仮想通貨リップルを決済手段として利用するためのインフラ整備が、今進んでいる。

金融サービスアプリSpendを利用することで、180ヶ国4000万以上の場所でXRP支払いが可能になった。

仮想通貨リップルを決済手段として利用するインフラ整備加速

金融サービスアプリSpendでは、仮想通貨リップルを決済手段として利用することが可能になった。

180ヶ国、4000万以上の場所で対応しているそうだ。

Spendは、世界的クレジット決済サービス会社Visaと提携することで、仮想通貨リップルを含む16以上の仮想通貨決済を可能にした。

手数料は非常に安く利用可能で、今後スケールする可能性は大いにある。

Spendは、何十億のユーザーを法定通貨からデジタル通貨まであらゆる形態での決済をサポートするアプリだ。

今後、Spendを始めとした、多くの店舗・アプリで次々に仮想通貨決済受け入れが進めば、仮想通貨の需要は高まり、決済手段としての価値も上がっていくだろう。