント仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の価格推移と最新チャート分析!仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の将来性と問題【取引所】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の購入方法【ウォレット】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の保管方法仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の気になるQ&Aまとめ仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とはイーサリアム(Ethereum)とは、スマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)を構築できるプラットフォームのことで、Ethereum Foundationによって運営されています。このプラットフォームの基軸通貨であるEther(イーサ)は、ほぼ全ての取引所で取り扱われており、ビットコインに次いで時価総額2位の仮想通貨です。仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明まずは、イーサリアムに関する基本情報をまとめたあとに、どんな仮想通貨なのか簡単に説明していきたいと思います。仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報通貨名(通貨単位)Ethereum(ETH) 公開日 2015年7月30日発行上限枚数91,786,546 ETH国内取り扱い取引所bitFlyer,Zaif,GMOコイン,bitbank.cc,など海外取り扱い取引所Binance,Kucoin,HitBTC,など公式サイトhttps

 

イーサリアムクラシック (ETC)

イーサリアムクラシックはThe Dao事件をきっかけにイーサリアムからハードフォークした仮想通貨です。

The Dao事件でコードを改変した中央集権的なイーサリアムに反発しているイーサリアムクラシックは「Code is law(コードが全て)」のモットーをもつ非中央集権制を維持しています。

近年ではイーサリアムとの差別化を図るためIoTの実現を目指しています。

時価総額は現在16位に位置付けています。

最近どんどん存在感を増してきている仮想通貨、イーサリアムクラシック(ETC)。「イーサリアムクラシックってどんな仮想通貨なの?特徴が知りたい!」あなたは今、そうお考えではありませんか?面白そうな仮想通貨なのでちょっと気になってる。だけど投資に踏み切れるほどの情報を持っていない・・・イーサリアムクラシックについての情報があれば、投資判断に役立てることができますよね。そんなあなたに朗報です。「この記事を読めば、イーサリアムクラシックについてあなたが知りたかった情報が手に入ります。」東大生がくまなく集めてまとめた情報は、必ずあなたの役に立つでしょう!それだけでなく、イーサリアムとの違いやイーサリアムクラシックの今後の展望も解説しているので、将来性への理解も深まること間違いなし!この記事ではイーサリアムクラシックの特徴はもちろん、チャートの動きや将来性、問題点、そして購入にオススメの取引所まで知りたいことを完全網羅して解説します!この記事が投資判断のお役に立てば幸いです!目次イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の基本情報・概要説明 仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の特徴・メリット・デメリットイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)と本家イーサリアムとの違い イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後の予定 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のチャート分析!相場から見る最新価格推移 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後は?問題点と将来性 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の購入にオススメの取引所2選イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のオススメウォレット3選 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)についてのQ&A イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のまとめイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か 

 

LISK(LSK)

LISKはJavaScriptでスマートコントラクトを作成できるプラットフォームです。

サイドチェーンでDappsの開発ができるためスケーラビリティ問題を解決できる上、バグの対処も容易です。

マイニングアルゴリズムにDPoSを採用し、マイニングではなく独自のフォージングを行っているという特徴を持ちます。

時価総額は現在19位に位置付けています。

Liskは非常に人気が高く日本での知名度も高いことから、「Liskのことを名前だけ知ってるけど、どんな通貨なのか知りたい」「Liskに投資してみたいけど将来性はあるのか知りたい」「Liskの問題点や欠点についても知りたい」といった様々な疑問を持っている方々がご覧になっているかと思います。この記事では、まずLiskの仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく説明し、投資をする上で重要な将来性や今後の課題、チャート分析や今後のファンダメンタル情報も上級者向けに解説しています。Liskの将来性についてもコインオタク編集部独自の切り口から僕達の見解を解説していきますので、ぜひ読んで下さい!目次仮想通貨Lisk(リスク)とは仮想通貨Lisk(リスク)の基本情報・概要説明仮想通貨Lisk(リスク)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨Lisk(リスク)の今後のイベント仮想通貨Lisk(リスク)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨Lisk(リスク)の将来性と問題【取引所】仮想通貨Lisk(リスク)の購入方法【ウォレット】仮想通貨Lisk(リスク)の保管方法仮想通貨Lisk(リスク)の気になるQ&A仮想通貨Lisk(リスク)のまとめ 仮想通貨Lisk(リスク)とは リスク(Lisk)とは、スイスに会社を持つLisk Foundationが開発している仮想通貨のプロジェクト名です。2016年に14000BTCを集めたICOとして始まり、現在は国内最大級の取引所であるbitFlyerやcoincheckで取り扱われていて、国内でも有数の人気を誇っています。 仮想通貨Lisk(リスク)の基本情報・概要説明 まずはLiskに関する基本情報をリストアップした後に、Liskがどのような機能をもつ仮想通貨なのかを簡単に説明していきます。Lisk(リスク)の基本情報通貨名(通貨単位):Lisk(LSK) 公開日:2016年5月24日 発行上限枚数:上限なし(発行枚数は減少) 時価総額:下記参照 備考:— 国内取り扱い取引所:bitFlyer, coincheck 海外取り扱い取引所:bitbay, Binance, Huobi, Poloniex, HitBTC, etc 公式サイト: 公式ツイッター:@LiskHQ

 

NEO 

NEOはC、C#、C++、JavaScrypt、Pythonなどの多様なプログラミング言語によって書かれたコードを実行できる仮想通貨です。

NEOではDFBTと呼ばれる独自のマイニングアルゴリズムが採用されており、ブロックの承認はユーザー投票によって選ばれた「ブックキーパー」が行います。

NEOのプラットフォームではNEOだけでなくNeoGas(GAS)も通貨として採用されており、NEOのマイニング報酬としてGASが支払われます。これによりビザンチン将軍問題を解決しています。

時価総額は現在7位に位置付けています。

目次NEOとはNEOのチャート分析。相場から見る最新価格推移仮想通貨NEOの今後は?将来性と問題点NEOの仕組みNEOのメリットNEOのデメリットNEOはここで購入!オススメ仮想通貨取引所NEOのウォレット紹介NEOについてのQ&ANEOまとめ NEOとは NEOとは、中国で開発されたICOコインです。もともとはAntShares(ANS)という名前でしたが、2017年6月に名称の変更がありました。 現在、中華圏を中心にひろく利用され、スマートコントラクト開発などが可能なことから、「中国版イーサリアム」と呼ばれることもあります。 <コインオタクのオススメ記事> イーサリアム(Ethereum)とは?買い方やチャート分析や将来性を教えます!イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!続きを読む NEOのチャート分析。相場から見る最新価格推移 こちらがNEO/JPYの現在(2017年11月10日)までのチャートです。 8月の半ばごろからICO通貨規制の雰囲気で徐々に値下がりし、9月4日の中国政府の公式アナウンスで一気に下がりました。やはり、中国の規制リスクは無視できませんね。 しかし、その後9月末に韓国の取引所で続けざまに上場が発表され、少し高騰してから今に至ります。 仮想通貨NEOの今後は?将来性と問題点 中国当局からの規制リスクがある NEOの抱えている問題点のうち、これは最大と言っても良いでしょう。これまでにも中国当局は、国内の取引所閉鎖やICOコインの開発禁止など、自国の仮想通貨市場にさまざまな圧力を加えてきました。今後も中国当局からの規制が行われる可能性があります。 そうなった場合、中国を主な流通圏とするNEOの価値は大幅に下落する可能性があります。 スケーラビリティに問題が生じる可能性がある NEOは、イーサリアムと同じく、一つのブロックチェーン上で全てのスマートコントラクトを動かしています。

 クアンタム(QTUM)

Qtumは残高を送金履歴から逆算するビットコインのUTXOと、イーサリアムのスマートコントラクトを併用した独自の技術アカウントアブストラクトレイヤー(AAL) を採用しています。

匿名性やプライバシーを保ちながら自動契約を実行できるQtumは企業間の安全なデジタル契約を実現することを目標としています。

将来性が非常に高く、コインオタクでも「仮想通貨おすすめランキング2018年完全版|東大生が500銘柄を徹底考察し選んでみた」の記事でおすすめランキングで紹介しています!

時価総額は現在18位に位置付けています。

目次仮想通貨Qtum(クオンタム)とは?Qtumのチャート分析。相場からみる最新価格推移Qtumの問題と将来性。コインオタクが分析したQtumの今後の展望Qtumの仕組みは?注目すべきQtumのテクノロジーの特徴とはQtumはここが凄い!QTUMのメリットQTUMにはこんなデメリットも・・・?!【Qtumの入手方法】オススメの取引所2選(Coinone & Bittrex)【Qtumの保管方法】ウォレットQtumの気になるQ&AQtumのまとめ仮想通貨Qtum(クオンタム)とは? Qtum(クアンタム)とは、ビットコインとイーサリアムの技術を併用したビジネス志向的ブロックチェーンプラットフォームです。アカウントアブストラクトレイヤ(AAL)などの技術を採用しており、Qtum(クアンタム)はNEOと共に中国を代表するコインとして知られています。 Qtumのチャート分析。相場からみる最新価格推移 チャートで見られるQtumの価格は全般的に下降傾向です。9月の上旬から中国の取引所閉鎖の影響を受け、9月6日中国の取引所Yunbiが取引をやめた時期まで下がっています。しかし、9月13日の23時にメインネット(Main Network)の発表があるという期待感に応じて再び価格は上昇しました。 その後、オフラインのみで行われた13日のメインネット発表日には、すぐトークンとコインのスワップが行われず詳細を15日に発表するということだけお知らせされました。実際のスワップが行われたのは10月に入ってからで、ユーザーの期待に応えることができなかったと見られます。これにより、価格はまた下落します。 10月に入ってからは10月4日にトークンスワップが行われるという期待感もあり、緩やかな回復基調へと戻りました。韓国の取引所Coinoneでは10月18日二次エアドロップ(Airdrop)を行うなど今後も活発な動きが見られます。 <Qtumの動向まとめ>

 EOS 

EOSとは、スマートコントラクトを利用し企業に使われることを目的とした分散型アプリケーションプラットフォームです。EOSトークンは、他の分散型プラットフォームとは違い、利用価値がありません。現状、EOSトークンはEOSの株式のようなものだと言えます。しかし、今後プラットフォーム上で使えるようになったり、決済通貨になる可能性も考えられます。分散型アプリケーションを作るのにサイドチェーンを立ち上げる必要があるのですが、手数料が無料であるのが特徴です。今後EOSトークンの価値が上がるかどうかは、プロジェクトの進捗やトークンがどのように使われるのかによります。

