日本一の現物取引量を誇るZaif(ザイフ)とは?特徴や使い方を徹底解説

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!


Zaif(ザイフ)とは

Zaifの概要

まずは、Zaifを管理する会社はいったいどんな会社なのかを説明しておきたいと思います。

社名:テックビューロ株式会社

設立:2014年6月16日

資本金:8億3,013万円(資本準備金含む)

代表取締役:朝山貴生

代表の朝山貴生氏は、1996年に株式会社Overtexを創業、1998年にはアメリカのシリコンバレーにおいて4D Matrix Incを設立、そして2014年に同社を設立した、という経営に関して輝かしい経歴を持ってらっしゃる方です。そのような方が代表を務める会社が運営するZaifとはいったいどういったサービスなのか徹底解説していきたいと思います。

Zaifの公式ホームページはこちら!

【Zaifの特徴1】手数料が破格のマイナス0.05%



Zaifの最も特筆すべき項目として現物取引の手数料がマイナス0.05%という破格の設定がなされているということが挙げられます。現物取引の手数料がマイナス~%ということは、仮想通貨の売買の取引をすればするほどお得ということになります。現物の取引をすると、手数料を支払うのではなくて逆に利用者のボーナスになるのです。仮想通貨の最大手のbitFlyerでは現物の取引手数料は0.01%~0.05%かかり、日本で最大のビットコイン取引所のCoincheck(コインチェック)の手数料は無料ではありますがマイナスではありません。他の取引所も無料のところは複数ございますが、マイナスというのはZaifを除いてなかなかございません。このように、現物取引の手数料という観点で見たときに、Zaifは非常に魅力的な取引所であると言えます。

実は、マイナス0.05%というのは10月13日付で始まったもので、それまでは手数料はその五分の一であるマイナス0.01%でした。このキャンペーンの期間は未定ということですが、このキャンペーンが続いているうちに恩恵を得てみてはいかがでしょうか。


【Zaifの特徴2】低コストの積み立てができる!

「取引が面倒くさい」「リスクは避けたい」「売買のタイミングがよくわからない」といった理由から、せっかく仮想通貨に興味を持ったのにも関わらず結局断念してしまうのはもったいないことです。そこで上記のようなお悩みを抱えている方に耳よりの仕組みのご紹介です。

それはZaifのコイン積立でございます。これは、相場の変動に関わらず一定額で自分の指定した暗号通貨の買い付けが自動的に行われるというもので、ローリスクで積み立てを行い長期的視点に立って安定した利益を得ることを目指すことができる仕組みであると言えます。安全志向の方、初めて仮想通貨の投資に挑戦してみようという方、そういった方に特におすすめです。

【Zaifの特徴3】日本最高のレバレッジ最大25倍(先物取引)のAirFX取引

上記とは打って変わって、投資やるなら高いリターンが欲しい、そんなあなたにおすすめなのがZaifのAirFX取引です。この取引は一般的な先物取引と大きく類似したものです。先物取引は、取引の制限が決まっており、将来のある期日までに該当する先物を現時点で決めた価格で売買を行うということを約束する取引を言います。しかし、AirFX取引は一般的な先物取引とは一味違った特徴を持っています。それは、先物取引における期日の決済という概念がなく無制限であるという点、そして先物とは違って物価格と近い値段で取引が行われるという点、以上二点に集約されます。そして、AirFX取引はレバレッジを最大25倍まで設定することが可能であり、非常に資金効率の高い投資を行うことができるでしょう。

勿論、ロスカットといったリスクも高い投資方法でありますので投資には細心の注意を払う必要があります。


Zaifのメリット

Zaifでしか取り扱いのない通貨が数多く存在

PEPECACH(ペペキャッシュ)、CICC(カイカコイン)、ZAIFトークン、SJCX(ストレージコインX)、NCXC(ネクスコイン)といった日本国内の取引市場においては、Zaifでしか取り扱いのなされていない通貨が数多く存在することがZaifのメリットの一つです。

日本1の現物取引量

2015年3月18日に、「仮想/暗号通貨同士のトレード」と「日本円と暗号通貨のトレード」の両方を取り扱うことができるビットコインの取引所になったことや、上記で述べたように現物取引の手数料が破格のマイナス値といった仕組みが後押しし、Zaifは日本一の現物取引量を誇る取引所となっています。今後のさらなる現物取引市場の成長に期待です。


Zaifのデメリット

カード手数料が高い

クレジットカードによる決済が可能ということは、自分がこれぞ買い時だと思ったとしてもそこから入金のために銀行等に足を運ぶとなると、その内にチャンスを失うということもありますので、その機会費用を損失したくないというユーザーにとってはメリットとなるでしょう。しかし、このクレジットカードによる決済は手数料が10%程度という非常に高い手数料が課されるという落とし穴があります。よほどの急ぎの案件でない限り、クレジットカードを決済に使うことを控えることをお勧めいたします。

他の取引所に比べて有名通貨の取り扱いが少ない

先ほど、メリットのところでZaifでしか取り扱いのない通貨を数多くそろえているとお伝えしましたが、逆に有名通貨に関しては取り扱いの量が少ないという点がデメリットとして挙げられます。有名通貨の方が安心して投資をできると考えられる方にはデメリットとして感じられることでしょう。

