仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは?特徴・仕組み・将来性・チャート分析を解説!

ライトコインってビットコインとどう違うの?

って疑問はありませんか?

詳しく説明してある記事があれば楽に理解することができていいですよね。

そこでコインオタクがライトコインについて徹底的に調べてこの記事にまとめちゃいました!

アルトコインのことを知ろうとするときには、ビットコインと比べてどっちがいいか、と調べるのが一般的かと思います。

ですがリサーチの結果、ライトコインとビットコインのどっちがいいかというのを比較すること自体がナンセンスであるということがわかりました!

果たしてそれはどういうことなのか、将来性と併せて詳しく解説します!

GMOコインの詳細を確認する

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは

ライトコインとは、ビットコインの補助的な役割を果たすために開発された仮想通貨で、アメリカでは特に人気の通貨です。

ライトコインが将来的に価格を伸ばしたり普及したりするかは、ビットコインが普及するかどうかにかかっているため、ビットコイン信者にも多くファンがいて、実際開発責任者のCharlie Leeもビットコイン信者です。

ライトコインはこんな人におすすめ!

  • ビットコインの普及を応援している人、信じている人

 

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の基本情報・概要説明

仮想通貨ライトコインの基本情報

通貨名(通貨単位):Litecoin(LTC)
公開日:2011年10月7日
発行上限枚数:84,000,000枚
時価総額:下記参照
備考:―

国内取り扱い取引所:bitflyerbitbank.ccGMOコイン、etc

海外取り扱い取引所:binancebittrex、etc

公式サイト:https://litecoin.org/ja/
公式ツイッター:@litecoin
ホワイトペーパー:―
ソースコード:https://github.com/wsaqaf/lite…
Blockchain explorer:https://chainz.cryptoid.info/l…
bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index….

公式フォーラム:https://litecointalk.io/

(コインマーケットキャップの時価総額のウィジェット出す)


仮想通貨ライトコインの概要

ライトコインとは、ビットコインを補完する商取引媒体を目指したP2P通貨で、「ビットコインが金ならライトコインは銀」と開発は自称しています。

ビットコインと違うところもありますが、基本的にはビットコインと似た特徴が多いため存在感に欠け、実際市場規模もビットコインに比べ大きく劣っています。


仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の3つの特徴・メリット・デメリット

ライトコインには、大きな特徴として3つの事柄が挙げられます。

  1. ブロック生成速度がビットコインの4倍
  2. Segwitの導入
  3. ライトニングネットワークの導入

ここではこれらについて解説し、メリット・デメリットを挙げていきます。

ブロック生成速度がビットコインの4倍

ブロック生成速度がビットコインの4倍であるメリット

  • ビットコインの代わりにライトコインで送金という選択肢が生まれる

 ビットコインがブロック生成に約10分かかるのに対してライトコインは約2.5分しかかかりません。ビットコインと比べてより素早いトランザクションが実現されます。

また、ライトニングネットワーク(後述)によってビットコインとライトコインの素早い交換が可能になるため、ビットコインを送金したいけどもっと時間早く送金したい!という時に、ビットコインの代わりにライトコインで送金するという選択ができるようになります。


Segwitの導入

Segwit導入のメリット

  • スケーラビリティ問題の解決
  • ライトニングネットワークの導入が可能に!

 LitecoinはSegwitをいち早く導入しました。Segwitとは、Segregated Witenssの略語です。本来ブロックに書き込まれるトランザクションには、取引でどれだけの量の通貨が動いたかという情報と、誰と誰の間でその取引が行われたかという署名に当たる情報があります。Segwitは、この署名の部分を切り離してWitness Commitmentという値にまとめて、その値だけブロックに書き込みます。Witness Commitmentは変換される前と比べて使う容量が少ないので、り多くのトランザクションを1つのブロックに詰めて処理することができ、スケーラビリティ問題を解決します。

