NEMのハーベストとは?放置するだけでXEMを稼げるのは本当なのか?

コインオタクが2018年最もおすすめする仮想通貨はこちら!!

そもそもNEMとは


NEM(ネム)とは、New(新しい)Economy(経済の) Movement(動き)の略称です。NEMは2014年にスタートしたプロジェクトで、基軸通貨としてXEM(ゼム)を用い、独自のブロックチェーンを仮想通貨だけでなく様々な事に活用しようとしています。まさにその名の通り「新たなムーブメント」を起こそうとしているのでしょう。


NEMは、ハーベスト(ハーベスティング)という独自のブロックチェーン承認過程を採用していることでも話題となっています。では今回はその「ハーベスト」について詳しく見ていきましょう!

NEMのホームページはこちら

「まずNEMって何?」という方はこちらの記事をご覧ください。

NEMは、ブロックチェーン技術を利用した様々なサービスを提供する革新的なプラットフォームです。この先にカタパルトという大型のアップデートも控えCOMSAとの連携もあるため、将来性も抜群です。PoI、ハーベストなどの仕組みも詳しく解説します!

 

【NEMのハーベスト(収穫)とは】マイニングとどう違う?

NEMのハーベスト(収穫)とは、NEMのブロックチェーン上で行われた取引を承認する作業です。約1分に1回行われ、ハーベストをした人には報酬が与えられます。

ここまで聞くと、じゃあビットコインとかのマイニング(採掘)と同じってこと?という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、ハーベスティングとマイニングは根本的に違うしくみです!


マイニングでは、Proof of Work(POW)という、採掘をした人に対して報酬が与えられるしくみが用いられ、実際に報酬をもらう(掘り当てる)ためには相当ハイスペックなコンピューターやそれを動かすための膨大な資金、電力が必要となります。


それに対してハーベストはProof  of Importance(POI)というしくみを用いています。それぞれの重要度(Importance)によって確率は変わるものの、ハイスペックなPCを持っていなくとも一定条件を満たした人全員にランダムで報酬が与えられます。そのため、詳しくは後述しますがある程度の資金があれば誰でも気軽にハーベストをすることができます!


また、ハーベストにはローカルハーベストデリゲート(委任)ハーベストがあります。ローカルハーベストではPCを常に稼働させていなければいけませんが、デリゲートハーベストはPCがオフラインでも、なんなら電源を切った状態でも行うことができるのでかなり魅力的です!話題になっておりいろんな人がやっているのは大抵このデリゲートハーベストです。

【ハーベストのやり方 】実際にハーベストをしてみよう!

では実際にハーベストをする際にはどのような準備をし、どのような基準を満たす必要があるのでしょうか?

ここでは4つの段階に分けて説明していきます!

1. お金の準備

まず当然必要なのがお金の準備です。ハーベストに参加するための条件は、10,000XEM以上の有効な(権利を与えられている)XEMを保有していることです(実際にはデリゲートハーベストを行うには手数量としてさらに10XEMほどが必要です)。最低でも10,000XEMが必要なわけですから、現在のレート(1XEM=約20円)で考えると約20万円必要だということになります。


え、誰でもできるっていう割には高くない?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ビットコインのマイニングなどをするのにかかる膨大な費用を考えると、ハイスペックなコンピューターの用意も必要ないため、かなり低いコストで参加できると言えます!


また、条件になっている「有効なXEM」とは、ホームページによると一定の期間にわたってNano Walletのアカウントに残っているXEMのことを指し、これを「既得バランス」と呼びます。

2. Nano Walletの準備

次に必要なのが、Nano Wallet」でXEMを保有することです。このNano WalletはNEMの公式ウォレットで、せっかく10,000XEMを用意しても、このNano WalletにそのXEMを送らなければハーベストに参加することはできません。対象となるのはNano Walletに入っているXEMのみです。以下のリンクからNano Walletをインストールし、XEMをこのウォレットに入れましょう!


Nano Walletのダウンロードはこちらから


NEMが公式にリリースしている「NanoWallet」とはどんなウォレットなのでしょうか?ハーベストやモザイクの作成、アポスティーユの利用が可能で多くのXEM保有者が使っているこのウォレットの使い方をわかりやすく解説します!