時価総額は現在9位に位置付けています。 

目次現在のEOS(EOS)のレートEOS(EOS)とは?概要・基本情報まとめEOS(EOS)の特徴・メリット・デメリットEOS(EOS)の最新チャート!相場からみる価格推移【EOS(EOS)の買い方】取引所で購入する【EOS(EOS)の保管方法】ウォレットEOS(EOS)の将来性EOS(EOS)まとめ現在のEOS(EOS)のレート EOS(EOS)とは?概要・基本情報まとめ 概要EOSは、企業の業務サポートで使われることを目的とした、スマートコントラクトを利用して分散型アプリケーションを作ることに特化している仮想通貨です。イーサリアムなどの他のDappが作れるプラットフォームとは違い、1秒間に何百万件ものトランザクションの処理が可能で、使用料は無料です。 基本情報まとめ 通貨名(通貨単位):EOS(EOS) 公開日:2017年6月26日 マイニングシステム:Delegated Proof of Stakeブロック生成速度:3秒 発行上限枚数:1,000,000,000 EOS備考:ERC20トークン 取扱取引所:Binance,Bitfinex,Bithumb 公式サイト: 公式ツイッター: ホワイトペーパー: ソースコード: blockchain explorer: bitcointalk(フォーラム): 公式ブログ:eosio…

 

0x 

0xはDEXの欠点とも言われる「流動性の低さ」を解消した仮想通貨です。

0xではDEXにおける注文に対し取引相手となる「relayer」を設置することで常に注文が瞬時に約定します。relayerはその対価として手数料をもらうことができます。

また、0xでの注文はすべてオフチェーンで行われるため手数料が大幅に削減される他、スケーラビリティ問題も存在しません。

時価総額は現在53位に位置付けています。 

目次現在の0x(ZRX)のレート0x(ZRX)とは?概要・基本情報まとめ0x(ZRX)の特徴・メリット・デメリット0x(ZRX)の最新チャート!相場からみる価格推移【0x(ZRX)の買い方】取引所で購入する【0x(ZRX)の保管方法】ウォレット0x(ZRX)の将来性0x(ZRX)まとめ現在の0x(ZRX)のレート 0x(ZRX)とは?概要・基本情報まとめ 概要0xは簡単に言うと分散型取引所(DEX)のプロジェクトです。管理者のいない非中央集権型の取引所を形成します。DEXは送金スピードも早く、取引手数料もかかりません。イーサリアムのブロックチェーン上で発行されているトークン同士を手数料がほぼ無料で交換するための仮想通貨です。これにより、提携しているDapp間で流動性が生まれます。今まではマイナーなDAppを利用する際にそのマイナーなDapp専用の仮想通貨を使わなければいけませんでした。しかし、0xを使うことで、ETHでマイナーなDappの使用料を支払うことが出来るようになります。すでに0xプロトコルを利用しているプロジェクトは多数あります。分散型取引所(DEX)とは?絶対理解しておくべき次世代型の取引所!目次分散型取引所(DEX)とは分散型取引所のメリット分散型取引所のデメリット分散型取引所を利用したプラットフォーム3選まとめ 分散型取引所(DEX)とは 分散型取引所(DEX)とは、中央管理者を介さず、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。ちなみに、DEXはDecentralized EXchangeの略です。最近注目され始めている次世代型の取引所ですが、その仕組みを説明するために現在主流になっている中央集権取引所との違いに注目しながら見ていきたいと思います!! 中央集権型取引所の仕組み BittrexやPoloniex

 

BitShares

BitSharesとは、金融プラットフォームのことです。分散型取引所OpenLedgerはこのプラットフォーム上に展開されています。取り扱うのは仮想通貨に限られますが、将来的にはさまざまな金融商品を取り扱うとしています。BitUSDは、1BitUSD=1USDに価格が固定されているペッグ通貨で、分散型プラットフォーム上で管理されています。そのため、Tetherなど他のペッグ通貨とは違い、カウンターパーティリスクが伴いません。

時価総額は現在36位に位置付けています。 

目次bitsharesとはbitsharesの最新チャート分析!相場から見る価格推移bitsharesの問題と将来性は?コインオタクの見解bitsharesの仕組みは?他の仮想通貨と何が違うの?bitsharesのメリットは?bitsharesのデメリットは?bitsharesの購入方法。オススメの取引所は?bitsharesの保管方法。オススメのウォレット(wallet)は?bitsharesについての気になるQ&Abitsharesまとめ bitsharesとは bitsharesとは、ブロックチェーン技術を用いることで人の手を介さずに様々なビジネスを自動で運用するためのプロトコルで、金融プラットフォーム自体のことです。世界初の分散型取引所である独自の非中央集権型プラットフォームOpenLedgerを通して取引されるため盗まれる心配がない上に、価格固定型通貨SmartCoinが取引できるという特徴があります。 bitsharesの最新チャート分析!相場から見る価格推移 これは2017年10月20日現在のBTS/BTCチャートになります bitsharesの価格推移です。2017年10月20日現在の相場は0.00000906฿です。 2017年5月−9月までの短期間の急騰は、株主に利益を分配できる仕組みを持っているという他の仮想通貨と違う目新しさと時価総額が低かったため新規参入しやすかったこと、そして分散型自動化企業DACの中で最も勢いのあった通貨だったこと、smartcoinとの連動性という、国際通貨に裏付けられた安定性が原因で、仮想通貨が人気となってきた時期出会ったことも重なり、資産家などによる投資目的による大きな資金の流入があったためと考えられます。9月以降に再び低い相場に戻ってしまったのは、取引が加熱しすぎてしまったために起こったバブルが崩壊をしたため、そして仮想通貨全体に対する信用が低迷したために影響を受けてしまったと考えられます。 bitsharesの問題と将来性は?コインオタクの見解 開発力への不安

Numerai 

Numeraiは世界中のデータ科学者がAIの資料を提供するヘッジファンドです。

Numeraiのプラットフォームでは科学者がAIのモデルを提供し、そのうちの最も優秀な100個が週に一度選ばれ、開発者は報酬としてNumeraireトークンを受け取ることが出来ます。

市場予測AIの開発が進む利点もありますが、情報開示が少ない欠点もあります。

時価総額は現在283位に位置付けています。

目次Numerai(ヌメライ)ってどんな仮想通貨?Numeraireとの意味の違いは? Numeraiのチャート分析!相場から見る最新価格推移Numeraiの問題と将来性は?コインオタクの見解Numeraiの仕組みNumeraiのメリットは?Numeraiのデメリットは?Numeraireを購入できる取引所は?Numeraiの保管方法は?おすすめウォレットを紹介!Numeraiについての気になるQ&ANumeraiまとめ Numerai(ヌメライ)ってどんな仮想通貨?Numeraireとの意味の違いは? Numrai(ヌメライ)はEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上のNumeraireトークンを用いて取引されているサービスであり、世界中のデータ科学者がAIの資料を提供するヘッジファンドです。Numeraire(ヌメライア)とは通貨単位のことです。 株式市場などを予測するAIは機械学習を積んでどんどん賢くなっていきます。その過程でデータ科学者(トレードの売買ロジックなどの設計者)がモデルを提供し週に一度、良いモデルの報酬として100人がNumeraireトークンを受け取ることが出来ます。つまり、科学者はNumeraireを受け取ることをインセンティブとしてデータを提供し、そのデータの集積がAIを発展させ株式市場予測などの精度が増すのです。 Numeraiのチャート分析!相場から見る最新価格推移 NMR/BTCのチャートを見ていきましょう。上のグラフのオレンジのラインが1枚のNumeraireがBTC何枚分の価値があるかをあらわしています。 2017年6月から取引できるようになったこのNMRですが、6月23日から6月28日の6日間で乱高下が見られます。これは、ICOがなかったために、上場直後に買い注文が殺到したためです。底値の2日後には底値の6倍まで高騰するなど初期の期待値が非常に高かったことが伺えますが一気に下降してからは大きな増減はありません。 それ以降にも好材料はありました。9月9日の10時59分にNumeraiの公式Twitterで「9月13日に暗号化のシステムやソースコードの一貫性がより良いものになる」という趣旨の発表があり、同日16時から翌日12時にかけて約1

 

Cindicator 

Cindicator(シンジケーター)とは、ユーザーの予想データをもとにAIを使って金融市場や仮想通貨市場を予測するプラットフォームです。

仮想通貨の市場予測分野は未発達なのでCindicatorが成功を収める可能性は大いにあります。現在はユーザーに市場予測クイズが出されており、正解者にはCindicatorのトークンCNDが配布されるようになっています。この分野の対抗は多いので、争いをどう勝ち抜くのかがポイントです。

時価総額は現在91位に位置付けています。

目次仮想通貨Cindicatorとは?コインオタク独自のICOを選ぶ基準!Cindicatorは上場直後に価格が上がる可能が高い!Cindicatorは長期的に保有するのも良し!Cindicatorのプロジェクト概要Cindicatorのプロジェクトメンバー市場でのCindicatorの評価CindicatorのメリットCindicatorのデメリットCindicatorの入手方法Cindicatorまとめ 仮想通貨Cindicatorとは? Cindicator(シンジケーター)とは、2015年に開始したユーザーのデータをもとにAIを用いて金融市場や仮想通貨市場の予測を行うプラットフォームです。 Cindicatorの目的は、ハイブリッドインテリジェンス(大衆の知能と人工知能)を利用することでより正確に市場の値動きを予測することです。現在Cindicatorはアプリでユーザーを対象にに金融市場と仮想通貨市場の今後の動向に関するクイズを行っています。クイズへの正答率や予測の正確さに応じてユーザーに、CindicatorのトークンであるCNDが支払われます。 コインオタク独自のICOを選ぶ基準! スキャムの可能性があるか ICOでお金は集めたものの、何のサービスも実装しないスキャムコインも見受けられます。プロジェクトまでしっかり理解して精査しましょう。 <コインオタクのオススメ関連記事> スキャム(scam)の種類、見分け方解説!安全な仮想通貨ライフをあなたにスキャム(scam)という言葉の意味をご存知ですか?仮想通貨に関連するweb掲示板などで目にする機会も多く、「いまさら人に聞けない!」と思っている方も多いと思います。そんなスキャムの意味と事例を紹介します!続きを読む 主要なプロジェクト構成員がどんな人物か ICOは少人数の会社で行われることが多く、そのメンバーがプロジェクトの大部分を決めています。それぞれの専門分野などを把握しましょう。 トークン設計がイケてるか トークンセールで手に入れたトークンがどのように利用できるかはトークンの今後の価値を大きく左右します。 プロジェクト自体に将来性があるか

 

Augur

Augurとは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型予測市場で、ERC20トークンです。ある出来事に対して予測と賭け金を立て、当たると報酬がもらえ負けると賭け金は没収という仕組みがスマートコントラクトで動いているので、胴元がいない予測や賭け事ができます。これにより従来より公正に予測、賭け事ができます。