また、Segwitはライトニングネットワークの導入の障壁となるトランザクション展性問題を解決しています。

< Segwitについての詳しい説明は以下の記事を参照してください!>

目次Segwit(セグウィット)とは? Segwitの仕組みとトランザクションとの関係 ハードフォークとソフトフォークの違いSegwitはどんな仮想通貨に導入されたの?Segwitのメリットデメリット SegwitとSegwit2xの違いSegwitとライトニングネットワークの関係って? まとめ Segwit(セグウィット)とは?  Segwitとは  segwitとは、Segregated Witnessの略で、ブロックチェーン上に記録されるトランザクション(取引)のサイズを圧縮することで、1ブロックあたりに記録できるトランザクションの量を増やすことを指します。 これにより、トランザクションの滞りを抑制し、取引を速やかに処理することが期待できます。  これから、segwit、トランザクションについて説明します。 Segwitの仕組みとトランザクションとの関係  トランザクションとは トランザクションとは、簡単に説明すると、通貨の送り手が受取手に対していくら通貨を送金したかという取引のことを指します。 ビットコインにおいて、ブロックチェーン上では、送信元が送信先に対して何BTCを送金したかという記録になり、送信元が送金したBTCと送信先が受け取ったBTCには差があります。その差が手数料であり、トランザクションを承認するマイナーの報酬として扱われます。 スケーラビリティ問題とは ビットコインにおいて、スケーラビイティ問題は切っても切り離せない問題です。ビットコインに用いられているブロックチェーンの1ブロックあたりの容量は1MBと制限されています。これは1MB以上の容量を持つ記録は組み込めず排除されることやたくさんの取引が短い期間に行われ、そのトランザクションの総容量が1MBを超えた場合にトランザクションの承認に遅れが出る、つまり、送金に時間がかかってしまうということが起きます。さらに、トランザクションの処理が滞ると、トランザクションを優先的に承認してもらおうと手数料を多く払う人が出てきて、結果的に送金の手数料が高くなってしまうということが起きます。このように、1ブロックあたりの容量が制限されていることによって起こる問題がスケーラビリティ問題となります。

 

ライトニングネットワークの実験に成功

ライトニングネットワークのメリット・デメリット

  • メリット:アトミックスワップの実用化に不可欠
  • メリット:少額決済が気軽に
  • デメリット:中央集権的になりかねない

 ライトニングネットワークとは、少額の決済記録をブロックチェーン以外のところに保管しておいて、ある程度時間が経ったら二者間でどれだけの量移動したかという記録だけをブロックチェーンに記録するという技術です。これによって、少額の決済をいちいちブロックに記録することで毎回かかる手数料を省くことができ、少額決済をもっと気軽にできるようになります。

ですが、ライトニングネットワークの仕組みとして、例えばAからBを中継してCに1LTC送金する場合、BはAが渡した1LTCをCに渡すのではなく、Bは自身の持つ1LTCをCに送り、そしてAから1LTCをもらう、という流れになっています。ここで、Bは1LTCを持っていなければ中継役を果たすことはできません。

実際は、もっと多額のトランザクションを中継することになるので中継役の人は莫大な資産を持つ人に限られてしまい、中央集権的になってしまう恐れがあります。

<ライトニングネットワークについての詳しい説明は以下の記事を参照してください! >

目次ライトニングネットワークとは?ライトニングネットワークの仕組みライトニングネットワークのメリットライトニングネットワークの懸念点・問題点ライトニングネットワークに関するQ&Aライトニングネットワークまとめ ライトニングネットワークとは? ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションをまとめてからブロックチェーン上に効率化されたトランザクションだけを送ることで、マイクロペイメントを可能にした技術です。ライトニングネットワークの導入には、Segwitの導入が必須なので、ビットコインにSegwitが実装されたことによってライトニングネットワークの実現性が高まったと話題になりました。手数料、スケーラビリティなどたくさんの問題を持ったビットコイン、モナコイン、ライトコインなどの弱点を解決する可能性を秘めた技術です。 まずはマイクロペイメントについて知ろう! マイクロペイメントとは、少額単位での支払いを可能にする送金システムのことです。一円以下での支払いが出来るので、デジタルコンテンツに対する支払いなどに向いています。例えば、動画視聴に対して1秒に0.1円といった支払いです。今の法定通貨でこれをやろうとすると、どうしてもクレジットカードで支払わなければならず、クレジットカードの手数料が5~10円程かかってしまうので秒単位での支払いをするには手数料がばかになりません。仮想通貨を用いることでより少ない手数料でマイクロペイメントを行うことができますが、ビットコインでもまだ問題があります。 それは、細かい額のトランザクションを作るときにやはりマイナーフィーがかかってしまうので結局手数料がかかってしまうことと、送金に10分かかることです。 マイクロペイメントに関して詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい!!!   マイクロペイメントとは?ビットコインや仮想通貨の可能性を東大生が解説マイクロペイメントとは、少額の決済が可能になるサービスです。今まで少額の決済をするのに手数料が決済価格よりも大きいなど、現実的ではありませんでした。今後仮想通貨を使って可能になる可能性があるマイクロペイメントの仕組みや将来性を解説します!続きを読む   ですが、そんな問題を解決する技術が存在して、それをペイメントチャネルといいます。