悪い評判の立った事件

Zaifを運営するテックビューロ株式会社が提供するICOプラットフォームで上場するということでCAMPFIRE社が資金調達をしていましたが、同社が上場を取りやめたことが大きな問題となりました。CAMPFIRE社に期待して投資をした方々からは不満が爆発したのです。それだけでなく、この問題で注目が集まっているときにZaifのサーバがダウンするという問題も生じましたのも、大いに信用の低下に寄与したことでしょう。運営会社であるテックビューロ社の信頼をいかに回復させていくかが、Zaifの今後の成長に大きく影響を与えることでしょう。

アプリの使い勝手が悪い

Zaifはアプリの操作性が悪いとしばしば評価されます。しかし、アプリの使い勝手は個人の好みで良さも異なると思いますのでぜひ一度アプリをご自身の手でダウンロードしてみて確認してみるといいでしょう。アプリの操作性は確かに重要な要素の一つに違いはありませんし、評判を左右するものだと言えますが、操作はしていくうちに慣れていくものです。Zaifのアプリの操作性以外の面で魅力を感じていたらその投資を断念するのはあまりにもったいないです。これはZaifに限った話ではありませんが、投資の手段を考える際に優先順位というのをしっかりと設定したうえで吟味していくべきだという教訓もここから得られると思います。



Zaifの登録方法・本人確認手順


Zaifの公式ホームページ「無料登録」ボタンをクリックすると、入力されたメールアドレスに確認メールを送りますと出るので自分のメールアドレスを記入→情報規約等を確認してパスワードを設定して登録完了→実際にログインすると、「本人確認が完了していません」という表示が出るのでそこをクリック。→名前・生年月日・住所・職業といった基本情報の入力→「本人確認書類」「電話番号認証」を登録します→本人確認コードが記載された郵便物が登録した住所へ届くのでそのコードを所定のフォームに入力して本人確認の完了となります。

本人登録に関する詳しいコインオタクの記事は以下になります。


Zaifの本人確認が終わらなくてイライラしていませんか?でも実は本人確認がうまくいかないのはもしかすると自分に原因があるかもしれません。そこで本人確認の現状・遅い運営上の理由・遅くなりうる各人のミスを丁寧に紹介していきたいと思います。

 

Zaifの使い方

 このように自分のしたい取引を選択すれば簡単に取引ができます!


今すぐZaifを始める

入金方法

取引を開始する前にまずは入金する必要があります。日本円を入金する場合、日本円入金ページへ行きます→入金したいと思う金額をリクエストします→ 振込口座が表示されますので振り込みを完了させます→振り込みが完了すると取引が開始できます。

取引手順

購入フォームから、数量1に対する購入量や価格を入力し「買い注文」ボタンをクリックし買い注文を出す→①取引相手が存在しなかった場合……売買注文に取引相手が現れると取引が成立します。②取引相手が存在した場合……テイカーで購入が成立します。

出金方法

送金する場合は、出金アドレス、出金手数料、2段階認証トークン、出金する金額を記入して出金します。


手数料に関する詳しいコインオタクの記事は以下になります。 

Zaifは取引毎に手数料がゲットできる?国内初、銀行から直接投資を受ける等何かと話題をかっさらうZaif。その気になる手数料事情を様々な角度から解説したいと思います。初めて仮想通貨の投資を始める方、トレードを楽しみたい方は特に必見です!

 

ZaifのQ&A


Q1:APIとは?

 A:Zaif Exchange APIを使うことで、外部のプログラムから取引所の公開情報を取得したり、トレードを行ったりすることができます。

Q2:Zaifトークンとは?どこでチャートを見られる?

 A:Zaifトークンは、Zaif取引所が発行している仮想通貨であります。このZaifトークンは、テックビューロ社が提供するICOプラットフォームのCOMSAと提携を結ぶ動きがしばしばあり、ICOと関連性の強い仮想通貨と言えます。しばしばユニークなキャンペーンが行われるので目が離せません。 

また、Zaifトークンのチャートは、Zaifの公式ホームページの「取引所」という項目をクリックすると何かしらのチャートが出てくる→チャートの左上にあるBTC/JPYという項目をクリックするとトークンという選択肢があるのでそれを選ぶとZaifトークンが出てきますのでそれを選択→Zaifトークンのチャートが見れます。

Q3:Zaifのセキュリティーは信用できるのか?

 A:ログインパスワード以外にも、ワンタイムパスワードを生成する認証アプリのダウンロードされたスマートフォンで安心の二段階認証を行うことが可能であり、各取引、口座管理、入出金管理を安心して行うことができます。

Q4:Zaifのアフィリエイトの仕組みは?

A:ブログやTwitter等のSNSでZaifの紹介をすることで、その紹介をしたアフィリエイトリンクを介してZaifに登録したユーザーがサービスを利用したら、報酬が支払われる仕組みとなっております。また、2017/10/16〜2017/11/30の期間、アフィリエイトの報酬額が大幅アップということも見逃せません。


Zaifはいかがでしょうか?

以上、Zaif(ザイフ)に関して様々な面から徹底解説してきました。少しでもZaifに興味を持った方がいましたらぜひ登録をして試しに投資をしてみてはいかがでしょう。Zaifに興味を持った方は今すぐZaifのホームページにアクセスしてみてください!


Zaifのホームページはこちら!

1;95;0c