​現在のTNBのレート

​TNBとは?概要・基本情報まとめ

​概要

​TNB(Time New Bank)とは個人の時間を適切な価格で自由に売買することを目的とした仮想通貨です。M.I.T(MiaoA International Timechain)という時間価値交換ネットワークを構築することを目的とするプラットフォーム上で用いられます。

基本情報まとめ

​通貨名(通貨単位):Time New Bank(TNB)

公開日:2017年11月27日

発行上限枚数:6,000,000,000 TNB​

取り扱い取引所:Binance, Bitfinex, Houbi, Bibox

ソースコード:https://github.com/fanxiong/cr...

公式サイト:https://tnb.fund/

公式ツイッター:https://twitter.com/TimeNewBan...

公式フォーラム(テレグラム):https://t.me/tnbgroup

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index....

ホワイトペーパー:https://tnb.fund/pdf/TNB_busin...​​

TNBのメリット・デメリット

個人の時間価値を数値化

買い手側から見た売り手の時間に対する評価を科学的かつ体系的に分析することで適切に価値を数値化することができます。各個人の価値という目に見えないものを数値として捉えることができるので人的資源の最適分配に役立つと考えられます。

中立・公平な価格設定が可能

イーサリアムネットワークを用いることで非中央化したボーダーレスで透明性の高い時間の価値付けをするプラットフォームを作り出すことができ、市場価格で個人の時間の価値を中立・公正に算定できます

またTNBの発行市場(第一市場)、時間の提供者(売り手)と需要者(買い手)が取引する第二次流通市場、そして時間を投機的に取引する第三次流通市場というように複層化したネットワークにより円滑な取引を提供しています。

需要がある人の時間を供給できるか

時間価値を交換できる場が整っても買い手が欲しいと思うような人の時間が取引されていなければTNBは使われないでしょう。新規産業である時間交換ネットワークの知名度を上げるためにもいかに有名で影響力のある人物を時間の売り手側として提供できるかが鍵です。


TNBの最新チャート!相場からみる価格推移

​2017年末では約0.08ドルを推移していましたが、1月に入って高騰し一時は0.30ドルまで値上がりしました。

その後仮想通貨全体の暴落により価格は下落し、現在は0.03ドル付近で推移しています。

【TNBの入手方法】取引所で購入する

​Binance

​Binanceは中国の取引所で、手数料が0.1%ととても安くなっています。取扱通貨数は70種類以上で、最近価格が上っているものを多く含んでいるので、Binanceに上場されている通貨には注目です。

また、Binance独自のコインであるBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら!

Huobi​

香港を拠点とする取引所で、Binanceのように独自のトークンHuobi Tokenを発行しています。取引手数料は0.2%で、Huobiトークンで支払うと0.1%になります。

また日本語対応しているので英語が苦手な方にもオススメです。

Huobiの登録はこちら!

【TNBの保管方法】ウォレット

​My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管するならこれ!と言うほど有名なウォレットです。デスクトップウォレットで、セキュリティは相当高いほうです。秘密鍵も自分で管理するタイプです。そのため、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。また日本語対応しているので英語が苦手な人にもオススメです。​

My Ether Walletの購入はこちら!

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットはウォレットの秘密鍵をオフラインで管理しているため、ハッキングのリスクが非常に少ないのが特徴です。

デメリットとしては価格が1万円弱と少し高いことと、人気で品薄が続いているため手に入れるのが難しいことが挙げられます。​

Ledger Nano Sの購入はこちら!

TNBの将来性

すでにアメリカのトランプ大統領や世界最大の投資持株会社であるパークシャー・ハサウェイのCEOであるウォーレン・バッフェット、韓国人有名歌手の​キム・ジョングクの参加が表明されていて、これからも各界の著名人が参加すると考えられます。買い手側が「その人の時間を買いたい!」と思えるような人材を集められるかが今後を左右するでしょう。

また韓国の取引所でも取り扱われる見込みと3月に発表があったことから、数年以内に日本の取引所でも取り扱いが始まると思われます。著名な日本人の時間も売買されるようになるといいですね。

TNBまとめ

​TNBは個人の時間を数値付けて売買できるようにして、円滑な時間流通ネットワークを構築することを目的とした仮想通貨です。

主な特徴は以下の2つです

TNBまとめ

  • 時間流通市場という新たな分野の産業で将来性がある
  • 著名人が時間を売り出すかが鍵​