またライトニングネットワークは、アトミックスワップの実用化に不可欠という重要なメリットがあります。 アトミックスワップとは、取引所のような第三者を信用することなく通貨を直接交換することができるようになる技術のことです。これは、異なるブロックチェーンをまたがって資産を交換することと言い換えることができます。

従来のアトミックスワップはオンチェーンで、スピードが遅く、プライバシーが保護されておらず、手数料がかかってしまう、といったデメリットを抱えていました。しかし、ライトニングネットワーク上でのアトミックスワップはそれらの問題を解決できるため、実用化に非常に近づいたと言えます。


仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の今後2018年以降のイベント

ライトコインの予定されている今後のイベントは2018年2月現在、

  • マイニング報酬の半減期

1個が予定されています!詳しくは、仮想通貨ニュース・イベントカレンダーCoinKoyomiでチェックしましょう!また、誰でもイベントをカレンダーに追加することができます!


仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の価格推移と最新チャート分析

(チャートをウィジェットで出す。)

(2月7日時点での分析です)

3月末ごろから価格が上がり始め、5月上旬、6月下旬、9月上旬に大きく上昇、その後大きく値を下げていることがわかります。それらの原因などについて見ていきましょう。

Segwit(セグウィット)導入の結果によって高騰

まず、5月上旬の高騰について見ていきましょう。これが起きたのは、5月11日に導入されたSegwit(セグウィット)が背景にあります。Segwitは、取引のサイズを小さくすることで1つのブロックに収納できる取引の数を増やす技術で、これによってスケーラビリティが大幅に向上しました。これを受けて、ライトコインに対する期待が高まり、価格の上昇に繋がりました。 

 

ビットコインへの不安と、BitStampへの上場

ビットコインのハードフォークが8月に行われることが確定したため、6月中旬ごろからビットコインへの不安感が高まり、多くの人たちが他の仮想通貨へ資産を避難させました。この際に、ライトコインに資産を避難させた人が多かったため値段が上昇し、また、時期を同じくして英大手仮想通貨取引所BitStampに上場したため、ライトコインの価格は一気に上がりました。


ライトニングネットワークの試験的運用の成功で高騰

9月1日に、ライトコインはライトニングネットワークによる、ブロックチェーンを介さない個人間での通貨の送受信に試験的に成功しました。この時点ではまだ本格的に導入されたわけではないのですが、本格的に導入されると、ライトコインのやりとりをより小額で行えるようになるため、スケーラビリティの更なる向上が見込まれます。そこに期待が集まって、ぐっと価値を上げました。

 

ゲーム配信サービスsteamで決済手段として導入

12月初旬にゲーム配信サービスsteamで使われ始めたことにより大きく高騰しました。また、この頃は草コインが全体的に高騰した時期であり、草コインとは言えないまでもアルトコインの代表格であるライトコインもあいまって上昇しました。

仮想通貨暴落期

これまで高騰を続けた反動に加え、2018年1月末に起きたコインチェック騒動を受け仮想通貨全体が暴落する時期も重なり、その後は大きく値を下げています。


仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の将来性と問題

ライトコインが仮想通貨として今後生き残っていくことができるかどうかで大事になるのは以下の3つのポイントだと考えています。

ライトコインの問題と将来性!

  • 画期的な機能が少ない
  • ライトニングネットワークが中央集権的になる可能性アリ
  • アトミックスワップがうまくいくか
  • ビットコインの普及次第

 

画期的な機能が少ない

ライトコインの画期的、独自の機能というとライトニングネットワークくらいしか挙げられません。それ以外の面でライトコインは、ブロック生成速度が速いビットコインという感じです。画期的な機能が少ないと、新たな機能を開発し続けるビットコインの競合に負けてしまう可能性が考えられます。


ライトニングネットワークが中央集権的になる可能性アリ

上でも説明しましたが、ライトニングネットワークにおいて、ネットワーク上のたくさんのユーザどうしを結ぶ中継役となる人は莫大な資産が必要となるので、資産をたくさん抱えている人や会社に限られてしまいます。このように中央集権的になってしまうと、中継役に何か問題が起こったりしたときにネットワーク全体が止まってしまうことになり、これは大きな問題です。

しかし、このような問題が解決されうまく運営されるようになると、ライトニングネットワークはビットコインにおけるトランザクションの問題(手数料やスピード)を解決するため、ライトコインがビットコインの補助役として十分に機能することになるでしょう!


