仮想通貨VIBE(VIBE)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説


現在のVIBE(VIBE)のレート



VIBE(VIBE)とは?概要・基本情報まとめ


概要

VIBEは、VR・ARコンテンツを配信・体験できるメディアプラットフォームICOコインです。​

現在は​、離れた場所にいる友人とVR空間で映画を見たりスポーツをしたりできるというコンテンツが配信されており、ユーザーはそのコンテンツを利用するためにVIBEトークンを支払うことになります。

基本情報まとめ

通貨名(通貨単位):VIBE(VIBE)

公開日:2017年9月25日

発行上限枚数:2億6,700万​VIBE

取扱取引所:Binance、HitBTC

公式サイト:https://www.vibehub.io/

公式ツイッター:https://twitter.com/VibeHubVR

ホワイトペーパー:https://www.vibehub.io/VibeHubWhitepaper2017.pdf

ソースコード:https://github.com/amack2u/VibeHub

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0xe8ff5c9c75deb346acac493c463c8950be03dfba

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2044729

公式ブログ:https://medium.com/@VIBEHUBNEWS


VIBE(VIBE)の特徴・メリット・デメリット

​VR・ARクリエイターとユーザーを結びつける

VIBEはVR・ARクリエイターの出展したコンテンツをユーザーのもとへ届ける、いわば中継地点のような役割も果たします。これまでは自身でコンテンツを作っても、ちゃんとした公開の場がなかった、というようなVRクリエイターに大規模なマッチングの機会を提供し、VRコンテンツを楽しみたいのに作品が探しづらい!というようなVRユーザーのニーズも満たしているプラットフォームなのです。

ユーザーからクリエイターへのコンテンツ利用料の支払いにはVIBEトークンが用いられるため、透明でなおかつ余計な手数料がかかりません。


​提携企業の顔ぶれがスゴい

VIBEと提携している企業・技術は下の通りです。​

AmazonWebServisceをはじめ、Oculus、PS4といったそうそうたる顔ぶれがVIBEと提携しています。

こういった面々が提携を結んでいることからも、VIBEには将来性がありそうだということがわかります。


VIBE(VIBE)の最新チャート!相場からみる価格推移

2017年年末のアルトコインバブルがおきるまでは、長らく0.03ドル程度で値動きしていました。その後バブルによって価格が一気に2.40ドルほどまで跳ね上がりましたが、年始に他の仮想通貨とあわせて暴落、現在の価格は0.15ドル程度です。(2018年4月6日)

他の多くの草コインと似たような価格推移をしていますね。

【VIBE(VIBE)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは香港の取引所で、手数料が0.1%ととても安いのが魅力の一つです。

取扱通貨数は70種類以上で、その中には最近価格が上っているものを多く含んでおり、Binanceに上場されている通貨はそれだけで注目する価値があります。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引手数料を支払うと0.1%から最大0.05%まで安くなります。

また、ユーザーの投票によって新規上場通貨を決定したりするので、上場されているコインにある程度の質が期待できます。

Binanceの登録はこちら!

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

HitBTC

HitBTCはICOの先物取引が可能な一風変わった取引所です。他にも公開直後のICO通貨をいち早く大量に取り扱っており、「一攫千金の狙えるICO通貨、草コインに興味がある!」という方にオススメです。そういった方は登録しておいて損はないでしょう。

HitBTCはここから!

目次HitBTC(ヒットビーティーシー)とはHitBTCの特徴HitBTCのメリットHitBTCのデメリットHitBTCの登録方法HitBTCの使い方HitBTCのQ&AHitBTCまとめ HitBTC(ヒットビーティーシー)とは HitBTCの概要 HitBTCは海外の取引所で運営会社はHIT Solution Inc.です。取引所はイギリスで登録されているものの、HIT Solution Inc.がどこの国の会社か不明で、詳しく調べても会社に関する情報は出て来ませんでした。現在世界11位の出来高(こちらを参考にしました)(2017年12月27日現在)で、取引所としては2013年から続いており、歴は長めです。取引手数料が0.1%と非常に安いことが特徴です。 取扱通貨 現在BTC,ETH,XRP,NEMなど431種の取引ペア(2018年1月5日現在)が存在します。詳しくは、こちらを見てください。 また、新たに取り扱う通貨をtwitterで募集するという取り組みもしています。 Absolutely amazing community work.We will announce our course of action shortly. Thank you, fellow traders. @vergecurrency @DigiByteCoin pic.twitter.com/4IhaZn0dpg— HitBTC (@hitbtc) September 5, 2017 HitBTCの特徴 手数料が最安クラス HitBTCの手数料は0.1%で海外の取引所の中でも最安の方です。手数料が安いと言われているBittrexやPoloniexなどの取引所でも0.25%ほどなので相当安いといえます。 ICO直後の仮想通貨が多い ICO直後の仮想通貨を数多く取り扱っています。ICO後に真っ先にHitBTCに上場するコインも多く、その中には値段が数倍数十倍になるものも多く存在します。ICOに投資したり草コインを買いたい人などに向いています。その分詐欺のようなコインも中には存在していて、資産がなくなってしまう危険も存在します。 リベートプログラムがある 即時取引の場合は手数料が0.1%ですが、即座に取引が行われなければ0.01%のリベートが付与されます。

 

【VIBE(VIBE)の保管方法】ウォレット

​My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人のほとんどが利用している、非常に人気が高く信頼性の高いウォレットです。デスクトップウォレットに分類され、秘密鍵を自分で管理するタイプのウォレットであるため、高いセキュリティを誇っています。なので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットはコールドウォレット(オフラインウォレット)の一種で、ウォレットの中で最もセキュリティが高いといっても過言ではありません。デメリットとしては1万円弱と少し価格が高いこと、人気であまり買えないことが挙げられます。

Ledger Nano Sの購入はこちらから!


VIBE(VIBE)の将来性

最近、VRに関するコンテンツというのはどんどん注目を集めてきているように感じます。たとえばYouTubeでVRYoutuberが人気になったり、ドワンゴが運営するN高校が学校行事の遠足をVRで行ったことなどが話題になりましたね。VIBEもその流れに乗じてか、多くの有名企業のタイアップを受け、技術などの面で提携を結んでいます。このことから、将来性はあると思われます。

ただし、このようなコンテンツをユーザーが実際に体験するためには、PS4ならPSVR、PCならオキュラスなどといったVRを体験するための高価な機器を買わなくてはいけないことを考えると、実際にどれほど普及し利用されるのかという点に懸念があります。

ロードマップを見る限り、ベータテストが終わって本格的なサービスが開始するのは2018年の年末以降なので、それまでVR熱が続けば大規模な普及もありえるのではないでしょうか。


VIBE(VIBE)まとめ

​VIBEは、VR/ARコンテンツのクリエイターと利用者のためのプラットフォームです。

その特徴を簡単にまとめてみました!

VIBE(VIBE)の特徴

  • VR/ARコンテンツの配信・利用プラットフォーム
  • さまざまな有名企業と提携している!