また、保険分野への応用の可能性が期待されています。スマートコントラクトを利用することで、従来のより確実性の高い保険制度ができると考えられます。

時価総額は現在40位に位置付けています。

目次Augurってどんなコイン?Augurの最新チャート分析!相場からみる価格推移!Augurは今後どうなる?コインオタクが分析した問題点と将来性Augurの3つの大きな特徴!AugurのメリットAugurのデメリット【Augurの手に入れ方】おすすめ取引所3選【Augurの保管方法】おすすめウォレットAugurまとめ Augur(オーガー)ってどんなコイン? Augurとは、イーサリアムのスマートコントラクトを用いた分散型予測市場であり、仮想通貨の一つです。 Augurを日本語に訳すと「占い師」の意味 Augurという単語は英語で「占い師」や「予言」、「前兆」などという意味を持っています。Augurの概念はざっくりいうと未来の出来事をみんなで予測しようというものなので、うまくかっこいい一言で表していると思いました! イーサリアムのスマートコントラクトの一部 Augurを一言で表すと”イーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型予測市場”となるでしょう。予測市場とは未来に起きる出来事に対して予測をした上で掛け金をたて、その予測が正しかったら報酬がもらえて間違っていたら掛け金が没収される仕組みのことです。一見ギャンブルのように思えますが、イーサリアムのスマートコントラクトを使うことで胴元がいない公正なギャンブル市場を作ることができたのが特徴です。詳しい説明は下の方でします! Augurの最新チャート分析!相場からみる価格推移! (2017年10月27日現在) Augurの価格推移です。2016の2月に買い煽りがおき、爆上がりしていますね。これは完全なバブルでしょう。 2017年3月ころからの値上がりは、仮想通貨の知名度が上がっていき投資家などが次々に参入してきたことが要員として考えられます。 6月くらいから価格が少し下落していますがビットコインの分裂騒動から資産が引いていったことが絡んでいると思います。 8月に入ると分裂騒動が終わって、さらに北朝鮮が不穏な動きをみせはじめたため価格が上がっていきました。 今後日常生活と結びついて活用され始めれば価格は上がっていくと考えています。 Augurは今後どうなる?コインオタクが分析した問題点と将来性 国に認められない場合も

 

Gnosis

GnosisはAugurと同じくイーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型予測市場です。

Augurはユーザーが賭け事のテーマから提供するのに対して、Gnosisは予測市場の大枠がすでにリリースされているアプリケーションから決められているところが大きな違いです。すでにアプリケーションがリリースされているのは大きなことですが、やっていることがほとんどAugurと被っている上、人気度やユーザー数でAugurの方が勝っています。これらから、Gnosisの伸びしろはあまりないと見られています。

時価総額は現在109位に位置付けています。

目次Gnosisとはどんな仮想通貨?Gnosisの相場を元にした価格分析とチャート分析Gnosisの問題点&将来性。コインオタクがGnosisの今後の展望を予想Gnosisの特徴的ICOモデル「ダッチオークション形式」についてわかりやすく解説!Gnosisの仕組みは?GnosisのメリットGnosisのデメリットちょっと心配!?Gnosis MultiSig Wallet(グノーシス・マルチシグ・ウォレット)のセキュリティGnosisの買い方!おすすめ取引所3選Gnosisの保管方法!おすすめウォレットGnosisの気になるQ&AGnosisまとめ Gnosis(グノーシス)とはどんな仮想通貨? Gnosisとは、イーサリアムのブロックチェーンの上で構築された分散型予測市場のプラットフォームです。予測市場とは未来に起こることに対して予測をたて、その予測が正しかったら報酬がもらえ、間違っていたら掛け金が没収されるシステムのことで、一見ギャンブルのように思えますが様々な分野に応用できることで期待されています。この予測市場をブロックチェーンの技術を使って生み出したのがGnosisです。また、Gnosisは特徴的なICOを行ったことで注目を集めた通貨でもあります。 Gnosisの相場を元にした価格分析とチャート分析 (2017年10月23日現在) Gnosisの価格推移です。Gnosisは2017年4月末のICO後にPoloniexに上場し、その後、Kraken、Bitfinex、Liquiなどでも取引が開始されました。5月からの値上がりはこのような上場によって取引量が増えたことが関係していると思われます。 7月の急激な値上げはイーサリアム価格の上昇と関係しています。Gnosisはイーサリアムのブロックチェーン上に開発されたものなので、イーサリアム価格に影響される傾向にあります。イーサリアムは2017年7月に急激な値上げを見せたため、Gnosisもその上昇に引っ張られたのだと考えられます。 以後は価格が落ち着いていますが全体としてみると下降傾向にあります。繰り返しになってしまいますがイーサリアムの影響を受けがちなのでイーサリアムの価格が爆上がりすればGnosisも上がるかもしれませんが、当分はまだ下降を続けそうです。(イーサリアムのリンク)

 

Iconomi

Iconomiは、イーサリアムのスマートコントラクトを使った分散型のファンド管理プラットフォームです。

プラットフォーム上では、まずポートフォリオを作って売り出すことができます。そして、売り出されたポートフォリオはプラットフォームのユーザー誰もが買うことができます。ポートフォリオを作った人は勝った人が出した利益の一定割合を配当として受け取ることができます。スマートコントラクトによりこれらが簡単かつトラストレスに行われます。

仮想通貨界の投資ファンドはまだそう多くはないので先行者有利を今後活かしていけるかがポイントです。

時価総額は現在97位に位置付けています。

目次現在のICONOMI(ICN)のレートICONOMI(ICN)とは?概要・基本情報まとめICONOMI(ICN)の特徴・メリット・デメリットICONOMI(ICN)の最新チャート!相場からみる価格推移【ICONOMI(ICN)の買い方】取引所で購入する【ICONOMI(ICN)の保管方法】ウォレットICONOMI(ICN)の将来性ICONOMI(ICN)まとめ現在のICONOMI(ICN)のレート ICONOMI(ICN)とは?概要・基本情報まとめ 概要ICONOMIはイーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型ファンド管理プラットフォームです。具体的には、仮想通貨のファンドを行っているマネージャーと投資家をつなげるプラットフォームです。 基本情報まとめ 通貨名(通貨単位):ICONOMI(ICN) 公開日:2016年8月25日 マイニングシステム:PoW(今後PoSに以降) ブロック生成速度:約15秒 発行上限枚数:100,000,000 ICN備考:ERC20トークン 取扱取引所:Binance,Kraken,Liqui 公式サイト: 公式ツイッター:@iconominet ホワイトペーパー:… blockchain explorer:… bitcointalk(フォーラム): 公式ブログ: ICONOMI(ICN)の特徴・メリット・デメリットICNをもっていると配当がもらえる!ICONOMIの通貨単位のICNをもっていると持っている分に応じてICONOMIデジタル資産管理プラットフォームで収集された手数料の分の配当をもらえます。手軽な投資を行えるDAA (Deital Assets Array

 

Siacoin

Siacoinとは、個人のパソコンの空き容量を貸し出し、それを対価に報酬をもらうプラットフォーム及び基軸通貨です。Dropboxなどの従来のクラウドサービスと違い、ブロックチェーンに記された情報を個人のパソコンに分散して暗号化して保存します。そのため、ハッキングによる情報漏えいリスクやサービスの利用料が下がります。スマートコントラクトを利用することで、アップタイムの確認や容量を提供する個人への報酬支払いを自動化をしています。

企業向けに開発をしているので、今後一般層向けにどのようにアプローチしていくのか、はたまたアプローチしないのかが注目です。

時価総額は現在34位に位置付けています。

目次Siacoin(シアコイン)とは?Siacoinの最新チャート分析!相場から見る価格推移Siacoinの問題と将来性は?コインオタクの見解Siacoinの仕組みは?SiacoinのメリットSiacoinのデメリット【Siacoinの入手方法】オススメの取引所【Siacoinの保管方法】ウォレットは何を使う?Siacoinについての気になるQ&ASiacoinまとめ Siacoin(シアコイン)とは? Siacoin(シアコイン)とは,個人のパソコンの空き容量を企業に貸し出すことの対価として支払われる仮想通貨の一種です。現在使われているクラウドサービスが飽和状態になり始めてしまったため,ブロックチェーン技術を応用して個人のパソコンの空き容量を有効活用するために開発されました。 はじめは仮想通貨にある程度詳しい方向けに書いていきます。あまり仮想通貨に詳しくないという方は,「Siacoinの仕組みは?」から読んでいってください。 Siacoinの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年12月21日更新) Siacoinの価格推移です。5月から7月にかけて異常な値上がりを見せていますが,これは,アルトコインが軒並み値上がりしていた時期ということに加えて,ObeliskというASICマイニングソフトの導入をSiacoinの公式アカウントが意味深な感じで投稿したことや,大企業との提携が始まるという嘘の噂が広まったことなどが原因になっているようです。 その後,Siacoin熱は冷めて,価格は大幅に下がりました。 しかし、12月頃から仮想通貨全体が値上がりし始めたことに加えて、Siacoinのアップデートが行われるという発表があり、以前高騰した時のピークを大きく越えました。現在、1SCあたり3円を越えています。しばらくは値上がりが続きそうです。 Siacoinの問題と将来性は?コインオタクの見解 マーケティングが弱い

 

Storj

Storjとは、分散型クラウドサービスのプラットフォームです。Siacoinと似ているのですが、Siacoinが企業向けに開発しているのに対しStorjは一般個人向けに開発を行っています。UIが個人にとって良いものになっているので、Siacoinとうまく住み分けるのかどうか注目です。

時価総額は現在103位に位置付けています。


Golem

Golemとはイーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型コンピューティングシステムで、そのプラットフォームで使われるトークンの名でもあります。具体的は、個人のパソコンの計算機能の一部を少しずつ借りることで分散型のスーパーコンピューターを作るプロジェクトです。計算機能を貸し出す対価としてGolemトークンを得ることができます。現時点でクラウドコンピューティング産業はアマゾンやGoogleのような大企業のほぼ独占状態です。スマートコントラクトをどのように活かすのかが注目ですが、開発に時間がかかりすぎているのが難点です。完成まで4年ほどが見込まれています。

時価総額は現在67位に位置付けています。

目次仮想通貨Golem(ゴーレム)とは?Golem(GNT)のチャート分析!相場から見る最新価格推移Golemの問題点と将来性Golemの仕組みGolemのメリットは?Golemのデメリットは?Golemを購入しよう!おすすめ取引所3選GolemのオススメウォレットGolemについてのQ&AGolemまとめ 仮想通貨Golem(ゴーレム)とは? Golemとはイーサリアムのブロックチェーン上で動くスマートコントラクトを利用して作られた、P2P通信による分散型コンピューティングシステム及び、そのプラットフォーム上で利用できるICOトークンです。 世界中の参加者がPCの計算機能の一部を少しずつ貸し出すことで、分散型のスーパーコンピューターを実現させ、個人のPCでは不可能だった高度な計算を可能にするサービスの提供を目指しています。 GolemトークンはGolemシステムの利用料・参加報酬と言う形での授受に使われます。 スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む Golem(GNT)のチャート分析!相場から見る最新価格推移 これは2017年10月~11月現在のGNT/USDのチャートです。 十月の半ばに、Golem開発側から、「順調に開発進んでます!」という旨のアナウンスがあったため一瞬だけ高騰しました。 また、11月のはじめにDevcon3というイーサリアムのスマートコントラクト博覧会があって、その影響があってか高騰しました。 今後も、Golemの開発になにか進展があるたび高騰することが考えられます。 次に待ち構えているそういったイベントは、開発段階が第二段階目の「Clay Golem」に突入すること等があげられます。 Golemの問題点と将来性 Golem開発に時間がかかりすぎる 現在Golemの開発は、開始から一年が経過した現在、まだロードマップの第一段階であるアルファ版の途中までしか進行していません。そのうえ、今後もGolemの開発にはかなりの時間がかかると予想されます。