アトミックスワップがうまくいくか

ライトコインがビットコインの補助としての役割を果たすためには、アトミックスワップがうまくいくかどうかが鍵を握ります。ビットコインの送金がちょっと遅いから、手数料が高いから、本当はビットコインを送金したいんだけどライトコインにして送金しよう!という時に、ビットコインとライトコインの両替をいちいち取引所を介して行っていたら時間もかかりますし、面倒ですよね?

アトミックスワップで素早い両替ができるようになることで、真にライトコインがビットコインの補助として活躍できると言えるでしょう。


ビットコインの普及次第

ライトコインは、仮想通貨界で自らが中心になろうとしているわけではなく、あくまでビットコインを手助けするものです。ビットコインのスケーラビリティ的に溢れてしまい満足に使えないユーザーが使うもので、基本的に彼らはビットコインを使いたい人たちです。ビットコインを使いたい人たちがいなくなってしまうと、それはライトコインのユーザーがいなくなることを意味するため、ライトコインの将来性はビットコインがこれからどれくらい普及するか次第と言えるでしょう。


【取引所】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のおすすめ購入方法

ライトコインを取り扱っている取引所は

国内取引所:GMOコインbitbank.ccBit TradeBTCBOXbitFlyerCoincheckMr.Exchange

海外取引所:OKExGDAXBithumbBitfinexBinanceBit-ZHuobiHKSYBitstampPoloniexBittrexKrakenCoinoneHitBTCLivecoinChbtcYobitEXMOGate.ioBitBayKuCoinBitcoin indonesiaCoinExchangeCryptopiaQuadrigaCXMercado BitcoinLiquiCryptoBridgeTidexBigOneStocks.ExchangeTradesatoshiANXPROThailand Bitcoin ExchangeQryptosThe Rock TradingAbucoinsC-CEXTradeOgreBitKonanCOSSNovaexchangeAllcoinGatecoinLakeBTCTux Exchange

があります。この中でオススメの取引所を紹介していきます。

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネットグループ が運営する仮想通貨取引所で、運営が倒産やハッキングの被害に遭う可能性は低く安心して資産の管理を任せることができます。

初心者でも使いやすいアプリもあるので、仮想通貨取引を行う人すべてにおすすめです。

ビットフライヤーはこんなひとにおすすめ!

  • 仮想通貨取引初心者の人
  • 日本語で取引したい人
  • 運営がしっかりした安心した取引所を使いたい人

GMOコインの詳細を確認する  

Binance(バイナンス)

Binanceは、香港にある世界最大級の仮想通貨取引所で、100種類を超える通貨を扱っています。取引高も世界最大級です。

Binanceの最大の特徴はなんといっても手数料の安さで、通常の取引手数料が0.1%で安い上、手数料をBinance自身が発行するBNBで支払うと0.05%になります!取引手数料も世界最高クラスですね!

Binance公式サイトへ

 

目次仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは【Binanceの特徴1】手数料が安い!【Binanceの特徴2】独自コインを発行している【Binanceの特徴3】日本語対応しているBinanceの今後BinanceのメリットBinanceのデメリットBinanceの登録方法Binanceの使い方Binanceまとめ   仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは   Binanceは上海に本社所在地を持つ仮想通貨取引所です。2017年7月に設立されて以降、取引所の注文処理速度の速さが注目され、認知度が上がりました。Binanceでは月に1回Community Coin of the Monthというプログラムがあり、投票で人気上位に挙がった仮想通貨を上場しているという点が特徴的です。 CEOは有名な中国取引所OKCoinの元CTO(最高技術責任者)やブロックチェーンの元開発トップであるChangpeng Zhao氏で、彼の会社Beijie Technologyによって管理されています。2017年8月には同じくOKCoin共同創業者で、中国のインターネット産業で最も尊敬され、影響を与えた一人と言われるYi He氏がBinanceに参加しています。よって企業にいる役員の経歴面では、信頼のおける取引所と言えます。 Binance公式サイトはこちら 【Binanceの特徴1】手数料が安い! Binanceは手数料が安く、取引手数料は一律0.1%!日本での取引手数料は2%程なので、日本の取引所と比べれば非常に安いです!そのうえ手数料は後述するBNBを利用することでなんと半額になります! BTC現物取引手数料をBittrexとPoloniexとで比較してみると、 Biance:0.1% Bittrex:約0.25% Poloniex:0.15~0.25% アルトコイン現物取引手数料を比較してみると、 Binance:0.1% Bittrex:0.25% Poloniex:0.15~0.25% BTC送金手数料を比較してみると、 Binance:0.0005BTC Bittrex:0.001BTC Poloniex:0.0005BTC

