Zaifとは?

 Zaifの概要

Zaifのホームページはこちら

まずは、仮想通貨界隈で今注目を集めているZaifを運営している会社はどのような会社なのか簡単に説明したいと思います。



Zaifを運営しているのはテックビューロ株式会社という、暗号通貨技術とそこから発展したブロックチェーン技術を活用したサービスやソフトウェアを提供している会社です。

非常にユニークな取り組みをしているテックビューロの行ってきたプロジェクトを紹介したいと思います。

〇「Zaif」という暗号通貨サービスの総合ブランドを運営。

〇「mijin」というプライベートなブロックチェーンを構築可能なプラットフォームを開発。ビットコインで活用されたブロックチェーンの技術は誰でもノードとして見ることができるという意味でパブリックなシステムだと言えますが、それを自分が管理するネットワーク上で自分が指定するノードのみ参加できるようにしてプライベートなブロックチェーンを構築するのを可能にしたのがmijinです。このようにパブリックでないP2Pのネットワークを利用することで強固なセキュリティや大幅なコストカットを実現しうると話題を集めています。

〇「amedama」という、クッキーを使用せずに端末を特定することができるトラッキング技術を開発。

〇「cloak print」という肉眼では見えないが、スマートフォンのカメラでは明確に映るようにTシャツなどに印刷する印刷技術を開発。

上記以外にも高い技術力に裏打ちされた、ワクワクさせられるプロジェクトを活発に行っていますのでZaifはもちろんそうですがそれ以外の技術も要チェックです。

Zaifの特徴や使い方についてはこちらをご覧ください!

 

かのホリエモンこと堀江貴文氏も技術アドバイザーとして参画したテックビューロ社の運営するZaif。日本一の通貨取引量を誇り今話題沸騰中のZaifの特徴や使い方を様々な切り口からわかりやすく解説していきたいと思います!

 


Zaifの手数料が断トツで安い

 

Zaifの手数料が破格のマイナス0.01%

では、早速Zaifの手数料について徹底解剖していきたいと思います。

Zaifのマイナス手数料に関する説明として、「Zaifの手数料が安い」というようによく言われますが「取引手数料が一切かからず、取引をすることでボーナスがプレゼントされる」と表現した方が分かりやすいかもしれません。一般的に現物の取引をすると手数料が0.0?%発生してその分を支払わなくてはいけないか、あるいは良くても手数料がかからないという取引所ぐらいしかありません。しかしながら、Zaifは唯一マイナス0.01%という破格の手数料が設定されているので非常にお得だと言えます。これは、何らかの取引をしたらその仲介手数料が発生するという常識を根本から覆すユニークなもので注目を少しづつ集めていますがまだまだ知名度は低いのが現状です。

しかも、今はキャンペーン中でマイナス0.01%の5倍のマイナス0.05%になっており尚更見逃すのがもったいないです。取引をするだけでボーナスがもらえる、そんな恩恵を受けられるうちに始めてどんどんプレゼントを頂いてしまいましょう。

取引ごとにボーナスが発生するので「短期的な投資をしたい」という方はもちろん、「初めて仮想通貨に投資するのでなるべく手数料とか抑えたい」という方には特におすすめです!


他の取引所との手数料比較


では、具体的に他のメジャーな取引所はどうなっているかを説明しながらZaifと比較していきたいと思います。

〇bitFlyer

現物取引手数料:0.01%~0.15%

〇coincheck

現物取引手数料:0%

〇bitbank

現物取引手数料:0%

〇Btcbox

現物取引手数料:0%

〇Zaif

現物取引手数料:マイナス0.05%

このようにメジャーな取引所はbitFlyerを除いて現物取引の手数料を低く(低いというか無料)設定しており取引をしやすい環境作りを行っているのが現状です。ただ、その中で比較してみてやはり圧倒的に存在感があるのがZaifのマイナス0.05%という破格の手数料です。大手の仮想通貨取引所の中でも現物取引に関するお手軽さが突出しているからこそおすすめせざるを得ないのです。


Zaifの入出金・送金手数料

 

日本円の入金手数料

銀行振込:自分の利用する銀行によって異なるのでぜひご自身の利用する金融機関を確認してみてください。

コンビニ入金・ペイジー入金:486円(3万円未満)594円(3万円以上)

銀行ごとで振込手数料が異なりますが、Zaifが提携している住信SBIネット銀行の振込手数料は月15回まで無料です。他行を見てみても、基本的に銀行振込よりもコンビニ入金・ペイジー入金の方が手数料が圧倒的に割高になるので、急ぎでない限り銀行振込を利用されることを強くおすすめします。