 

Triggers 

Triggersとは、スマートガンのコントロールをするために開発された仮想通貨です。具体的には、スマートガンのユーザーや発射情報をブロックチェーンを用いて管理するプラットフォームで使われるのがこのTriggersです。従来はスマートガンの情報は中央集権的に管理されていたのですが、サイバー攻撃による弊害が懸念されていました。その懸念の解決法としてTriggersは非常に注目されているのですが、世界最大の銃社会アメリカがトランプ政権の下銃規制に消極的なので、スマートガンをターゲットとしたTriggersの普及に支障をきたす可能性があるとされています。

時価総額は現在221位に位置付けています。

目次Triggers(トリガー)とは?TRIGのチャート分析!相場から見る最新価格推移NASAも注目!?TRIGの問題点と今後の将来性TRIGの仕組みTRIGのメリットは?TRIGのデメリットは?TRIGの購入にオススメの取引所紹介!TRIGの保管用ウォレットの紹介!TRIGについてのQ&ATRIGまとめ Triggers(トリガー)とは? Triggersとは、Block Allianceが開発している、スマートガンのコントロールのために開発された仮想通貨です。CounterPartyトークンの一種として開発されています。 仮想通貨市場では、将来性があるにもかかわらず安価な仮想通貨、いわゆる草コインの一種として仮想通貨投資家たちの注目を集めています。 TRIGのチャート分析!相場から見る最新価格推移 (2017年8月9日~2018年1月10日) burn情報の流布による急騰(2017年9月) 長いあいだほぼ無価値な草コインという立ち位置に甘んじていましたが、2017年9月に全流通Triggerの70%がBurn(破棄)されるというニュースが流れ、それまでの二倍程度まで値段が高騰しました。 草コインブームで高騰 そして12月、この時期にはverge高騰を皮切りに空前絶後の草コインブームが起こり、一気に高騰しました。さらにそれにあわせてBinanceに上場!このあわせ技でTRIGは今までにないほど高騰したのです。 しかし、その高騰も年が明けて間もない2018年1月6日、TRIGはBittrexから上場廃止を宣告され、これによって一気に半分ほどに価格が落ち込みました。 TRIGの将来性と問題点 アメリカ政府の対応に左右される可能性が高い Triggersの一番のターゲットになるのはやはり巨大な銃社会、アメリカ合衆国でしょう。ですから、アメリカ政府の銃規制やスマートガンに対する発言によって価格が上下する可能性があります。もちろん、スマートガンにポジティブな声明を出せばTriggersへの投資は集中するでしょうが、現行のトランプ政権は銃規制に否定的であるため、スマートガンにポジティブな可能性は低いでしょう。 マーケティングが上手で先行きに期待できる

 

Civic

Civicとは、ブロックチェーン上に暗号化した個人情報を書き込み、本人認証を用意に行うことを目的に作られたプラットフォームSIPで用いられる仮想通貨です。本人認証の作業は面倒で、他国の入出国やホテル、飛行機の予約のために多くの時間と労力が割かれます。それが、プラットフォームSIP上であらかじめ本人認証を済ませたスマホ画面を提示するだけでよくなるというのがCivicの最大の魅力です。

しかし、競合が他の仮想通貨や、Googleなど多くいて手強いのも事実です。

時価総額は現在120位に位置付けています。

目次仮想通貨CivicとはCivicの最新チャート分析!相場から見る価格推移Civicの問題と将来性は?コインオタクの見解Civicの仕組みCivicのメリットCivicのデメリット【Civicの入手方法】オススメの取引所3選【Civicの保管方法】ウォレット3選Civicについての気になるQ&ACivicまとめ 仮想通貨Civicとは Civic(シビック)とは、ブロックチェーン上に個人情報を暗号化し書き込むことで本人認証を容易に行えるプラットフォームSIPで用いられる、CVCを単位とする仮想通貨です。 例えば旅行に行く際に、通常は入国、ホテルの予約、飛行機の予約などにパスポートの提示や住所生年月日の入力など様々な手順を解する本人確認を必要とします。Civicでは、個人情報をあらかじめ登録しCivicで認証をうけておけば、スマホを提示するだけでそれらの手順を省略することができます!つまり、個人認証の時間とお金を大きく削減することができるサービスなのです! Civicの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月7日現在) Civicは2017年7月17日にトークン配布・上場をしました。ハードキャップが大きかったためか上場直後は値は大きくは上がりませんでしたが、2017年8月に中国のBterに上場をしたことで価格が大きく上昇しました。(最大$0.5以上)。その後利確のために売りが増え、2017年11月7日現在の価格は$0.3002です。これはICO時の約三倍にもなります!! Civicの問題と将来性は?コインオタクの見解 他企業が追従しやすい(Google、Evernym、Factom) ブロックチェーンを利用して本人認証を行うサービスは他にも存在します。(Evernymなど) また、Googleも個人認証に目を付けていてGoogleAuthenticatorというアプリを出しています。さらにはFactomなどの仮想通貨もデータの管理を行うサービスがあり、現時点ではCivicが優位を保っていますが、今後他の会社が成長したり、新たな競合会社になったりしたときに、その戦いに生き残れるかはまだわかりません。 Factomに関するコインオタクの記事は以下になります。

 

WAVES 

Wavesとは、独自トークンを発行できるWaves Platformの基軸通貨です。Ethereumプラットフォームに対するETHと同じ関係です。Waves Platform上のウォレットWaves Lite Clientでは、ゲートウェイによってドルやユーロなどの法定通貨や他の仮想通貨も取り扱われます。マイニング承認システムにLPoSを使っていることも特徴です。

しかしながら現状、開発途中の機能ばかりなのでEthereumやNEMといった手強い競合にどう立ち向かうのかが注目です。

時価総額は現在32位に位置付けています。

目次Waves(ウェーブス)とはWavesの最新チャート分析!相場から見る価格推移Wavesの問題点と将来性は?コインオタクの見解Wavesの仕組みや特徴WavesのメリットWavesのデメリット【Wavesの購入方法】オススメの取引所【Wavesの保管方法】ウォレットは何を使う?Waves Lite Clientの登録方法Waves Lite Clientの使い方Wavesについての気になるQ&AWavesまとめ Waves(ウェーブス)とは Waves(ウェーブス)とは、個人で独自のトークンを発行できるWaves Platformの基軸仮想通貨のことです。Waves上のDEX(分散型取引所)ではマルチゲートウェイによってビットコイン、イーサリアムなどの他の仮想通貨やドル、ユーロなどの法定通貨も取り扱うことができます。 Wavesの説明にプラットフォームとしての側面は欠かせないので、この記事では仮想通貨としての側面と合わせてプラットフォームとしての側面についても書かれていることに注意してください! Wavesの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月10日現在) WavesはICOによって資金調達をしてスタートしましたが、その際にICO参加者に正常にメールが届かない、ICOの参加状況が見れなくなる等のトラブルが発生してしまったため、Wavesができてすぐは価格が大幅に下落しました。そして、その1年ほどあとになって、アルトコイン全体が高騰した5〜6月にWavesも注目されて高騰しました。その後徐々にその熱が冷め、現在は1WAVESは0.0006〜0.0007BTCあたりを推移しています。 Wavesの問題点と将来性は?コインオタクの見解 知名度が低い Wavesはあらゆるもののトークン化ができるプラットフォームを目指していますが、似たようなプロジェクトとして他にもイーサリアム(Ethereum)やNEM(ネム)などがあり、これらより知名度が劣ります。プロジェクトの成功のためには利用者の増加は必ず必要ですから、知名度の向上はWavesにとっての大きな課題と言えるでしょう。 イーサリアムとNEMに関するコインオタクの記事は以下になります。 

 

Counterparty

Counterpartyは、ビットコインのブロックチェーン上に作られた金融プラットフォーム及び、そのプラットフォームの基軸通貨の名称です。Counterpartyプラットフォーム上で独自のトークンを発行できたり、スマートコントラクトによる分散型アプリケーションを発行できたりします。また、トークンエコノミーが広がっていくと独自トークンを発行できるプラットフォームは需要が増えていくと考えられますが、競合のEthereumがとても手強いです。さらにCounterpartyは、ビットコインのスケーラビリティ問題に影響されてしまうので他のプラットフォーム系通貨と比べて競争力は低いと考えられます。

 時価総額は現在221位に位置付けています。

目次Counterparty(カウンターパーティー)とは?Counterpartyの最新チャート分析!相場から見る最新価格推移Counterpartyのリスクと将来性は?コインオタクの見解Counterpartyの仕組み・特徴Counterpartyのここがすごい!Counterpartyにはデメリットも・・・【Counterpartyの入手方法】XCPが取引できる取引所3選【Counterpartyの保管方法】使いやすいウォレットCounterpartyまとめ Counterparty(カウンターパーティー)とは? Counterparty(カウンターパーティー)とは、ビットコインのブロックチェーン上に作られた、分散型合意形成に基づく金融プラットフォームです。 ビットコイン2.0と呼ばれるプロジェクトの一つで、ビットコインのブロックチェーンを利用して独自のトークンを発行したり、イーサリアム上のスマートコントラクトをそのままビットコイン上で実行できるようにしたりと様々な新機能がそなわっています。Omniなど、ビットコイン2.0と呼ばれるプロジェクトの中では最も実績のあり、注目されているプロジェクトと言えるでしょう。 Counterpartyの最新チャート分析!相場から見る最新価格推移 これは2016年12月から2017年12月までのチャートです! アルトコインバブルで6月頃に上がりましたが、中国でのICO規制などにより8月は下がりました。その後9月にも大々的なアップデートがあり、その期待感から価格は上昇するものの、実際にはあまり変化がなかったので緩やかに下降しました。また11月18日にアップデートしてSegwitの導入などでより早く取引できることが信頼の上昇につながり価格が上がっていると考えられます。 Counterpartyのリスクと将来性は?コインオタクの見解 Ethereumとの競合 Counterpartyはビットコインのプラットフォーム上でイーサリアムのスマートコントラクトを実行可能になったので、イーサリアムでできることは理論上ではビットコイン上で全て実行可能となりましたが、スケーラビィティの問題があるためいまのところはイーサリアムの需要が完全になくなるということはなさそうです。 Counterpartyはデフレ通貨

NEM 

NEMとは、bitcointalkのフォーラム内のチームによって開発された多機能プラットフォームで、新しい経済圏を作ることを目的とされています。このプラットフォーム内で使われる基軸通貨はXEM(ゼム)といいます。コインチェックのハッキング事件で約580億円相当のXEMが流出したことで、日本国内で大きく知名度を上げました。

競合のEthereumとの差別化を図る上で、カタパルトの導入に成功して処理速度を上げられるかというところがいまのところ重要です。他にも独自のプロジェクトが出てくるかどうかが今後の注目ポイントと言えるでしょう。

時価総額は現在13位に位置付けています。 

コインチェックのハッキング事件でも話題になった仮想通貨NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある仮想通貨です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!