 

【ウォレット】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の保管方法

ライトコインに対応しているウォレットは

公式ウォレットLedger Nano STrezorLITEADDRESSELECTRUMHIVEWALLETLITEVAULTHOLYTRANSACTIONLITECOIN PAPER WALLET GENERATORCOINOMICRYPTONATORWALLET GENERATORCOINKITE
があります。この中でオススメのウォレットを紹介していきます。

Ledger Nano S

Ledger Nano Sは、トップクラスに人気のハードウェアウォレットのひとつです。以下の27種類と、MyEtherWalletと連携することでERC20トークンを保管することができます。

特に、リップルに対応しているのは後に説明するTrezorとの大きな違いです。

Ledger Nano S購入はこちら

 

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 

Trezor

Trezorは、Ledger Nano Sと並んで世界最大級に人気のウォレットです。機能はLedger Nano Sとあまり変わらないのですが、モナコインやネムなど、Ledger Nano Sでは保管できないものいくつかに対応しています。価格はLedger Nano Sより少し高いです。

Trezor購入はこちら

 

コインチェックでの盗難被害やそれにともなったGOX(倒産)の危機があったりと取引所に仮想通貨を置いておくことに対して危機感を覚えた人も多いと思います。仮想通貨は自己管理とよく言うけど実際どうすればいいのか?とお悩みの方も多いと思います。そこで、今回はハードウェアウォレットの筆頭であるTrezorの紹介です!仮想通貨でウォレットといったらTrezor!ってくらいに有名なハードウェアウォレットです。このウォレットは外付けのハードウェア上で仮想通貨を管理するタイプで他のウォレットと比べてとてもセキュリティが高くて安心した仮想通貨ライフを送るにはもってこいです。もちろんTrezorで保管していれば、もし取引所がゴックス(倒産)したとしてもその被害を受けることはありません!ここではそんなTrezorの特徴から買い方、初期設定方法について解説していきます。購入時の危険に対する対策法もしっかりと伝授します!このサイトを読んでいただければ、今後は取引所やセキュリティに振り回されない安心安全な仮想通貨ライフを送ることができるでしょう!目次Trezor(トレザー)とはTrezorの仕組みTrezorは実際どう?コインオタクの見解TrezorのメリットTrezorのデメリットTrezorはこんな人におすすめ!! Trezorの初期設定と使い方Trezorの購入方法Trezorについての気になるQ&ATrezorまとめTrezor(トレザー)とは Trezorとはビットコインをはじめとする仮想通貨をオフライン上で保管することができるコールドウォレットの一つです。オフライン上で秘密鍵を管理するためハッキングなどの攻撃を受けにくく、安全性がアップしているというわけですね! そんなウォレットの中でもTrezorはセキュリティが高く使い勝手も良くWallet(お財布)というよりはむしろ金庫に近いイメージです。 なので、持っている仮想通貨も多くなってきたしそろそろ安全に保管したいなと思っている方や、せっかく投資するんだから盗られたりしたくない‼という方にはおススメです!

 

仮想通貨ライトコインの気になるQ&A

ライトコインはビットコインに代わる存在になりますか?

ライトコインは、ビットコインに代わる存在にはならないと思われます。というのも、そもそもビットコインと立場を競争していないからです。ライトコインは、あくまでビットコインの補助的な役割を果たすために開発されています。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるのは、この関係性のためです。

ビットコインがライトニングネットワークを実装したら、ユーザーはライトコインを使おうとは思わなくない?

ライトコインの開発責任者Charlie Leeは、ビットコインがライトニングネットワークを実装しても、やはり全てのユーザーが満足するスピードや手数料でトランザクションは提供されないので、そこをカバーするためにライトコインは存在するし、ライトコインを使おうという人は存在する。と述べています。


仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のまとめ

以上ライトコインについて説明してきました!

ライトコインまとめ

  • ビットコインの補助役として開発された!
  • ブロック生成速度はビットコインの4倍!
  • 仕組みはビットコインとかなり似ている!
  • ライトニングネットワークがうまくいったら強い!
  • 価格が伸びるかどうかはビットコイン次第。。。

 

ライトコインの将来性は、本当にビットコイン次第だと思います。今後ビットコインの普及が進んで、ユーザーがかなり増えてスケーラビリティ問題が深刻になったときライトコインは大いに活躍するでしょう!

GMOコインの詳細を確認する