出金手数料

日本円の銀行振込:350円(50万円未満)756円(50万円以上)
BTC送金手数料/出金:0.0001BTC~

ETH送金手数料/出金:0.01ETH 

MONA送金手数料/出金:0.001MONA

XEM送金手数料/出金:2XEM~
Zaifの主要な出金手数料は上記の通りになります。

出金手数料に関しては誤差はあるものの、先ほど列挙したメジャーな取引所と比べても似たような水準となっていることから取引所選びの際の決定的な要因とはならないでしょう。ちなみに日本円の出金は平日はAM11時までに申請があればその日の15時までに振込がなされますので、緊急で出金をする必要がある場合は11時までに出金の申請をしてしまえばその日のうちに日本円が自分の銀行に振り込まれます。平日の11時以降、そして土日祝日の申請に関しては翌営業日の15時までに振込が行われます。

【ちょっとした知恵】

Zaifでは日本円の出金手数料は一律で上記の手数料がかかりますが、bitFlyerには提携先である三井住友銀行を利用すれば手数料が216円(3万円未満)で他行を利用した場合の540円と比べて半額以下となるSMBCユーザーにとって超お得な仕組みがあります。このように、自分の使う銀行と取引所の提携先の銀行の関係で手数料がお得になるケースもあるので、取引所選びの際の参考の一つにしてみてください!


Zaifの信用取引・先物取引の手数料 

信用取引

取引手数料:makerもtakerもタダ

借入手数料:0.039%/日

特徴:レバレッジは最大7.77倍。追証は不要。(証拠金の追加担保請求を言う)ロスカットあり。(信用取引を行う上で用意した証拠金の維持率が30%を割ると強制的に決済が行われること)

先物取引

取引手数料:タダ

日時手数料:0.039%/日

特徴:レバレッジ最大25倍。追証不要。ロスカットあり。

上記のようにZaifは信用取引と先物取引に関して比較的にリスクを限定して高いリターンを得られるということが言えます。勿論、一般的に言われているように信用・先物取引は他の取引と比べてリスクが大きいことには変わりはないので十分注意して取り組む必要があります。無理のない範囲で投資を楽しみましょう。

Zaifでもクレジットカードの決済手数料は高い?


以上みてきたことから分かるようにZaifは手数料が全般的に低めに設定されているのでクレジットカードの決済手数料も安いのかと思いきや実はそういうわけでもないようです。公式ホームページのFAQでも説明されているのですが、実はZaifはクレジットカードの決済手数料は公開していないこともあって不透明な面がありますし、レートによる所もあるので何とも言えませんがクレジットの手数料は高いという口コミが散見されます。手数料がある程度かかってもいいからスピード感を重視したいという方はクレジットで決済するのもありですし、一方でそれほどスピード感を求めない・手数料がもったいないと考える方は控えるのが得策でしょう。


Zaifのコイン積立の手数料

Zaifのコイン積立とは、相場の上下の変動に関わらず一定額で暗号通貨の買い付けを続けていく長期的な投資方法でローコストで安定的な成果が期待できるでしょう。この積立手数料は下記のようになります。

1000円~2000円:一律100円

3000円~9000円:3.5%

3万円~2万9000円:2.5%

3万円~4万9000円:2.0%

5万円~:1.5%


NEM/XEMを購入するなら手数料の安いZaifがおすすめ

そもそもNEM/XEMとは?

簡単に言うと、NEMとは自由で分散的な新経済圏を作り出すことを目指して生まれた暗号通貨のことを言います。通貨の総発行量は決まっておりビットコインのマイニングのように新規発行がなされることはありません。そして発行される通貨の単位をXEMと言います。ちなみに、Zaifを運営するテックビューロはこのNEMの認知度の向上に貢献したと評価され同社の代表の朝山貴生氏が日本におけるNEMの普及やマーケティングの責任者に就任する等、日本で一番NEMに注力している会社だといって過言ではないでしょう。


ZaifはNEM/XEMの手数料が安い

Zaif:0%(maker)

coincheck:手数料は相場の変動幅に応じて常に変動するので決まった%は提示できませんが、平常時で6%から10%の手数料がかかることもありしばしばcoincheckの手数料は高いと評されます。

国内の取引所でNEMを購入するのならば、手数料という観点と運営会社が力を入れているという点でZaifの方が圧倒的にお得にNEMを購入することができるでしょう。


まとめ

手数料というテーマに焦点を当ててZaifがいかにおすすめかということを様々な角度から説明しました。Zaifの持つ魅力が少しでも伝わったでしょうか。またZaifだけでなくて、色々とユニークなプロジェクトを行っている運営会社のテックビューロ株式会社にも興味を持ってくださったのならこれほどうれしいことはありません。

取引所の選択をする際にぜひ参考にしてみてください!


Zaifの公式ホームページはこちら

 

かのホリエモンこと堀江貴文氏も技術アドバイザーとして参画したテックビューロ社の運営するZaif。日本一の通貨取引量を誇り今話題沸騰中のZaifの特徴や使い方を様々な切り口からわかりやすく解説していきたいと思います!