Byteball 

Byteballとは、ブロックチェーンを使わないスマートコントラクトプラットフォーム及びその基軸通貨の名称です。ブロックチェーンを使わない代わりにDAGという技術を使っています。DAGにより、EthereumやCounterpartyに起こりうるスケーラビリティ問題が解決されているのが特徴です。しかし、DAGにはシステムの脆弱性が指摘されている上、Byteballは中央集権的な仕組みになっているのがデメリットとして挙げられます。DAGが革新的な技術として認知され脆弱性への懸念が払拭されると、Byteballの将来は明るいです。

時価総額は現在83位に位置付けています。

目次仮想通貨Byteball(バイトボール)とはByteballの最新チャート分析!相場から見る価格推移Byteballの問題と将来性は?コインオタクの見解Byteballの仕組みByteballのメリットByteballのデメリット【Byteballの購入方法】オススメの取引所3選【Byteballの保管方法】ウォレット3選Byteballについての気になるQ&AByteballまとめ 仮想通貨Byteball(バイトボール)とは Byteballとは、ブロックチェーンの代わりにDAGという仕組みを採用していて、ブロックチェーンの問題であるスケーラビリティ問題や、決済の速度の問題を解決したスマートコントラクトプラットフォームです。通貨・財産権・債務・株式といった移動可能な価値を持つデータを改ざんなく格納出来る分散型のプラットフォームです。 Byteballの最新チャート分析!相場から見る価格推移 2017年の5月に高騰しています。このときは仮想通貨全体でバブルになっていたため、全ての仮想通貨が高騰しました。8月前半の暴落は、AirDropで受け取れるコインの数が減ったことによります。また、同じく8月には、coincheckに上場するかもしれないという噂が広まったため、価格が高騰しましたが、その後デマだとわかり価格が暴落します。また、月に一回ずつあるAirDropの後には価格が毎回落ちています。 (2017年12月13日現在) Byteballの問題と将来性は?コインオタクの見解 二重支払いなどの攻撃に対する脆弱性 技術の新規性が高く、理論上は耐えうる二重支払いなどの攻撃に対する脆弱性がまだわかりません。ビットコインなどで使われているブロックチェーンではそれが可能であることを今まで攻撃をうけてそれを防御することで証明してきましたが、DAGではその検証がまだされていません。 Fullウォレットになるインセンティブがない

既存のソーシャルネットワークサービスに対抗するプロジェクトを一気に紹介していきます。

Steem

Steemとは、分散型ソーシャルメディアプラットフォームSteemitで使われる基軸通貨の名称です。Googleなどのメディアプラットフォームを競合としており、本当に良質な記事、コンテンツをユーザーに届けることを目的として開発されています。質の高い記事を書き、票を集めたユーザーには報酬が渡される仕組みになっていますが、この報酬体系に関連したトークン設計が非常に複雑になっています。さらに、現状Googleなどのユーザーはそのシステムに満足していると考えられるので、Steemが大きなシェアを取れるのか疑問が残ります。

時価総額は現在28位に位置付けています。

目次Steemとは?Steemのチャート分析!相場で見る価格分析!Steemの問題と将来性をコインオタクが分析!Steemの仕組み!Steem Dollarsってなに??Steemのメリット!ブロックチェーンがあるから安心?Steemのデメリット!【Steemの入手方法】おすすめの取引所3選【Steemの保管方法】おすすめウォレット!Steemの気になるQ&ASteemまとめ Steemとは? Steemとは、ブロックチェーンベースの記事投稿プラットフォーム、及びそこで使われる仮想通貨のひとつです。Steemitというサイトにこのネットワークが広がっています。 SNSやGoogleのように誰でも記事を投稿することができ、質が高いと投票で判断された記事の投稿者とその投票者は報酬がもらえるという仕組みになっています。このためネットワークの中で自浄作用がはたらき良記事ばかりが揃うだろう、という狙いのもとにこの仕組みになっています。 Steemのチャート分析!相場で見る価格分析! (2017年10月29日現在) 上がSteemのチャートです。一番目立つのが2016年7月の暴騰とその後の下落かと思います。この暴騰なんですが、直前の2016年7月4日に、投稿、投票の初の報酬支払が行われました(これ以降は1日1回)。これを機にユーザー数がうなぎのぼりに増え、SteemやSteemPower(SP)への需要が高まりこのように価格が一気に上昇したと考えられます。 しかし同年の、日本時間で7月14日〜15日に事件が発生します。Steemが何者かにハッキングされます。最大で260のアカウントがハッキングされ、85,000ドル相当盗まれた可能性があるということで、価格は大きく下落しました。一旦もとの水準に戻りはしましたが、その後は下落の一途を辿ります。利確に走る人が多かったものと思われます。 システムの盲点をついて発生した仮想通貨のハッキング事件といえば、このDAO事件もそうですね。興味があればぜひこの記事をご覧ください。 The DAOとは?人気ICOが80億円盗まれた原因と今後を分析!The

ALIS 

ALISは、GoogleやYahoo!などと同じソーシャルメディアプラットフォームで、Steemの日本向けバージョンとも言われます。既存のメディアプラットフォームでは広告目的の記事が検索上位に来てしまい、本当に質の良い記事が評価されないとしてその現状を変えようというのがコンセプトです。ユーザー間の投票やいいね!で記事が評価され、良質なものだけが残っていく仕組みになっています。しかし、基となっているSteemがあまり流行っていない上、Googleはアルゴリズムを常に改良していて本当に良質な記事が検索上位に来るように工夫されているので、ALISの存在意義は薄れています。

時価総額は現在385位に位置付けています。 

目次仮想通貨ALIS(アリス)とはALISの最新チャート分析!相場から見る価格推移ALISの問題と将来性は?コインオタクの見解ALISの仕組みALISのメリットALISのデメリット【ALISの入手方法】オススメの取引所【ALISの保管方法】ウォレットALISについての気になるQ&AALISまとめ 仮想通貨ALIS(アリス)とは ALISとは、広告の多い記事などの悪質な記事を排除し、質の高い記事を人々が生み出し、発見することを可能にした、ブロックチェーン技術を使った日本発の分散型ソーシャルメディアプラットフォームです。現状のGoogleのように評価がPV数に依存するため、ステルスマーケティングのような記事や詐欺サイトが検索上位に来ることを変えるべく作られました。また、世界的にみたらかなり行われているICOが日本ではほぼ0なため、日本のICOに危機感を感じたというのも開発のきっかけになっています。 ALISの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月13日現在)(ALIS/USD) 上場直後に価格が大きくあがりましたが、それによって売り抜け(フリッピング)をする人たちも多く、その結果価値が落ちました。 ALISの問題と将来性は?コインオタクの見解 競合が強すぎる ALISは、Googleなどのソーシャルメディアが競合です。それを上回るサービスを作ろうとしているALIS側の仮説としては、Googleなどは広告収入に頼っているため「多くの人に見られる記事がいい記事である」というルールによって検索順位が決まっているというものがあります。しかし、その仮説は偽である可能性もあります。なぜなら、現状Googleはそれだけではなく内容にも関係して検索上位が決まっていると言われているからです。そのため、知名度や使いやすさなどを考慮しても、ALISが成長してソーシャルメディアプラットフォームとして機能してもGoogleに取って代わる存在になるかはわかりません。 もとにしているSTEEMがそんなに流行っていない

c0ban

c0banとは、動画広告サービスに特化した仮想通貨のことです。c0banと提携した企業や店舗の動画広告を見るだけで報酬としたc0banをもらうことができます。c0banはSBIホールディングスと提携したり、IBM BLUE HUB AWARDを受賞するなど高評価を受ける一方、運営の怪しさも疑われています。c0banの前身と言われるFUTCOINは完全なスキャムです。また、広告視聴報酬はc0banでなく円でも仕組みは成り立つので、仮想通貨としての価値はあまり高くないと考えられます。2018年3月現在c0ban取引所でしか取り扱いがありません。

目次c0banとは?c0banのチャートを分析!相場から見る価格変動!c0banの問題点は?2chやtwitterの評判から将来性を分析!c0banの仕組み!広告でアプリを見るだけ?c0banのメリットは?c0banのデメリットを解説!【c0banの入手方法】おすすめの取引所【c0banの保管方法】おすすめのwalletc0banの気になるQ&Aまとめ c0banとは? c0ban(コバン)とは、動画広告サービスに特化している日本発祥の仮想通貨で、ブロックチェーン技術を活用しています。資金集めにクラウドファンディングを用いるなど画期的な手法が目立っています。また飲食関連店を中心に日本でc0ban加盟店が現在増えています。 c0banのチャートを分析!相場から見る価格変動! (2017年11月3日現在) c0banのチャートがこちらです。10月の中旬までは100円ちょいでしたが、同月下旬から一気に価格が高騰して一時500円近くまでいきました。一時利確に走る人が多く価格が下がりましたが、10月26日に、運営会社LastRootsが出願していた「c0ban」の商標が登録されたことが発表され、それに伴い再び価格は上がりました。 現在は450円弱です。 c0banの問題点は?2chやtwitterの評判から将来性を分析! ここではc0banの評判から見えてくる問題点や将来性について解説していきます! クラウドファンディングを採用 c0banは、資金集めの手段としてクラウドファンディングを採用しました。資金を提供した人には格安(1単位65円、75円、、、と段階に分けて枠を用意。120円でリリースするということだったので、かなりの割安ですね。)でc0banを売るというキャンペーンを行ったところ、目標額であった5000万円を3日で達成するという速さで集まり、結局1億700万円を超える資金をゲットしました。スタートダッシュには成功したといった感じでしょうか。 怪しいという評判も?