3. 既得バランスを10,000XEM以上に

さて、Nano Walletに10,000以上のXEMを入れたところで、もう一つしなければならないことがあります。


それは「待つこと」です。


前にも述べましたが、ハーベストに参加するためには、既得バランス(有効なXEM)が10,000XEM以上なければなりません。入金したXEMが有効だと認められるまでは、保有量にもよりますが数週間かかり、たくさん持っているほど有効になるまでの時間は短くなるようです。


既得バランスの計算の仕方は次の通りです。(どのくらいで10,000XEMが有効化されるのか具体的に知りたい!という方は目を通してみてください。)


n日目の既得バランスをB(n)とすると、

まず、1日目の既得バランスは、「B1=XEMの保有量×0.1」と表され、

2日目以降(n≧2)の既得バランスは

B(n)=B(n-1)+(XEMの保有量ーB(n-1))×0.1

と表されます。


計算してみると、10,000XEMしかないと90日ほどかかりますが、10,100XEMになるだけで45日くらいで既得バランスが10,000XEMに到達することになります。少し多めに入れておくだけでかなり時間を節約することができます!


自分の既得バランスは、Nano Walletにログインし、サービスから委託ハーベストを選択すると、右上の既得バランスという欄に表示されています。


4. ハーベストの設定

さて、既得バランスがついに10,000XEMに達したら、いよいよハーベストが可能になります!ローカルハーベストを行うには特別に必要な準備はないので、ここではデリゲート(委任)ハーベストの設定方法について説明します。


まずNano Walletにログインし、上のバーからサービス」を選び、さらに「デリゲートハーベスティング(委任)」のところの「デリゲートアカウント管理」を選択します。


次に、委任有効化を選択し、Nano Walletのパスワードを入力して送信を押します。ここから有効化されるまでに約6時間ほど待ち、「リモートステータス」という欄が「有効」となっていればOKです!


有効化されているのを確認したら、あとはノードをテキトーに選ぶだけで、「ハーベストの状況」の欄が「有効」となっていれば準備完了!ハーベストが自動に行われるのを気長に待ちましょう。


【ハーベストの実績】結果的にどのくらい儲かるの?


委任・ローカルハーベストでの儲け

何もしなくてもお金を貰えるとは言いますが、実際にはどのくらいの儲けが出るのでしょうか?ハーベストのしくみから、保有量や取引量によって貰える確率は変わるのですが、特別になにもせず放置しているだけ、という人だと、だいたい多くても月に数千円程度のようです


またこれもしくみ上一回あたりに貰える金額にかなりばらつきがあるので、一概には言えませんが一気に大金が入るということはありません。貰えたらラッキー♪くらいに思っておくのが良いでしょう。

 スーパーノードになるともっと儲かる?そもそもスーパーノードとは?

NEMのハーベストを学ぶ上で知らなければならないものとして、「スーパーノード」があります。スーパーノードとは普通のノードの上位互換のようなものであり、デリゲートハーベストも、実はほとんどの場合スーパーノードにハーベストを委任することで成り立っています。


これはNEMの運営において非常に重要な存在であるため、スーパーノードに対しては毎日140,000XEMが山分けという形で与えられています。現時点では一つのスーパーノードに毎日約300XEMが報酬として付与されているようです。つまり、スーパーノードを持つことで毎月約20万円が貰えるということになります。また、自分のアカウントでデリゲートハーベストもすることができるので、そこにさらにプラスでハーベスト分の利益も入るわけです。


そんなにオイシイなら今すぐやるしかない!!!


ともちろん思いますよね。しかし、スーパーノードになるための条件は、300万以上のXEMを所有していることや、チェーンが常に同期され、毎秒最低2000回ハッシュを行えないといけないなど、非常に厳しいシステム上の条件があり、これについては1日に4回のチェックを通らなければ報酬は貰えません。したがって、コンピューターの性能も求められ、そもそも(1XEM=約20円の現在)6000万円相当のXEMを持っていなければいけません。


残念ながら、スーパーノードで儲けるというのはかなりの資金と覚悟がないとなかなかできるものではないんです。


【ハーベストのしくみ】XEMはどのように分配されてるの?

それでは、ハーベストではどのようにお金が貰えるのかについて詳しくみていきましょう。

お金の出どころは?

