c0ban(コバン)は日本発祥の仮想通貨!動画広告を使ったコイン!怪しいという噂も??

c0banとは?

c0ban(コバン)とは、動画広告サービスに特化している日本発祥の仮想通貨で、ブロックチェーン技術を活用しています。資金集めにクラウドファンディングを用いるなど画期的な手法が目立っています。また飲食関連店を中心に日本でc0ban加盟店が現在増えています。



c0banのチャートを分析!相場から見る価格変動!


(2017年11月3日現在)

c0banのチャートがこちらです。10月の中旬までは100円ちょいでしたが、同月下旬から一気に価格が高騰して一時500円近くまでいきました。一時利確に走る人が多く価格が下がりましたが、10月26日に、運営会社LastRootsが出願していた「c0ban」の商標が登録されたことが発表され、それに伴い再び価格は上がりました。

現在は450円弱です。



c0banの問題点は?2chやtwitterの評判から将来性を分析!

ここではc0banの評判から見えてくる問題点や将来性について解説していきます!


クラウドファンディングを採用

c0banは、資金集めの手段としてクラウドファンディングを採用しました。資金を提供した人には格安(1単位65円、75円、、、と段階に分けて枠を用意。120円でリリースするということだったので、かなりの割安ですね。)でc0banを売るというキャンペーンを行ったところ、目標額であった5000万円を3日で達成するという速さで集まり、結局1億700万円を超える資金をゲットしました。スタートダッシュには成功したといった感じでしょうか。


怪しいという評判も?

いいスタートダッシュをキメたc0banに思えますが、怪しいコインでは・・・?という噂が絶えません。まず上で触れたクラウドファンディングですが、第三者機関(日本ではReadyfor(公式サイト)など)を通じてトラブルのないように行われるのが普通です。しかしこの件のクラウドファンディングは、親会社のLastRootsが自社で行っています。そしてこれで集まったお金ですが、どうやら減ったことがあるみたいです。これはヤバイと言わざるを得ません。


また、c0banのセミナーでは、話題が主にビットコインについてであったり、c0banは投資しとけば絶対儲かる!みたいな話であったりと、怪しい部分もあるかもしれません。Twitterでは、そもそもあまりc0banが話題になってはいませんが、2chではLastRoots社長の前の事業の話(後で解説します)から、怪しいといった噂が広がっています。

今後のさまざまな動きにアンテナを張って、慎重に見ていく必要がありそうです。



c0banの仕組み!広告でアプリを見るだけ?


c0banの概要

公開時期          2016年半ば
仮想通貨名c0ban
通貨単位両(RYO)
ブロック生成時間32秒に1回
開発会社LastRoots※
公式サイトhttps://www.lastroots.com/c0ba…

※会社公式サイトhttps://www.lastroots.com/mess…


広告を見るとc0banがもらえる?

このc0banなんですが、最大の特徴は動画広告を扱っているということです。提携した企業(飲食系が多い)の動画広告をc0banのアプリで見るだけで、c0banをもらうことができます。これから考えられるメリットとしては、c0ban決済が流行れば、広告主の商品をc0banでお得に買うことができるということでしょうか。

ですが、これは正直c0banである必要はなく、円でも十分にできると思います。最大の特徴がこの程度のメリットですので、仮想通貨市場におけるc0banの優位性はあまりないと言えるでしょう。



c0banのメリットは?

ここでは、c0banのメリットについて考察します!


c0ban加盟店が豊富

2017年10月時点で、c0banの加盟店は83もあります!飲食店が多いですが、c0ban市場が広がってきているということですね!これからもっとさまざまな業種に手を伸ばしていくことでしょう。


IBMの賞を受賞!

2016年に日本経済新聞と金融庁が開催したフィンテックのサミットで、c0banはIBM BLUE HUB AWARDを受賞しました!これにより、c0ban自体の説得力や世間からの信頼という意味ではすごく高まりました!また、2017年9月にはOkawaveなどとの提携が発表されました。今後も大企業との協力関係の構築を進めていくのでしょうか。


c0banのデメリットを解説!

何かと問題のあるc0banのデメリットを詳しく解説します!


FUTCOINとの関係

実はc0banは、前身に同じ人物によって開発されたFUTCOINを持ちます。このFUTCOINなんですが、若干怪しいんですね。まず、5%がすでにプレマイニングされた状態で公開され、当初から怪しさが取りざたしていました。実際、セミナーなどでこのFUTCOINは値上がりすると宣伝され高額で売られましたが、その後大暴落しました。それについての対応はどうだったかというと、ひたすら放置です。買った人たちは涙です。

そんなコインを作った人物によるc0banですから、同じく怪しいとも言えるかもしれません。


広告が飛ばせない

動画広告を見てc0banをもらう仕組みですが、この動画は早送りなどすることができません。当然と言えば当然かもしれませんが、使う人の中にはイライラしたり、割に合わないと思う人はいるでしょう。


ブロックチェーン???

ブロックチェーンの技術を使っていると謳っているこのc0banですが、実際にどのように活用されているとか、セキュリティ面はどのようになっているとか、ブロックチェーンを使った他の仮想通貨では説明されていることが一切説明されていません。仮想通貨についてよくわかってない人をターゲットに、ブロックチェーンという単語でゴリ押してそれっぽい感じを出しているだけという感じが正直否めないです。公式サイトを見て思うんですが、ここが一番胡散臭いです。

(ブロックチェーン記事リンク)



【c0banの入手方法】おすすめの取引所

c0ban取引所

おすすめ取引所と言っても、c0banを扱っている取引所はc0ban取引所の1つしかなく、日本円との交換しかできません。手数料に関しては以下を御覧ください。

手数料
取引手数料0円
日本円入金0円
出金800円と出金額の0.1%の大きい方
c0ban入金0両
出金0両


c0banを買う



【c0banの保管方法】おすすめのwallet

c0ban wallet(千両箱)

こちらもc0banに対応したウォレットは1つしかないのでこれを使うしかありません。千両箱とも呼ばれるみたいです。ウォレットについての詳しい説明はありませんでした。


千両箱を使う!



c0banの気になるQ&A

c0banについての質問に答えていきます!


c0banのマイニングはどんな感じなの?

c0banのマイニングは、開発会社のLastRootsが出しているマイニングマシーンによって行うことができます。hashアルゴリズムはsha256となっています。



まとめ

ここまで日本製仮想通貨c0banについて説明してきました!簡単に言うとこのc0ban、投資するには慎重に吟味すべき部分もあります。経営陣がとても不安であるうえ、c0ban自身の市場での優位性を見いだせません。ただ、取り扱う取引所が増えていったりしたり新たな取り組みを始めたりして、悪いイメージを払拭していけるようなら、今後急成長する可能性もあるかもしれません!