TRON

TRONは、動画などのコンテンツを自由に投稿できる、クリエイター支援のためのプラットフォームです。広告収入でクリエイターが利益を出すYouTubeと違い、投げ銭のような形でユーザーが投稿者にお金を渡すので、本当に質の高いコンテンツにだけ報酬が渡る仕組みになっています。日本の取引所への上場や、中国の大企業アリババとの提携が噂されたため、2017年末から翌年始にかけて価格が暴騰しました。YouTubeなど既存のプラットフォームが非常に強い上、管理者がいない分散型プラットフォームであるため法に触れるようなコンテンツが投稿されTRON自体が法規制されてしまう可能性があります。

時価総額は現在14位に位置付けています。

目次仮想通貨TRON(TRX)とはTRONの最新チャート分析!相場から見る価格推移TRONの問題と将来性は?コインオタクの見解TRONの仕組みTRONのメリットTRONのデメリット【TRONの入手方法】オススメの取引所【TRONの保管方法】おすすめウォレットTRONについての気になるQ&ATRONまとめ 仮想通貨TRON(TRX)とは TRONは、クリエイターを支援しエンタメ業界を発展させることを目的としています。ブロックチェーンを用いてクリエイターが自由に作品をデジタル資産として発表できるプラットフォームです。ICO時はジハン・ウーが投資していたこともあり、開始30秒で売り切れました。 TRONの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年1月11日現在) 12月後半からかなり暴騰しています。この原因を分析していきます。 まず、2017年の12月19日に日本の取引所に上場することをほのめかし、その後21日には来日した旨のツイートがあり、本当に日本の取引所に上場するのではないかという期待感から価格があがりました。 Plan a trip to Japan this week. Will visit @binance_2017 and other Japan exchanges and partners. More exciting news to come!— Justin Sun (@justinsuntron) December 18, 2017 On my flight to Japan❤ pic.twitter.com/LdsuQVrpx1— Justin Sun (@justinsuntron) December 21, 2017 12月22日には香港の取引所のOKExに新規上場しました。 2018年の1月3日には、開発者のJustinがNASDAQ(アメリカの新興市場)上場企業やユーザー1億人以上のサービスを運営している企業とのパートナーシップをほのめかし、これが中国版アマゾンのアリババなのではないかという期待感から価値が上がりました。 More partnerships are coming! Even #NASDAQ listed companies and the giant companies with

GameCedits

GameCreditsとは、オンラインゲーム界隈にプラットフォームを形成するプロジェクト及びそのプラットフォームで使われる通貨の名称です。プラットフォームに含まれるゲーム内では全般的に使われる他、ゲームの購入、ユーザー間でのゲーム内アイテムの売買にも使われます。ひとつの通貨が複数のゲームをまたぐことでユーザーが複数のゲームを気軽にプレイできるようになる効果が考えられます。

開発が遅く、マーケティングもうまくいっていないので知名度が低いのが難点です。

時価総額は現在117位に位置付けています。

目次GameCreditss (ゲームクレジット)とは?GameCreditsの最新チャート分析!相場から見る価格推移GameCreditsの問題と将来性は?コインオタクの見解GameCreditsの仕組みGameCreditsのメリットGamecreditsのデメリット 【GameCreditsの入手方法】オススメの取引所3選【GameCreditsの保管方法】ウォレット3選GameCreditsについての気になるQ&Aまとめ GameCreditss (ゲームクレジット)とは? GameCreditsとは、その名の通りオンラインゲームで使うことのできる仮想通貨です。仮想通貨自体としての利用にとどまらず、GameCredits Storeでのゲーム購入やゲーム内でのアイテム購入などに使うことができ、ゲーム界、特に課金ゲームの成長と共にまだまだ成長していく可能性があります。 Gamecreditsはそのプロジェクト全体を指す場合と通貨としてのGamecreditsを指す場合がありますが、ここでは通貨の場合はGAMEと表記します。 そんなGameCreditsには、既存のゲーム界を変えうる革新的なアイディアが含まれているんです! GameCreditsの最新チャート分析!相場から見る価格推移 2017年12月19日取得のGAMEのチャートです。GAMEは2014年9月1日にローンチされ、徐々に注目を集めていきました。当時は0.001円程度で取引されていました。 特筆すべきは2017年に入ってからの急騰でしょう。5月にかけて高騰したのは、アルトコイン全体の上昇と半減期が訪れたことが理由でしょう。一気に400円までいきましたが、その反動で一気に下がります。 6月に2つの山が見えますが、これは関連仮想通貨であるMobileGoのリリースに伴う期待増が考えられます。7月のGamecredits Storeのリリースや8月の公式サイトリニューアルなどに伴って価格の高騰と下落を繰り返しました。 9月には開発概要が発表されましたが、思ったほど価格は上がらずじまいでした。12月現在も価格が高騰していますが、これは仮想通貨界全体の上昇に伴うものでしょう。

Bitcrystals

Bitcrystalsは、Counterparty上で発行された仮想通貨で、Spells of Genesis(SoG)というトレーディングカードゲームの中で使われる通貨です。ゲーム内でカードパックを購入するときに主に使われます。ブロックチェーンにより、カードの所有者がどのユーザーなのかが明白になっているのがウリです。しかし、SoG内でしか使うことができないため用途が非常に限られることや、Bitcrystalsの価値はSoGの人気次第であることから、将来性はあまり豊かではありません。

時価総額は現在506位に位置付けています。

目次仮想通貨BitCrystals(ビットクリスタルズ)とはBitCrystalsの最新チャート分析!相場から見る価格推移BitCrystalsの問題と将来性は?コインオタクの見解BitCrystalsの仕組みBitCrystalsのメリットBitCrystalsのデメリット【BitCrystalsの入手方法】オススメの取引所(exchange)3選【BitCrystalsの保管方法】ウォレット3選BitCrystalsについての気になるQ&ABitCrystalsまとめ 仮想通貨BitCrystals(ビットクリスタルズ)とは BitCrystalasとは、counterparty上で発行された、Spells of Genesis(SoG)という、世界初のブロックチェーンを利用したトレーディングカードゲームゲームの中で使われる通貨です。もともと、SoGを作った会社はEverdreamSoft(EDS)という会社で、2009年に発行されたオンライントレーディングカードゲームであるMoongaの創作者です。Moongaのなかで、レアカードを1000ドル以上で取引している人たちがいるのを見た運営は、このカードをデジタル商品と判断し、ゲーム内に経済が生まれたものだと解釈しました。そこで、そのデジタル商品の所有権を明白にする必要があり、そのためにはブロックチェーンが必要になったので、仮想通貨BitCrystalasが生まれました。 BitCrystalsの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月23日現在)(BCY/$) 2016年の9月に価格が高騰しているのは、Spells of Genesisのベータ版がリリースされたためです。また、2017年4月にSpells of GenesisがAppStoreとGooglePlayでリリースされたことと、そのころから5,6月あたりまでの仮想通貨バブルにより価格が高騰しています。その後、7月あたりには、ビットコインの分裂騒動の影響で資産が仮想通貨から引いていきます。 全体として、Spells of Genesisがどうなったかによって価値が変わっていきます。 BitCrystalsの問題と将来性は?コインオタクの見解 情報が少ない

eXperience Points(XP)

eXperience Pointsとは、ゲームのクリアや勉強の目標達成など、日常生中の「達成」に報酬として与えられる仮想通貨です。ゲームの経験値に応じて与えられるのが主で、ゲームプロへの門戸が広がることが予想されます。コミュニティが活発であったり、実際に既に使えるというポジティブな面もあります。しかし、ゲーム会社側がXPのプラットフォームに入るインセンティブがなかったり、報酬やゲーム内アイテムのレートはどのように決めるのかなどの課題が山積しているため、先行きは不透明です。

時価総額は現在140位に位置付けています。

目次XPとは?XPのチャート分析!価格相場を徹底解説!XPの問題と将来性!コインオタクの見解!XPの仕組み!どうやって獲得するの?XPのメリットを解説!XPのデメリットを解説!【XPの入手方法】オススメ取引所2選!【XPの保管方法】オススメウォレット!XPの気になるQ&Aまとめ XP(エックスピー)とはどんな仮想通貨? XPとは、ゲームの経験値や勉強の目標達成などの報酬として日常生活の中で獲得できることを目指した、非中央集権的な仮想通貨です。パズドラの中で獲得できる魔法石が、流動性が与えられてお金としていろんなところや場面で使うことができる、というようなことを目指してるとイメージすればわかりやすいと思います。ゲームの経験値や勉強などに加えて、スポーツでの活躍や地域社会の発展、平和への貢献をした人にも報酬を与えるとしています。 XPのチャート分析!価格相場を徹底解説! (2018年1月22日現在) XPのチャートがこちらです。アルトコインが全体的に吹いた12月に高騰を始め、最大で30倍を優に超える価格上昇をしています。これは、大きな材料が入ったというより、コミュニティの活性化や、仮想通貨界のインフルエンサーであるイケダハヤトさん(@IHayato)がポジトークをし続けたことが大きな要因と考えられます。その後は価格が上がりすぎたため利確する人たちが多く、大きく下落しています。 暴騰中にXPを買って大きく損をしたという人も多くいたようです。 XPの問題と将来性!コインオタクの見解! ゲーム開発者にメリットがない いまのところ、ゲーム会社がXPのプラットフォームに加わるインセンティブがありません。現状のシステムでそこまで問題がないので、このインセンティブが実装されるかどうかが、今後XPが既存のゲームプラットフォーム市場に食い込んでいけるかどうかの鍵になると言えるでしょう。 レートをどう決めるのか これは、例えば、パズドラの魔法石とゼルダの伝説でもらえる経験値がどちらもXPに替えられるとすると、どっちがどのくらい高くてどっちがどのくらい低いのかを誰がどうやって決めるのか、ということです。この問題はどうやって解決するのでしょうか。開発者の一存で決まる、となると中央集権的な要素が加わり支持者が離れてしまいそうです。 一時的には暴騰も


Tether

Tether(USDT)とは、ドルに固定されたペッグ通貨の名称で、価格が1USD≒1USDTになるようにTether Limited社が強い操作をしています。そのため中央集権的になり、カウンターパーティリスクが大きいです。仮想通貨トレードの利確先として主に利用されています。市場に出回っているTetherの量とTether社が担保として持っている米ドルの量が同じであることで価格を保っているのですが、一時、担保の米ドルを仮想通貨投資に使っていたという疑惑が浮かびました。しかし現在もTetherは価格を保っています。