ビットコインのマイニングでは、マイニングした人に対して未使用のBTCが毎回報酬として与えれるようになっています。しかし、一回あたりに貰える量が異なるハーベストでは、その報酬はそのように決まっているのでしょうか?


実は、ハーベストは約1分に一度行われ、その1分間にあった取引の取引料の合計がその回の報酬となるんです!


このしくみだからこそ、一回あたりの報酬にかなりのばらつきが生まれ、報酬が0なんてこともざらにあるのです。


重要度(POIスコア)が大切!

では、ハーベストをできるノードはどのように選ばれるのでしょうか?これは、重要度(POIスコア)に基づいています。このスコアは、所有している有効なXEMの量や、XEMの取引量などから計算されています。具体的には、30日以内の、資格のあるユーザー(10,000XEM以上保有しているユーザー)との取引、1000XEM以上送金する取引などが考慮されます。


POS(Proof of Stake)とは違い、保有量だけでなく取引量などの「重要度」が基準となっているわけです。


このスコアが高いほど、ハーベストをして報酬を受け取ることができる確率が高まっていくのです。


ハーベストのデメリット

報酬が少ないとはいえマイナスになることはないハーベストですが、デメリットとしてはどういうことが考えられるのでしょうか。

収入が安定しない

前にも述べたようにーベストで貰える報酬にはかなりのばらつきがあり運も伴うため、収入が全く安定せず、今月はどのくらい貰えるかな、ということも見込めません。また、現時点では貰える額も大きくはないため、ご褒美程度にたまに貰えるシステムとして楽しむ分には全く問題ないのですが、せっかく投資し  たのに全然貰えないじゃないか!ともなり得るので期待しすぎてはいけません。


将来スーパーノードへの報酬が尽きる・・?

NEMでは、Sustainability FundというFundが初めに作られていて、スーパーノードへの報酬はその一部があてられています。ですが、この資金は数年内に枯渇するとも言われています。そうなった場合には報酬は取引料から与えられることになっていますが、取引料から報酬が出るとなると、ハーベストとの差別化はどうなるのかなど問題も生まれそうです。


NEMのユーザーが増え、より取引量が増えていけば、十分に補えるとは思いますが、伸び悩んでしまった場合などにはスーパーノードを持っていてもそれに見合うだけの報酬を貰えないなんてこともあるかもしれません。


NEMのハーベストに関するQ&A

スマホのアプリではハーベストはできないの?

現状、Nano Walletのスマホアプリでは、ハーベストの設定はできません。ハーベストをするためにはPCで設定をする必要があります。

しかし、スマホアプリでもハーベスト履歴の確認などはできるので、スマホアプリを入れておけば、わざわざPCでログインして確認しなくても気軽にハーベストの状況をチェックすることはできるようになります。

デリゲート(委任)ハーベストはどうしてPCの電源をオフにしてても可能なの?

これはよくある疑問ですが、PCがオフラインでも、なんなら電源を落としていてもハーベストができてしまうのはなぜなのか?

これは、デリゲート(委任)ハーベストという名前の通り、ハーベストを他のノード(ほとんどの場合スーパーノード)に委託しているからなんです。アカウントの個人情報などは守られるのか、という疑問も生じますが、代理アカウントを間に経由することでそのリスクも回避しています。また、スーパーノードには別に報酬が出るため、両者にインセンティブが存在しているわけです。

よく考えられた面白いしくみですね!


まとめ

以上でみてきたように、NEMは他の仮想通貨とは異なる独自の承認方法「ハーベスト」を採用することで、ユーザーにより公平に承認作業に参加する機会を与えています。

最低でも10,000XEMが必要と少しその敷居は高いですが、ちょっとお金に余裕があってこのシステムに興味を持った!という方、なんにもせずにお金が入るなんて夢のよう!やってみたい!という方はぜひ挑戦してみてください!



コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!


みんな読んでる!コインオタク人気記事はこちら!

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?GMOコインは、コインオタクで一番人気の取引所で、国内最大の仮想通貨取引所になる可能性も秘めています!コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!最短1日!GMOコインに無料口座開設!! 目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判!GMOコインのメリット!GMOコインのデメリット!まとめそもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む