時価総額は現在15位に位置付けています。

*2018年1月追記:1月31日現在、Tetherを発行するTether Limited社は米国商品先物取引委員会(CFTC)から招集を受けています。詳しくは「Tetherの仕組み」の章をお読みください。情報が入り次第更新いたします。目次Tether(USDT)とはUSDTのチャート!USDとなぜ差が出る?Tetherの問題点と将来性 Tetherの仕組みTetherのメリットTetherのデメリットTetherの購入方法!取引所紹介Tetherの保管方法!ウォレット紹介Tetherに関するQ&ATetherまとめ Tether(USDT)とは Tether(テザー)とは、Tether Limitedが運営する、ドルに固定されたペッグ通貨です。略号はUSDTで、1USDがほぼ1USDTになるように固定されています。 Tetherの問題点と将来性【コインオタクの見解】 非常に強い中央集権と破綻リスク 他の仮想通貨と違って、USDTは価格を固定するためにTether Limited社によって非常に強い中央集権体制で管理されています。 ですから、Tether Limited社が万が一不正を働いたり、破綻してしまうと一気に無価値になってしまいます。 このカウンターパーティー・リスクが他の通貨に比べてUSDTでは大きいので注意が必要です。 仮想通貨市場で一番安定した利確先 Tetherは先ほど述べたように、1USDTがほぼ1USDとなるように固定されています。ですから、ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな仮想通貨でさえ大きく価格が変動するような荒れた相場でも、価値が安定しているのです。 そのため、安定した利確先として注目されています。 USDTはTether Limited社にUSDを納金することでのみ新規発行されるのですが、総発行量がこの半年で6000万USDTから6億USDTと、10倍になっていることからもその注目のされ方が伺えますね。 仮想通貨市場における基軸通貨の一つとして扱われることもあります。 Tetherの仕組み Tetherの概要 Tetherは1USDTがほぼ1USDとなるように固定されており、Tether Limited社によって運営されています。 通貨名:USD Tether 通貨単位:USDT 公開日:2015年2月


TenX

TenXとは、仮想通貨ウォレットと一体化したデビットカードサービスのことで、従来の仮想通貨対応のデビットカードと違い、ウォレットにある仮想通貨をそのまま決済に使用するので法定通貨で入金する手間が省けます。仮想通貨決済を大きく身近にするサービスと言えるでしょう。

TenXのプラットフォーム上で発行されるpayトークンは、決済額の0.1%分がユーザーに支払われます。さらに、株の配当のようにpayトークンの保有量に応じてETHが配布されます。これがTenXを使うインセンティブになっています。一方で、店側がTenXに対応するインセンティブが十分でないのが課題です。

時価総額は現在94位に位置付けています。 

目次TenX(テンエックス)とは???TenXのチャート分析。相場からみる最新価格推移TenXの問題と将来性。コインオタクが分析したTenXの今後の展望TenXの仕組みは?持ってるだけでお金がもらえるって本当? 7分で90億集めたICO!TenXのなにがそんなすごいの?TenXにもデメリットが・・・?【TenXの入手方法】オススメの取引所【TenXの保管方法】おすすめウォレット3選Ten Xの気になるQ&ATen Xまとめ TenX(テンエックス)とは??? TenXとは、ウォレットとカードが一体となった仮想通貨デビットカードで、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を店先で使えるようにする、現実世界と仮想通貨をつなげるサービスです。今までもWireXやバンドルカードのようなチャージ型のプリペイドカードは存在しましたが、それらはチャージするときに法定通貨になってしまっていました。 TenXはそれらとは、一線を画しています。ウォレットとカードが一体化しており、決済直前で自動で仮想通貨を法定通貨に両替して引き落とされるので、今まで通りのデビットカードとして機能します。現在取り扱っている通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ERC20トークンなど幅ひろく対応しています。また、下で詳しく説明しますが、TenXの特徴として、TenXのトークンのpayを持っていると、持っているpayに応じて配当としてイーサリアムがもらえるので、TenXは株に似ているというイメージを持っておくといいと思います。 TenXのチャート分析。相場からみる最新価格推移 (2017年10月9日現在) TenXの価格は、8月に入り高騰しています。価格の推移の原因を分析してみようと思います。 ①8/2にリリース日程が確定した報告を公式slackで発表したことによります。 ②web版のリリースは8/14,iso版のリリースは21日なのでその前は上がっている。リリース直後は価格が上がりすぎたことによる価格の低下が起こっています。 TenXの問題と将来性。コインオタクが分析したTenXの今後の展望 店側のメリットがあまり大きくない


QASH 

QASHとは、QUOINEXを運営するQUOINE社がICOしたトークンで、世界中の取引所の情報をひとつにまとめて板にするLIQUIDプラットフォームで使われます。マイナーな通貨でも、メジャーな通貨を介することなく両替ができるようになるのが大きなメリットです。トークンエコノミーが一般的になり世の中にさまざまな通貨があふれかえるようになったとき、簡単に両替できる仕組みは非常に役に立ちます。QASHトークンがこのプラットフォーム上でどのように使われるようになるかがこれからの注目ポイントでしょう。

時価総額は現在57位に位置付けています。

取引所の口座ををいちいち国内と海外で作るのめんどくさい・・・仮想通貨が全体的に流動性が低くて思うように取引ができない・・・なんて思っていませんか?QASHはそんな問題を解決しちゃう「LIQUID」プラットフォームの代表通貨です!この記事ではQASHやLIQUIDの細かい仕組みからメリット、デメリットまでホワイトペーパーよりわかりやすく解説しています!QASHを買うならQUOINEX!目次QASH(キャッシュ)とは?ICOが大成功?QASHのJPY建てチャート!!上場後の価格(price)変動を解説!QASHの問題点と将来性!QASHの仕組み!ホワイトペーパーからわかることQASHのメリット!QASHのデメリット【QASHの入手方法】オススメ取引所3選【QASHの保管方法】オススメWallet3選QASHに関する気になるQ&AまとめQASH(キャッシュ)とは?ICOが大成功?QASHとは、QUOINE株式会社が発行する仮想通貨で同社が提供する通貨取引プラットフォーム「LIQUID」を代表するものです。2017年11月6日AM1:00から9日AM00:59までの3日間ICOが行われました。当初は11月の1ヶ月ほどICOを実施する予定だったのですが、同月中盤に予定されていたビットコインのSegwit2x実装が仮想通貨界に大きなダメージをもたらすとされていたため、運営が投資家たちのことを考慮して3日間に短縮されました。1QASH=0

BNB 

BNBとは、世界最大級の仮想通貨取引所Binanceが発行するトークンの名称です。BNBの用途は、Binanceにおける取引手数料の支払いとBinanceに新規上場する仮想通貨の銘柄投票の2つがあります。BNBで取引手数料を支払うと通常の半額になるので、Binanceの取引高が多くなればなるほどBNBの需要は高まり、価格が上昇すると考えられます。しかし、中国政府による規制の可能性があることは懸念材料です。

時価総額は現在24位に位置付けています。

この記事ではBNB(バイナンスコイン)について解説しています。仮想通貨取引所Binanceに興味のある方はこちらの記事をご覧ください。Binanceとは?今絶対に知っておくべき仮想通貨取引所の今後や特徴を解説!2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!続きを読む目次BNB(Binance coin、バイナンスコイン)とはBNBのチャート!相場から見る最新価格推移BNBの問題点と将来性BNBの仕組み BNBのメリット BNBのデメリットBNBの取引所紹介 BNBのウォレット紹介 BNBについてのQ&A BNBまとめBNB(Binance coin、バイナンスコイン)とはBNBとは、2017年7月1日にICOが開始された仮想通貨取引所BinanceのICOトークンです。Binance内での各種手数料を支払ったり、新規上場通貨を選ぶための人気投票に使用されます。BNBのチャート!相場から見る最新価格推移BNB/USDのチャートを見ていきましょう。(2017年12月8日~2018年2月2日)12月の終わりごろ、草コインが仮想通貨市場で注目され始めると急激に高騰していることがわかりますね。その後、バイナンスが中国政府から規制圧力をかけられているという噂が広まったため、1月半ばごろにBTCと共に暴落し始めました。現在も中国リスクが取り沙汰されているため、しばらくは下落傾向が続くのではないでしょうか。BNBの問題点と将来性世界一の取引所Binanceとリンクした仮想通貨 

Zaifトークン

Zaifトークンとは、日本の仮想通貨取引所Zaifが発行するトークンです。BNBとは違い、ユーザーがZaifトークンを使うインセンティブがない上、使い道も今のところなく、作られた意図もハッキリしません。投機として購入するにしても、リスクが大きいと考えられるでしょう。ですが、今後のZaifの発表に注目です。

目次Zaifトークン(ザイフトークン)とはZaifトークンのチャート分析!相場から見る価格推移Zaifトークンの今後の動き・将来性は?Zaifトークンの仕組み・概要ZaifトークンのメリットZaifトークンのデメリット【Zaifトークンの入手方法】購入できるのはZaifだけ!【Zaifトークンの保管方法】Zaifトークンについての気になるQ&Aまとめ Zaifトークン(ザイフトークン)とは Zaifトークン(ザイフトークン)とは、テックビューロの運営する仮想通貨取引所「Zaif」が発行する独自トークンです。 現時点では明確な目的や用途があるわけではありませんが、大手取引所Zaifが発行しているとあって期待も高まり、注目を集めています。 Zaifについてコインオタクが解説した記事はこちら! 日本一の現物取引量を誇るZaif(ザイフ)とは?特徴や使い方を徹底解説かのホリエモンこと堀江貴文氏も技術アドバイザーとして参画したテックビューロ社の運営するZaif。日本一の通貨取引量を誇り今話題沸騰中のZaifの特徴や使い方を様々な切り口からわかりやすく解説していきたいと思います!続きを読む Zaifトークンのチャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月23日現在) これが発行時点からのZaifトークンの価格推移です。 取引が開始した直後は4円〜5円ほどで取引されていた時期もありましたが、その後は「ZaicaでGO」や「YogiboでGO」などのキャンペーンの際には多少の値上がりを見せたものの、特別な用途の無さなどから徐々に下がっていきました。 2017年8月には、それまで0.1円くらいだったのが2.5円近くまで、つまり約25倍にまで高騰しました。この原因としては、Zaifを運営するテックビューロによるCOMSAのリリースの発表が考えられます。COMSAへの期待が、Zaifが発行するZaifトークンに現れたのではないでしょうか。 しかし、高騰も束の間、急激にその価格は下がることになります。この原因としては8月27日のZaifの公式Twitterでの発言が大きいでしょう。

その他様々な特徴を持つ有名な仮想通貨をここで紹介しておきます。

IOTA 

IOTAとは、IoTによる自動決済に特化した仮想通貨です。ブロックチェーンでなくTangle(DAGの一種)という技術を取り入れることで、ビットコインなど従来の仮想通貨が課題とするマイクロペイメントやスケーラビリティ問題を解決します。送金手数料が一切かからないのも大きな特長です。しかし、マイナーの代わりにIOTAで取引をする人がその取引の直前2つの取引を承認(マイニングと思えば大丈夫です)する仕組みになっているため、弱い通信体制ではIOTAは使いにくいのではないかという懸念もあります。

時価総額は現在10位に位置付けています。

目次IOTA(アイオータ)とはIOTAの最新チャート分析!相場から見る価格推移IOTAの問題と将来性は?コインオタクの見解IOTAの仕組みIOTAのメリットIOTAのデメリット【IOTAの入手方法】オススメの取引所【IOTAの保管方法】オススメウォレットIOTAについての気になるQ&AIOTAまとめ IOTA(アイオータ)とは IOTA(アイオータ)とは、Tangleというブロックチェーンを応用した分散型台帳を用いることで、手数料の一切かからない決済を可能にしたIoTに最適な決済システムです。このシステムにおいて重要なのは、ブロックチェーンとは異なるアーキテクチャを用いることで、ブロックチェーンの課題であった、大量のマイクロトランザクションの処理とマイクロペイメントを可能にしたということです。 IOTAの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年10月12日現在)(IOTA/$) IOTAといえば、Bitfinexに上場した日に500倍まで価値が上がったという話が有名でしょう。上場初日に時価総額が6位として登場したIOTAですが、それ以降下降傾向にあるのは、一気に上がったのを利確している可能性が高いと思います。 2017年8月はビットコインの価格上昇に乗じてアルトコインの価格が軒並み上がっています。その後は、2017年9月前半に発表された脆弱性の露見により価格が落ちているのだと思います。また、10月に中国のBinanceで上場しましたが、Binanceの注目度的にあまり上がらなかったものだと思います。 IOTAの問題と将来性は?コインオタクの見解 プログラムの安全性が検証不足 独自のハッシュ関数(Curl)を利用しているので重大な欠陥がある可能性があり、現に2017年の9月7日にEthan Heilman (Boston University, Paragon Foundation, Commonwealth Crypto), Neha Narula (MIT Media Lab), Thaddeus Dryja (MIT Media Lab, Lightning Network Dev), Madars Virza (MIT Media Lab, Zcash)によって脆弱性が指摘されました。 Githubをチェック

 

Factom 

Factomとは、土地や保険などの情報をブロックチェーンで管理することで匿名性を保ちつつ保管する分散型プラットフォームの名称です。現状データの管理には莫大な人件費やセキュリティ維持費がかかっているため、Factomの開発、普及がうまくいきブロックチェーン上で情報を管理できるようになれば、データ管理の分野に革命が起こる可能性もあります。土地の売買も簡単になります。ブロックチェーン上で情報を更新するだけなので、複雑な審査や手間が省けます。ですが、開発のスピードが非常に遅いのが気になるところです。マスデータの管理方法を根本から変えるのはもちろん簡単なことではありませんが、開発開始から2年以上建っているにも関わらずまだ実用化のレベルに達していないのは遅いと言えるでしょう。

時価総額は現在62位に位置付けています。

目次仮想通貨Factom(ファクトム)とはFactomの最新チャート分析!相場から見る価格推移Factomの問題と将来性は?コインオタクの見解Factomの仕組みFactomのメリットFactomのデメリット【Factomの入手方法】オススメの取引所3選【Factomの保管方法】ウォレットおすすめFactomについての気になるQ&AFactomまとめ 仮想通貨Factom(ファクトム)とは Factom(ファクトム)とはビットコインのブロックチェーン上に土地や保険などの書類や記録を書き込むことで匿名性を保ちつつ管理・監査・追跡ができる分散型プラットフォームのことです。巷でビットコイン2.0と呼ばれる理由はこのようにブロックチェーンを使って通貨以外にサービスを提供しようというプロジェクトだからです。 Factomの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年10月10日現在)Factomのチャート(FCT/$) (2017年10月10日現在)Factomのチャート(FCT/BTC) 2つのグラフを比べてみます! 2017年6月あたりに大きく上がっているのは仮想通貨が世間に認知されたことによりますが、その後の暴落は価格が上がりすぎたことによるバブル状態になったことが原因だと思います。BTC建てでも上がっている原因はオルトコインのブームが来ていてBTCよりも価格の高騰が激しかったことによります。2017年の8月終わりから9月にかけて$建てで値段が上がったのはビットコインの上昇に伴うものなので、BTC建てでは落ちています。9月の暴落は中国のICO規制によって仮想通貨全体が落ちたことによります。 これは真偽のほどがわからない(公式のホームページやtwitterには書いていなかった)ので最後に書きましたが、今年の6月にはビル&メリンダ・ゲイツ財団と住宅ローン市場の管理計画を開始しているという旨のニュースが流れたことも6月の高騰に関係しているのではないかと思います。 Factom(FCT)はビル&メリンダ・ゲイツ財団と住宅ローン市場の管理計画を開始。#factom#fct#ico pic.twitter.com/q79SYiEJJA— [email protected]暗号通貨メディア

 

COMSA 

COMSAとは、Zaifを運営するテックビューロ社が開発した、日本国内のICOを簡単に行えるようにするプラットフォームの名称です。複数のブロックチェーン間の橋渡し役をします。COMSAを持っていることで、このプラットフォーム上で行われるICOに投資するときに割引がされるというメリットがあります。

基本的には、日本でICOをしたい企業へのアドバイスなどが行われます。 

目次COMSA(コムサ)とはCOMSAの問題と将来性は?コインオタクの見解COMSAの仕組みCOMSAのメリットCOMSAのデメリットCOMSAの購入方法COMSAについての気になるQ&ACOMSAまとめ COMSA(コムサ)とは COMSAとはテックビューロによって作られた、日本企業がICOを簡単に行うためのブロックチェーン同士をつなげるプラットフォームです。最近話題のCOMSAですが、まず、事業内容をわからずにICO(※ICOがわからなければ先にQ&Aに飛んでください!)のトークンとかを買うのは絶対にやめるべきです。有名なコインでも詐欺コインの可能性もありますし安心できるわけではありません。そしてCOMSAにはアフィリエイトシステムがあるので、いい情報ばかりが拡散される傾向にあり、悪い点が見えてこないこともあります。ここで、わかりやすく簡潔にまとめるので、これを読んで、COMSAってこういうプロジェクトなんだっていうのを最低限理解してから投資しましょう! COMSAの問題と将来性は?コインオタクの見解 信頼・投機需要がベースになっている COMSAはブロックチェーン同士をペッグ通貨で行き来します。(詳しくは仕組みのところで書きます)まずペッグ通貨は、ペッグ通貨を発行している母体への信頼が絶対に必要です。だから僕達はZaif(テックビューロ社)のことを信頼しなくてはいけません。どこかを信頼しなくてはいけないのは中央集権的にリスクです。だが、ZAIFはホワイトペーパーで、『日本における仮想通貨交換所に関する新しい規制によって、登録された取引所には強力な分別管理が課せられるという事実が前提で実現可能なものです。すなわち、法によって「義務づけられた信用」が活用されている。』(COMSAのWHITEPAPERより引用)と言っています。すなわち、日本の取引所は規制が厳しいから、集めた金を持ち逃げするとかいうリスクは海外の取引所に比べて極端に少ないということで日本の規制の厳しさを逆手に取っています。 トークンの配分はCOMSAへの批判材料になる!

 

仮想通貨の選び方

通貨の違いを把握して将来性から通貨を選ぼう!

仮想通貨とひとことで言っても、特徴はさまざまです!決済に使われる通貨、独自プラットフォームの開発に使われる通貨などいろいろあります。それぞれの通貨の用途が、その分野のニーズに合っているか、足りない部分を補っているかということをしっかり確認しましょう。

特徴の違う通貨どうしを比べて優劣をつけるのは無意味です。メッシとイチローを比べても優劣はつけられないのと同じことです。複数の通貨に手を出してみたい人は、種類別に1つずつ、という選び方をしてみてもいいかもしれません。

コインオタクでは、2018年最も注目の仮想通貨をおすすめランキング形式で紹介しています!自分で仮想通貨を選ぶのに自信がないという人でも、この記事を読めば大丈夫です!

仮想通貨を買ってラクして稼ぎたいけど、仮想通貨について勉強するのもめんどくさい、、、」そうお考えではありませんか?仮想通貨でうまくいけば資産が増えていく。でももし変な通貨を買って大暴落したらお金がなくなってしまう。もし、期待できそうな通貨を誰かが教えてくれたら手間がかからず理想的ですよね。「そんなおいしい話あるわけないじゃーん!」と思ったあなた。コインオタクが今年最も注目の仮想通貨を教えます。仮想通貨にも旬や流行があり、「いつでもこの通貨が一番いい!」などということはできず、はっきりと言うと世の中に出回っている「仮想通貨ランキング」の信憑性がないものが少なくありません。コインオタクでは仮想通貨が大好きな東大生30人が各コインのシステムを隅から隅まで分析したうえで「この1年間でもっとも期待できる通貨ランキング」を始め様々な観点からのランキングを作成しています。しかも、この記事ではどの仮想通貨がおすすめかを教えるだけでなく、どのように立ち回れば一番得するかまでお教えします。この記事を読み終わる頃にはお金持ちへの第一歩を迷わず進めることができるでしょう!今回は、ジャンル別おすすめ通貨と仮想通貨取引で最大限の利益を出す方法を紹介します!この記事をきっかけにあなたの素敵な仮想通貨ライフがスタートできたなら幸いです。この記事を読んだらわかること将来性・人気度・実用性など複数の観点からみたオススメ仮想通貨がわかるどのように仮想通貨を扱えば最も得するのかがわかるさっそく仮想通貨のおすすめランキングを見る!目次 いまさら聞けない仮想通貨の基礎知識 ビットコインだけじゃない⁉︎1500以上の銘柄から仮想通貨を選ぶポイント コインオタクが独自に選ぶ!2018年最注目おすすめ銘柄ランキングBEST3世界の超有名銘柄!時価総額ランキングBEST3友達はみんな買ってる!国内人気ランキングBEST4 価格が100倍以上になる可能性も⁉︎?草コインおすすめランキングBEST3すでに買い物に利用されている!実用性ランキングBEST3 仮想通貨で最大の利益を出すための6つのポイント取引で利用できるオススメツール5選まとめ いまさら聞けない仮想通貨の基礎知識 

 

通貨の「安い」「高い」は間違い!価格は変動率に注目! 

単位ごとの通貨の価格は種類によって全く異なります。例えばビットコインが1BTC=850,000JPYのとき、リップルは1XRP=60JPYです。これは、リップルが安くてビットコインが高いということを示しているわけではありません発行枚数がリップルの方が多いため、1枚あたりの価値がビットコインに比べて低いだけです。

通貨のチャートを見るときは価格ではなく価格の変動率を見ましょう。価格が「安い」から購入しよう!という取引をしていると、将来性のない通貨に投資してしまったり、また将来性の豊かな通貨を見落としてしまったりします。


まとめ

いかがでしたか?今回は代表的な仮想通貨51種類を分野別に整理してまとめました。

仮想通貨には種類ごとに多様な特徴がある一方で、機能が非常に似ているものも少なくないことがわかりました。これでこの記事を読んだみなさんはたくさんの通貨の特徴について知った「仮想通貨オタク」になれてもらえていれば幸いです。

通貨の特徴をしっかり理解することで将来性を判断し投資に生かしていきましょう!


CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!